2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.10.05 (Mon)

チープなバリ旅行⑧終

今回の旅行 会計担当者が
経費明細を 詳細に残してくれました。

両替単価は  10000円 ⇒ 1192000Rp

今回の私のチケットは 
デルタのマイル45000で大韓利用 
関空発 税金5640円

★ 経費 一人単価 ★

ホテル ウブド2泊 7107円
ホテル クタ 1泊 3995円

車チャーター代
19日 空港⇒ウブドホテル 90000Rp
20日 ウブド観光 39000Rp+1000円 (日本円にて支払)
21日 ウブド・クタ 40000Rp+2000円 (日本円にて支払)
22日 クタ・空港 50000Rp+1250円 (日本円にて支払)

寺院入場料・駐車場・ランチ代・お茶代・夕食代… 837500Rp
最終日夕食代 3642円
--------------------------------
Rp 総支払 1056500⇒ 約8900円
日本円負担分 18994円

バリ島滞在費用 約27894円 

今回の旅 5人だったので 
車のチャーター代も お安く済みました。

********************************
5月のバリ島で両替した分 
5000円 ⇒ 515000Rp 持参

出国税 200000RP 
娘お土産 210000RP

ホテルチップ(ポーター)支払った残金は
3日間お世話になったガイドさんへチップ

Rp 手持ちなしで帰国~~~
********************************
01:15  |  ・バリ島2015年9月  |  編集  |  Top↑

2015.10.04 (Sun)

チープなバリ旅行⑦

帰りも 大韓航空利用で 韓国・インチョン経由で帰国します。
深夜1時半過ぎに飛び立ち 9時半に着きました。

インチョンで 成田・関空行きに乗り換えます。
成田への仲間は 直ぐに乗換てそのまま帰国しましたが
関空の私達は 希望の便がとれず15時過ぎの便です。

市内まで出るには時間がない。
でも空港で過ごすにはもったいない。。。と言う事で
当初は インチョン空港から バスで15分位の所にある
人気の海鮮カルグクスのお店 ヘムルカルグクスに行く予定でした。

しかし 1人の仲間が体調がイマイチ・・・
申し訳ないけれど ラウンジで横になって過ごすわという。
じゃ~ 二人でと思ったら もう一人の仲間も 私もラウンジで過ごすわという。

詳細は調べていたので 1人でも行けたのですが
・・・ お鍋に1人では行けない ・・・  今回は 私も諦めました。
いつか 時間のある時 再チャレンジしてみたいと思います。

体調が悪く ラウンジで仮眠していた仲間も元気になり
3人揃って 無事に帰国する事ができました。

計画当初は二人でしたが 最終的には5人の旅になりました。

バリ企画は ホテルもプランも好きなように企画して~
いつもの相棒 ぺーさんに一任しました。

終わってみれば 全て完璧 
ホテルの選択も文句なし 観光プランも文句なし 
任せてよかった~ (*^_^*)  

ホテル出発時間を チェックアウト後に指定
朝から動き回りたい仲間 & ホテルでゆっくり過ごしたい仲間
両方に対処したプランを考えてくれました。
さすが ぺーさん ・・・ ありがとう♪

5人になったことで ホテルの選択は苦労したと思いますが 
チャーター車の一人単価はお安くなりました。

わいわいと会話のある旅は楽しいものです。
関西のおばちゃん あほな会話しまくり 道中も盛り上がります。
主人と行くより 絶対に仲間と行く方が楽しい 確信しています。

また 一緒に行こうと企画して 当初の予定通り 
全員揃って 旅を終えられた事も とってもうれしいです。

チケット予約から 約10ヶ月以上先の旅企画
私にいたっては 生きているとも限らず・・・
個々に 家庭の事情をかかえながらも 
一人もキャンセルすることなく 一緒に旅行する事が出来ました。

ねぇ~ □□ 行かない?  ってお声かけて
うん いいよ~ って 
一緒に同行してくれる仲間がいるって 私はとっても幸せ者です。

みなさん 本当に ありがとう~ ♪

そして  ・・・   今月も よろしくお願いします。 

私に与えられる旅時間は この先限られていますが
めいっぱい楽しみたいので もうしばらくお付き合いくださいね。

思い出の写真

cats001-tile.jpg
22:30  |  ・バリ島2015年9月  |  編集  |  Top↑

2015.10.03 (Sat)

チープなバリ旅行⑥

一日早く帰国した仲間から 帰国便のチェックインの時 
出国税200000Rp徴収されたわ~ との情報がもたらされました。

なんじゃ~それ・・・・
ネットで調べてみますが イマイチ?
2014年4月の情報に 
今まで150000Rpだったのが 200000Rpに値上げしたともある。

仲間の説明だと 
今年2月以降のチケットには 購入時徴収されているが
去年 チケットを手配した 私達のチケットには
加算されていないという事で チェックイン時徴収されたとのこと。

支払いしなきゃ出国させてくれないのなら支払うしかない。
残金の中から 200000Rp 別に置いておくことにしました。

一日早く帰国した仲間の情報がなければ
私達空港で なんじゃ~それ  お金ないじゃん
ATMへ走り大慌だったと思います。

私達の知らない間に 6月に 35$の出国税がなくなったかわりに 
200000Rpチケットに 加算されていたという事ですね。
(去年チケットを購入した方も徴収されていました)

次は チェックインカウンターでの出来事です。
スカイチームの優先ラインでチェックインしました。

当日の搭乗機の空席状況を聞くと 本日は満席とのこと・・・・

私達 横の空席を願い エコノミーファースト狙いで
全員が 番号違いのC席を 事前に座席指定していましたが
横になる事は出来そうにありません。

みんなは 当初のC席のままOKを出しましたが
私は 若干足元が広いバシネット席を希望しました。

すると・・・ 係員 今日は赤ちゃんがいる。
そこには 乗せられないという。
じゃ 4カ所ある 非常口席は 空いていないか・・・というと空いていない。
仕方ないか・・・諦めかけたら 
今度は バシネットのCとDは 空いていると言いだした。

???  空いているなら そこにしてよ・・・と言うと
男性の責任者を呼びつけて 何やらひそひそ 
ここに この日本人を座らせてもいいか? みたいな話をしているようだった。

使用機材は大韓だ・・・ 多少韓国語のできる二人が
47 C・D席 このバシネット席に 本当に座れるのか韓国語で聞いた。

すると 男性責任者 えっ このおばさん達 韓国語しゃべれるのか
気をよくした 男性係員 突然に笑顔になった。

韓国語で 今度は4人とも座れると言いだした。
えっ 4人とも座れるの WHY?  
アハハハ ・・・
座れるのなら 4人ともバシネット席に変更してね。。。
係り員の女性が 私たちのチケットの手続きをしている間に

男性係員に 韓国語で 
ここに座る予定の赤ちゃんはどうするの? 聞いてもらうと
係り員は 苦笑いして しまった。

最初から 赤ちゃん連れはいなかったのだろう。
空いていても 大韓航空の上級会員にまわしたい席だろうし 
向こうも手法がいろいろあるのだろうね。

今回は 韓国語の話せる お二人に私は救われ
無事にバシネット席に座り 足を放り出して帰国する事が出来ました。

女性の係り員  スカイチームのゴールドメンバーは二人だけだったが
4人分のラウンジインビテーションを きちっと用意してくれ
また 荷物も 友達の分まで プライオリティタグ付けてくれました。
ありがとう~ね~。

次は インビテーションを使用して ラウンジに入ります。
先に帰国した仲間の情報が 大変役に立ちました。

cats20150923-001.jpg

ここに入室する時には ラウンジインビテーションで入室しましたが

退出する時に このラウンジは
プライオリティパスでも入場可能か聞きました。
応えは OK~ だよとのことでした。
 
imagesEFKGI8CQ.jpg

実は 前回5月に来た時も 入り口の看板に
 ↑ マークがなかったので ここはプラィオリティパスでは
入っちゃいけないラウンジなんだと認識していました。

次回 バリ島来る機会があれば 再び利用したいと思います。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
23:35  |  ・バリ島2015年9月  |  編集  |  Top↑

2015.10.02 (Fri)

チープなバリ旅行⑤

3泊目のお宿は ハリス リゾート クタ ビーチ
とってもいい場所にありビーチの散策なども楽でした。

page150930011.jpg
page150930012.jpg

朝食をゆったり食べた後は ホテル近くのクタビーチへ行きました。
バリ島で一番きれいなビーチといわれいるそうです。
ビーチは美しい白砂で遠浅の様です。
ビーチの入り口も割れ門です。

page150930013.jpg

サラサラの砂地 ビーチ幅も相当ありそうです。
波の高さがあるので 遊泳には向いていないらしい。
日本の海では見る事がないような波が押し寄せ続けています。

波打ち際を 何気に見ていると ウユニ塩湖みたい・・・

page150930014.jpg

でも  ビーチで事件発生 !!

キャッキャッ言いながら 波とたわむれていたあるおばちゃま・・・
 
波が引くときに 足元から ゴム草履をさらわれてしまったようで 
ゴム草履を追いかけて どんどん沖へ行ってしまいます。

でも ゴム草履は あっという間に 
波にさらわれて 分からなくなってしまいました。

おばちゃま ・・・ 裸足で しょぽーんと 戻ってきました。
しゃーない 裸足でホテルへ戻るしかないな !! w
ショボーン 。。。。

でも 大きな波が押し寄せてきたとき 
偶然 ゴム草履の片っ方が ビーチに流れてついて
外国のご婦人に拾われて 戻ってきました。

でも 片っ方 あってもなぁ~~~ 諦めかけたところ
遠くで  先ほどのご夫人が  %#&%*#$%& ?  何やら叫んでいます。

手には ゴム草履をもっています。 
ご婦人の歩いていた方へ ゴム草履が流れ着いたようです。
仲間が 喜んでもらいに行きます。 

無事に戻ったゴム草履を手に大喜びするおばさまでした。
裸足でホテルへ戻らんでよかったな !!

20150928-01.jpg

この後も おばちゃま達  飛んで飛んで はじけます。 

page150930015.jpg

クタビーチ沿いに少しだけ散策したのち 私はホテルへ戻りました。
クタ・・・ 大きなホテルも立ち並び とっても賑やかでした。

page150930016.jpg

12時にホテルをアウト 12時半にチャーター車がお迎えに来ました。
最終日の観光開始です。

交通の主流はバイクの様で 止まっている車の横をぐいぐい追い越していきます。
ベトナム程ではないけれど 車に乗っていても当たりそうで恐怖感があります。

page150930017.jpg

★ジャガッナタ寺院
バリ島の中心デンパサールの市街地にある寺院です。

バリ・ヒンドゥー教の最高神サンヒャン・ウィディが祀られている。
石灰岩で造られた白い塔が建てられている。

page150930018.jpg

ブブタン広場には 何かの記念碑がありました。
説明受けたけど忘れた。 

page150930019.jpg

★有料高速道路バリマンダラトールロードを走ります。
5月にも通ったらしいが 夜の為覚えていなかった。

海に浮かぶ高速道路はとっても景色がいいですが 通行量は少ないようだ。
写真は 後部座席から 後ろ向きに写したものです。

page150930020.jpg

次は パンダワ ビーチ へ向かいます。
道路は 採石場みたいな場所を走っていきました。
通行料を 徴収されました。

page150930021.jpg

パンダワ ビーチ を臨む高台から撮影 
撮影ポイントらしく 皆さん写真を写していました。

page150930022.jpg

パンダワ ビーチ

page150930023.jpg

浜は 遠浅で岩場もあるようです。
観光客というより地元民に愛されているビーチって感じでした。

page150930024.jpg

あれれ・・・お二人さん こんな場所で 
イタッ イタタタッ・・・言いながら マッサージを受けています。

page150930025.jpg

次は 今回の旅 最後の目的地 ウルワッ寺院です。
海の神様が祭られているらしい 人気の観光名所です。
パワースポットとしても有名だそうです。

インド洋に沈む夕日と ケチャダンスを観賞します。

page150930026.jpg

海を見下ろす絶景スポットからの景色はとっても雄大でした。
打ち寄せる波も 高さと大きさが半端ない。 
まるで 津波の様な波が 押し寄せ続けています。

書込みに 猿がいると書いてあったが この日は遭遇する事はなかった。

page150930027.jpg

岸壁に立てられたこの円形状の建物で ケチャダンスを見ます。
場所とりしてから 約一時間ほど待ちました。
沈む夕日がまぶしかったです。

page150930028.jpg

この日も 観客席は超満員 これでもかと言うほど詰め込まれました。
(儲かってますなぁ~~~)

バリ島名物ケチャッダンス
ケチャダンスは バリ古来の土着宗教である太陽崇拝と 
海からの魔物が陸にあがって来ない様祈る儀式が発展したもの。(チラシより抜粋)
全部で5幕 約一時間ありました。

page150930029.jpg

ケチャ・ケチャ・ケチャ・ケチャ ・・・・ という 
独特のビートリズムだけは 印象深く残ったわ。

その後 空港近くの海岸のビーチで 夕食を食べました。

横では 波の音が ゴー ゴー ザー ザー 
真っ暗で 雰囲気はイマイチだったけど 
出されたお料理 カニとか海老 手づかみで食べました。

page150930030.jpg

21時過ぎに テンバザールにある ングラ・ライ国際空港に到着し 
今回のバリ島の旅 終了です。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
23:45  |  ・バリ島2015年9月  |  編集  |  Top↑

2015.10.02 (Fri)

チープなバリ旅行④

ホテルを12時にアウトします。

今日もチャーター車で観光し 今夜のお宿クタのホテルまで送ってもらいます。
12時に 昨日と同じガイドさんが 私達を迎えに来てくれました。
トランクもあるので 今日は大きめのマイクロバスでした。

★ゴア・ガジャ遺跡
ゴア・ガジャとは 象の遺跡という意味らしいのですが
バリ島には象は生息していません。

ここの寺院は サロンと帯紐を貸し出してくれます。 
どちらでもOKの様です。

page15093001.jpg

↓ 3日間お世話になったガイドさん お孫さんがいる50代の方でした。
詳細に説明してくれる方ではありませんでしたが
どうせ聞いてもすぐに忘れるので 私には丁度よかったかも・・・

page15093002.jpg

ミスコン? 笑顔のコンテストをしているらしく
かわいい女性たちが大勢 個々に番号札をつけていました。

このお二人 知っている日本語で話しかけてくました。
女子高校性ぐらいかしら・・・  微笑みの島 バリ島です。

page15093003.jpg

↑ 木の根 ・・・ 凄い生命力です。

↓ ★タマンアユン寺院  世界遺産になっています。
バリ島で2番目に大きな寺院らしいのですが 
今まで見た寺院とはおもむきが違い 見応えがありました。

page15093004.jpg
page15093005.jpg

境内には メルと呼ばれる多重塔が10基建てられていました。
堀外から 覗き込んでの見学です。 僧侶以外は中に入れないのだそうです。

page15093006.jpg

★ジャティルイ・ライステラス
ここに行くのには 結構な距離があり 1時間半以上かかりました。
道路事情も悪く 舗装もぼこぼこ穴だらけで それを避けようとして 
右へ左へ移動するので 遊園地のアトラクション並でした。
何回 ヒヤッとしたことか・・・

ここは見渡す限り棚田です。
でも 最近は 異常気象で水不足の為 
一部の棚田は とうもろこしやキャベツ畑になっていて ちょっとがっかり・・・
ここに来るまでに 車窓からみた棚田の方がよかった気がする。

page15093007.jpg

★タナ・ロット寺院
夕日を一目見ようと大勢の観光客が集まる場所です。
↓ 高台から見たタナ・ロット寺院

page15093008.jpg

この日は 引き潮の為 寺院の近くまでいく事が出来ました。
でも観光客は 寺院の中には入れません。

page15093009.jpg

沈む夕日を見ながら食事をする為 高台のレストランに行きました。
テーブルに座りおしゃべりしていたら あっという間に 夕日沈んじゃった。

日本人のアベックの方も多かったです。
場所柄なのか お値段は観光客価格でしたが 食事は美味しかったです。

page150930010.jpg

この後 今夜のお宿のあるクタへ移動しました。

一人の仲間は 今夜の深夜便で帰国の予定なので
私達とホテルでお別れした後は チャーター車に乗って空港へ向かいました。

★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
00:20  |  ・バリ島2015年9月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT