2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.21 (Mon)

ロンドン・スコットランドの旅①出発

10日関空に前泊した私は 11日9時過ぎに関空から飛び立ち
関東のサーさんと 仁川アシアナラウンジで合流し
ロンドンへの旅が始まりました。

OZ521便は 定刻の14時30分に出発予定
私達は ジャンボジェット747-400に搭乗しました。

日本の航空会社は保有していない747型
古いけどワクワクします。

c20170811-01.jpg

搭乗はしたけど なかなか出発しません。

機内放送では 
中国の管制塔の飛行許可が出るのを待っています。
みたいな…

ドアは閉まったまま 1時間経っても動きません。

あれーどうして許可が出でない?
もしかして 北朝鮮 有事か?

時々 繋がるWi-Fiで 仲間にラインします。
何か事件が起きてる?

別に 何もないわよ~
智弁和歌山と興南6-6だよの返事。(なんだそっちか…w)

しばらくして もう少し時間がかかるので
1回目の機内食を用意させていただきます。ってなり
あーぁ 相当遅れるんだね。
私達は ロンドンまでだけど 
ヨーロッパ各地へ 乗り継ぎのお客様いるよね。
焦っているよね~ なんて言っていたら

突然 プッシュバックしだしてびっくり。
結局 機内食もでないまま 
2時間以上遅れての離陸となりました。 

747型の荷物入れは座席横のボックスです。
懐かしい・・・ 
入れるのはいいけど出す時必ず引っかかるんだよね。
昔 お気に入りのバックに傷をつけた事があります。

c20170811-02.jpg

機内食 1回目
通常 出発後2時間後ですが 1時間で出てきました。

c20170811-05.jpg

機内食 2回目 到着2時間前ぐらいからの提供です。

c20170811-06.jpg

機内の様子 2階部分は すべてビジネスクラス
あちこちに 空席がありました。

c20170811-03.jpg

ロンドン上空を過ぎて もうすぐ着陸です。

c20170811-04.jpg

ロンドン・ヒースロー空港 
ターミナル2への到着は 1時間遅れの19時半 

Immigrationは 長蛇の列でしたが
私達はImmigrationのファーストパスがあったので
すんなり手続きが終了しました。

20時半過ぎ ヒースロー空港から地下鉄に向かい
ピカデリー線で ホテルの最寄駅アールズ・コートまで行きました。

c20170811-07.jpg

交通カードのオイスターカード 
前回精算してきたので 今回新たに用意しました。
カードデポジット5£ チャージ20£ 合計25£ カードで購入

ホテルは 前回仲間と宿泊したホテルです。
空港から乗り換え無しで来られるので楽です。

この時期 世界陸上ロンドン大会と重なった為
ホテル料金全体的にお高くなっていました。

ホテルのお部屋に入ったのは21時半位でした。
ロンドンでは このホテルに 2泊します。

c20170811-08.jpg

5階の最上階 
全日クーラーを使うこと無く過ごしました。
前回宿泊した時 ロンドンは異常に暑かったんだよね~

余談・・・ 
お部屋の冷蔵庫の扉が壊れたのを 
皆でなおした事覚えてる???

++++++++++++++++++++++++++

帰国後調べてみました。
中国は他の国とは異なる体制の国で
特に空に関してのコントロールをしている
人民解放軍の権力が絶大なんだそうです。
人民解放軍の権限は民間の管制官の上をいき 
軍が天候や自分たちの訓練などの理由で
空域の制限を行うのだそうです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..o○☆゚・:,。*:..。o○☆
23:03  |  ・イギリス2017年8月  |  編集  |  Top↑

2017.08.18 (Fri)

ロストバゲージ

昨夜 私と一緒に帰国出来なかったスーツケース

ロンドン・ヒースロー 空港での 積み込み忘れということで
一日遅れで関空に到着したようです。
明日午前中に 我が家に配達される予定です。

過去に一度だけ ハワイ便で ロストバゲージの経験ありです。
その時も 帰路便で助かりました。
あってはいけないことだけど 共に帰路便で本当に助かりました。

手続きの書類記入・・・
何と言っても日本語での対処は助かります。

ロストバゲージ 万が一を考えて 
私は 旅の前に必ず スーツケースを撮影して出かけます。 
今回も撮影してから出かけました。

どのようなスーツケースですか?の問に 
写真を見せて説明しました。 
サイズも大まかに計測しメモに残してありました。

ロストバゲージの多い空港
ヒースロー・アトランタ・シャルル・ド・ゴール空港などでは
確率が高く頻繁に起こっているらしい。

基本 利用者が多いハブ空港が確立が高いという事ですね。

チェックインカンターで渡されるクレームタグ(預け荷物の引換券)
搭乗チケットの裏にペタッと貼り付けてくれる航空会社もありますね。

今回 ロンドンヒースローでは 
各自が航空会社共有の機械で搭乗手続きをします。
荷物の個数分だけ 長い荷物用タグが出てきます。

それを自分の荷物に ペタッと貼り付けてから
アシアナのチェックインカウンターへ向かいました。

その時 クレームタグ(預け荷物の引換)の部分を外して
自分で 到着地まで保管する必要があるのですが
私は 何処へ貼り付けて 保管したのかわからなくなり 
関空でバックひっくり返して探した探した。

まさかスーツケースが出てこないなんて思いもしなかったのです。
実際は ANAのeチケットの裏に貼り付けていました。

出てきてよかった!!

クレームタグ(預け荷物の引換券)がないと
申請の手続きにも時間がかかりそうです。

ロストバゲージについて少し調べてみました。
アシアナの場合 検索時間は一週間と言われました。

遅延(ディレイ)ならいいのですが
紛失(ロスト)の場合の補償って? どうなっているのだろう。

紛失の場合は トータルの重量での対応なんだそうです。
中身がなんであろうと 
紛失したスーツケースの重さに対する補償金額のみ。

搭乗路線の適用条約によって1kgあたりUSD20
またお客様あたり1,131SDRと書いてあります。
たいした補償金はで出ませんね。(最高額で約17・18万ってとこかしら)

補償金で賄えない不足分は 保険で申請することも可能なようです。
しかし スーツケースに入っていたものを
いちいち記入して提出するのも面倒な事なことです。
もちろん遅延の場合 なーんの補償もなし。

gatag-00008476.jpg

23:57  |  ・イギリス2017年8月  |  編集  |  Top↑

2017.08.17 (Thu)

私は帰国したのに、、

私は関空まで戻ったのに
私のスーツケースは行方不明?
仁川積み忘れか、、、最悪。

仁川空港離陸後の空 ↓



実は……今回の旅
仁川で合流した仲間が ロンドン到着後
自宅でトラブルが発生し 
直ぐに東京へ帰ってしまいました。

ロンドン到着二日目から 
私の一人旅になってしまったのです。

だから……
時間があるとブログ更新
会話のない旅は、時間が出来る(笑)

無事に帰らないと、
先に帰った仲間にも迷惑がかかる。
肝に命じて行動していました。

自宅に帰ったら、
家族にも経緯を話すつもりです。
ビックリするだろうな~

22:22  |  ・イギリス2017年8月  |  編集  |  Top↑

2017.08.17 (Thu)

関空に到着しました。

まだ 機内から出られませんが 
関西国際空港まで 
無事に帰って来ることが出来ました。

00minami -32

21:47  |  ・イギリス2017年8月  |  編集  |  Top↑

2017.08.17 (Thu)

ソウル着

アシアナ便定刻に離陸して、快適なフライトでした。

食べて寝て、起こされて食べて、ソウル着(笑)

機材は古いけどフルフラット。

ただいま、アシアナラウンジ

シャワー順番待ち、(^_^;)😭💦💦

時間はたっぷり

実際は17時台に乗り継げたけど、、

ロンドン便遅延を考えて19時10分発に。

今回は ブログ更新 頑張りました。

だって …… 。。。

16:44  |  ・イギリス2017年8月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT