2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.05 (Tue)

エディンバラ・ミリタリー・タトゥー座席の選択

毎年8月に行われるスコットランド最大のイベント
エディンバラ城のエスプラナード広場で行なわれます。

The Royal Edinburgh Military Tattoo
ザ・ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー

8月にスコットランドに行かれる予定の方は
是非一度はご覧になって下さい。

私の知人も来年行く予定にしています。
またブログ読者の方からも
座席について質問をいただきましたので
ミリタリー・タトゥー座席について 
2日間観賞した私個人の視点でお答えしてみたいと思います。

はじめて行かれる方は どのあたりの席を
予約したらいいものか確かに迷いますよね。

まず 会場はこんな感じです。 
お城側から見たロイヤルBOX席方面(数年前の写真)
lone-piper-empty_Standard.jpg

座席ブロック番号と花火の位置 お城の右側であげられます。
201708-000.jpg
 
パレードの入場は 8割ぐらいが お城から演奏して出てきます。
ロイヤル席側からは2割り程度 側面からはダンスの方ぐらいかな。
隊員退場は7割が ロイヤル席側(8番9番)へ
201708-0001.jpg

↓ 隊員達の演奏・演技の立ち位置 (側面で見られる方は重要です。)

★一番前ピンクの線 
この線まで出てくる演奏は限られます。全体演奏とか移動のある催し物だけです。
★真ん中緑の線
メインの演奏・催しはこの周辺で行われます。
★後ろの白の線
100% 全ての演奏出し物が 目の前を通過移動します。
横からの撮影にはもってこい。

2017年度の催しでは ほとんどの催しが
緑と白の間ぐらいがメイン設定になっていました。

日本の松永さんの独唱位置も緑付近 
甲冑姿の殺陣の演技は 緑と白の間で行われました。

ミリタリー・タトゥー動画 5・6年前の分から確認しましたが
ほとんどが 緑のラインがメイン設定になっていました。

201708-0002.jpg

上記の説明で座ってみたい座席は だいたい決まってきますよね。

そしてこちらが 2017年度の座席料金表です。
週末は 若干お高めの設定になっていますね。

2017-arena-plan_499x680_jpg.png

+++ 真正面席 ++++  2017年度 8番9番
赤のシートPremium  青は普通席 その差は55£

IMG_1110-01.jpg

正直 下の段よりは 上の段がお勧めです。
5段目でも 時々下の手すり・投光機が入り込みました。
Premiumシートの手前ぐらいだと 30£は得するかもw

後は センターよりか 通路よりか 手すりよりか・・・
入退場ゲートの近くだと 隊員が間近に感じられると思います。

演技場へ少し遠目にはなりますが 最初から最後まで全てが見渡せます。
プロジェクションマッピング 花火も 完璧の座席です。 

観賞日が一日しかないのであれば 真正面からがお勧めです。

残りの 正面席 6番 7番 10番 11番  詳細は?ですが
お城に向かい左側席は 最後の連続の花火が 左手前方に見えますね。

+++  続いて 側面席 +++

私のお勧めは スバリ 13番・14番あたりの中段席
中段席が お値段が高い設定ということは 間違いなく眺めがいいからです。
同じ 4番・3番は 花火打ち上げ時が 右側後部となり見にくいです。

13番・14番・4番・3番 たぶん 椅子にどっかり座れます。 
側面 5番・12番は 演奏する方を観るために
常に身体はお城側に向かいやや斜め座りになります。

側面に座るなら お城に向かい左側がお勧めです。 
右側のお席 特に下の段は スタンド(お客)が邪魔になり 
最後フィナーレ時の花火の全景は見えません。 

下段より 中段にこだわるのは 
会場 各通路の下には 全て投光機が設置されています。

下段席は 投光機が 左右の視野に入り込みます。
4番と5番の間に設置された投光器 ↓ 
撮影した右側写真の殆どに入り込んでいます。 ↓

IM_1111-012.jpg
 
上のピンクの線が 日本の太鼓演奏のあたりです。 ↑
やっと 私の近くで演奏してくれても 投光機が邪魔でした。  
少なくとも 5・6段目 (GかH) より 後方席が良いと思います。

座席番号の設定は ↓
ABは 特別席・身障者席の為 一般に開放なし。

ほとんどの席は C席から始まり 上段へ D E F ・・・となり
左端から 右へ 1・2・3・4・・・・と 番号が振られていました。

IM_1111-011.jpg

あくまでも 2017年度のミリタリー・タトゥー を観賞した上で
私がチケットを買うことがあれば この席を希望したい・・・
そんな思いでお勧めの席を綴ってみました。

写真を撮りたい・・
プロジェクションマッピングも観たい・・
花火も・・ なんて欲張ると だんだん難しくなりますね。

一人ひとりの服装・表情をしっかり確認したい方は
前方席が良いでしょう。

全体に均整の取れた整列演奏を楽しみたいのなら
会場どこから見てもそれぞれに楽しめます。

17番の端っこ席だって 見ようによってはいいお席なのですよ。
お城の上での 演奏を一番身近に見ることが出来ます。

+++++++++++++++++

エディンバラ・ミリタリー・タトゥー 公式サイト

2018年度は8月3日~25日 公演回数21回と告知されています。

今回 同行者がチケット予約を引き受けてくれました。
予約方法の詳細はわかりません。

彼女は1年間有効のタトゥー会員になっていましたが
2017年度の予約の為に 更新してもらいました。
会員になることで 一般より早めに予約を入れられるようです。

発売初日(現地時間)の 開始時間にあわせて
座席予約をしてくれました。  正式な予約日は現時点?ですが。

2018年度については 上記の公式サイトで確認してください。

お席の選択が出来るのは 一日も早い公式サイトでの予約だと思います。

世界中の業者が買い占める前に 予約出来るといいですね。

2017080808.jpg
23:44  |  ・イギリス2017年8月  |  編集  |  Top↑

2017.09.03 (Sun)

ロンドン・スコットランドの旅⑰ 終

計画からほぼ一年 
発券した当時 サーさんとは
何事もなく行けたらいいね・・・とかる~い気持ちで企画しました。

私の気がかりは 老いた両親の事と 娘の懐妊時期でした。
年明け 9月に出産予定と聞いた時は 
思わずよっしゃー 8月行けるじゃん ♪

もちろん何か事が起こればキャンセルするつもりではいましたけど。
両親も娘も 安定した日々を過ごし心配事はなかったので
めいっぱい楽しんでおいでと送り出してくれました。

もちろん ロンドンで一人旅になるとは思いもしませんでしたが
それはそれで 貴重ないい体験をさせてもらいました。
先に帰国したサーさんに ある意味感謝です。

ぺーさんの企画旅行(略してペートラ)で 成長した自分がいました
ペートラ 旅先では 時間のある限り 目一杯楽しむ !!

関西のおばちゃん2人に ひとりになったよ・・・と連絡を入れると
Wi-Fiが繋がるんだら いつでも何かあれば連絡いれて
すぐ対処出来るようにスマホ意識しておくわ。。。って力強いお言葉を戴きました。

その後 いつもの相棒にも一人旅になった事を報告しましたが
旅仲間たちには余計な事は言わず旅を続けました。
旅行中ラインに返信しなかった一部の方には謝罪致します。

宿泊先で Wi-Fiが出来る状況って本当に有り難いし心強いです。
グラスゴーの時間 調べ物もすぐに出来たから 
翌日迷わず出発する気になりました。

今後の教訓
サーさんは何回もイギリス行っているし
サーさんと一緒だからと安心しきっていました。
いつどんな事になっても旅が続けられるように準備して
旅の下調べはしておく必要があるという事。
同行者をあてにしたり頼ってはダメだね。 大いに反省しました。

一度は観てみたかった Military Tattooのチケット手配に 
エディンバラ・ホテルの予約と尽力いただいたサーさん本当に有難う。
また 何処かへご一緒しましょう。

サーさんとの二人旅 
去年の カリブ海・セントマーチン島 今年のマルタ島 
そして今回のロンドンと ちょっと刺激ありすぎだわ。

サーさん犬も少しずつ回復に向かっているようです。
全ては何もかもがスムーズに進み本当に良かった。
サーさん自身次の旅の出発が迫っています。
 
今回も多くの写真を写しましたが 一人旅になってから 
私の写ってる写真が一枚もない。 影だけでは寂しいね。

私の旅は おしゃべり付きが 一番楽しい♪

++++++++++++++++++++++

今回の経費を簡単に残します。

チケットは ビジネスクラスを特典予約
ANAのマイルを使用して 同じグループのアシアナ便で予約
95000マイル➕変更1回したので3000マイル  98000マイル消費
空港税他徴収  32900円

ロンドン→エディンバラ 鉄道移動 32.5ポンド (保有£で決済)
エディンバラ→ロンドン BA搭乗 10677円

Military Tattoo チケット代 
43ポンド➕70ポンド 発券手数料 5×2 10ポンド
Tattoo年間会費分含めて  20000円

関空前泊料金 5500円
ロンドンホテル 2泊 15283円
エディンバラホテル 3泊 36220円
ロンドン・・オイスターカード 25£  3639円
エディンバラ→グラスゴー鉄道 12.7£ 1859円
バス代・スーパーお買い物代金他 経費  約60£ (保有£で決済)

98000マイル
日本円 126078円
保有ポンド 95ポンド 0になりました。(150円として14250円)

約14万円の旅行になりました。
格安旅行になったのは 一人になり外食をしなかったから。

航空チケットの高いお盆の時期に (有償だと軽く50万越) 
ビジネスクラスで 旅行出来たことは 本当にラッキーでした。 
つくづく マイル貯めといて良かった~と思います。

去年から今年  メキシコとイギリス ➕ α (まだ飛んでいません) 
ビジネスクラスで 258000マイル消費してしまい
ANAマイル残も どーんと 減りました。 

マイルにまわせるポイントは まだ保有していますので
マイル使い切ったら マイラー生活を引退します。

帰国した日から ここ数週間は 
来夏息子家族とのハワイへのチケットゲットの為に
連日予約に奮闘する日々が続いておりましたが 
もうお手上げ 見事に撃沈 

私と息子のマイルを利用してと思い 毎日チェックし続けましたが
開放と同時に空席待ち ・・・ どうする事もできません。

マイラーの多いANA ハワイ便は
競争率が高くて 予約が出来る気がしません。
もう 投げやりです。 
ダイヤモンドを保有していないと 絶対に無理だと思いました。

とりあえずは コツコツ 貯めて行くしかないかな。

+++++++++++++++++++++
20:01  |  ・イギリス2017年8月  |  編集  |  Top↑

2017.09.02 (Sat)

ロンドン・スコットランドの旅⑯ 帰路

今回の旅の最大の目的であった Military Tatto 
2回も観られて大満足で帰路につきます。

荷物の整理をして お部屋を片付けて 
定番の 鶴の折り鶴3つと (3泊分用意していたからw)
簡単なお手紙&チップを置いて 
11時前にホテルをチェックアウトしました。

トランク転がし ウェイヴァリー駅へ向かいます。

途中で 可愛い男の子達が 演奏していました。
私は 持っていたコイン1£以外 全てのコインを寄付しました。
買い物でポンド出して お釣りでもらったスコットランドコインなど。
おかげで コイン用財布が とっても軽くなりました。

pag170816-01.jpg

ウェイヴァリー・ブリッジの真ん中あたりでリンク空港バスを待ちます。
大変混雑していて1台見送りました。 
エディンバラ空港まで 4.5ポンド 乗車前にチケットを売りに来ます。 
2階がいっぱいだったので 1階後部座席に座りました。

pag170816-02.jpg

約30分で空港に到着です。

帰りはブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)で 
ロンドンまで別切り購入です。
別に用事もないので 早々にBAカウンターでチェックインしました。

エディンバラ空港 ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)ラウンジ
搭乗ゲート5番の近くでした。
チェックインの時 係の女性がラウンジ場所を
早口英語で教えてくれたけど 私はファイブだけが頭に残った。(笑)

BAラウンジ 中は大変広く 軽食もあり助かりました。

pag170816-03.jpg

一人旅 Wi-Fiが使えるのは 時間つぶしには本当に有り難い。
日本と繋がっていられる安心感があります。

BAラウンジの前に見える駐車場 めちくちゃ広い。
旅の間に 車止めた場所を忘れると こりゃー大変だわ。
(そんなドジな方はいないか・・・w)

pag170816-04.jpg

本日の搭乗機 ↓ ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)
私は ブリティッシュ・エアウェイズ 初めての搭乗でした。
マイルはJALへ付けました。 加算済

pag170816-05.jpg

出発する頃には 再び 雨が降っています。
慣れない地 私は 鉄道移動より 飛行機移動が迷わず好き。

↓は サーさんが 私が乗った機体のおっかけをしてくれました。
さんざん仲間のは追っかけたけど 当たり前だけど 自分のは初めてw

pag170816-06.jpg

出発後は 直ぐに寝入ってしまったようです。
着陸態勢に入った案内で目が冷めました。

pag170816-07.jpg

突然眼下に ロンドン市街地を流れるテムズ川が・・・
慌てて スマホで写真撮りました。

伊丹空港へ入る時の淀川みたいだ。。と勝手に思っていたわ。
それにしても 川の水濁ってドロ川に見える。(いつもだけど・・・)

pag170816-08.jpg

三角のとんがり屋根は ザ・シャード
ロンドン・ブリッジ駅から線路が下に伸びています。
左写真一番下の橋 ↓ タワーブリッジ 
右写真は先日歩いた一角です。 コカコーラロンドン・アイ(観覧車)

pag170816-09.jpg

↓ こちらも先日朝の散歩で歩いたケンジントン宮殿とラウンド池
右の長い池は サーペンタイン湖&ダイアナメモリアルウォーク
自然史博物館やヴィクリア博物館もきれいに見えました。

pag170816-10.jpg

どんどん低飛行になり
ロンドンヒースロー空港 第5ターミナル(BA専用)に着陸

ここでトランクを引き取り 第2ターミナルへ移動します。
トランク引取に結構な時間がかかり 移動開始したのは17時過ぎでした。

pag170816-11.jpg

ターミナル移動は 
電車移動しなきゃいけないことは 下調べしていたけど
ターミナル移動の案内板が全くない。

普通 第一はあっち 第二はあっち ってありそうなもんだけど。
初めての空港 案内板がないと どっち歩いていいやら わからん。

結局係員見つけて 第二ターミナルに行く電車乗り場聞いたわ。
ヒースロー・エクスプレス次の駅の ターミナル2&3までは無料。
電車は現在15分間隔で運転中でした。

ターミナル2&3で降りてからが歩く歩く 多分1キロ以上はある。

第2ターミナルについて 機械でチェックイン手続きを済ませ
アシアナ航空に荷物預け終わった時 時計は18時でした。

それから 優先で セキュリティチェックを受けて 
指定された Unitedのラウンジへ歩きます。
B-46 あたりまで これが 歩く歩く めちゃくちゃ歩く。

やっとたどり着いて コーラ一気飲みしてから食べたw ↓

pag170816-12.jpg

当初 ANAの19時台が出発する前だったので ラウンジ日本人だらけ
その後 中国人が多くなって その後は 韓国人が多くなった。
スターアライアンス便出発時間によって 客そうが変わります。

Wi-Fi繋がても日本は真夜中 ラインも自粛。

↓ ラウンジから かろうじてアシアナ機が見えました。
韓国から飛んできている・・・ということは帰れるってことね。

pag170816-13.jpg

777-200 古い機体です。 でもフルフラットで横になれます。
窓際一人席 4K に座りました。  

pag170816-14.jpg
pag170816-15.jpg

食べて寝て 起きたらまた食事 
到着2時間前 韓国に近づいて来ました。 

pag170816-16.jpg

おかゆさんと果物だけ食べました。 

pag170816-17.jpg

韓国・インチョン空港へ 定刻前に着陸しました。

その後 関空行きに乗り換えますが 
出発は 19時10分 ラウンジで待ちます。

インチョン出発時 夕日がとっても綺麗でした。

pag170816-19.jpg

写真だけ写して 手を付けず・・・
じゃー用意させるなよ!! って  
どんな食事がでるか見たかったから頼みました。 笑

21時 定刻に到着したので 
このまま行けば 21時34発のラピートに乗れると思ったのですが
ツースケースが 最後まで出てきませんでした。

結局 ロストバゲッジの手続きを行いましたが
日本到着時で本当に良かったです。

このスーツケースは ロンドン積み忘れということで
一日遅れで関空へ到着し 土曜日の午前中 我が家に届けられました。 

手続きの後  走って 走って (トランクなくて走りやすかったけど・・)
22時04分発のラピートに乗車。

乗り換えた電車は 京都観光のラッピング電車
なかなか巡り会えない車両  運が残っていたようです。

pag170816-20.jpg

最寄り駅まで迎えに来た主人に
今回一人旅になった事を話しました。 

はじめて聞いた主人は びっくり ・・・ 
よう生きて帰ってきたわ!! だって。

今回に あじしめて 
今後も一人で行こうなんて思うなよ・・って念おされたけどね。
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

++++++++++++++++++++++
01:50  |  ・イギリス2017年8月  |  編集  |  Top↑

2017.09.01 (Fri)

ロンドン・スコットランドの旅⑮ Military Tattoo

今夜も Military Tattoo 観に行きます。

スマホの充電に手間取ってしまい ホテル出発が遅くなり
早足駆け足で お城まで移動しました。

今夜のチケット 真正面のお席です。 
とっても良いお席なのに 私が2席使用 本当に贅沢な事です。

104897.jpg

余談 ・・・ 
出入り口付近には チケット買うよーって方大勢いました。
現に売買している現場も目にしました。
私に言葉が理解出来たら 
サーさんのチケット売っちゃって損金へ補填できたかも。
真正面だから 高く売れただろうね。  
違法かどうか? でも 観たい方に観てもらった方がいいよね。

荷物チェックのあたりで 
分かれて並んでくださーいって 大きな声の日本語が聞こえました。
振り向くと J☓Bの旗を持った団体様御一行 (ご年配が多かったけど)
おぉー 今日は日本人大勢いるじゃん・・・
しかし この時期のツアー参加 お高いんだろうね?

↓ 今夜のお席
実際に購入したのは C-1・2 最前列だったのですが
この日 テレビ撮影が入るという事で 私達に席の交換を求めて来ました。
強制的に言ってきたので 仕方なく交換しました。

でも ・・・ 結果的には 絶対にこっちのお席がよかった。
一番前 右の投光機が視野に入り邪魔そう・・・

前から5列目 高さがある方が 観覧しやすいと思いました。
交換して正解だったと 一人で大喜びしました。

a170815-002.jpg
10018-15.jpg

↓ 今日も 私には 意味不明の儀式から始まりました。
途中 ハピバスデー♪ の歌付き 誰かお誕生日だったのか?

民族衣装のキルト衣装 家によってキルト模様が決まっているらしく
ご年配のご夫婦 皆さん同じキル模様のペアルックです。
日本でいう 家紋みたいなものでしょうね。

ロイヤルゲスト またまた ウィスキー飲んで終わりw

a170815-001.jpg

本日の主役 私の横を上のロイヤルBOX席へ向かいました。↑

余談 ・・・ 
毎日変わるロイヤルゲスト
8月16日は 私も知っている方がゲストだったようです。

8月16日 儀式?のお客様は Prince Charles and Prince William  ポチッ
私が15日に行ったホリルード宮殿に16日に行かれていますね。

↓ 今日も満席のようです。時々あるブルーはカッパ姿ですw

a170815-003.jpg

この日の開幕時には ↑ 
上空を 戦闘機みたいなものが 参加飛行して行きました。

もちろんこの日も 日本から来た人~のアナウンスに
ひとり この日一番の大声張り上げて 手を大きく振りまくりました。
大阪のおばちゃん こういう時は ノリノリで参加しまーすw

♪ イェ~ィ  ジャパン♪ 

ありゃ  他所から ほとんど声が聞こえなかったけど ・・・
さっき出会った J☓Bの団体のお客様 全員シャイな方々だったようです。笑

動画主体で撮影したので ほとんどがキャプチャー画像です。
ピンボケだけど 当日の雰囲気だけ あじわってください。

a170815-003-1.jpg
a170815-004.jpg
a170815-005.jpg
a170815-005-1.jpg
a170815-006.jpg

日本 陸上自衛隊の中央音楽隊 登場です。
ジャパンと聞くだけで 何故か 私も気合が入りますw

a170815-006-1.jpg
a170815-007.jpg
a170815-007-1.jpg

女性ボーカルの松永さん 今日もいい歌声でした。
無事に演奏を終えて退場 ↓ パチパチ・・めいっぱい拍手☆

a170815-008.jpg
a170815-009.jpg

一番の人気イベントは Royal Marines イギリスの海兵隊?
横に飾ってあった ヘリも登場し 大人数の参加です。
私はマッピングにも見入りました。

a170815-010.jpg
a170815-011.jpg
a170815-012.jpg
a170815-013.jpg
a170815-014.jpg
a170815-015.jpg

お天気にも恵まれ 真正面のお席で観賞 私はツイてる。
(お席確保に頑張ってくれたサーさんに心から感謝です。)

最後の花火 ・・・ 
日本の高度で精密な花火を 観なれている身としては
正直 単純で しょぼい花火です。 
でも 花火があがると おぉーっと 熱気ムンムン
フィナーレの花火があるだけで 会場は断然盛り上がります♪

最後は 客席全員立ち上がって
お隣同士手を組んで オールド・ラング・サイン (日本の蛍の光の原曲)
スコットランドの伝統民謡を歌い 全員で盛り上がります。
私も お隣の女性と 言葉は通じなくても 一緒に笑顔でハミングです。

生の演奏に バグパイプ♪  音色が今でも残っています。
もう少し近ければ 毎年でも 参加したいイベントです。

エディンバラ城で 60数年も続いている
このミリタリー・タトゥーは 雨でも開催されるイベント。
日本からわざわざ行っても 中止にはならないのがありがたいですね。

長年の夢であった Edinburgh Military Tattooの観賞
日本の音楽隊が 初めて参加した年に
観賞出来たことも 私は 本当にラッキーでした。

日本の歌姫松永美智子さんは 
2017年度 Military Tattoo フィナーレのボーカルにも選ばれ 
連日 私達にきれいな歌声を聞かせてくれました。
松永さんに向けられる拍手喝采に声援。
関係のない私まで嬉しくなりました。
なーんか ・・・ 感極まって 涙ものでした。

きっと松永さんのご両親も 
娘の晴れ姿を観るために エディンバラまで来られていそう。

page20170815-99.jpg

Military Tattoo
今年も26日無事に終わったようです。
今頃 仮設スタンドの取り壊しが始まっている頃でしょう。

2017年スタンド設置の様子 早送りで面白いです。
8825のシートが並べられています。

エディンバラ城前の広場 スタンドがない景色は知らない。
毎年 6月スタンドの工事がはじまるようです。 

20090104zz_20161209154110fd2.png

8月15日 私が観賞した日
私の座っていた席の 右側後方席から 撮影された動画を見つけました。

きれいに編集されています。  日本登場は 4:15位 ~ 
動画の方が楽しいです。  時間のある方ポチッ


The Royal Edinburgh Military Tattoo を
観に行かれる方のために 座席予約について 
私目線での いい席・悪い席
後日 投稿する予定にしています。 
12月 チケット購入の参考にして下さい。

++++++++++++++++++++++++++
22:49  |  ・イギリス2017年8月  |  編集  |  Top↑

2017.08.30 (Wed)

ロンドン・スコットランドの旅⑬ グラスゴーへ

目指すはグラスゴー大聖堂
クィーン・ストリート駅から15分程とのことなので歩きます。

グラスゴーの街は エディンバラと違い 近代的なビル設計です。

page170815-001.jpg

ここにも貸し自転車 ピンクで可愛いね。

page170815-002.jpg

↑ グラスゴー大聖堂見えてきました。  ↓こちらはグラスゴー王立診療所↑

page170815-003.jpg

1560年の宗教改革を生き延びたスコットランド本土では
ただひとつの中世の大聖堂です。 ゴシック様式の建造物です。

page170815-004.jpg
page170815-005.jpg

グラスゴー大聖堂の建物自体は
12世紀から建造が始まったということで相当古く
一部は破損しているところも多かったです。

page170815-006.jpg

↑ 薄暗い地階には 聖マンゴーの墓石が安置されていた。

page170815-007.jpg

次に向かったのは ネクロポリスという
ビクトリア朝時代に 造られたグラスゴーの共同墓地。

墓地敷地内 出入り口に近い場所で 男性がお参り中でした。
奥様でも亡くされたのでしょうか・・・ ( 勝手にそう思ったw )
花輪も生の花でした。

page170815-008.jpg

まっずく歩き 嘆きの橋を渡ると そこは巨大な丘というか墓地 ↑
死者の街を意味する ネクロポリスがあります。
 
振り向くと グラスゴー大聖堂 ↓

page170815-009.jpg

坂道をあがって行きます。 
お墓のデザインは 多種多様です。

page170815-010.jpg

故人や聖人の像が一緒になったものや 見上げるほど大きなものまで様々です。
無数のお墓が集結した感じですが 同じものは一つとしてありません。

いずれの墓も故人の名前やプロフィール功績などが記されています。
英文が読めたら 内容が理解できたら 
このお墓はいったい誰のものなのかを知る事が出来ますが
私が確実にわかるのは 数字の部分程度の理解力 ^^;

page170815-011.jpg

丘のまわりを半周ほど歩いてみましたが あっちもこっちも墓だらけ。

page170815-012.jpg

著名人や富裕層など50000人が眠り 3500の墓があるらしい。
日本で 墓地といえば 気味が悪い感じですが 
ここはなんとなく 遺跡を見てまわっている感じがしました。

↓ この2つが一番の頂上にあり 他の墓石より大きく高さもありました。
一番の偉いさんかしら・・・

page170815-013.jpg

↓ お兄さん ずっーと座っています。 何考えているんだろう?
私が 他を見てまわり帰る時になっても まだ座っていました。↓

page170815-014.jpg

↓ グラスゴー大聖堂 今日の一番☆☆☆    嘆きの橋 ↑

page170815-015.jpg

先ほど座っていたおじさんは もういませんでした。

page170815-016.jpg

ネクロポリスを見た後 聖マンゴー宗教博物館に
立ち寄るつもりだったのに そのまま帰ってきちゃった。 

↓ POLICE って青いボックス 警察ではないのね。
お店屋さん 何か売っているみたい。

page170815-017.jpg

まれに 赤バスも走っていますが
↓ 市内のバスは ほとんどがこのタイプでした。

page170815-018.jpg

歩道では ↑ 押して待ちます。
ここは 信号変わるの待っていたら
いつまでも歩行者は渡れないシステムでした。

地下鉄へ近道を発見し そのまま駅へ抜けました。 ↑

チケットは来る時に往復購入したので持っています。
すぐに エディンバラ行きの電車を調べたら
15時15分発 7番フラットホーム  表示があったので飛び乗りました。

今夜のTattooの為に できるだけ早く帰って 
デジカメとスマホの充電をしなきゃ・・・

page170815-019.jpg

再び 車窓を楽し見ながら帰ります。
駅前には必ず駐車場があるのね。

page170815-020.jpg

放牧の牛もの~んびり    
↓  小麦畑かな? 

page170815-021.jpg

再びスタジアムが見えると もうすぐ ウェイヴァリー駅到着です。
page170815-022.jpg

ウェイヴァリー駅到着  車内 みなさんが降りた後 ↑

こちらの電車は (ロンドンからの電車もそうだったけど)
同じ車両の中が 進行方向向いたり 逆向いたり
2席だったり 4人席だったり 色々なパターンがあります。

page170815-023.jpg

↑ 改札の写真が 16時10分 
 
9時45分に乗って行ったから 6時間半のショートトリップ
グラスゴー滞在は 約4時間半
下調べもせずの出発だったけど 無事に帰って来れた。

お天気に恵まれてよかった♪


グラスゴー 一人旅  完 


***********************
20:27  |  ・イギリス2017年8月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT