2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2009.01.17 (Sat)

上海旅行⑫

19800円の旅に大満足して帰国した私達です。

同じバスの方々とは 和気藹々といろいろお話させてもらいました。

今回バスが一緒 食事が一緒だった姫路8人のおじいちゃんグループ 
同じ町会の仲間達で 今回は 町会長さんがリーダーでした。

皆さん 年金生活 一番年上は70歳。
あの方は元教師 あの方は元三菱○工勤務 あの方は商社勤務・・・
どうでもいいのに ちゃんと説明してくれる おじいちゃん達です。

そして カメラ紛失事件のおじいちゃんは 
大企業にお勤めだったらしく 出張での旅先の話を 良くしてくれました。

そして わかったことは おじいちゃんは お鉄組です。 (私は空組・・・)

青春18切符での旅の話 全国の鉄道路線制覇中の話 いっぱいしてくれました。
いろいろ地理にも詳しいのです。
私も旅行好きですよ~って話から 旅先の話でもり上がりました。

対馬行った事があるか~いい所やで~から
私が一日 対馬へ3往復した話をすると ??? 状態でしたけれど
私の空の話にも食いついてきて興味をもってくれましたよ~。

しかし 後で相方の友達に 
私の事 「何ものやねん 何してはんねん? 」 って質問があったらしい。

写真撮ってもらって 住所教えてあげて いっぱいお話しました。
お年寄りって話を聞いてあげるだけで大喜びしてくれるのね。(笑)

この町会メンバー いいツアーがみつかると 
こんなん行きませんか~とお誘いをかけて 
参加できる方は一緒に行くと言うことらしいです。 

10人以上の時もあるし4人の時もあるとの事。 
中国だけで4回目らしいです。 今年秋は ソウルに行くらしいですよ~。

僕 嫁に 3泊はあかんけれど2泊はOKって言われてますねんという方も。

黙ってみていると 
全員が席を立ったら 忘れ物チェックしているおじいちゃんがいたりして
それぞれがいいコンビなんです。

私達のグループ他には  もう一組 4人の中年男性グループもいました。
女性のグループは結構みますが この様なツアー男性グループもいるのですね。

私達が女同士気を使わないのと同じように 男同士でも気が楽なのでしょうね。

後は ご夫婦やお友達同士 娘と母親 子連れの親子 
そして訳のわからん夫婦?カップル? が二組。

私もチェックしていたけれど 友達もしっかり見ていた。(笑)

上海空港到着時 バスに乗り込む時 トランクのでかい事 
思わず 何泊するんかい? と思ったほどの大きさ それが男女別々なんです。

・・・夫婦違う・・・お友達カップル・・・ でも年は40は過ぎているぞー
夫婦なら あの大きさのトランクなら一つでOKのはず・・・

会話 とっても仲良しなんだけど 夫婦の会話ではないような気もする。
でも 結婚指輪は 薬指にはまっている。
散策の途中でもずっと お手手繋いでいいムードです。

新婚さん??? でも あのトランク二つはないだろうよ~ おかしいよ。 私達の会話 (爆)

結局 最後までわからなかった。
まっ どうでもいい話なんだけど ネタがない時は 二人してこんな話していたのです。

急にお誘いしたお友達にも喜んでもらえたので良かったです。
中国~って毛嫌いしないで また出かけてみてね。
そういう私も前回の北京旅行の後 もう中国はええわ~なんて書いてるし~(汗)

5月の連休 ヨーロッパ行こう~って誘ったら
「なんで そんな高いとき行かなあかんねん~私は平日暇やねんで~」て
お断りされました。 そりゃ~そうだ・・・私と行くと高くつくもんね。

また 近場でお安い時に 是非一緒に旅しましょう。
本当に 元気に歩けるようになってよかったね。 ありがとう~☆ お世話になりました。

時間があっても お金があっても 健康でなきゃ旅は続けられない。
私はいつまで旅を続けられるのだろう~。
とりあえずは 【今】 駆け足でまわってみる事にします。

--------------------------------------

本日 姫路のおじいちゃんから写真が届きました。
でも お名前も住所も書いてありません。これではお礼状もかけません。
お友達の分まで焼きまわしされた写真 
姫路の おじいちゃんありがとう~♪ ちゃんと届きましたよ~♪

20090117140154.jpg


14:08  |  ・中国  |  編集  |  Top↑

2009.01.16 (Fri)

上海旅行⑪

ANAの出発カウンターに 全員集合しました。

パスポートを提出して 係員が自動チェックインしてくれます。

私はパスポートと一緒にANAプラチナカードも提出しました。
お友達と一緒に 一番最初にチェックインをしてほしかったからです。

私の分は 優先権利があるので 一番最初にチェックインしてくれました。
そして チケットと一緒に ラウンジ使用券も 出力されて出てきました。

添乗員・・・えっ ラウンジ??? ってお顔されていました。

○○さんと一緒にお願い致します・・・と言ったにもかかわらず
荷物を預け終わっても友達の分 チェックインが終わっていません。
30人・・・結局 一番最後になりました。

友達預け入れ荷物がなかったので 時間はとられませんでしたが
忙しさにかまけて 指示された事 忘れていたようです。
最後に私が苦情を言うと すみませんでしたと謝罪してくれました。(日本語で)

チケットをもらってそのまま出国手続き税関を通過しました。

そして 残っていたお金 私は30元 友達は20元買える物を探してショップへ。
買えたのは ↓↓↓ チョコ(20元) ハイチュー(8元) ティシュ(2元)
300元 綺麗にお買い物できました。
F1000011.jpg

今回の300元は 
ケーキセット(50元×2) ・ ビール(30元) ・ お土産品(140元) ・ 上のお菓子(30元)

お友達100元は 勝手に報告
ケーキセット(50元) ・ ビール(30元) ・ お菓子(20元)

F1000009_20090115235138.jpg

お買い物後 ラウンジへむかいます。

今回は上海航空ラウンジを使用させてもらいます。
77番ゲートの上の部分にラウンジはありました。
F1000016_20090115235701.jpg
CIMG2951_ks.jpg

食べるものは 関空よりは多い・・・
F1000018_20090115235840.jpg
F1000019_20090115235833.jpg
F1000026.jpg
F1000025_20090115235719.jpg
F1000024.jpg
F1000023_20090115235759.jpg

緑色は 抹茶アイスではありません。 わさびです。 それもパリパリに固まったやつ(笑)
誰が巻き寿司にわさびつけるねん!!
F1000021_20090115235811.jpg

ケーキはとっても美味しかったです。
F1000020_20090115235822.jpg

ワンタン 薄味でとっても美味しかった~。ぷりぷりの海老最高でした。
F1000015_20090115235855.jpg

無事に旅を終えてご機嫌の二人です。
CIMG2948_ks.jpg
CIMG2950_ks.jpg

ラウンジから出発ゲート  このゲートからは出発予定はないようです。
CIMG2943_ks.jpg

18時15分 ゲート集合  
当初の82番から86番に変更になっていました。

私は お友達が預けなかったバックをもって 優先搭乗させてもらいました。
後部座席 ツアー客が多いということは トランクがいっぱいになるので
先に搭乗して荷物を上に上げるという魂胆です。

まだ誰も座っていない後部座席  座ったとたんCAのご挨拶です。
「373様ですか 本日は~ XXXXX  日本の新聞でもお持ちしましょうか?」 
ゆっくり寝たかった私は丁寧にお断りさせてもらいました。

機内食 冷たいお茶と おそばだけ食べました。 
友達は 懲りずに 一人飲んでいました。 そして ビデオ見ては 大笑いしています。

私は その後 爆睡体制へ ・・・

定刻前に関空に無事着陸です。 ラッキー 早いバスに間に合うかも・・・

降りた瞬間から急ぎあし そしてモノレールに乗り 
モノレール降りたら 税関目指して走ります。 ここで並ぶとバスに間にあわん。
一番に税関を通り抜けて 荷物受け取りカウンターへ 
優先タグを付けられたトランク 三番目に出てきました。 超~ラッキーです。
F1000013_20090116003216.jpg

ゆっくり歩いてくる友達に 
 「お疲れ~ まったねぇ~ 」 のご挨拶を済ませ空港バス乗り場へ走ります。
9時45分発のバスに乗り 大阪駅経由にて 11時前自宅へ無事に帰宅できました。

17:19  |  ・中国  |  編集  |  Top↑

2009.01.16 (Fri)

上海旅行⑩

順調に上海市内に戻って昼食タイムです。
ビル24階の高級料理店(らしいwww) で広東料理をいただきました。
CIMG2926_ks.jpg

おじいちゃん達と最後の食事 全ての食事は同じメンバー10人でした。
ビール飲め飲めと勧めてくれますが 
移動中のおトイレが気になるので少々いただきました。

食事の後は また次の観光名所?へ移動です。

魯迅公園散策と言うことで市内の公園にやってきました。
お天気の良い日曜日 公園は市民のみなさんの憩いの場? 大賑わいです。

あっちこっち 青空カラオケ会場となっています。
うまいのか へたなのか 私にはわかりません。
スポーツしている方もいます。 ぼーっと日向ぼっこの方も。
何かしら賭け事しているかたも・・・

その中で一生懸命に 公園のお掃除をされている方がいます。
添乗員の方に ボランティアの方ですか? と聞きますと
地方から出てきた出稼ぎ者で 安い賃金で働いている方だと教えてもらいました。

公園内にあった今日の天気予報 
この日は 風はありましたが ポカポカ陽気でした。
CIMG2931_ks.jpg

魯迅先生の碑
F1000056_20090115161213.jpg

ペットボトルに水を入れて 即席の筆 
水字とでも言うものでしょうか?   なかなか達筆です。
CIMG2930_ks.jpg

2.3分ほどバスに乗りやってきたのは 魯迅公園の南側に多倫路文化名人街
この界隈には 魯迅をはじめ郭沫若ら中国の有名な作家が多く住んでいたらしい。

若者のお店がたくさんあるとっても賑やかな通りで降ろされました。
公衆電話
CIMG2932_ks.jpg

横道に入っていくと 多倫路文化名人街のようです。
CIMG2935_ks.jpg
F1000055_20090115162134.jpg
F1000054.jpg
F1000051_20090115162155.jpg
CIMG2939_ks.jpg

現在は 10軒余の博物館と 展示館が開設されているというのに
そのような 写真は1枚も写していない。

たくさんの露店がでています。 旧正月の準備にみなさんお買物のようでした。
写してきた写真 けったいなものばっか・・・ たぶんニワトリの燻製?
F1000050_20090115162208.jpg
CIMG2937_ks.jpg

カメラ向けたら ブタの顔もってくれたおじさん ニコッて笑って横を向きよった。
豚顔

誰やろう~  説明聞いてなかったから知らんわ~
F1000047_20090115162222.jpg

この後 時間調整の為に 【100元ショップ】へ  約1500円ショップ
みなさん お土産品等結構お買いになっていました。
1つで100元 3つで100元 といろいろ品数は豊富でした。

私達 なーんも買わず ・・・

でも 自宅帰ってから ふと思った。 
100元ショップ 印鑑石を選択して 印鑑を彫ってくれるのだが
私も 作成してくればよかったかなぁ~と ちょっと後悔です。

私の 名字は必ず別注物です。 ありそうでないのです。
彫ってもらって1500円程度なら 日本で別注で印鑑頼むより良かったかなと・・・
来月 同じ旅行に行く ご近所友にお願いしようと思う。


2010年開催の予定の万博博覧会会場予定地を見ながら
バスは リニアモーターカーの乗り場へ向かいます。

夢の超特急リニアモーターカーにて上海空港へ・・・

駅で 荷物チェック(空港施設と同じような物)をうけて入場します。

空港まで50元  今は 経費がかかりすぎて 大赤字だそうです。
待っているお客も日本人だけ・・・私達グループだけみたいなもの。

15分間隔で運行されているようです。 
来年の万博では活躍する乗り物なのかも知れません。
ホームとってもきれいです。  係りのお兄ちゃんもかっこいい制服・・・
F1000044.jpg
F1000042_20090115170204.jpg

私達は 自由席 勝手に座って下さいとの事。
F1000041_20090115170211.jpg

空港からの リニアモーターカーが入ってきました。 折り返し運転です。
F1000039_20090115170237.jpg

30分発  
F1000037_20090115170251.jpg

出発しました。 どんどん加速して行きます。 少し横揺れが激しい・・・
F1000033_20090115170306.jpg
F1000032.jpg

乗車して 3分30秒すぎ  あっというまに431キロの数字です。
F1000029_20090115170356.jpg

このあと みるみるうちに減速されて ノロノロと空港施設の中へすべり込みました。
空港まで 7.8分の運行時間・・・  はぇ~~~

数字を写すことに夢中になり 外の景色はまったく見ておらず・・・(笑)
上海空港のターミナル施設です。
F1000028_20090115170404.jpg

第一 第二 ターミナルの間にある駅に到着したようです。

ここから またひろい施設の中を 
チェックインカウンター目指して歩いていきます。

とっても綺麗だけど 広い 広すぎ・・・ これに尽きる。

08:55  |  ・中国  |  編集  |  Top↑

2009.01.15 (Thu)

上海旅行⑨

上海最終日 携帯目覚ましならず・・・(バイブにしていました)

お友達に 373ちゃん時間だよ~って起こされたのは6時過ぎ・・・
アハハ寝過ごしちゃったね~ って言いながら身支度開始です。

まずは NHKテレビつけて 朝のニュースです。
初日は テレビのチャンネル変えられなくてなんぎしたけれど
今朝はもうなれたものです。

私も友達も まず お目目入れて・・・と (笑)
友達はねぇ~ コンタクト左右度数が違うのに 
なぜか同度数の物 もってきてやんの~(ドジな人 www)

6時半過ぎに 朝食会場へ行きました。メニューはほとんど同じでした。
昨日美味しかったお粥さんをチョイス・・・メロンをてんこ盛り・・・

7時まわったら食事会場 超~満員 日本人ばかりです。
今回のツアー 3連休の10日出発組も 合流したようです。

チェックアウト後 8時にバス集合 

ここで 姫路の8人グループのおじいちゃん バックをごそごそしていたと思ったら
「あっ カメラがない・・・部屋忘れたわ~ちょっと待っててや~」
と言い残して ホテル部屋へ戻って行きました。

慌ててバックを覗いていたので 私は もう一人のおじいちゃんに
もう一回バックをチェックてしてみたらどうですか~と
おじいちゃん確認しました。 ありませんなぁ~ 

そうすると 今度は別のおじいちゃん
俺のパスポートは 鞄の中やなぁ~ どこやろ?  って言い出しました。
バスのトランクに詰められたバック 運転手に頼んで取り出してもらう。
その荷物をバス車内に持ち込み パスポート探しです。
命の次に大切なパスポートの扱いに皆さんびっくりです。

あ~ここ入っていたわ~。ホッ 
おじいちゃん パスポート身に付いていた方がいいですよ~とご忠告しました。

そうこうしている内に デジカメ取りに戻ったおじいちゃん
無かったわ~って悲しい顔して戻ってきました。

15分遅れでバスは出発です。

まず向かったのは 翡翠等の石の物産店 (私達まったく興味なし)
↓ 売値2億円 誰がこんなん買うねん・・・
DSCN0288_ks.jpg

石から こういうふうに作品を作ります・・・って展示物は興味ありました。
DSCN0290_ks.jpg

さぁ~ここから商売開始です!!

↓の とっても素敵なチタンのボードに入れられた飾り物9点
中国政府の鑑定書付 持ち出しにかかる全ての税金 自宅までの輸送費
全て含んで  現在90万円で提供しています。 どうですか~?  ときたもんだ(笑)
DSCN0292_ks.jpg

飾り物には興味はありませんが 確かにボートはいい感じのものです。

誰も食いつきません。 そりゃ~そうでしょ~ 

私達のツアーなんぼやねん。 19800円やで~
こんなん買って帰ったら 嫁に怒られるがなぁ~  確かに・・・(爆)

全て込み90万は安いでしょうけれど 早々購入されるお客様はいませんわ~。

次に勧められたのは 10000~30000円程度の飾り物。
さすがに90万は買えないが このぐらいだったら手が出やすいのでしょう。
姫路のおじいちゃんグループ 皆さんお買い上げ~  
DSCN0289_ks.jpg

えぇ~おじいちゃん また買ったの? 私達もびっくりです。
いいカモにされて ここから撤退です。

バスに向かう間  「3つシェンエン~」居ます。物売りの可愛い女の子。
こう何回も出会うと 誰が3つ1000円で買うねん。。。ってことになっています。

4つ1000円は 当たり前 5つ 6つ ・・・・
私たちのバスの中での購入者最高は  7つ1000円で○レックス付やで~(爆)
ヴ○トン・グ○チなどなど ・・・・お財布小物類 もちろんコピー商品です。

関空で没収されませんように・・・

ここから上海郊外の水郷の街「朱家角」へ向かいます。

バスは高速道路を走って行きます。 私はウトウト ・・・ いや爆睡していました。

1時間程で到着です。

DSCN0298_ks.jpg
DSCN0297_ks.jpg
DSCN0301_ks.jpg
DSCN0296_ks.jpg
DSCN0299_ks.jpg
DSCN0295_ks.jpg

きたない狭い路地を進んでいきます。

DSCN0306_ks.jpg
DSCN0302_ks.jpg
DSCN0303_ks.jpg
DSCN0305_ks.jpg
DSCN0307_ks.jpg

写真を撮ったら 
   ↓↓↓ のおばちゃんに 大声で 怒鳴られた私です。  びっくりしたぁ~
DSCN0309_ks.jpg

船着場に到着です。
DSCN0310_ks.jpg

6名ずつに分かれて乗船して行きます。

DSCN0311_ks.jpg
F1000064_20090115112042.jpg
F1000063.jpg
F1000061.jpg
DSCN0316_ks.jpg
DSCN0317_ks.jpg
DSCN0322_ks.jpg

現地の方々には 大切な生活用水のようです。洗濯したり 食器を洗ったりしていました。

洗濯している女性に私達観光客がカメラを向けると
大きな声で怒って 洗濯をやめてしまいました。
「私は 見世物じゃない・・・写真とるな!!」 たぶんこんな感じなんでしょうね。
DSCN0324_ks.jpg
DSCN0325_ks.jpg
DSCN0326_ks.jpg
DSCN0327_ks.jpg
DSCN0314_ks.jpg

20分程度の乗船でした。 う~ん 柳川くだりみたいな風情はありません。

中国社会の貧困の差をみた気がしました。
上海の素敵な街の中で生活している方・・・
あのような泥水を生活用水に使用している地区・・・

↓ 朝カメラなくして元気のなかった おじいちゃん 急にご機嫌よくなっています。
5元(約75円) の靴磨きなんかしてもらっちゃって・・・
F1000059_20090115112314.jpg

後でわかった事なのですが 
船の中で水しぶきがかかって バックからタオルを出したらしいのです。
そのタオルの中から 紛失したカメラが出てきたんですって・・・
よかったねぇ~おじいちゃん。
と言うことは 私達が写された写真無事って事ですね。
(送っちゃるから~と何枚も写してくれました。)

この後はまた高速にのって 上海の街へと戻って行きます。

しかし 窓の外は 高層マンション群です。
素敵なマンションがいっぱい建っています。 建設されています。

上海は平地なんですね。 山はまったく見えませんでした。

21:27  |  ・中国  |  編集  |  Top↑

2009.01.15 (Thu)

上海旅行⑧

食事の後は オプション参加(3900円)の上海雑技団 絶技観賞に向かいます。
121名参加の今回 89名の方がオプション参加との事でした。
会場は キャンセル待ちも出るほどの大盛況との事です。

会場まで30分程度です・・・の案内の後 バスはまったく進まなくなりました。
どうも事故があったもようです。 本線へでても まったく身動きとれません。
救急車もやってきましたが 救急車も動ける状況ではありません。
誰も進路を空けようとしないのです。 
左右前後びっしりの為 動ける状態ではないのです。

19時30分開始の公演 ・・・ 大丈夫ですか~? 間に合いますか~?
大丈夫 時間はたっぷり・・・間に合います。大丈夫です。添乗員の返答。

しかし 19時過ぎたころから 
添乗員の携帯電話 運転手の携帯電話が鳴りっぱなしです。

中国語なので内容はまったくわかりません。

そのうち バス車内から 雑技団今の内にキャンセルしてくれ~~~って言葉も。
でも オプションの当日キャンセルはできません。 
キャンセルしても全額戻ってはきません。  後は 天に任すだけ・・・
私達は 急遽参加だったのでまだお金も支払っていません。

このころ 全員 もう完全に 諦め状態です。

今夜は 会場満席なので 89名の空席はまずいんじゃないの~
私達の席だけ空席~って事になってしまう可能性大。

19時15分 添乗員 後は雑技団と旅行社との話し合いです。
キャンセル料金 返金は考えますとの事でした。 

19時半になってもまったく進みません。
どうして前進しないかというと 中国人の交通マナーの問題です。

譲り合いの精神は まったくありません。

前に進めないとなると 普通は諦める・・・でしょ。
でも 中国人は違うのです。 
どんなに詰まっていようが おかまいなしにバックし ユータウンしてしまいます。 
横道にでも入るのかとおもいきや な・なんと 進行方向から 逆走してしまいます。

そう・・・ちゃんと走行している車と対面です。
こうなると一方通行も対面 何処がセンターラインなのかまったくわかりません。

「前詰まっているから ここから戻るから 道あけんかい!! どかんかい!!」
って感じのようです。 ぶつかりたくないので端車線は 逆行の車線となります。

最初 走行車線4車線の道路は 1車線逆走 4車線が進行方向の5車線状態・・・
その横を なにかまわずバイク・自転車・歩行者が通行していきます。
見ているだけで ドキドキします。

大渋滞の中 正面衝突しそうな勢い 歩道を走っていく車・・・
バスの中は きゃーあたる~なんて声もでます。

現にバスは 他のバスと接触していましたが 運転者同士おかまいなし~。

しかし 同じ場所に 1時間近く・・・
先の交差点も 全く動く気配なし・・・交通整理の警官? たった一人で応対です。
よって誰一人指示に従う車はなし すべては我優先のようです。

こんな状態で 来年の上海万博博覧会開催なんてできるのでしょうか???
北京に旅行した時も こんな状態で オリンピック大丈夫なんでしょうか???
って綴った記憶あり  結局 なんとかなるんでしょうね。

ここ上海では 観光客の日本人の運転は 絶対に無理でしょう。

添乗員さん 
中国人の恥ずかしい部分です。お恥ずかしいかぎり・・・なんて
何回も何回も 謝罪していました。 (別にあんたが悪いわけじゃない・・)

私用として車を運転できる人(車を持っている)は それなりに裕福な方が多いはずなのに
マナーとしては しょせんこんなもんなんでしょう~。

夕飯に ビール飲んだお客達  添乗員さ~ん おトイレ行きたいのですが~
男性だけ 7・8人 なのでバスを降りて 道路脇で済ますことに・・・
この際 恥ずかしいなんて言ってられる状況ではありません。

この頃には もともと4車線の車線  6車線ぐらいの車の並びになっていました。
もちろん端は 逆送する車専用になってしまっている状態です。

男性陣  添乗員に引率されて 車線を横断して行きます。
そして 電気の付いていない事務所らしき建物の前で 皆さんタチションです。(爆)

すると急に 事務所に電気が付き 
「こら~お前ら ここで何している!!」  
たぶんこんな感じだったのでしょう。
大きな声で怒鳴られていました。 中国人凄い罵声です。
そりゃ~そうでしょ。 バスから降りた日本人 全員でタチションですから~。
バスの中の私達 いっせいに大笑いです。
男性陣 途中でとめられないし びっくりしたで~なんて言いながら帰ってきました。

恥はかき捨てと言ってもねぇ~ 逆に考えると私だって 
「こら~こんなところでタチションしやがって~!!」 って怒るもん。絶対に・・・

そうこうしていてもバスは一向に進む気配はありません。

そのうち 今度は女性陣の中にも おトイレ~なんて言葉が出始めました。
たまたま10分程度の距離にホテルがありましたので
そこまで戻って おトイレを借りる事になりました。

この先どれだけ時間がかかるのか全くわかりません。
おトイレいけないと思うと急に心配になり 私もホテルまで歩く事にしました。
バスを降りて添乗員の後を ぞろぞろ男女15名ほど逆送していきます。

ホテルでおトイレを借りて 道路へ出たら 少しだけ 車が前進し始めていました。
今度は みんな必死に バスまで戻ります。私も必死に付いていきます。 
走って・・・走って・・・息切れ状態です。
逆送してくる車を避けながら 必死にバスが停滞している所へ向かいます。
やっとバスまで追いつき全員乗車です。

それから20分ほど過ぎた頃 やっと前進できるようになりました。
混雑を避けて 大きな交差点を右折し 少し走ったところでまたまた渋滞です。
のろのろ走行は続きます。

結局 市内へ戻ってきたのは 公演終了時間の21時前でした。

上海雑技団公演は 完全にキャンセル 
費用は 旅行社持ちになり私達の負担はありませんでした。
本場で見たかったのでちょっと残念でした。

その後のスケジュールは 昨夜中止になった ナイトクルージングです。
今夜は お天気に恵まれて決行されるようです。

黄浦江の川から 外灘の夜景を 約45分程度楽しみました。

去年3月 中欧ヨーロッパ旅行
夜のドナウ川のイルミネーションクルーズを思い出しました。
あの時も とっても寒かったっけ。

香港の夜景ほど まとまった感じはしませんが
数年後には 今建設中の建物が完成し 
きっと香港以上の夜景が見られるかもしれません。

DSCN0275_ks.jpg
DSCN0276_ks.jpg
DSCN0277_ks.jpg
DSCN0278_ks.jpg
DSCN0279_ks.jpg
DSCN0280_ks.jpg
DSCN0284_ks.jpg
DSCN0285_ks.jpg
DSCN0287_ks.jpg
DSCN0282_ks.jpg


上海二日目は無事に終了~♪

夜は またまたお友達持参の温泉の素で ゆったりお風呂つかり足をもみもみ・・・

そして爆睡でした。


20:50  |  ・中国  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT