2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.04.04 (Fri)

⑰♥中欧4ヶ国周遊の旅まとめ

今回の中欧旅行は 東京の仲間からのお誘いでしたので
当初 成田出発と言うことで参加するか迷いました。

しかし 募集要項をみていると 搭乗航空会社確定しているし 
なんと言っても直行便は魅力があります。
(関西からは直行便ツアーはありません。すべて乗換です。)

出発時間も予約前に確定しているということで
当日朝 伊丹→成田行きで十分間に合うことがわかった。
もう一つ・・・オーストリア航空がANAと同じグループであること。
うまく行けば 50%はマイルも戴けるかも・・・
(旅行後 5698マイル戴きました。) 

そして 家族のある事情もクリアできる事がわかった時点で即刻参加表明です。

最終的には5人参加  ツイン×2 シングル×1 参加です。

旅行代金は ぶっちゃけ超格安で 199800円 全食事付+添乗員付
燃料サーチャージ 25100円 空港税金5740円  合計230640円でした。
シングルの方はプラス50000円 ビジネスクラスはプラス28万(だったと思う。)
オプション1回8000円×2回あり

興味がありましたら是非どうぞ~ 
ただし 暖かくなる4月から どんどん値上がりして 
8月のピーク時には プラス28万円になっています。 支払は50万超えますね。
燃料サーチャージも 4月から値上がりしています。
 
旅行代金230640円は 収納代行コンビニでEdy払い 4600マイルは戴きました。
(この手段は6月いっぱいで終了です。)

大阪から参加と言うことで 
飛行機16600円 新幹線12950円 成田エクスプレス2970円 合計32520円加算

そのほかの現地費用として ユーロに交換した約30000円
最後 財布に20ユーロ1枚だけ残ったので 
仲間に3000円で日本円に交換してもらいました。

約27000円 チップと毎回飲んだお酒代 プラスお土産代でした。
カードは一回も使用せずに 今回の旅は終りました。

旅が終って カードの支払を気にしなくていいのは初めてです。

添乗員付きのツアーに初参加でしたが とっても楽だった・・・の一言です。

料金設定にも満足です。 上を見たらキリがありません。
滞在型の旅なら いいホテルでゆったりと思いますが
移動移動の今回の旅行的には 十分なホテルだったと思います。
好き嫌いの多い私でも 食事もなんとか食べられましたし
毎回美味しいワインも飲めました。
3月・・・寒いってイメージだったのですが お天気にも恵まれて
思った程の寒さは感じませんでした。 

確かに自分で 旅を計画できる楽しみはありませんが
8日間で4ヶ国をまわる事は 個人旅行ではまず無理でしょう。

トランク転がして 右左ウロウロ 通貨の問題もある。
まぁ~苦労した分その分思い出は  きっと強烈だけどねっ。

今回 ツアー参加のよさを知った私は今後 
個人手配とツアーとを使い分けて旅計画を練る事にします。
旅の価値観は人それぞれ・・・
今までの個人旅行 無駄な時間と費用を使っていたなぁ~と痛感しました。

今回の旅 添乗員の品格も良かったと思います。
ベテランでレベルは最高~☆  私自身 不満は一度も感じませんでした。

ただ今回の旅行のただ一つ欠点 !!  38名の大所帯だった事 。。。
これは旅行社の問題だと思うけど
20名で添乗員一人とするか 40名でも一人とするか・・・
正直国内旅行でも こんな大勢はあまり経験がないです。

38名ゆえ 毎回の確認点呼に時間がかかる。
いっぺんに行くトイレ休憩 いつも順番待ちとなる。
ホテルのチェックインも毎回時間がかかりすぎでした。

中部出発の仲間も 20人超えたのは初めてと言っていました。

添乗員の報告によると 今中欧は大人気のコースで
どのツアーもほとんど満席に近い出発だということです。
参加される時は 最高受け入れ参加人数を 確認することも大切かもしれません。

中欧という場所がら 海外初めて参加される方はいません。
皆さん ほとんど旅なれた方々ばかりでした。

話を伺うと ・・・ 皆さん すごい・・・ w(゜o゜)w
50ヶ国以上の方もいました。
世界遺産ばかりをまわっていらっしゃる方。
定年後 ご夫婦で二ヶ月に1回海外を回っている方もいました。
飛鳥で3ヶ月周遊した方  南極周遊した方もいました。
聞かせてもらうお話はとっても興味のあるものでした。

私の海外経験なんて 本当にかわいいものですわ。
出国20数回以上(もう数えちゃいないけど) それも一箇所集中型だし・・・(^_^;)  

50代前後の私達の旅は始まったばかり・・・
子育てがおおまか終了したし 
これから旅先を増やしていけたらいいね・・って仲間とも話していました。

まず 健康な身体です。 資金以上に大切な部分です。
いつまでも 旅を続けていられるかどうか 先の事はわかりませんよね。
私も主人も病気持ちですから 本当にこの先は未定です。
分かっていることは 夫婦で海外はない・・・ってことだけ。

今回の旅 皆さん 
60代以上の方々がほとんどでしたが 私達より元気に歩かれます。  
旅にでる為に暇な時間は 山登りで足腰を鍛えているという方もいました。

今回の旅に誘ってくれた仲間に感謝して
また一緒に旅にでられること祈っています。
いつもと違うメンバー とっても新鮮な旅になりました。
また気持ちよく海外に行かせてくれる家族にも感謝しつつ
今後も家庭をしっかり守って行きたいと思っています。



13:05  |  ・中欧4ヶ国2008年  |  編集  |  Top↑

2008.04.04 (Fri)

⑯♥中欧4ヶ国周遊の旅おまけ

ウィーンで乗った路面電車内から写して見ました。
08:07  |  ・中欧4ヶ国2008年  |  編集  |  Top↑

2008.04.03 (Thu)

⑮♥中欧4ヶ国周遊の旅8日目

(成田から大阪自宅まで)
無事に入国して ターンテーブルでトランクを受け取り自由に解散。

添乗員・38名のお仲間 挨拶を交わしてお別れです。
一度もお話出来なかった方も数人いました。
お名前なんて 誰も知りません。
私達5人は勝手に呼び名をつけていました。

青森の農業の方は アップル王子
医者だとわかれば ドクター青森
不動産持ちだとわかると 動く不動産王
毎回派手なネクタイの紳士は 派手爺 ・・・などなど 他にも色々。

トランクを受け取って皆さん帰路につかれます。
私たちのトランクはなかなか出てきません。
あっ 来た~  って 一人 二人・・・
最後 いくら待っても 私の分のみ なかなかまわってきません。

ウィーン置いてこられたんやで~~~ (-_-;)

誰もいなくなったターンテーブル付近
最後の最後に私のトランクがやっとまわってきました。


今回の旅仲間5人ともここでお別れです。

私は 愛知から参加の仲間と 東京駅へ移動すべく 成田エクスプレス乗り場へ。
切符買うのにだいぶ待たされました。

10時15分発に乗車 飛行機席よりひろい足元 (*^_^*)
二人とも会話する事もなく 携帯に夢中 ・・・
だって旅の間ずっと同部屋だったもの。話ネタつきていたかも・・・

CIMG3951_ks中欧

CIMG3952_ks中欧


新幹線乗り場にてお茶とお弁当を購入。 もちろんマイルの為にSuica使用。

その後 出発ホームが違うのでお友達と別れました。

11時50分発ののぞみに乗車  またまた飛行機席よりひろい足元 (*^_^*)
トランクを後部に置く為20番席指定です。

F1000189.jpg


では 久しぶりの日本食です。 お寿司・・・やはり日本のおコメは最高~☆☆☆
新横浜過ぎた頃には全て完食しました。

そのあとは ・・・

F1000292.jpg

F1000290.jpg


ただ目をつぶって爆睡体制へ ・・・ の予定が
お帰り~のメールがどんどん入ってくる。 
返信しては寝る・・・・  そのうち返信せずただ寝た。 ワリィ~ m(_ _)mゴメン

とっても綺麗な青空の新大阪着  自宅までタクシーで到着。

リビングのテーブルに 
お帰りなさい・・・・ 家族のメッセージがあり ・・・ (ノ_・、)クスン・・・


これにて 今回の旅記録終了です。


誤字脱字も多かったと思いますが 
最後まで読んで戴きありがとうございました。

実際はもっともっと楽しい写真話題もあるんだけど・・・ ここでは内緒。
一緒に旅した仲間5人で共有したいと思います。

373自身の感じたまま思ったままの旅記録ですから 
苦情は受け付けませんからねっ。 (●^o^●)

23:27  |  ・中欧4ヶ国2008年  |  編集  |  Top↑

2008.04.03 (Thu)

⑭♥中欧4ヶ国周遊の旅7日目

(ウイーン出発~成田へ)
今回の旅 最後の夜が明けました。
トラブルもなく 元気にここまで来られた事に感謝です。

いつものように 朝食をとります。
ヨーグルトは毎日食べ続けた気がします。(^ ^)

CIMG3910_ks中欧


朝食の後 近くのスーパーへ お土産散策です。

CIMG3912_ks中欧

CIMG3914_ks中欧

CIMG3916_ks中欧


今回の旅の間 定番のチョコレートは 
ウィーンのスーパーが一番安かったです。 やはりお買物は現地スーパーに限る。
機内で食べたスナック菓子も購入。
(お土産にもらった方・・あれ格安だったのよ~(笑)

F1000195.jpg


ホテルザッハーで購入した物。 
チョコレート類 持ち帰りできそうでしたが 
なんせ賞味期限を問い合わせる事ができなくて購入断念。
空港でもホテルザッハーの商品売っていましたが
な・なんとお値段 約1.5倍していました。

F1000193.jpg


↑ ベットに並べて写真写したら 帰国出発の為に荷物の整理です。

私 今回の旅 移動するたびにトランク軽くなっていきました。

日本から持ち込んだペットボトルのお茶  たくさんの食べ物・おやつに
一度着たセーター・ズボン・シャツ・下着・靴下・ハンカチまで
ほとんどのものを 旅先で処分してきました。

トランク・・・久しぶりにガラ空きです。

出発の朝  寝巻き・タオルも処分しました。
ダウンコートも今回処分して帰ろうと思っていたのですが
着やすさではお気に入りだったので 結局 軽いし持ち帰りました。

トランクに乗っかって閉める事もなく 簡単に荷造り終了。
部屋の前から ポーターさんに運ばれて行きました。

ウィーン空港に到着
カウンターがまだ開いていません。 少しの間並んで待ちました。

CIMG3918_ks中欧


エコノミーの行列に並びます。 隣は誰もいないビジネスクラスのチェックインです。
ツアー参加だったので 一応エコノミークラスにてチェックインしましたが
その後 現地の日本語のわかる空港職員に確認したところ
どのクラスのチケットであっても スター アライアンス・ゴールドメンバーの方なら 
もちろんビジネスクラスでチェックイン可能です。
トランクの手荷物20Kgアップ・優先タグもお付け致します。。。との事でしたので
今後旅行するときは 使える特権は使おうと思います。

CIMG3920_ks中欧


出発までだいぶ時間がありましたので
ハーゲンダッツのアイスクリームを食べて時間つぶしです。
(写真撮り忘れです。)

その後 手荷物検査を受けて出発ゲートへ

中は座る席もないほどいっぱいの日本人・・・
しかし 2列ほどすべて空いている席が目の前にあるのだが 
ゴールドメンバー・・っぽい案内表示がある。

さきほどの 日本語のわかる空港職員を発見
スター アライアンス・ゴールドメンバーのマーク入りクレジットカードを提示して
この席に座ってもいいかと尋ねると こちらの部屋へと・・・お友達もOK~ 
おトイレに行った3人にわかるように伝言して
係りの人についていったら隣の待合室だった。
どうも見た感じは ビジネスクラスの搭乗待ちの部屋だったようだ。
(ほとんどの方が優先搭乗して行ったから・・・w)
しかし 後になったら 一般にも開放されていたけど・・・この部屋どうなってんだろう。

優先搭乗が終って残されたのは ツアーの私達グループだけだった。
添乗員も普段はこの部屋は使わないと言っていました。

CIMG3921_ks中欧


私達ツアー客には 当日オーストリア航空会社から空いている席を
適当にツアー名簿ABC順に振り割れられ座席指定となる。
このことはチェックインの時 説明があり
私達の添乗員は 38名分の座席をグループ事に
隣り合わせになるように できる範囲で振り分けてくれた。

私達5人は みんなバラバラ 私なんて23Aという席・・・窓際だ。
最悪~って思っていたら 添乗員が必死に並び替えてくれて
2人と 2人通路はさんで1人のなんとかまとまった席に変更してくれた。

今回日本からの旅行団体グループは 私達を含めて3グループ。

「席は変更できませんので そのまま搭乗して下さい」・・・って
わめいていた添乗員がいたのを私は見た。
残りの2つのグループは 
みんな指定されたままのバラバラのお席のまま搭乗。
私の席の近辺 お話してみると夫婦でもバラバラの方がチラホラ・・・
3人席にひとり・・・って方もチラホラ

席替えは 添乗員の機転次第・・・自分の仕事を増やしたくない添乗員は
そのまま指定されたままのお席となるらしい。。後で私達の添乗員が言ってました。

後ろに席のない通路側 移動が楽なお席に変更された私は
添乗員の努力に感謝感謝です。

今後 帰路便座席バラバラの時は 添乗員手抜きしたと思ってください(笑)

部屋の方 ほとんどいなくなったので 添乗員含め私達も搭乗開始。
優先搭乗並みに早く機内へ入った私達(2人)  丁度真ん中あたりの席でした。

CIMG3924_ks中欧


来るときと同じスナック菓子に白ワイン

CIMG3925_ks中欧


機内食一回目 食べ飽きたポテトとサーモン

CIMG3928_ks中欧


中間食は 選択の余地はなく全員カップ麺。 
美味しかった~ スープまで完食しました。

CIMG3932_ks中欧


大陸横断中  まだまだ先は長いなぁ~ 

CIMG3935_ks中欧


やっと 日本が見えてきました。おぉ~大阪もあります。(爆)
この頃ゲームにも飽きて 一人立ったり座ったりウロウロする私でした~。

CIMG3939_ks中欧


二回目の機内食 この手のハム・チーズは嫌いです。

CIMG3940_ks中欧


お友達はビデオをみているようです。??? 寝ているのかなぁ~?

CIMG3946_ks中欧


成田まで 1時間切りました。 もうちょっとだぁ~~~。

CIMG3947_ks中欧

CIMG3949_ks中欧


定刻より30分早く 成田空港へ到着しました。
無事に帰国した事に ホッとした瞬間でもあります。

空派の私 飛行機に乗ることは大好きなんだけど
毎回 タイヤが着地した瞬間 
「これで死ぬことはないなぁ~」って思うのよ。(爆)
安全な乗り物だと理解していても 
空の上だし どこかにか逃げられない恐怖感があるのかも・・・。

まぁ~無事でなによりでした。
18:34  |  ・中欧4ヶ国2008年  |  編集  |  Top↑

2008.04.03 (Thu)

⑬♥中欧4ヶ国周遊の旅6日目

(ウイーン観光)
市内に戻ってきました。
ランチの時間まで 市内の外周道路リンクを一周してくれました。(約20分程)
この一周が 後のフリー時間は 道に迷う事無くウロウロできました。

バス一番前の席から・・・ウィーン街って 駐車し放題なのかしら???

木々の新芽が出始めています。 春ですねぇ~。
木々が茂ったら 景色は半分見えなくなってしまうのかなぁ~?

CIMG3792_ks中欧

CIMG3793_ks中欧

CIMG3795_ks中欧

CIMG3799_ks中欧


突然 雨が降ってきました。 もうびっくり・・・

CIMG3800_ks中欧


食事場所へ 本日中華の予定です。

CIMG3803_ks中欧

CIMG3801_ks中欧


う・・・ん 中華ぽかった・・・と言う事にしておきます。(笑)
ご飯などもでましたが 冷たい白ご飯のまま 
思わず誰かが チャーハンにして~~~ってわめいていました。
品数はもう少しあったと思います。 デザートは なんやったんだろう~?
ヨーロッパの中華ってこんなん?  それとも料金設定のせいかしら?

F1000234.jpg

F1000233.jpg

F1000231.jpg

F1000230.jpg

F1000229.jpg

F1000228.jpg

F1000227.jpg

F1000226.jpg


午後からは 最後のフリータイム

ウィーンの森に行く方と 市内観光の方 
あと オペラやコンサートへ行く方各自で選択。

私達4人は ウィーンの森観光をキャンセルして 勝手に観光コース・・・ 
一人Uさんだけはウィーンの森観光コースへ参加でした。

解散・集合場所・・・オペラ座の前 

CIMG3809_ks中欧


まず リンクを左回りに進む事に・・・

CIMG3810_ks中欧


変なおじさん・・・ コンサートのチケットを売りつけているようでした。
私達には お声かからず・・・(笑)

CIMG3811_ks中欧


モーツァルト像

F1000225.jpg

CIMG3813_ks中欧


なぜか 街中に置いてある体重計 ・・・ いたるところに置いてありました。
もちろん測ってみたわよ~ 。

CIMG3819_ks中欧


王宮の中へ ・・

CIMG3820_ks中欧

CIMG3828_ks中欧

CIMG3829_ks中欧

CIMG3831_ks中欧


王宮の中をうろうろしながら出てきたのは 
賑やかな通りケルントナー通り 
ウィーンのメインストリートで歩行者専用道路となっていました。
前の夜 食事時通った時は 街頭ミュージシャンが演奏を行い
昼間よりとっても賑やかな通りでした。

CIMG3833_ks中欧

CIMG3834中欧_ks
(

美味しそうなピザ屋さん ・・・ 
ガラスに張り付いて 覗きこんでいたおばちゃん4人・・・。

CIMG3836_ks中欧

CIMG3840_ks中欧

CIMG3842_ks中欧


お土産などを物色して通りをウロウロ・・
そろそろティータイムってことで たどり着いたのは やはりここです。

ホテルザッハーのザッハートルテ チョコレートケーキの代表。
話のネタに 絶対に食べて帰りたいと思っていました。
ザッハートルテの本家本元らしい・・  確か裁判に勝ったんだよね。

甘いのは覚悟のうえ・・・本場で食べるザッハートルテである。

メニューもちろん読めません。

F1000218.jpg


15分ほど並んだだろうか・・・通された席は窓際。
座高の高い椅子・・・ 座るのによじ登ったと言うほうが正しい。(笑)
そして 降りるときは ピョコンと飛び降りました。
慌てて携帯で撮ったのだ。

F1000219.jpg


お味は まぁ~こんなものでしょう。 
日本にはもっとおいしいチョコレートケーキはあると思いますが
一応本家本元制覇ということで・・・納得。  ケーキセット…9.1ユーロでした。

CIMG3854_ks中欧

CIMG3855_ks中欧


ケーキを食べている間 またまた通り雨・・・
でも外にでたらまたまたお天気になりました。  ラッキー

各地で何回も目にしているメトロ 一回乗ってみようって事で挑戦です。
トラム内でチケットを購入すると2,2ユーロ 
地下の売店などで購入すると1,7ユーロとのことで
地下に降りてチケットを購入しました。
一定時間乗り降り自由です。

F1000213.jpg


トラム乗り場で 電車を待ちます。
リンクをグルグルまわるので 左周り右周りで 1番か2番の電車乗車でOK 。

すぐに電車が来ましたが 違う行き先の番号だったので無視していたら
その後に 私達が乗る予定の電車が 連結して止まっていました。
電車は私達を乗せる事無く 素通りで行ってしまいました (-_-;)・・・

10分ほど待ち 今度は無事に乗車できました。

CIMG3864_ks中欧

CIMG3862_ks中欧


車内の青い箱で チケットに刻印を押してもらいます。
チケットの回収も点検もありません。 
勝手に乗って 勝手に降りる。無賃乗車してもわからない状態のトラムです。

CIMG3865_ks中欧


オペラ座の前から乗車して リンク一周約30分
石油輸出国機構(OPEC)のビルなども見る事ができました。

外の景色を楽しんでいたら あっと言う間に一周してしまいました。
もう一周してもいいぐらい・・・
ねぇ~どこで降りる?  ベートーベンの銅像みたい・・・という意見にて
それらしい停車場で降りました。 

CIMG3873_ks中欧


友好都市  日本の岐阜市から送られた桜のようです。

CIMG3876_ks中欧


満開の桜でした。  桜~♪ 
日本より一足先に 満開の桜の下で記念撮影しました。

CIMG3878_ks中欧


シューベルト像

CIMG3882_ks中欧


結構大きな公園のようです。

CIMG3886_ks中欧


ベートーヴェン記念像

CIMG3887_ks中欧


この後 テクテクと散策しながら集合場所へ移動しました。
初日 早朝散策で歩いた場所も通り 市内の地理が少々わかってきました。

ウィーンの森観光の方々と合流 
夜景見物・・・ってどこへ行くのかと思ったら
自然史博物館からの夜景を眺めるために館の屋上へ・・・
ウィーン市庁舎が見えます。ウィーン市内って現代的な高層ビルはありません。

CIMG3889_ks中欧


携帯の画像の方がましかなぁ~

F1000208.jpg

F1000210.jpg


夕食の場所へ移動します。
ホイリゲレストランめざして 校外のお店へバスは走って行きました。 

静かな住宅地にお店はありました。

ホイリゲ・・・って?  出発前予習して出かけましたよ。わたし。

ホイリゲを日本語に表現すると「ワインの造り酒屋」
17世紀後半 
トルコとの戦争でウィーン市内ではワインを入手しにくくなったため
人々がウィーン郊外の農家に 
今年できた自家製ワインを 買い出しに行くようになったのが始まりとされている。

オーストリア東部に見られるワイン酒場で
ワインの作り酒屋が自家製ワインを売るというのが建前
料理も簡単な家庭料理をセルフ・サービス方式で頼むところが多い。
ワインは主に白ワインで ジョッキ型のグラスに入っている。

入口の写真撮り損ねてしまいました。 店内の様子

CIMG3893_ks中欧


トイレの前

CIMG3898_ks中欧


地下にあった別のお部屋

CIMG3899_ks中欧


手作りの飾り物

F1000205.jpg


さぁ~今夜のメニューは・・・ ?  今回の旅 最後のディナーです。

F1000204.jpg


ジョッキででてきた白ワインです。

F1000203.jpg


スープから 定番のコースです。 もちろんパン付き・・・(笑)  

F1000202.jpg

F1000199.jpg

F1000198.jpg

F1000196.jpg


シュランメル音楽と呼ばれる独特の生演奏があります。
テーブルからテーブルへ渡り歩き演奏します。
おじ様お二人 各テーブルをまわりますが 他のテーブル皆さんノリが悪い。

そこは 「盛り上げたい5人組」 おまかせあれ~~~

57歳一人参加のおばちゃまのチップで・・・(爆)
スキヤキソングから 何曲演奏してもらったでしょう。
手拍子手拍子で大騒ぎです。

もちろん ワインお代わり~も忘れずに・・

CIMG3896_ks中欧

CIMG3900_ks中欧


違うテーブルのお客様も とっても楽しそうに歌っていました。

そこへ乱入した 「盛り上げたい4人組」   私撮影係り・・・

彼女達 本当に楽しそうに騒いでいました。大喝采~☆
ウ・・・ゥ  写真掲載したいんだけどね~~ ;^_^A

現地の方々と一緒に めいっぱい楽しむ姿
旅のあり方を再確認しました。

CIMG3905_ks中欧


楽しんだ後は お迎えのバスにてホテルへ戻りました。

いつものバス運転手さんは 労働規定により 
一日決められた時間以上の 運転をしたらいけない取り決めがあって 
とっても厳しいのだそうです。
日本のサービス残業では考えられない話ですね。

旅の途中でも 運転時間に見合う休憩をしっかり取ります。
30分休憩・・・といわれれば30分間バスは開けてくれません。
集合時間 来ないのは運転手・・・って事もあり 寒い中待たされた私達です。

今までの個人旅行では気が付かなかった部分
添乗員の説明で知ってみたり ガイドの説明で確認してみたり
本当に今回の旅 発見が多かったです。
12:38  |  ・中欧4ヶ国2008年  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT