2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.09.30 (Sun)

セブ島諸々

今回 シャングリラホテル滞在
アップグレードという恩恵を受け満喫したホテル滞在でした。

が・・・ホテルに対しては 不満がいくつかありました。

予約を入れてから
ホテルへの質問を 日本語と英文で 合計4回送信しました。
それに対する返信が 一度も来なかったのです。

予約時にもらっていたメールアドレスへ ・・
ホームページの問い合わせ先アドレスへ ・・
いろいろ変えて 送信してみましたが返事はなし。

着信不能の連絡はなかったので 
間違いなく メールは届いていると思うのですが。

仲間も 何回か問い合わせしたらしいのですが 
彼女へも 返信はなかったという。

シャングリラ程のホテルが お客様への問い合わせに対して
返信しないというのはどういうことなのか・・・

これが予約問い合わせのメールだったら お客を逃がす事になるのである。
私は 今でも納得できない。

もちろん 宿泊後 
グレッグ・ドーガン代表取締役社長から届いたアンケートには 
この事をきっちり綴っておきました。


また ホテルの予約サイト
ホテルでは オーシャンクラブフロアは 
いろいろな名目が無料と告知されているのに
(たとえば ノンモーターウォータースポーツやバスの送迎など ・・・)

ホテルのホームページ予約時のフォームでは オプションとなっていたこと。

ビーチでのノンモーターウォータースポーツは無料となっているのに
オプションで ひと部屋に付1000ペソ徴収された。

予約時の送迎が一人150ペソと有料だったので 
タクシーでホテルに向かったのに 実際は無料だったのだ。
帰路はクラブフロア滞在というだけで 無料になった。

オーシャンクラブ滞在者は 全て無料とうたっていてるなら
オプション等で余分な費用をプラスさせるべきではないと私は思う。

実際ホテルの現場サイドでも 
これは無料これは有料と 答えてくれた係の方も把握しきれず
いろいろ混乱が多かったように思う。

また 12時チェックアウト後も 
終日 クラブフロアを使わせてもらえた事は大変良かったと思う。

しかし私達グループには 一日早く帰国する者が二人いて 
一人は深夜便の為 ラウンジを使用したい意向もあり 
仲間がカード会社コンシェルジュを利用して ホテルに問い合わせしました。

いいですよ~ 終日OKです とのお返事をもらいました。

この事については 問い合わせしなければ 
最終日 私達も使用できることすら知らなかったので
問い合わせしてもらって大変良かったです。
取っても有難いシステムに感謝感謝でした。

しかし 当日は クラブフロア担当者から
宿泊者9人に対して 現在ラウンジに 10人いらっしゃいますが 
1人分は どのように請求させてもらったらよろしいですか?
との問いがありました。

実際9人の宿泊者に対して 当日ラウンジにいたのは10人
そりゃ~ そうでしょ…
終日使える権利があるのは宿泊した9人だけ 
この日は メンバーの入れ替えがあり 10人になっていました。

この現場は たまたま 仲間が問い合わせした
ホテルの担当者の方の お名前『×××さん』を 覚えていて
口に出したので クラブラウンジ滞在費用お一人様無料になりました。

初日 二日目も 3部屋(9人)の滞在者予約
(メンバー入れ替えはこちらの勝手ですから)
ホテルサイドとしては 10人になることがあり得ない話です。

たぶん最後は ホテルサイドが サービスしてくれたのだと思います。

もし次回 シャングリラに滞在する時には 
しっかりと調べて 対処しておく必要があると思いました。

それに平行して メンバー入れ替えという方法は 
出来れば 次回からは避けたいなと私は思いました。

今回 後から合流した仲間は
先にお部屋に滞在していた者のお部屋に居候ではありません。
お部屋代は平等に3等分です。
 
しかし 後から宿泊した方は 
気遣いされていたように感じ大変申し訳なかったです。

仲間と過ごす滞在 
我がままは許される事ではないのですが
幹事として 出来る事は対処してあげたいと思いつつも
個々のお部屋の中事情までは 対処しきれないのが現実です。

今後の為にも 反省する事はたくさんありましが
全部ひっくるめて 私は 大満足のセブ島旅行でした。

また 機会があれば 滞在してみたいシャングリラホテル
ゆっくり 流れる雲を眺めて のーんびり過ごしてみたいです。

やっぱり もう一度行ってみようかな~~~ 笑


------------------------------------------

セブ島へのチケット

デルタ特典 関西 仁川 セブ 仁川 関西 
ビジネスクラス使用 45000マイル
空港税金等 4390円 大韓発券手数料2000円

セブ空港税金 550ペソ(1100円)

-----------------------

ホテル滞在 初日ホテル 一人3105円
      
2・3日ホテル滞在費 合計19920.36ペソ (38645円)  
ホテル部屋代他 14992.36ペソ 
パラセーリング4480ペソ  ボール448ペソ 

-----------------------

日本円両替 2500円 1250ペソ (1ペソ2円) 
 
-----------------------

韓国滞在は 
前に両替していたウォンを使用しました。


これで セブ島旅行記は終わります。
誤字脱字はいつものこと 笑って許して~


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
20:26  |  ・セブ島2012年秋  |  編集  |  Top↑

2012.09.30 (Sun)

セブ島(帰路)

先に帰国した者 先に空港に向かった者もいて
最終日ホテル22時30分の空港シャトルバスに乗った者は7名

みんな揃って 楽しかったね~ 記念撮影~~~

page120918-21.jpg
page120918-22.jpg

お一人様 片道150ペソ クラブフロア滞在者は 
ホテルから無料で 空港へ送迎してもらうことができました。

バスは 私達グループだけの乗車でした。
空港に到着したら すぐにチェックイン手続きを済ませて
制限区域内に入りました。

空港では 出国税550ぺソ(1100円)を支払います。

そのあと ビジネス組は 少しだけラウンジへ
アシアナ・大韓他 との共有ラウンジでした。 
正直ショボイ … ないよりは まし~って感じでした。

その後 仲間と合流 残っていた少しのペソでお買いものして
残りは 募金箱へ ・・・

飛行機は 仁川へ向けて 9/19 夜中1時過ぎ定刻に出発しました。

安定飛行に入ったら 即刻 シートを倒して爆睡~~~

朝食タイムに 強制的に起こされてしまいました。

メニューはお粥さん・・・

20120919-01.jpg

↑ 向う端に座っている仲間も 目が覚めて朝日をみています。

↓ 約4時間の飛行で 仁川空港へ到着です。

ここで 乗りかえて そのまま日本へ帰る仲間とは解散です。
お疲れ様でした~~~

残ったメンバーは トランジットの間 ソウル市内に出ます。

朝食は 前に行った事がある ムギョドン・プゴグッチッ
座って3分 一言もしゃべらずに
スケソウダラスープに卵やトーフが入ったものが運ばれてきました。

本当に 美味しかった~  おかわりした仲間もいたよ。

また 次回も行きたいお店です(笑)

20120919-02.jpg

その後 トランクを預けに JCBプラザへ行ったり 
南大門行った事がないという仲間を連れて一緒に散策したり
ミョンドンウロウロしたり・・・

少し遅めのランチタイムは 豚バラのお店で打ち上げ~~~
何処のお店だったのか ??? 江南あたり ??? 

お店に着いた時 疲れもピーク
ビールも飲めない程 クタクタの私でした。

20120919-03.jpg

その後 タクシーで 
江南COEXにある「都心空港ターミナル」へ移動して
ここで私と仲間は 出国手続きを済ませてから 
空港バスにて 仁川空港へ向かいました。

私達を見送ってくれた仲間は その後 地下鉄で移動して 
JCBプラザにて荷物を受け取り 金浦空港へ向かったそうです。

江南COEXにある「都心空港ターミナル」で手続きを済ませた私達は
仁川空港では 専用ラインを通って出国しました。

仁川から関空へ 
今回 最後のビジネスクラス ほぼ満席です。

機内サービスを受ける事もなく すぐにシートを倒して熟睡です。
180度フラットになるお席 もう~最高です。

お客様 お客様 着陸態勢に入ります・・・・との声に
強制的にたたき起されて 今回の旅は無事に終了しました。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★



17:31  |  ・セブ島2012年秋  |  編集  |  Top↑

2012.09.30 (Sun)

セブ島(ミニ観光)

最終日 12時にチェックアウト後
仲間3人とセブシティまで 観光に出かけました。

ホテルのシャトルバスで出発です。
ホテル・空港があるのはマクタン島
セブシティがあるのは 隣の島 橋を渡って移動していきます。

ホテル内を一歩外に出ると 貧困の差は激しそう…

page120918-01.jpg

↑ シャトルバスをシューマートという大きなショッピングモールで降ります。

セブシティは フィリピン最古の街 マニラに次ぐにぎわいのある街
ショッピングセンターの中は とっても広く 綺麗なのでびっくり

モールからタクシーで マゼラン・クロスまで移動しました。

タクシーは交渉次第 ここでの移動は 200ペソ(400円)
ここでの移動のタクシーが一番 ボッタクラレタ!!

タクシー待待機所のおじさんが 200ペソと紙に書いたが
そんなものなんだろう~と安易に考えただが 
後で考えると 係員と運転手グルだった気がする。

マゼラン・クロス
マゼランが1521年 セブ島を訪れた時に 建てたという木製の十字架

十字架を削って飲んだら病に効くといわれて
削る人がたくさんでてきてしまい 今の十字架はレプリカだそうです。

page120918-02.jpg
page120918-03.jpg

この場所では 皆さん ろうそくを買って お祈りしていました。

page120918-04.jpg

↑ ↓ サント・ニーニョ教会 フィリピンで最古の教会

page120918-05.jpg

↑ サント・ニーニョとは 幼きイエス・キリスト
奇跡を呼ぶ聖像と言われる像を見る為に多くの信者が長蛇の列をなしていました。

↓ いろいろな種類の 乗り合いバスの合い間を移動していきます。

凄い排気ガス・・・
 
page120918-06.jpg

サンペドロ要塞(フォートサンペドロ)
サンゴ石でできたフィリピン最古の要塞 入場料一人30ペソ

受付の女性の名札 『FUZIKO』さん
私の父は日本人です…と教えてくれました。

page120918-07.jpg

page120918-08.jpg

page120918-09.jpg

何かの撮影会かしら・・・???
おたくっぽい方が多かったわ。(笑)

page120918-10.jpg

帰路 先ほどの『FUZIKO』さんに
モールまでのタクシー代は いくらぐらいかしら?と聞いてみました。
100~150ペソとのこと・・・・ ムムム さっきは200ペソだった。

警備員のおじさんがタクシーを止めてくれました。
仲間が交渉してくれて 100ペソでモールまで帰ってきました。

ホテルへのシャトルバスは出たばかり 
仕方ない また タクシーで移動しましょう~

だんだん 交渉上手になって来た私達
次のマクタン島にある マリーナモールまで 200ペソ

この200ペソ 申し訳なかったかな~と思うほどの値打ちがある程乗りました。
いい運転手に当たりました~。

そして 出発前に仲間に紹介してもらっていた マッサージ屋さんへ移動。
モールから歩いて5分程度・・・ヌエ・タイ(NUAT THAI)
1階は日本風居酒屋の呑気が入ってるビルの2階にありました。

60分 150ペソ(300円) カーテンで仕切られた個室
女の子の施術者のマナーもしっかりしていてとっても良かったです。

全身のマッサージ・・・
足から始まったのですが
身体の固い 固すぎる私は 最初からイタタタッ ・・・ イタッ・・
でも痛気もちいぃ~~~

遠くの向うからは 
『ねぇ~ こちょわい・・って 英語でなんて言うん?』
っていう日本語が聞こえてきました(笑)

page120918-11.jpg

ここのマッサージ屋さんから 
タクシーでシャングリラホテルまで戻りました。(150ペソ?200ペソ自信なし)


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
16:18  |  ・セブ島2012年秋  |  編集  |  Top↑

2012.09.28 (Fri)

セブ島(ビーチ③)

ホテル滞在中 クラブフロア滞在者は 
ビーチでのノンモーターウォータースポーツは無料

その他の ウォーターアクティビティも 盛りだくさん

まずは ウォーターボールにチャレンジです。

前日 小さい子供がやっているのを見て 私も~~とチャレンジしました。
昨日の子供はそれなりに立ち上がって ハムスター状態になっていました。

私にもできそう~ ハムスター駆け足・・・
それが 見かけによらず なかなか難しいのです。

ボールの中では 立ち上がる事すらできません。
足腰に 力は入るし バランス感覚が なかなかとれません。

ボールの中で こけまくっただけ・・・

見ている仲間に 笑いを提供しただけ・・・

10分間チャレンジして くたくたになっただけ・・・

これって ダイエットになるかも~~~ 長時間やったら酸欠だけどね。

120917-74.jpg

私は 無理でも 
運動神経のよさそうな仲間はいけるかも~と思ったけれど

アハハ なーんだ 彼女も無理じやん 
彼女も立てない 立てない・・起き上がれない。

二人とも 撃沈 ・・・ はぁ~ 疲れた・・・

12091899.jpg

その後は 仲間を誘って パラセーリングにチャレンジしました。

高さは 低 中 高 と3種類 
もちろん 一番高い 350メートルにチャレンジです。

高い所 大好き~~~  マクタン島が 綺麗に見渡せました。



気圧の関係か カメラが曇っちゃって大変でした。

↓ 他の仲間も ジェットスキーに挑戦しました。

バイクに乗るのも大変ですわ  笑

120917-75.jpg

モーターのない カヌーはいくらやっても無料

毎年 やっているカヌー もう~ うまいもんです。
私達 乗った瞬間から スーイスーイ 息ばっちり・・・

120917-76.jpg

ビーチでの様子

せっかくのビーチに来たんだもん

思いっきり楽しまなきゃ・・ ね~

120917-71.jpg
120917-73.jpg
120917-81.jpg

今回 みーんなで わいわい楽しもう~のセブ島

今回ひとりだけ パソコンもって 一日中ラウンジ三昧

ここまで来て パソコンですか!!

なんだかぁ~~~と思ったのは私だけではないはず・・・



★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
18:57  |  ・セブ島2012年秋  |  編集  |  Top↑

2012.09.28 (Fri)

セブ島(ビーチ②)

ホテル専用ビーチ お魚が いっぱいいました。
私達は 毎日 シュノーケル三昧~

初日は 波も高く 
波打ち際でシュノーケルした仲間数人は わずかな時間で 波酔いしました。 

三日目が 一番透明度は良かったです。

せっかくの旅行 お天気に恵まれるって事は 本当に幸せです。
『運がいい』 ただ それだけ・・・

↓ ビーチ入口にあった看板 
今 あらためて見てみると 会えなかったお魚もいます。
季節的な事もあるのかしら?

20120918-81.jpg

二日目の朝 ホテルの係の方が ビーチ前の湾を無料で案内してくれました。

ボートで 案内って事で 船に乗っていくのかと思いきゃ
ボードに つかまっての案内でした~ (爆) 

私たち 船酔いしちゃいけないと 酔い薬まで飲んだのに~
とんだ勘違いに みんなで 大笑い・・・・

おばちゃま団体ご一行様 出発するまでが 
靴はどうするの~? 荷物は? メガネは?  
毎回 毎回 大変ですわ~ 

係りの方が ペットボトに入れていた餌さを時々ばらまくと
あっという間に お魚達が集まってきます。

120917-79.jpg

20120918-85.jpg
20120918-87.jpg

ポイント ポイントを押さえて 約一時間案内してもらいました。

でも 私は お魚追っかけて
勝手に 列離れて ウロウロしちゃったけれどね~~~

では ホテルのビーチにいたお魚さん達 一部 紹介しま~す。

↓ ここのビーチで 初めてシッャター押したのは 
このお魚でした。 フグもどき???笑

20120918-82-vert.jpg
20120918-84-vert.jpg

↑ この 写真にも一番よく写っているお魚 私は大嫌いなの。
今までの シュノーケルしてきた地に 必ずいます。
餌の食いつきが激しいのよね~~~
すばしっこいから カメラの前 ウロウロするし~

お名前は ??? 前に調べたけれど忘れちゃったわ。

ここからの写真は 3日間のビーチの写真をまとめたものです
掲載が かぶっている写真もありますがご勘弁を~。

嫌いな魚 いっぱい(笑)

20120918-86.jpg
20120918-88.jpg
20120918-89.jpg

沖の浮島の下は お魚の住み家になっていて
 
お魚さん 団体でウヨウヨ泳いでいました。

20120918-90.jpg

ニモちゃん 二つの住み家発見!! 種類が違うね。

20120918-91.jpg

私のまわりにお魚が集まってきます。

実は 私の腕に 朝食のパンが仕込まれていて 匂いがするのでしょう。
うようよ集まってきます。

怖くなって 一部を 遠くに投げて 放出~~~~

120917-78.jpg

朝のビーチ 波打ち際まで お魚が来ています。 

20120918-98.jpg

透明度も最高~ 

お魚さんも朝食中 下を向いて 一生懸命餌探して食べています。
珊瑚や岩をつついて 餌探ししています。

20120918-99.jpg
20120918-97.jpg

朝のビーチは 混雑していました。

皆さん 朝泳いで 日中は 
木陰で プールサイドで お部屋で のーんびり過ごされているようです。

私たちだけか ・・・
日中も ビーチで思いっきり はしゃぎ楽しんでいたのは… (爆)

遊ばなきゃ損~ せっかくここまで飛んできたのだから~

リゾート地に来て 朝からラウンジにこもるって 私にはできない。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
13:00  |  ・セブ島2012年秋  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT