2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.10.22 (Wed)

日本に帰国したのにアメリカ滞在中?

カナダ旅行中に  
アメリカ滝見学の為に アメリカへ入国した 私とぺーさん。

帰国しても アメリカ入国時に パスポートにとめてもらった
l-94 (l-94W) の 半券が残ったままでした。

この半券 アメリカ出国時に 
返却するべきのものではないのかしら…

私は なんとなく気になって ネットで検索してみました。

I still have my I-94 (私はまだI-94を持っている)

l-94 (l-94W)は 日本のパスポートを所持している場合
アメリカへの入国に際し(90日以内の滞在) にビザが免除になる用紙です。

これが 90日を越えても アメリカに返却されていないと
アメリカ側の記録上は不法滞在になってしまっており
今後 アメリカに入国する際に トラブルになる可能性があるとの事。

いやいや それは困る。 

でも 中には
l-94 (l-94W)の半券の返却はそんなに悩むような問題ではない。
このカードを返却し忘れたことが理由で
米国入国拒否になった人は居ない。

l-94の裏側に書いてある
BY SEA OR AIR, TO THE TRANSPORTATION LINES
ACROSS THE CANADIAN BORDER, TO A CANADIAN OFFICIAL
ACROSS THE MEXICAN BORDER, TO A U.S. OFFICIAL
YOU MUST SURRENDER IT WHEN YOU LEAVE THE U.S.
FAILURE TO DO SO MAY DELAY YOUR ENTRY INTO THE U.S. IN THE FUTURE.

つまりカードの半券(出国記録)を残したままだと
将来米国へ入国の時 時間がかかる可能性があるという事だけ
大した問題ではないよ・・・という方もいる。

次回のアメリカ入国時 説明を求められた時
英語で きちっと説明できる方はいいだろう。
私は とても説明することは出来ない。

という事は 返却しろ!! と
指示されている半券を 返却すればいいだけの事。

帰国して 一週間たった9月29日
私は ぺーさんに連絡をいれました。

一部には 返却しなくていいって方もいるけれど
私は 今後のトラブルを避けるためにも返却します。
ペーさんはどうしますか~?

そうか… 
あの時 カナダに戻った時 返却するべきだったのね~

アメリカ大使館に持参するってのはダメなのかと調べたら
本国の指定された場所へ送らなきゃいけないのね。。。

大使館または領事館には 記録を更新する権限がありません。
という事で 二人分私が送付する事にしました。

先日 鬼怒川温泉で ぺーさんから
返却書類を預かってきたので15日発送しました。

指定された住所

ACS - USCIS, SBU,
P.O Box 7125,
London, KY 40742-7125,
USA
 
英文の説明書を同封しました。

l-94 (l-94W) の半券 原本の他に

私達は 日本に帰国していますよ…と言う事で 
パスポートに押された 成田税関の日付印 コピー
(この刻印が ぺーさんのは薄くてね~~)

カナダ成田の帰路の航空券 原本
(私は処分して無)

その代わりに
トロントの空港の 免税店で使用したカード明細。
日付が 2014/09/20 ここ重要。 

私は 万が一の事を考えて 日本でいう書留みたいな
発送証明が戴ける方が安心かなと 
税関申告書CN22の用紙をつけて 発送しました。

書類がアメリカに届き 私達 アメリカ出国したと 
無事に手続きが 終わっているといいのですが…

今度 アメリカに 入国する時には ちょっとドキドキするかも…

s-20141014.jpg

。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
18:00  |  ・カナダ周遊2014年秋  |  編集  |  Top↑

2014.10.09 (Thu)

カナダ周遊(目次)

9月12日~21日 カナダ周遊の旅

私的 旅ログ 
早く仕上げたい一心で 
記憶だけを頼りに綴ったので 
間違った事を綴っている箇所があるかもしれません。
誤字脱字も多々ありますが 適当に読み流してください。

★12日★
01-日本出発
02-バンクーバー着後
03-キャピラの吊り橋
04-バンクーバー・ダウンタウン散策
★13日★
05-カルガリーへ移動
06-カルガリー空港からパンフへ
07-パンフ散策
08-パンフ散策 サイクリング①
09-パンフ散策 サイクリング② 
★14日★
10-コロンビア大氷原観光ツアー参加①
11-コロンビア大氷原観光ツアー参加②
12-コロンビア大氷原観光ツアー参加③
13-コロンビア大氷原観光ツアー参加④
14-コロンビア大氷原観光ツアー参加⑤
★15日★
15-ヨーホー国立公園&モレーン湖+渓谷散策ツアー①
16-ヨーホー国立公園&モレーン湖+渓谷散策ツアー②
17-ヨーホー国立公園&モレーン湖+渓谷散策ツアー③
18-ヨーホー国立公園&モレーン湖+渓谷散策ツアー④
19-ヨーホー国立公園&モレーン湖+渓谷散策ツアー⑤
20-時間許す限りバンフ満喫 
21-バンフからカルガリーホテル移動
★16日★
22-モントリオールへ移動
23-モントリオール観光①
24-モントリオール観光②
25-モントリオール観光③
26-モントリオール観光④
27-モントリオール観光⑤
★17日★
28-ケベックシティへ移動
29-ケベックシティ観光①
30-ケベックシティ観光②
31-ケベックシティ観光③
32-ケベックシティ観光④
33-ケベックからトロント・ナイアガラへ移動
★18日★
34-ナイアガラ観光初日①
35-ナイアガラ観光初日②
36-ナイアガラ観光初日③
37-ナイアガラ観光初日④
38-ナイアガラ観光初日⑤
★19日★
39-ナイアガラ観光二日目①
40-ナイアガラ観光二日目②
41-ナイアガラ観光二日目③
42-ナイアガラ観光二日目④
43-ナイアガラ観光二日目⑤
★20日★
44-ナイアガラからトロント移動 21日帰国
★最後に・・★
45-カナダ周遊まとめ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
 
12:01  |  ・カナダ周遊2014年秋  |  編集  |  Top↑

2014.10.09 (Thu)

45-カナダ旅行まとめ

今回の旅は 突然に計画された旅でした。
( 詳細はここ ⇒   ②  )

当初 今年9月の旅行としては
考えてもみなかったカナダ旅行でしたが
特典でチケットがとれて 運があったという事で 
ぺーさんと思いっきり楽しんできました。

大自然があいての今回の旅
過去 お天気に泣かされた事がない私達の旅です。

ケベック観光では 一時だけ 傘をさしましたが 
今回も ほぼ… 全行程 お天気には 恵まれたと思います。

今回ホテルの予約は 全てぺーさんにお任せしました。
ホテル どこがいい~? なんて
のんびり構えている時間もなかったし
一人で決める方が 選択が早いと思ったのです。

お金はいくらでも出す 口はださん。
ぺーさんの泊まりたいホテル選択していいわよ~と。
(めちゃくちゃ高級なホテルに泊まる事はしないだろうw(確信有)

ぺーさんの予約のおかげで 
どこのホテルも はずれなしの文句なし。
早朝出発も 余分な費用も掛からずして
スムーズな送迎付き 完璧なホテルの選択でした。

バスの予約・ツアー情報も 私が調べて提供し
予約はぺーさんがまとめてやってくれました。

ぺートラベルに任せておけば大丈夫!!

観光については 本当に 現地に着いてから
二人でどうする~ どこへ行く~ ってな具合でしたが
お互いの行きたい場所へ スムーズにまわる事が出来たと思います。

私自身も一人になっても観光出来るよう
最低限の下調べは 済ませていきました。
いざと言う時の 虎の巻も  時々役に立ちました。

一人だと無理をせず タクシー移動する場所も
二人だと ああでもないこうでもないと対策を練ります。
時間はかかっても それはそれで楽しいものです。

これでいいのかな?
試にやってみようよ。何とかなるよ。
一人なら躊躇する事も 二人ならいけいけ!!
会話のある旅 どんな時にも 心強いです。

全ての交通機関も 予約したとおりに 
スムーズにトラブルなく運行されたので大変助かりました。

ぺーさん 
今回もお世話になりありがとうございました。
とっても楽しい旅が出来ました。

来年もまたご一緒出来る事願っています。

限られた時間 めいっぱい 遊びましょう。

********** 今回の経費  **********

20140923-33.jpg

日本国内移動費 
空港移動費 羽田⇒成田 1800円
JALチケット成田⇒伊丹 10400円

両替 カナダバンクーバー空港にて 
50000円 ⇒ 453.05カナダドル (約110円)

カード使用単価
8月バスのチケットを購入した頃のレートはカナダドル95円程度
それから旅行中もどんどん円安は続き
最終日 空港でのレートは102円まで
円はさがっていました。

この行程 チケット購入したら 
成田⇔カナダで 約176000円 + 大阪往復

ANAマイルでとる特典 エア・カナダ 
燃料サァーチャージ代がいらないのは 本当に助かりました。

ぺーさんのマイルが 再び 貯まったのちには 
SASスカンジナビア航空で 今度こそ 北欧目指します。
(ここも現在 燃料サァーチャージ代不要だから…)
  
この時期の カナダ10日間周遊ツアーは
35~40万かかる事を思えば 格安で行ってきたものです。

現在  来年の予定は全くの白紙です。

行けるチャンスがあれば 個人でも ツアーででも 
ご縁とチャンス次第だと思っています。

みなさ~ん 是非 お声かけて下さいね。

20140922-99.jpg

⬆  今回の旅の為に作成した 旅しおり (私的旅メモ)
私は 余分な資料が多すぎだわ・・・ (笑)

ぺーさんは 相変わらず A4コピー紙パラパラ持参w
重要な資料だけを 持参しているという感じです。
終わったら破り捨てて行きます。

ぺーさんは 旅の間も メモります。
私は メモらないものだから 記憶がアイマイ
旅ログ綴っていても 結構 ?の 部分が多かったです。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
12:00  |  ・カナダ周遊2014年秋  |  編集  |  Top↑

2014.10.08 (Wed)

44-最終日帰国

カナダ滞在 最後の夜明けです。

昨夜も遅くまで おしゃべりしたり ネットして過ごしました。
アメリカ滝あたりに もやっている水蒸気も 今は見えません。

20140919-54.jpg

来る時にもお願いした ナイアガラバス 帰路も予約済です。
ホテルへのお迎え 8時30分前後になっていました。

エアバスは 私達以外のお客様も乗せて 空港へぶっ飛ばします。
お客も少なかったので、2時間かからずして到着しました。 

出発には だいぶ早かったのですが 空港施設ないを散策したり 
今回は珍しく お土産を購入したので
適当に良い時間になりました。

早めにチェックインを済ませ ターミナル移動しました。

ターミナル移動 結構 歩いたわ~ 
ご年配の方 フーフー言いながら歩いていましたが
本当に 空港施設内の移動って どこの空港も大変だわ。

搭乗口までの 距離がわかっていればいいけれど
歩いてはみたけど え~ まだ先なの? って方多いと思うわ。

20140919-51.jpg

私達も やっと 搭乗口近くへ到着です。

そこで 近くのメイプルリーフラウンジへ入ります。
今回 本当にお世話になったラウンジ 最後の食事です。
食事代 浮かせていただきました。(笑)

20140919-52.jpg

↑ 入った時は 朝食メニューでしたが 
その後 ランチメニューに 切り替わっていきました。
時間はたっぷりあります。
ゆっくり 人間ウォッティングしながら食べました。

↓ 本日の搭乗機  カナダ最後の記念撮影です。

20140919-53.jpg

約13時間の搭乗時間 
食事は 軽いもの含めて 3回

1回目は ほとんど手を付けず・・・

機内だから80度にしかならないお湯で食べるカップ麺
若干 芯が残っていたような気がするわ~~~
でも 私 全部食べちゃった・・・

ぺーさん 残していた。 
というか この頃 体調悪かったみたい。

最後は 来る時食べられなかった おかゆさん(笑) 

20140919-56.jpg

15時50分 定刻に 成田空港に着陸です。
無事に カナダ旅行終えて 日本に帰ってこれました。

早めに出てきた荷物を引き取り 
ぺーさんに別れを告げ JALの国内線ターミナル移動します。

本来のチケットは ANA便にて 
羽田空港から 伊丹へ帰るチケットがありますが
このチケットを 電話連絡の上 放棄しました。

羽田へ移動するのがしんどいので
成田 ⇒ 伊丹 のJAL便チケットを購入しておきました。

JALラウンジへ向かう途中にあるお店屋 
お出汁のいいにおいがしてきます。
去年の秋 ニューヨーク旅行の帰路も ここで おそばを食べたっけ。

やっぱ 寄ってこ~   おそばのたぬき食べました。
う~ん お出汁の色は濃いけど 
久しぶりの日本の味 美味しいです。

JALラウンジは 海外からお帰りの皆様で満席です。

18時30分発  搭乗口に行くと  ブーっ♪ 
その音を聞いて  ニヤッ   もしかして ・・・ もしかするw

係り員が出してくれた搭乗券 ファーストになっていました。
帰路便は 国際線機材利用です。  
アップグレードしてもらえたようです。  やったね・・・・☆

飛び立ち 平行飛行に入ったら 座席をフラットにして寝よう・・・
そう思っていましたが 目が覚めたら 伊丹空港でした。

ファーストの椅子を満喫することなく 
伊丹まで 座ったまんま 熟睡してしまいました。
うぅ~~~  どうせ 寝るのなら 横になりたかった~ 残念。

成田便 出てくるトランク 凄い数 
プライオリティタグのついているトランクだけでもすごい数
みなさん 海外からのお帰りなのでしょうね~。
出張組のおじ様達の団体もいました。

いつも以上に時間がかかり 
やっと出てきたトランクを 引き取り 帰路につきます。

待機時間が長かったパパタクシー 待ちくたびれてぼやいていました。
いつもありがとう。 本当に助かっています。

10日間のカナダ旅行 
ぺーさんとの 楽しい旅も 無事に終わりました。

**************

旅が 終わったという事は 
ふぅ~~~  私の旅ログも 終わったという事ね (笑)

読者の皆様もお疲れ様でした。

誤字脱字 内容の思い違い 多々あります。

二人で こんな旅してきはったんや~と  さら~っと読み流してくださいね。

とりあえず カナダ周遊の旅ログは 終了です。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
23:00  |  ・カナダ周遊2014年秋  |  編集  |  Top↑

2014.10.08 (Wed)

43-ナイアガラ観光二日目⑤

アメリカ滝側を満喫したので アメリカから帰る事にします。

アメリカからの出国は ノーチェック 
入るときは厳しいけれど 帰るときは勝手に帰ってくれ!!

20140919-38-1.jpg

再び レインボー橋渡ります。 アメリカ入国税関建物  ↑
300m渡って カナダへ入国です。

カナダ側もノーチェック 素通りしました。

20140919-39.jpg

     橋の向こうは 先ほどまでいた アメリカです。 ↑

カナダに戻ってきた私達 どうする~?

テーブル・ロックの先まで行ってみたい。
グリーンバスの最終まで行ってみたいんだけど~と 私が言うと
OK~じゃ行ってみよう。即答してくれるぺーさん。

ウィーゴバス・グリーンに乗りました。
テーブル・ロックでみーんな降ります。
私達は そのまま乗車したまま ・・・ 
運転手さん けげんな顔つきしていましたが 無視w

次のバス停についた・・・降りない私達に運転手
このまま乗っているのかい ?
最終までいったら もう~戻ってくるバスはないよ・・・ みたいな話です。
えっ ・・・  そりゃ~ まずい 。 
私達 慌ててバスを降りましたわ。 
テーブル・ロックまで歩ける距離の今のうちに降りなきゃ・・・

無理やり降りた場所は テーブル・ロックの先にある 
↓ 古い火力発電所の建物の前でした。

20140919-40.jpg

↓ 川には 難破船・・・ 相当錆びついています。

前回着た時 案内をお願いしたガイドさんが 
話してくれた記憶が 色々と思い出されました。

この難破船  100年近く前からここにあるらしいのですが
これだけの激流の中で 船が流されずに ずっとそこにある・・・
ってことは この船 固定されているという話です。
その時に タルに入って滝つぼダイビングした方の話も
おもしろおかしくしてくれました。

ここの滝は 人工的に作られているということ。
地形の関係で カナダ滝のほうに流れる水のほうが圧倒的に多いので
それを上流の水門によって調節しています。
浸食を防ぐために 夜には日中の半分にまで水量を減らしているらしいです。

だから  世界三大瀑布の中で 
なぜか ナイアガラだけが 世界遺産に登録されていない。

人の手を加えていたとしても 素晴らしい滝である事には間違いないし
浸食を防ぐ事が出来るのであれば 世界遺産にならなくてもOKですよね。

20140919-41.jpg

確かに 今歩いてきた川の周辺は 
人工な 堰ダムが あちこちに作られていました。 ↓

20140919-42.jpg

↑ 枝が下に向いて伸びていた けったいな木。
可愛そうに・・ ・幹には 落書きのあと。 
日本語もあったよ。  恥ずかしい落書きするな!!  (激怒)

てくてく歩いて テーブル・ロックまで歩き
そこから バスに乗って 繁華街のクリフトン・ヒルへ行き 
カナダ最後の晩餐w 夕食を食べて帰りました。

写真を写していないと 何食べたんだっけ? 状態です。

↓ 今回 宿泊したホテル  お値段の割には大満足です。

20140919-43.jpg

お部屋で ゴロゴロしていたら 
ド ・ ドーン バン・バン・バン ・・・  花火だ !!

えっ 花火 やっているやん。 ベットから飛び起きましたわ。 

二人とも 部屋の窓に張り付いて 花火見学です。

方向からしたらアメリカ滝 あたりであがっているようです。

20140919-44.jpg

滞在している金曜日には 花火がある事は 調べていたのですが
なぜか・・・私の下調べ旅メモには 
19日(金) 花火 ×  9月上旬までと記されていました。
あぁ~残念 もう花火やっていないんだ~と 諦めていたので
まさか 今年初の生花火 カナダで見られるとは思いもしませんでした。

その後 明日の帰国に備えて 荷物の整理です。

旅の間 着ていた服やズボンなど 半分は捨ててきたのに
トランクなぜかパンパン・・・ おかしくない? 

カナダドル使い切る為に購入した 
4つ10C$のポップコーンが 場所とっています。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
18:00  |  ・カナダ周遊2014年秋  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT