2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.03.13 (Fri)

中東旅行のお土産

ドバイのお土産といえば 超定番ブランド
チョコレートのPatchi(パッチ) デーツのBateel(バティール)
ドバイに行ったらこれを買って帰れば間違いないと言われる品。

最終日 ドバイモールにて パッチ(Patchi)のお店に入りました。

両替した分が若干残っていたので ひとつ購入してもいいかな~程度
チョコレート屋さんというより こじゃれたブティック風~の店構え(笑)

娘が食べそうなチョコ板(10cm角位) 1枚を選択しました。

page0312-0.jpg

今回 私が持ち帰ったお土産品 ↓

①アブダビのモスク入場トラブルのお詫びに旅行社からいただいた箱入り品
②お土産店でもらった 試供品 2個
③Patchiのチョコレート 1枚 

page0312-00.jpg

帰宅後 ①と②は 娘へ 
③Patchiのチョコレートは 私と娘で半分っこ 

このチョコ とっても美味しかったです。
さすが ドバイの高級チョコレート
味はくどくなくて 甘さは控えめで スッキリとした後味でした。
娘と半分っこしなきゃよかったと思いました。

日本には 売っていないみたい・・・
今度 ドバイに行く予定がある方 是非よろしく~♪
(もちろん代金は支払いますからね。)

①と②は 娘が会社で食べたらしいが 
お口にあわない方多しだったようです。(笑) 
干し柿みたいな ・・・ 皮も邪魔になったと娘  

ツアーの皆さんがこぞって購入していた デーツのBateel(バティール) 
①・② と同じ種類のお菓子 買わなくて正解だったわ。 

でも 今 ドバイで一番の人気お菓子は 
 【ヨックモックのシガール】

ヨックモック(Yoku Moku)は 東京南青山に本店がある洋菓子店です。
↓ こんなお菓子 皆さん よくご存知ですよね。

0e822c3a.jpg

なぜかこのヨックモックのシガールが 
ドバイではバカ売れ状態らしいのです。

ご近所さんに ドバイに行ってくるわ・・・・って話したら
ドバイのお土産 現地物より ヨックモックのシガールでいいわ~
って言ってたのです。

価格は日本の2.7倍
日本で買えば1000円のお菓子も ドバイで買えば2700円

100個 200個のまとめ買いは当たり前 
ディスプレイの大皿ごと欲しがる客もいるそうな・・・
ドバイモールの中だけで 11店舗も出店しているらしい。

確かに美味しいお菓子ではあるが なぜバカ売れなんでしょう。
イスラム圏の方々は  女性に限らず男性も お酒を飲まないし
暑い国の為 皆さん甘い物が大好きだからかしら・・・

なんでも世界一の称号がほしいドバイ
ヨックモックの売上金額も世界一なる日がくるのかもしれないね。

ヨックモック 我が家では 
いただくことがあれば食べるけれど 
買ってまで食べる事はないお菓子だわ。

★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★



12:38  |  ・中東3都市周遊2015年2月  |  編集  |  Top↑

2015.03.12 (Thu)

中東3都市周遊⑲終

3月1日 現地時間2時30分 ホテル出発です。

目覚まし時計にたたき起こされました。
2時間弱は 熟睡したと思います。 
洗面だけ済ませてチェックアウトしました。

3時前 空港に到着しチェックインします。
ドバイの空港 この時間でも エコノミー長蛇の列です。

カタールのWebチェックインは36時間前 
サファリから帰って来た深夜 スマホでWebチェックインを済ませました。
もちろんプリントアウトは出来ませんでしたが
希望の席だけでも確保しておきたかったのです。

羽田行 当初 勝手に振り分けられた指定された席はAとB席  
窓側なんてとんでもない・・・(笑)

ぺーさんは 羽田到着後の事を考えて 前方通路席をポチッ。
私は エコノミーファーストを希望して 3席空席の席を狙いましたが
3席続けて空いている席はなかったので 適当に後部席をポチッ。

チェックイン・・・
私達待ち時間は全くなかったのに 手続きに時間がかかりました。

ドバイの空港 セキュリティチェックも長蛇の列です。 
こりゃ~ 入るまで時間かかるわ・・・と思った時 
ぺーさんが ファーストライン(優先ライン)を見つけました。
ここから 入れるんじゃない??? 
ラッキー JALのステイタスカードを提示してみます。
OK ~ どうぞ ・・・ と指示してくれました。 
30分は時間短縮できたと思います。

ステイタスカード あるのとないのとでは待ち時間が全てに違います。
 
ドバイ⇒ドーハ行 QR1003便出発は5時30分 搭乗時間は4時30分

チェックインでもらったインビテーションカードでラウンジへ入ります。
ビジネスラウンジ探して C8搭乗口前に行ったら
あなたのファーストラウンジは C14搭乗口前ですよ・・・と言われちゃいました。

カードを見るとかいてあるじゃん C14 確認していない私(汗) ↓

cats150301--51.jpg

↑ 約1時間程滞在して 朝食をいただきました。

その後 搭乗口へ移動し搭乗します。 ドーハ行き満席でした。

約1時間のフライトですが 行と同じ機内食が出来ました。
写真だけ写して すぐに蓋を閉めます。 臭うのよ。

cats150301--52.jpg

↑ (現地到着時間5時40分) ドーハ空港沖止めでした。 バス移動します。
ボーイング787 エンジン部分 たまごの割れた形? 独特です。
こんなにまじかに機体を見られるなら沖止め大歓迎です。

再びセキュリティチェックを受けたら あの黄色の巨大クマの場所でした。
QR810便は ドーハ発7時20分 搭乗時間は6時20分 
乗り換え時間は短く 30分ほどしか滞在できませんが 
来る時と同じラウンジへ行きます。

この時間のラウンジ どこの席も 結構混雑していました。 
ホットサンド食べようとダイニングキッチンに行きましたが
列ができていて 注文する事が出来ませんでした。

cats150301--53.jpg

搭乗しました。 結構席は埋まっています。
卒業旅行の帰りでしょうか・・・・まわりは学生が多いです。
ドーハは乗り換え地 皆さん ヨーロッパ各地から飛んできたのでしょう。
私の隣 二人の男子学生 パリのお土産袋もっていました。

そんな時 前方に座っている ぺーさんから 
前方通路に席空いているよ~移動しておいで~と声をかけてもらいました。

移動しようとしましたが 一番後ろへ行かないと通路変更ができません。
こりゃ~ 飛び立ってからだな・・・ 誰も席に座らないといいなぁ~

ドーハを飛び立ち 平行飛行になってから 前方へ移動させてもらいました。
自分の事だけで精一杯の私と違い 
いつも 私の事まで 気配り気遣いしてくれるぺーさん
私の為に少しでもいい席をと頑張ってくれました。 ありがとう~☆ 

エコノミー1列目C席に 座らせてもらいました。足元も広く助かりました。
AとBの席には 同じツアーの方が座っていらして
飛行中も いろいろお話させてもらう事ができました。

機内食 1回目?    23時羽田到着後 猛~ダッシュするぺーさん↓

cats150301--54.jpg

皆さん ハラハラドキドキする到着時間
帰りの電車 最終電車の時間が迫っているのです。

エコノミーの客の中で 一番に飛び出したぺーさん 
最終電車に間に合わす為に 荷物も機内持ち込みにしてあります。
税関抜けて かけあし・・・かけあし・・・・
この日 最終のひとつ前の電車にまにあったそうです。

私は 預けてあったトランクを受け取りる為に テーブル前に並びましたが 
私のトランクは 3番目に出てきましたが それでも結構 待ち時間がありました。
荷物を預けていたら 最終電車には間に合わなかったでしょう

このカタール便で帰ると 遠方の方はもちろん 都内の方も
帰路の交通手段が制限される事になります。

私は 国内線にあるホテルへ予約を入れていましたが
他のツアー仲間の方々は 
ブログでも綴った 平和島温泉へ予約を入れている方が大勢いました。 
実は ぺーさんも 万が一を考えて予約をいれていました。

このカタール便 欲を言えば 
あと1時間出発時間が早くなれば 帰路到着も22時台・・・ 
このあたりカタール側も
日本に働きかけているのでしょうが難しい部分なのでしょうね。

予約してあったホテルへ 連絡バスで移動します。
同じツアー 広島から一人参加の 中年男性と一緒になりました。
彼は 明日のお昼の便で広島へ帰るとのことでした。
私は朝6時30分発で 帰りそのまま仕事です。
と話すと びっくりされていました。

当初ツアー参加の時 
カタール便か エミレーツ便か迷いましたが カタール選択で正解でした。
アメリカンに可算と思ったマイルが JALに可算できたし
JALのステイタス利用が出来た事も大きかったです。

だらだらと綴ってきましたが こんな感じで 今回のツアー参加終了しました。

ツアー参加 結構時間制限もあり 自由はないけれど 楽なのはいい。
なんと言っても ガイドの説明がつくのがいいわ。

ぺーさんが 参加してくれたおかげで 
一人ではない・・・ 会話のある旅が出来ました。 
ぺーさんと行った海外 今回で17回目
いつもありがとう。 そして 今後もよろしく~
今年20回目指すぞ~~~  オォー↑↑

今回 ドバイに 行きそびれたあなた・・・
これで 行った気分になったかしら ??? 

弾丸旅行の割には 内容多かったですね。

誤字脱字はいつもの事 笑って許してください。

では お疲れ様でした。

**************************************
旅メモ
旅行代金 サ税込 135390円
羽田ホテル 6000円
通過 1 (UAE・ディルハム) 成田37円 現地33円

伊丹⇔羽田 特典航空券 (11000マイル使用)

ツアー参加で獲得したマイルとフライポイント(JALへ30%可算)
ドバイマイル

****************************************

今回のツアー添乗員さん(20代の女性) 好感度高い方でした。 
アブダビのモスク入場でひと悶着ありましたが これは現地の方の手配ミス。
最終日 手作りの旅行記戴きました。 (クリックで拡大)

15030170-1.jpg

手作り ドバイ地図  (クリックで拡大) 
資料を何も用意していなかったので この地図結構役に立ちました。

15030171.jpg


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
23:40  |  ・中東3都市周遊2015年2月  |  編集  |  Top↑

2015.03.12 (Thu)

中東3都市周遊⑱

世界一高いバージュカリファ(ブルジュハリファ)
ウィキペディアによると 全高828.0 m 160階建て

フリータイムの後半は バージュカリファが見れる場所へ出てみました。

私達は ドバイモール前の 橋に立ちました。 
バージュカリファを撮影するのには 
最も人気のあるスポットらしいのですが 
噴水ショー全景は見渡せない場所でした。

↓ ジ アドレス ダウンタウン ドバイ  
このビルだって 日本一のビル あべのハルカスより高い。

広角レンズのカメラでないと全景写すのは難しかったです。バージュカリファ↓ 

page15-02-28-41.jpg

18時 音楽が流れて 噴水ショーが始まりました。

アメリカ・ラスベガスのベラージオホテル前で
行われている噴水ショーと同じ会社が作ったと言われています。
ベラージオの噴水ショーをあらゆる面で上回るように設計・建設されているという話。

page15-02-28-42.jpg

前半は動画を写して 後半は写真を写そうと思っていたら 
盛り上がる様子もなく終わっちゃったわ。

私とぺーさん 口そろえて  えっ ・・・ もう終わり ? 
時間にしたら 2分30秒程度 ・・・・ ショータイム 5分って誰が言ったんだ !!

何でもかんでも 世界一にこだわるら もっと長くやってよ ~ 
あまりにも短くて・・・ なんか 可笑しくなってきました。

ねぇ~18時半の分 もう一回見ようよ。
同じ位置で場所取りしつつ 写真写したり時間調整しました。

この待ち時間で 観る場所変えればよかったと 日本に帰ってから後悔(爆)

page15-02-28-43.jpg

お日様が 落ちていきます。

page15-02-28-44.jpg

私達の添乗員さん↑(黒ショルダー)と 現地のガイドさん(後向) 
彼はネパール人で 5カ国語話せます。右隣はガイドの奥様((日本人)
後でいろいろお話聞いたら
奥様がツアーでドバイに来た時の担当が彼で それから交流が始まり
二度目は彼女が個人でドバイに来て ますます仲良くなって 
交際4年 結婚して1年なんだそうです。
現地ガイドと仲良くなる ・・・ よくあるパータンやね。

page15-02-28-48.jpg

18時30分 先とは違う音楽が流れ 噴水ショーが始まりました。
先程とは 違うパータンの噴水ショーのようです。
さっきよりは良かった。

page15-02-28-45.jpg

この後 ツアー再集合の時間になったので集合場所へ移動し
ツアー仲間と 再び 橋の上に来ました。

page15-02-28-46.jpg

19時のショーを見る方々が 前方を陣取っており
3回目のショーは 後ろから適当に眺めた~って感じでした。

バージュファウンテン 
ラスベガスのベラージオの噴水ショー以上の感動がある。
と言う事で ちょっと期待していたのだが 私の中ではイマイチ?

ショーを観た場所が悪かったのだろうか・・・
私の中では ベラージオの噴水ショーの方が勝ってる。

page15-02-28-47.jpg

今回の旅 最後の1枚 ・・・ 添乗員に写して戴きました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

①私達の見た場所
②紀伊国屋書店2階お勧めらしい
・・・・テンテン  無料にこだわるならこの辺りかな。

IMG_94038.jpg

18:00  |  ・中東3都市周遊2015年2月  |  編集  |  Top↑

2015.03.12 (Thu)

中東3都市周遊⑰

展望台から降りた後は ドバイモールの中を散策します。
別にこれといった目的がある訳でもなく ただブラブラ・・・

モールの中にもありました。 金の自動販売機
買っている方を 見たかったけれど 残念ながら誰ひとり遭遇せず。

ドバイのお土産といえば 超定番ブランドが2つあります。
チョコレートのPatchi(パッチ)とデーツのBateel(バティール)↓
ツアーの皆様 そろってお買い上げされていました。

page15-02-28-31.jpg

モールの雰囲気は 
エミレーツモールも ドバイモールも似たようなものです。

日本のダイソウもありました。 7Dh (約250円位)
ドバイで働く低所得の方々には 大人気なんだそうです。 
商品は日本語の商品の上に アラビア語の紙が張り付けてありました。

page15-02-28-32.jpg

ショッピングモールにある ドバイモール内の巨大水族館
この水族館も もちろん世界一  
水槽アクリルパネルは 日本の企業が作ったものです。
素晴らしいね~日本の技術。 
アクリル板でゆがまない見え方させるのとっても難しいらしいです。

page15-02-28-34.jpg

私達は 有料の部分には入っていませんが 
この水槽の奥に 水中トンネルがあったり します。

水槽の中では ダイビングもできるし グラスボートも動いているのだそうです。

page15-02-28-33.jpg

私達の 大好きなスーパーめぐり
ぺーさん 少しだけお土産品見たいとのことで自由散策します。 

スーパー内 一人でウロウロします。
日本の製品もありました。

page15-02-28-36.jpg

ハヤシライスルー21(約735円)  出前一丁18 (約630円)
梅干し15.75(約550円) 天ぷら粉16.5(約578円)  (1ディルハム35円計算)

page15-02-28-37.jpg
page15-02-28-35.jpg

結局 途中でぺーさんと合流  カットフルーツおいしそう~~~ ↑

この後 集合時間まで バージュカリファ 見に行ったのですが 
次で まとめて報告します。 

再集合し バージュカリファ見学後 夕食の為レストランへ行きました。
ドバイ最後の食事は 日本食レストラン その名も 「KANPAI」

皆さん ミソスープに 美味しい~ってお声あげていました。
やっぱ 日本人はお味噌汁ね・・・(笑)

シンガポールのタイガービールでしたが 美味しかったです。
(12ドル

page15-02-28-21.jpg

チキン照り焼きと サーモン照り焼き 選択する事ができました。
日本食と言っても お米も違うし 照り焼きの味付けも 全く違いますが 
アラビア味に比べるとホッとするお味でした。 

↓ 見たこともない すごい車だね・・・車番もすごい。

page15-02-28-22.jpg

食事の後は バージュカリファを チラッと見て ホテルへ戻りました。

さぁ~ 明日は 真夜中出発です。  寝る時間あるのかな・・・


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
12:00  |  ・中東3都市周遊2015年2月  |  編集  |  Top↑

2015.03.12 (Thu)

中東3都市周遊⑯

ランチは あるモールの中にあるレストランでした。

page15022842.jpg

現地の方々も 結構食べに来ているお店でした。

page15022841.jpg

↑ ブッフエ式 食べられそうな物を山積み(笑)  飲み物はオーダーせず。
今回の旅 レストランでは お水が無料提供されるので 大変助かりました。

食後はすぐにバスに乗って移動です。 

page15022843.jpg

ビル群を見ると もう少し 色・形・高さ ビルの建ち位置とか 
まわりと調和する様に 建物をたてられないのかなぁ~
好き勝手に建ててる~って感じが私にはしました。

page15022844.jpg

前方に 見えてきました。 バージュ・カリファ 高さ約820m 160階
 
バスを停めて ドバイモールの中へ歩きます。

再集合の場所を確認後 バージュ・カリファへ向かいました。

ガイドさんから 15時30分の予約チケットをいただき
各自で 展望台を目指します。 ここから 18時45分まで フリータイムです。

チケット売り場には 本日のチケットソールドアウトの表示がありました。
ちなみに帰国後チケット代金調べてみました。
14時までは125Dh 14時30分~18時30分は200Dh 当日だと300Dh
1Dh 35円として 7000円 高っ。

↓ チケット図案 2種類ありました。

page15022851.jpg

中に入ると 今から上る バージュ・カリファの模型があったりします。

アラビア語だと ブルジュ・ハリファ 英語だと バージュ・カリファ 
ブルジュはアラビア語でタワーを意味しハリファは 
お隣のアブダビ首長国のハリファ首長の名前です。

もともとは ブルジュドバイ(ドバイタワー)という名前が付く予定だったらしいけれど
リーマンショックの影響で 完成目前に資金がなくなり 工事は停まってしまいました。
そこに救いの手を差し伸べたのが アブダビ首長国
その援助に感謝して タワーにハリファ首長の名前つけられたという話です。

エスカレーターやエレベーターを数回乗り換えます。
この世界一のビル 空調設備・電気設備は 日本の技術だそうです。
ドバイの世界一には 日本の技術が 全て関与していると
ガイドさんが 日本の技術を絶賛してくれました。

page15022852.jpg

最後は 高速エレベーターで 
124階の展望台  At The Top 高さ452m へ到着です。
これって 東京スカイツリー展望台450mと さほどかわらないってことだよね(笑)

一週間前のツアー参加者は 砂嵐で全く何も見えずだったそうです。
私達 本当にラッキー 全てに恵まれていました。

バージュ・カリファのすぐ前にあるのが人工の湖バージュ・カリファレイク
噴水のショーが行われる場所です。
この噴水の水も日本の技術で真水になっているそうです。

page15022853.jpg

下の高層ビルは ホテルと高級マンションからなる 
ジ・アドレス・ダウンタウン・ブルハリファ(63階建 高さ306m)だそうです。
えっ このビルも 日本一のあべのハルカスより高いってこと。 

左は 世界一のドバイモール  こりゃ~上から見ても広そう~だ。

page15022862.jpg

展望台を 一周してみました。

page15022855.jpg
page15022864.jpg
page15022856.jpg
page15022857.jpg

ツアーの仲間の皆さん オプションで こんな写真撮影していました。

出来上がった写真をみせていただきましたが
ビルに上ったり 腰かけたり いろいろな合成写真が出来上がっていました。

page15022859.jpg

↑ 最初に 演技指導を受けます。 
驚いた顔とか びっくりした顔とか指示されていました。

↓ とりあえず私達も 自前で記念撮影して 証拠写真残します。
 
page15022858.jpg

約一時間で 出口まで 降りてきました。

page15022863.jpg

バイバイ またね  ・・・・   ハイ またね。

でも 気になるよね 「、」と「。」 の位置 www


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
01:00  |  ・中東3都市周遊2015年2月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT