2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.04.30 (Thu)

ロシア旅行21まとめ

ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国

中華人民共和国・ベトナム・北朝鮮と並んで
一党独裁制の社会主義国だったロシアも現在は資本主義にかわり
市民の皆さんの生活も 落ち着いているように見受けられましたが
社会主義国家時代は 貧しくとも生活が保障されていたものの
今は働いても働いても 生活が苦しいという方がいるのも事実でしょう。

4月の気温 旅行中は 毎日0~10度の範囲内でした。
雨は エカテリーナ宮殿に到着したとき 一度カッパを着ただけで
後は お天気に恵まれて 観光する事ができました。 

移動中のバスや 室内は 常に一定温度に保たれていますし
外を歩くときには ダウン1枚を 重ね着すればよい程度でした。

ガイドさんの話によると 観光客の皆さん
冬場マイナス20度になるより 夏場の観光がきついとおっしゃる。
冷房施設がない施設が多いですから。と教えてくれました。
夏場の地下鉄は 地獄だそうです。
夏にロシア旅行をお考えの方は覚悟が必要です。

激寒のロシア 暖房だけはバッチリの様です。
ロシアの建物の壁は 外気を防ぐ為 100cm以上あり
住居用アパートの お隣との壁も 最低75cmはあるそうです。
だから お隣の音に悩まされる事はまずないわ・・・って話していました。

こういう裏ネタが 聞けるのも ツアーならではですね。

今回の旅 21名の参加者でした。
旅行先に ロシアを選ぶ者は 旅行経験豊富で 
何かとユニークな人が多いという話もありましたが
今回のツアー参加者 これといって 面白いネタ提供者がいなかったわ。

しいて言えば ご夫婦で 参加の男性
いたるところで 『うんちく』 を語っていましたが
それが 政治経済に始まり 企業の製品ネタから 飛行機ネタまで 
とっても幅広い うんちく魔なのよ。

声がでかいので そのおじさんの会話だけは 筒抜けなのです。
私達 あのおじさんの情報量 大したもんだわ~ と絶賛してしまいました。

うんちくを語るご主人の横で 黙って聞いている奥さん えらい!!
わたしなら あなたいい加減にしたら・・・と絶対に言ってるわ。

うんちくご夫婦と 相席だったご夫婦 
その後 このご夫婦と相席になる事を さけている気配がありましたけど(笑) 

ロシア駆け足での4泊6日間でしたが ロシア行ったぞー!! 足跡は残せました。 

再び ロシア旅行する時には 今度は 『キジ島』 まで行ってみたいです。

ペーさんとは 18回目の海外旅行
あーさんとは 3回目 ? かな  (パラオ・ベルギー)

いつも私の体調を 気遣っていただき嬉しかったです。

今回は 元気なお二人についていけない部分も多々ありましたが
最後まで 本当に楽しく過ごさせてもらいました。  
ありがとうございました~♪

今はまだ歩けるから 今後も何処かしらご一緒して下さいね。


これでロシア旅行旅ログは終了です。

誤字脱字はいつもの事 笑って許してください。

お疲れ様でした~。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*

旅メモ

旅行費用  合計 229740円
(旅行社210000円 伊丹羽田チケット10000円 税金9740円)

前泊ホテル代 1800円 (3900円-割引2100円)
羽田⇔成田 交通費 4900円
WIFI リース(割引後) 7220円

成田空港で両替 1ルーブル 約2.8円

2015年4月現在  サンクトペテルブルク
トラム 1乗車 28ルーブル  
地下鉄 1乗車 31ルーブル
エルミタージュ分館入場 300ルーブル

ベットチップは 1ユーロ&1ドル&50ルーブル (私達は米ドル使用)

現地通貨は ぺーさんが管理してくれました。


今回の旅行の JALマイルは 合計17240マイル

モスクワ⇔サンクトペテルブルク間 
アエロフロート便 スカイチームのデルタへチャージ予定でしたが
やはりデルタには可算されない料金だったようです。

20150430-01.jpg

私 勘違いしていました。
通常の区間マイルは モスクワまで4664マイルですが 
今回は 包括運賃50%で  2332マイルです。

でも ツアーマイル特典に入っているので
補てんして100% + (4664×JMBダイヤモンド会員130%)
付けていただけるものと思っていたら 
実際可算されたマイル計算は
補てんして100% + (2332×JMBダイヤモンド会員130%) でした。

貯めたマイルを 最近は 
子供たちに使われて どんどん減っていってる~


‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*
22:00  |  ・ロシア2015年4月  |  編集  |  Top↑

2015.04.30 (Thu)

ロシア旅行⑳反省点

今後 今秋・ 来年と ロシア旅行を 計画している方もいるようなので
今回の私の旅の 一番の反省点を綴ってみます。

旅から帰ると いつも何かしら 
あーすればよかった こうしておけばと 思う事が多いのですが
今回の一番の反省点は エルミタージュでの観光の時間配分でした。

旅行会社のツアー参加の場合 
ツアー会社によって いろいろ時間設定があるようですが
調べた感じ 4時間~6時間が多かったです。

私達が参加したツアーは 
エルミタージュ美術館 6時間の滞在時間 設定になっていました。

添乗員も言っていました。
ガイドさんによっては 1~2時間で説明を終えて
ランチ後は 自由観覧にする方もいるし 
今回の様に 熱心に説明案内してくださる方もいるとの事。

これは 当日担当される ガイドさんによっても違うので
どういう時間配分で エルミタージュ美術館館内を
案内してくださる予定なのか 先に確認した方がいいと思います。

長々続いた説明 絵画に興味のある方は別ですが 
私は特別 1枚1枚の絵に そんなに思い入れがないので
特にそう思うのかもしれません。   スミマセン

今こうして思い出すと 私にとっては 
ランチ後の 1時間は苦痛な時間でした。
ランチ後 すぐにツアーを離脱して 
後半の部分は 自由に観覧してまわればよかったと思います。

パンフレットを見れば お部屋に番号がふられています。
どうしても見たい場所へは 自力でいく事が出来ます。

興味のある部分だけに 自分の時間を有効につかえます。
興味の無いものに対しては 素通りできます。

また この日は お天気もよかったので 
早めに離脱して ネヴァ川沿いにでて
エルミタージュ美術館から ネヴァ川沿いを散策する事もできたし
ネヴァ川の 宮殿橋(はね橋)を 渡ってしまえば
ロストラの燈台柱側から 宮殿を眺めてみる事もできたのにと・・・
ブログを綴りつつ思いました。

これは 私自身が持病があるため  
ツアーガイドのペースについて行けなかったから 
余計にそう感じたのかもしれません。

エルミタージュ美術館に 相当な思い入れのある方にとっては
一日いても 見飽きる事はないでしょう。

今後 注意が必要な点
エルミタージュ美術館では 現在絵画の移管が行われています。
本館から分館へ ・・・ 現時点でも 相当数の絵が移管されていました。

どうしても見たい絵画は
どちらに展示されているか 予習して行った方がいいかもしれません。

今までは 本館だけのツアー案内が 多かったでしょうが
今後は 分館の部分も ツアーに組み込まれるかもしれません。

そうなれば 本館・分館にかける時間配分も ガイドによって違ってくるでしょう。

絵画が 移管されているにも関わらず 
私達のガイドは 6時間 本館のみの案内でした。
(ツアー設定がそうなっていた事なので仕方がありません)

分館にも 有名な絵画が 展示されていたのに
ツアーを離脱し 分館へ足を運んだのは  結局私達3人だけでした。

本館入場料は 団体入場の為 ?でしたが 分館は300ルーブルでした。

今後 行かれる方は 是非 両方に入館してくださいね。

エルミタージュ美術館に対する関心度 思い入れは個々に違うので
参考になるかはわかりませんが 綴ってみました。

サンクトペテルブルク 市内地図 (クリック拡大)
2015041799.jpg
12:00  |  ・ロシア2015年4月  |  編集  |  Top↑

2015.04.30 (Thu)

ロシア旅行⑲モスクワから帰国

市内から 約30分で ドモジェドヴォ空港へ到着です。

page150419-27.jpg

帰路便は JAL442便 17時15分発です。
私達3人と添乗員は ビジネスクラスラインでチェックイン。

添乗員さん  私達に対して
みなさんは もう少し時間がかかるので 
先にラウンジに行って下さいね~と 
お気遣いいただき 別行動させていただけました。 
こういう所 気転のきく添乗員さんで大変助かりました。

私達は 皆さんと離れて
セキュリティチェックを受ける為に移動しました。

セキュリティチェック・税関も 優先ラインがあり 相当時間短縮させて戴きました。
それでも 手続きが終わるまで 結構時間がかかりました。
仕事やる気あるのかないのか・・・・

プライオリティラインの税関を抜けると 直ぐにラウンジがありました。
中は 結構ひろいけれど 人が多すぎで 食べ物も少なく 口にあわなかった。
(ラウンジ 人が多くて写真はとれませんでした。)

のちに やっと 全員の出国手続きが終わりました~と
添乗員が ラウンジに入ってきました。

page150419-28.jpg

ぺーさん・あーさんが 散策していた時 
もう一か所 ワンワールドラウンジあったよ~ と情報提供があり
じゃ 移動してみようか・・・って事で ラウンジ移動して来ました。 ↓ 

食べ物は ここも もう一つでしたが  開放的でいい。
さっきの所より ずーっと狭いけれど JAL機がすぐ近くで見えた~♪

page150419-29.jpg

このラウンジから 搭乗口まで 近かったです。

成田へ向けて乗りこみます。  私達を無事に連れて帰ってね~。

page150419-30.jpg

私は45A あーさんは45C 非常口席 二人並び席です。
ぺーさんは45K 45H 誰が来るだろうね~ 楽しみ~と話していたら
同じツアー一人参加のおじいさんでした。

↓ アハハハ ・・・ ぺーさん この顔

page150419-31.jpg

美術館で つえを付いてまわっていた方です。 
私と椅子取り合戦した方でした。
結構なご年配の方でしたが 非常口席OKなのですね。
15歳以下は指定出来ないけれど 上の年齢制限はないのですね。

非常時 このおじいさんに 
脱出補助の手伝いをしてもらう事になるわけです。
大丈夫かいなぁ~~~w

このおじいさん 飛行中も
いろいろ話しかけてきて ペーさん憤慨していました。

帰路便 空席がありましたが ポツン ポツン状態でした。
連番で座れる席はありませんでした。
後部席に 4列連続で空いた席がありましたが予備席でした。
モスクワ便 体調の悪い方が出やすいので それで予備席を用意しております。
とCAさんの言葉。

アハハ 酒の飲みすぎか・・・w

のちに この予備席に 同じツアーの親子が座っていました。
後ろに座ったロシア人に 我慢が出来なくなって 移動させてもらったのだそうです。
往路のあーさんと同じ状況だったようです。

787型は 色(透明度)が変わるスマートウィンドウです。
成田到着3時間ぐらい前 窓外を見るとこんな感じでした。

page150419-32.jpg

↓ 帰路ルートは モスクワ 成田 設定になっていました。
往路は インド・デリー行きだったもんね~。

page150419-33.jpg

一回目の食事は ワインをいただき その後熟睡する事が出来ました。

到着 2時間前の朝食  果物だけ戴きました。

page150419-34.jpg

予定より早く 8時10分 成田空港に着陸
私達は 3人揃って 元気に帰ってこられました。

トランクを引き取り 添乗員に ご挨拶して解散です。

私は 伊丹へ戻る為 羽田空港へ電車で向かいました。
ぺーさん・あーさんは ナインアワーズへ JALの特典を使用してシャワー体験です。

乗り継ぎ羽田での 当初の搭乗予定は 12時30分でしたが 
伊丹行き 11時30分に空席があり 一便早く帰る事が出来ました。

小雨の伊丹空港で ランチタイム  そば坊でがっちり戴きました。

page150419-35.jpg

月曜日の為 主人のお迎えはありません。
リムジンバスで梅田へ その後はタクシーで自宅へ戻りました。


★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:
09:00  |  ・ロシア2015年4月  |  編集  |  Top↑

2015.04.29 (Wed)

ロシア旅行⑱モスクワ観光

次は グム百貨店へ 
建物中央部が 工事中の為 
入口は建物の 左右からしか 入る事が出来なくなっていました。

page150419-21.jpg

重たい回転扉を 押して中に入ると
3階建ての建物が3列 通路が 2列あります。

建物と通路を繋ぐように 屋根は ドーム型の透明な天井になっています。
2月に行った ドバイのエミレーツモールに 雰囲気が良く似ています。

世界の高級ブランド店や おしゃれな雑貨 
レストランなどが入っている様子でした。

page150419-22.jpg

ツアーの皆さん ここのオープンカフェで ちょうど 休憩中でした。  ↓

page150419-23.jpg
page150419-24.jpg

100ルーブルのアイスクリームを食べました。

ルーブル処分の為に 最後は 百貨店の中にある高級スーパーへ
あらっ 日本のビールもあるわ。
魚の干物も売っていました。  ケーキも見た目は美味しそう・・・

page150419-25.jpg

仕方ない チョコレートでも買おう~って事になりましたが
レジの前は 長蛇の列 ・・・ うーん 時間もないし やめよう。
結局 残りのルーブル 日本へお持ち帰りとなりました。

ルーブルが残ったわけは ↓聖ワリシー寺院が無料だったこと。

結婚式の写真撮り 
この女性 ドレスを持ち上げ過ぎて ガーターや下着まで丸見えでした。↓

page150419-26.jpg

またまたリムジン ・・・ 長いね~ 何人乗れるのでしょうか。

これにて ツアー全ての観光は終了です。 

ツアーの利点 
バスで目的地まで連れて行ってくれ 一番いい場所で降ろしてくれて
観光後は 私達の到着時間にあわせて 出口近くで待っていてくれる。
個人旅行とは違い 移動に無駄がなく 時間ロスが少ないです。

場所によって これからも 旅行社のツアー参加ありだね~ 


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
23:00  |  ・ロシア2015年4月  |  編集  |  Top↑

2015.04.29 (Wed)

ロシア旅行⑰モスクワ観光

今日もやってきました赤の広場
昨日とは違うルート ニコリスカヤ通りから入りました。

page150419-08.jpg

突き当りは ニコリスカヤ塔   
通りにあった郵便ポスト 日本と同じ青が速達なのかしら? 

↓ グム百貨店は モスクワで1位の百貨店・デパート

今日は この後 フリータイムとなります。
グム百貨店での 最終集合場所を 確認したのち解散となります。
         よく見ると 白いハトが飼われています。 ↓

page150419-09.jpg

↑ ここで 12時45分 再集合です。

さぁー 限られた時間 一斉に外に飛び出して行きます。
昨日みたカザンの聖母聖堂の横を抜けて 国立歴史博物館の前を抜けます。

page150419-10.jpg

最初目指すは レーニン廟です。
あらら・・・行列だわ。 
ここは並ぶしかありません。 私達も列の後ろに並びます。   ↓

page150419-11.jpg

私達の後も どんどん列は 伸びていきます。

写真を写したり おしゃべりしていると
私たちの直ぐ後ろに 赤ちゃん連れの方が なれなれしく近寄ってきました。
笑顔で・・・スーッと ・・・ お目目ぱっちり子連れ
かわいいね~なんて スマホで写真撮らせてもらったりしたのです。

すると 私達の知り合いなのよ~みたいな感じで 
知らぬ間に 列に割り込んできました。

私達  えっ これって 割込戦法か ・・・
前後の方々も ? の顔をしています。 

知り合い違うし~   私達の睨み戦法  
4人いっぺんは まずいと思ったのか
少し離れて赤ちゃん組は立っています。  私証拠写真 撮りました。 ↑

割り込んだことがわかっていても 
人種の壁 言葉の壁 皆さん黙っているしかないのですよね。

わたし 絶対に 私達の前には行かせないぞー戦法
最後の最後まで 私達にぴったりくっついてきて あのC国人まで抜かしてた。

IMG_2452419.jpg

レーニン廟   
出発前の情報では 現在メンテナンス中で 
2015年4月16日(木) 終了予定 の書込があったので
(予定)では 入れない確率が高いだろうなぁ~と
諦めていたのですが メンテナンスも終わっていて 入場する事ができました。

身体とバックの セキュリティチェックを受けて入ります。

暗い通路を通って地下へ降ります。 
もちろん 撮影は禁止  私語も禁止
少しでも話声がすると 警備員から 静かにしろ指示がでます。

あまりにも綺麗な状態のレーニンさんの姿を見て 
私 ロウ人形みたい・・・と話したとたん  静かにの指示もらいました。

腐食防止加工がなされたレーニンの遺体 すごい技術ですね。 
レーニンの遺体を保存しているエンバーミングという技術は
ソビエト連邦で開発されたものだそうで 
毛沢東や金日成 ホー・チ・ミンらも
エンバーミングされて保存されているそうです。

最近は レーニン廟を廃止し 
レーニンの遺体を埋葬すべきだという議論が持ちあがっているらしい。

地下を出ると 後は流れに沿って 塀の横を歩きます。
周りには 歴代の書記長や 著名な共産党員のお墓がありました。

page150419-12.jpg
page150419-13.jpg
page150419-14.jpg

レーニン廟を出ると 聖ワシリー寺院の真ん前にでました。 
今度は 色彩豊かな 9つの丸屋根を待つ 聖ワシリー寺院に入場します。
ここも 世界遺産登録されています。

page150419-15.jpg

有料のはずなのに チケットの発売所がありません。
みんな中に入ってるからと 私達も 恐る恐るそのまま中へ進みました。

後でわかったのですが この日は 
年一回の入場無料の日だったのです。 私達 とってもラッキーでした。

約450年も前の建物 中は歴史を感じます。
煉瓦でできている寺院 結構痛んでいる部分もありました。 

page150419-16.jpg
page150419-18.jpg
page150419-17.jpg

迷路みたいな細い通路
時々 あれっ こっちかな ・・・ なんて言いながら やっと外に出てきました。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
12:00  |  ・ロシア2015年4月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT