台北三日目③

2011年04月22日23:17

次に地下鉄でやってきたのは龍山寺です。

龍山寺は 神様とお願い事のデパートと言われているそうです。
どんな願い事でも叶う???

私も あれもこれも 思いつく事いっぱい お願いしてきました。

2011-0417-19.jpg

↑ 正面にある 龍山寺の門  3.11・・・日本の震災の事が流されていました。

↓ 雨にもかかわらずたくさんの方が参拝されていました。
カメラもって ウロウロしているのは 観光客だけ・・・

2011-0417-20.jpg

願い事を聞いてもらうために 赤い「神杯」という物をもらいます。

表裏がでると 神様仏様に願い事を聞いてもらえるそうです。
チャンスは3回・・・私は 1回目でOkサイン ↓ が出ました。
そのあと 長い竹ざおみたいな棒を引き 
それに書いてある番号の引出へ向かい 引出からお札をもらいます。 私 中上でした。

2011-0417-21.jpg

この龍山寺の近くに 
××があるから行ってみたい・・という友人の後をついていくと ↓でした。
結局 何だったんだろう~??? もうひとつわかっていない私。

2011-0417-22.jpg

この後 スーパーに行こうということで カルフール「家楽福 」へ

テクテク15分ほど歩いたかな~ 初めての地 友人は簡単な地図を見ながら 
こっちかな・・と感だけを頼りにしっかりたどり着けるから不思議だ。

みんなが お買いものをしている間 
友人とヤマザキパンで買い食いしてしばし休憩 疲れた足を労わりました。

そのあと 関東の友人が 宿泊している西門駅近くのホテルを目指して歩きます。 
地下鉄も近くにはない。 タクシーに乗る距離でもないとのことなので
テクテク歩くしかない。 でも知らない街をわいわい歩くのは楽しい。

地下鉄西門駅あたり 映画館やデパートが多く並んでいて とっても賑やか。
若い子達であふれかえっていました。日本でいえば 渋谷みたいなものでしょうか。
いろいろな露店などもあり 韓国なら明洞みたいな感じもします。

2011-0417-23.jpg

今夜は 何食べる~?  ウ・・ン 何でもいいけれど・・・ 

迷ったら韓国料理! 旅仲間が言っていたこと思いだし 今夜は韓国料理に決定 (笑)

看板を目当てに地下に降りたら 韓国料理と言っても フードコートだった(大笑)

移動するのも面倒だったので ここで ビビンバで夕飯。
カルフールで 焼き立てパンを買い食いした私は お腹いっぱいで半分だけ食べました。

その後 関東の友人のホテルへ行き 休憩してから
私たちのホテルまでテクテク移動 10分ほどで到着・・・ 結構近かったのね。

ホテル近くの マッサージ屋さんへ 
もう~お金ないわ・・足りないわ・・日本円でもいい・・おつりは日本円でくれる・・
さんざん質問しまくってから入店 (笑) 私は 40分で500元だったかな。

やってもらいながら あなた【胃】が悪いわよ!! と指摘されてしまったわたしです。
えぇ~ 胃ですか~ 顔と性格悪いのは 自覚してるんですけれど~ 
なんて言いながら 言われた私も 少々びっくりです。

私にとっては 痛た気持ちいい・・って感じでした。

でも 足がとっても軽くなり 帰りはみんなでスキップして帰りました。。。(嘘)

2011-0417-24.jpg

ホテルにもどり お酒飲みながら 共同財布の清算をしたり
残っていた元を押し付けたり(笑) 悠々カードを渡したり
交代で お風呂入ったり ・・・ 
もちろんおしゃべりも・・・ それも今後の日本の政策話 (固ッ)

関西の私たちとは 今夜でお別れです。

12時前に 友人は またテクテクとホテルへ戻って行きました。


その後 ・・・ 私たちは ・・・ ベットに入りました。


そして そのまま 爆睡~ 
  

は いつものパターンなんだけど


今回は ねっ  違ったのよ~ 


台北三日目②

2011年04月22日17:34

士林邸の後は バスに乗って 故宮博物院へ向かいました。

台北来たなら 一度は行っておくべき所かな・・・程度

何がなんでも並んででもと言うほどの興味は私にはありません。ハイ。
白菜と角煮 ・・・ 見ておこう程度・・・ スミマセン

混雑している中 早々に【翠玉白菜】とご対面 
あれれ・・・こんなに小さいものだったの~!! 18.7センチだもんね。

豚の角煮は 白菜と一緒の部屋(302展示室)にあったのに
全く気がつかなくて 2階3階とウロウロ探し回ってしまいました。
全く予習なしで行くからこんなもん(汗)

【肉形石】と紙に書き 質問して展示室へ行ったほど・・・何やってんだか(笑)
本物は まさに豚の角煮でした。とっても美味しそう~だったわ。

(室内は撮影禁止)

外から写真とろうとしたらすごい雨

2011-0417-11.jpg
2011-0417-12.jpg

至善園 ・・・ 遠足で来ていた子供たちが 雨宿りしてお弁当を食べていました。

2011-0417-13.jpg

故宮からバスで士林駅へ戻ってきました。

ここで ランチタイム 火鍋のお店へ入りました。
人気店らしくお客様も多かったです。特に・・若い子達が(笑)

何種類もの調味料を入れて これ美味しい・・これまずい・・これ辛い・・

私は完食でした。

2011-0417-14.jpg

ランチ後 地下鉄に乗って次の目的地へ・・・

乗り換えの駅の壁画 譜面になっています。♪~♪ 何の曲なのでしょうか。

本当に ゴミも落ちていない 綺麗な地下鉄乗り場です。

2011-0417-15.jpg

地下鉄を乗り換えてやってきたのは 行天宮です。

ここの近くに 占い通りがあるとのことでやってきました。

メインは占い !!

2011-0417-16.jpg

皆さん 雨の中お参りに来て 熱心に拝んでおられます。
お供えをして 今度は 備えてあるお供えを 袋に入れて持って帰られます。

わたし達 お供えなしで
何かもらって帰ったらまずいのかな? なんて言いながら見ていました。

2011-0417-17.jpg

↑ たくさんのお供えの中で 目を引いたのは おっぱいみたいな物。
白いごはんに 梅干しみたいなものが乗っかっています。
沿道でも お供え用に たくさん売っていました。

↓ メインで来た占い通り・・・ 通りというにはあまりにも ショボイ!!
地下の通りに数店あっただけ 占ってもらうという事もなく撤退。

かわりに立ち寄ったのは 同じ地下道でやっていた 産毛剃り
二人がチャレンジ (200元) 時間は10分程度
白いモノを顔に塗ってから 口にはさんだ糸を使って 剃っていきます。

2011-0417-18.jpg

台北三日目①

2011年04月22日12:39

朝から どんより空 雨の予報です。

士林駅 9時約束の為に この日も台北から地下鉄で出発 

この日は日曜日 たくさんの家族連れが電車に乗っていました。
みなさんの目的はたぶん ↓ 8時40分ごろの花博入り口付近

2011-0417-01.jpg

士林駅は 故宮博物院の最寄駅です。
今日はまず 今年1月2日から 
解放された士林官邸正館を見学することから始まりました。

士林駅から歩いて 士林官邸へ向かいました。

中国大陸内戦敗北後 台湾へ亡命して国民党総裁になった
故蒋介石元総統と宋美齢夫人が 
蒋介石の亡くなるまでの26年間住居にしていた所だそうです。
 
やたらと大きな観光バスが 駐車場に何十台ととまっています。
??? 花博観光用のバスかな~? 
なんて のんきなことを言いながら歩きました。

到着して びっくり ・・・ もう~大行列です。

10分毎に20人まで見学可能だとのことで 
私たちの指定された時間  午前最終組の11時30分 ゲッ! 2時間待ち・・

しまったぁ~ 読みが甘かった。
もう少し早く来れたのにね・・と言ってもあとのまつり。 

2011-0417-02.jpg

             故蒋介石元総統と宋美齢夫人が過ごした士林官邸正館 ↑
結局 柵に張り付いて 手を入れて 外観だけ 写真撮影してきました。

そのあとは 元官邸の庭というか 今は公園&庭園
園内は きれいに手入れされて いろいろな花が咲き誇っていました。

2011-0417-03.jpg
2011-0417-04.jpg
2011-0417-05.jpg

蒋介石の宋美齡夫人は バラが好きだったらしく 公園の一画はパラ園です。
ピークは 2月だそうですが 一部はまだ咲いて十分楽しめました。

各国のVIPも訪れたであろう庭園 無料で満喫させてもらいました。

2011-0417-06.jpg

6月までは無料ですが それ以降は 100元の入場料がかかるそうです。


カレンダー


03月 | 2011年04月 | 05月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================