2013年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2013.03.29 (Fri)

セブ島(まとめ)

今回の旅は デルタマイル25000マイルで 大韓で発券
税金4430円  発券手数料は無料

KE724便 11:55→13:55 ラウンジでおしゃべりして
KE631便 19:40→23:10 セブ島着

KE631便 00:35→5::55 ミョンドンの街で遊んで
KE721便 19:05→20:45 関空着

モーベンピック リゾート&スパ セブホテル 3泊代金18895円

仲間がキャンペーンにて予約してくれたので 
良いお部屋なのに 信じられない程の格安料金でした。

セブ空港にて両替 
4000円 → 1600ペソ 円安の為 前回より換金率悪 

1600ペソの内訳
(タクシー200 食事320 出国税550 水80 仲間へ450)

シャングリラホテル日帰りプラン 3500ペソ(8374円)

ストーンマッサージ 23$ (持参した$)

韓国ウォンは 持ち合わせのウォン使用で済みました。

お財布に とっても優しい 今回のセブ島でした。


今回はお部屋割の問題もなく 何事もスムーズに終わりました。


今回の旅で みんな個々に 
シュノーケルセットやライフジャケットを揃えたので
また 来年 どこかの海に行きたいと話していますが
どうなりますことやら。

私のシュノーケルセット 
最初から使用しているので もう古いんだよね~
劣化するのが早いか シュノーケル出来なくなるのが早いか…
どっちやろう~。

海外の海にももぐりたい。

日本なら沖縄だよね~ 慶良間の海も再び行ってみたい。

石垣空港も新しくなったので 沖縄小浜島にも行ってみたい。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
21:30  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.29 (Fri)

セブ島(帰路・ソウル編)

二回目のセブ島を満喫したご一行様 
最終日 レイトチェックアウトさせてもらい
お部屋を 20時まで使えたので とっても楽でした。

アウト後は 心地よい風に吹かれて ロビーでおしゃべりして時間調整し
22時に 来る時にお世話になったタクシーがやってきて
そのあと 空港に向かいました。(タクシー代 4人で400ペソ)

優先ラインで チェックインさせてもらい 
出国税を支払って ラウンジへ移動しました。

ここのラウンジ 飲み物も食事も 関空よりいいです(笑)

最後の最後まで マンゴー食べまくって アサヒビール飲んで時間調整。

(本場フィリピンバナナ? 笑) 
バナナがとっても美味しかったので 1本 仲間へ持ち出ししました。
セキリュティに 引っかかるかなと思ったけれど大丈夫でした。 ホッ。

130320-01.jpg

↓ 仁川到着前の食事  これ行くときの写真だわ。この後席移動したけれど。↓

130320-02.jpg

↑ クッションを足元にあてて足を伸します。楽です。 仲間は爆睡中です。↑

6時前に仁川空港に到着し 明洞へ 朝食を食べに行きます。

朝食といえば やっぱ ここでしょ!!
おかわりする勢いで食べたけれど 最後は満腹でできなかったわ。

130320-03.jpg

暑いセブ島から この日は 肌寒い粉雪舞う明洞でした。 

この後 別に観光の予定がある訳でもないので
明洞に新しくできたという
ドクターフィッシュのできる茶店へ行きました。

コーヒー一杯で のーびり ネット三昧して過ごしました。 

130320-04.jpg

3階で ドクターフィッシュをやっているというので仲間は ↑
話のネタに初めて挑戦していました。

私も途中 3階へあがってみましたが  お魚を見て びっくり

えっ こんなに 小さいん メダカじゃん !! 笑

↑ 前回やった時の写真(左端) 
仲間は 怖くて ギャーギャー言ってたっけ。

まるで フナとメダカじゃん ・・・ 

カンナムと同じ系列店だというので 向こうは大きかったよ~って話したら
これから 皆さんの角質食べまくって 大きくなります…だってさ
ほんまかいなぁ~ (爆)

この後 仲間の一人が 
韓国の知人と待ち合わせわしているというので一旦外出
戻ってくると
ねぇ~ これから お肉食べに行くけれど 食べられる?

う~ん 全然 お腹空いていないし そんなには食べられないと思うわ。

でも 焼肉一緒に行くのなら 私達も行くわよ~という事で
韓国のお友達2人と一緒に お店に移動して行きました。

ちょうどランチタイムで とっても混雑しているお店でした。 

お昼の定食フルコギセットを 全員で注文して戴きました。

130320-05.jpg

誰やねん!! そんなに食べられないと思う…って答えたのは!! 

付きだしの蒸しパンも とっても美味しく おかわりしまくり
お肉もぜーんぶ平らげ しめのレーメンまで
きれ~~~いに 食べてしまいました。   ふぅ~~~ 
(食事代16000ウォン)

韓国のお友達も 日本語でお話できたので 
とっても楽しい国際交流の食事会になりました。 

↓ 食後は 明洞教会に行った事がないという仲間がいたので
 お腹空かしに 一緒に行ってみました。

130320-06.jpg

この後 明洞の街で お買い物をして 
少し早いけれど 空港に向かうことにしました。

金浦空港で仲間が降りて 関空組は仁川空港まで移動しました。

セブ島からの荷物は そのまま空港預かりのまんまですが
仲間が 明洞で買った マスク・クリームなどは 機内持ち込みできません。
小さいけれど 預けなくてはいけません。

優先ラインで 私の荷物として預け入れにしました。
仲間の荷物にしてしまうと 大行列に並ぶ必要があるし
関空で トランクは早く出て来るのに この荷物は後回しになります。
使える特典は使わなきゃ…

大行列横で 入り口の男性係り員に 
スティタスカードの提示を求められました。
仕方ないので 2013/02期限のカードを見せました。

何か言われたら 更新が遅れていると説明するつもりだったけれど
何も言わず 優先ラインへ案内してくれました。 
無事に荷物も預けられてホッ。

そのあと 来る時にも寄ったラウンジで時間調整

帰路便 仁川空港で初めての体験 
バス搭乗して 沖止めの飛行機搭乗です。

まじかに 飛行機を見られるので 私は大好きです。
でも出発時だけよ~ 到着時は嫌 早く帰りたいから。

130320-07.jpg

指定された私の席は 後部座席です。
このままでは関空で出遅れる…

出遅れると すべてが混雑して 予定している電車に乗れない。
でも シートチェンジは出来ないとのことなので あきらめて指定席に座る。

関空に到着して シートベルトサインが消えたとたん
前方へ 猛~ ダッシュ

なんやねん このおばはん なにあわてとんねん…
そんなふうに思われようがお構いなし。

私は 人より早く機外へでて 一電車でも早く帰りたいのよ~。

モノレールだって 到着一便に目に乗れないと 
税関が並ぶことを知っているのよ。

ダッシュ ダッシュで 1便目に乗り込めました。
ドアが開くと 税関へ急ぎます。
お帰り~のハンコもらって 次は荷物引き取りです。

ちょうど ターンテーブルが始動し始めたところで
2.3番目に 仲間の分と一緒に トランクが出てきました。

21時13分 よっしゃ~
 
このまま荷物チェックに引っかからないと21時半のラピートに乗れる。
前回は ここでチェックに引っかかり アウトだったのです。

今回は パスポート ペラペラ ・・・
よく韓国行かれていますね。 何をしにいかれているのですか?
えっ…トランジットが多いですけれど…と返答
今回は?  今回はセブ島です。 
えぇ~ また トランクチェックかな~と思ったら 
今回は すんなりハイOK~ですと パスポート返してくれました。

この後 当初の予定どうり 21時半の電車で自宅へ向かいました。

今回はパパタクシーは 入院休業中の為 
娘が 最寄駅にお迎えに来てくれて セブ島への旅は終わりました。



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

21:29  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.29 (Fri)

セブ島(食事編)

二日目の夜 深夜便にて帰国する仲間もいたので みんなで外食です。

ホテルから歩いて10分弱の場所にある 
日本人がオーナーの『空海』っていうお店に行きました。

座席数も多いし 個室もあり 
セブにあるにしては 結構しっかりした造りのお店でした。

日本の企業が 接待に利用したりしているのかもしれません。
現地の方が入るには 少し敷居が高い お店だと思います。

また 厨房に入っている従業員の数にびっくり…
10人以上はいたと思います。多すぎて動き悪くなりそう~

これでやっていけるのなら 相当人件費がお安いのでしょうね。 

メニューは 結構いろいろな種類がありましたが
これ!! ってものがなく みーんな 迷いに迷って注文しました。

私は セブに来て 広島焼き(笑) 320ペソ(800円) 
セブで食べる 広島焼きにしては 味は合格でした。

全体的に 甘ったるい味付けなのかもしれません。

130318-07.jpg

帰りは【ジムニー】という乗り物でホテルまで送ってくれました。 ↑↑
もちろん お迎えもしてくれるお店だと思います。

今回の滞在中 私は 外食は空海で一食 シャングリラホテルで一食のみ

後は 日本から持参したもので済ませました。

私が持参したもの
カップラーメンに パックのご飯にカレー パックのお赤飯
デニッシュの食パンにミニトマト・トウモロコシに缶詰 
果物は 八朔に林檎 うめぼしにおかゆパック・ミニ魚肉ソーセージ
カップスープにお味噌汁 コーヒーパックにお茶パック 等々

持ち込んだ食材は 前日トランクに詰める前に娘と確認  
一日目 二日目 三日目の3食分を チェックして持参したのですが
仲間からは 持参した食材が多すぎだよ~
今度からは 少なめにした方がいいわよ~と言われました(笑)

私は 少なくて困るなら 余るぐらいの方がいいと思う方
ある仲間は 足りないぐらいがいいという。
臨機応変に対応できるタイプだからでしょうね~。

それがトランクの大きさに影響してしまうのでしょうね~

でも 最終日には 
個々に持ち寄った食材は 綺麗に食べつくされました。

今回 自分用のミニ湯沸かし器も持参しましたが
お部屋にティファールの
大きな湯沸しポットが付いていたのでそちらを使用しました。 

お湯が使えるという事は 色々なメニューが出来ます。
湯せん利用で ご飯を温めたり カレーを温めたり
パックのトウモロコシを温めたり 缶詰も温められます。

一人だとポットの中に 直接 温めたいものを入れる事も可能ですが
今回は5人 いっぺんに温める事は不可能です。

そこで 私が考えた温め方法を提案する為に
ダイソウで買った105円の保温保冷袋とバックを持参しました。

そのおかげで みな揃って 温かいご飯を食べることができました。
私のやり方をみんな絶賛してくれましたよ~~~

個人旅のベテラン仲間も これからの旅で活用してくれると思います。

普段の食生活で ほとんど食べる事はないレトルト物も
海外で… みんなで…わいわい食べると とっても美味しいから不思議です。

熱いご飯に 梅干しと昆布 ふりかけ これだけで美味しい~。

主婦の集まり 手際もよく 食事の準備もあっという間
まさに【熟女の合宿】でした。 

こんなことができたのも テーブル付の広いお部屋を
仲間が予約していてくれたからこそです。 

感謝 感謝



。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

17:29  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.29 (Fri)

セブ島(マッサージ編)

最終日 夕方 マッサージのお店にいく事にしました。

シャングリラホテルとモーベンピックホテルの間にあるお店です。

前日 ここを歩いた時 仲間がメニュー表をもらっていたのです。
まだ新しくこぎれいなお店で とても繁盛しているお店でした。

送迎もしているようでしたが 
5.6分程度の距離なので 私たちは歩いて行きました。

でも 行くまでが大変~

もらってきたメニュー表を見てみると 
ペソと$は 使用できるようですが
クレジットカードが 使えるのかがわかりません。

やりたいメニューは ストーンマッサージ
90分で900ペソ(2250円)

みんなで ペソ&$ 全財産を持ち出して計算が始まりました。
個々に(帰りのタクシー100ペソ+出国税金550ペソ)を抜いて
いくら使用できるか計算します。

私は$紙幣も 少し持ってきていたので 私は$を使用します。
私の残った ペソは 仲間にまわします。

それでも 900ペソに 若干足りない者が二人
全く足りない者が一人 この仲間は 帰りの650ペソを使用して
空港で再び 日本円から両替する事にしました。

若干不足している者は 有り金全部だして 
これだけしかないの 料金負けて~~~
または 時間を短縮して~~~って 言ってみることにしました。

行くまでに なんだかんだで 盛り上がりましたわ。

お店に到着すると 笑顔で
4人共 一緒に ストーンマッサージをしたい旨申し出ました。

まず 私が 堂々と 23$支払い会計します。ニコッ(*^_^*)

次に違う仲間が 900ペソでにこにこ現金支払の会計をします。

次に 若干不足している仲間が 
紙幣に 小銭じゃらじゃらだして 全財産これだけなの 
サービスして~~~  ニコッ(*^_^*)
必死に数える従業員… 850ペソを超えた時点でニコッ(*^_^*) OK~よ。

その横で 有り金全部だして
これだけしかないの~サービスして~と交渉しているもう一人の仲間
時間短縮でもさせられるのかと思いきや 
4人一緒という事で すんなり サービスしていただけました。

いくら不足していたの? 100ペソぐらい・・・ 
えっ そんなに負けてもらったの。
$レート100円で支払った私が一番の損だったよ~~~

結局 カード使用ができるのかは 確認してきませんでした。

料金支払ったら すぐに 始まりました。

写真撮影から~(笑)  私はカメラ持参しませんでした。

20130320-01.jpg

二人ずつお部屋に入って パンツ1枚になりベットに横になります。

ストーン…丸っこい石を使用してやるのですが
石が暑いので 汗がタラタラ出てきました。

時々 痛っ うぅぅぅぅ… といいながら…

途中~ すぅーっと一時 寝入ってしまった私でしたが
後半は 痛い イタッ ううぅぅぅ~の繰り返しです。

起きて前屈~させられた時にゃ~ いたいよ~~~絶叫です。

気持ちよかった~というより もみ返しで痛いまま終わりましたわ。

オイルが頭にまでついて 起き上がったら 頭の髪の毛 爆発!!

20130320-02.jpg

ホテルに戻って気が付いた。あ~ら 奥様 シャツのタグが見えていますわよ。

私たちが終わって ジュースをいただいている時
韓国の団体様が どどっと入ってきました。

皆さん トランク持参 ホテルをチェックアウトして
ここのマッサージ屋さんで 深夜の出発まで 時間調整でもするのでしょうか…


このマッサージのせいなのか ???
帰国してからも 全身 筋肉痛の私でした。


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆




14:23  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.29 (Fri)

セブ島(もろもろ編)

下記の写真は 仲間が写したものです。

私たちが到着するまで 
3日間一人でセブ島を満喫していた仲間が写したどこかのホテル

こぎれいなホテルで プールが素敵 ビーチも付いているようです。

130318-02.jpg

セブ島島内で走っている【ジムニー】乗合バスです。 

みんなとってもカラフル 
なかには トラック野郎もどきの飾りのあるジムニーもあるようです。

バスによって 行先が決まっているらしく 1回8ペソ(20円)
乗りたい場所で手をあげて 
降りたい場所で ここで降りまーすというとバスを停めてくれるらしいです。

降りる時 料金は お互いに手渡しで 
前へ前へ 人渡ししていくのだそうです。
おつりも 手渡しで 後ろへ後ろへ 返ってくるのだそうです。

私は 有料のジムニーに 一度も乗ることはありませんでした。

130318-01.jpg

↑ 座席はこんな感じです。  素敵な笑顔の運転手さんですね~。

↓ 新しいショッピングセンターが出来ているらしいから
行ってくるわ~と 3人お出かけして行った時の写真

行ってみたら ショッピングセンターらしきものはまだ工事中
来年 完成だから また来てね~~~って言われたらしい お疲れ様~(笑)

↓ は マクドナルドのお店    ↓ 公衆トイレ       ↓ 消防署

130318-04.jpg

↑ 私たちがシャングリラビーチを満喫している頃
他の仲間は マクタン島の北端まで ジムニーに乗って行ってきたそうです。

ちょうど 下校時間の為か ジムニーに
かわいい学生たちが乗り込んできたのだそうです。

↓ジムニーから写した マクタン島 モーベンピックホテル

チキンの丸焼き 90ペソ(225円)

工事のお兄さん イェ~~~イ!!
休憩ばかりしていないで 早く仕上げてね~~~☆

130318-05.jpg


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

12:07  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.29 (Fri)

セブ島(シャングリラ編②)

シャングリラのビーチでお顔つけてはじめて見たお魚

↓↓ 私が大嫌いなお魚がうようよ…こいつどこの海にもいるんだよね~

すばしっこくて嫌い…!!

130319-07.jpg
130319-08.jpg
130319-09.jpg
130319-10.jpg
130319-55.jpg

ランチ後 どのぐらい潜っていたでしょう。

お魚追っかけて右左 お魚と一緒に泳いでいる気分です。

ライフジャケットとフィンがあると 何処でも泳いで行けます。
身体も疲れる事もなく楽ちんです。

ただ 波に身をまかせて 漂っていると ゲロ気分に陥ります。

満喫して 陸へ戻ると仲間は スヤスヤお休み中でした。
お付き合いしてくれてありがとう~☆

130319-06.jpg

↑↑ シャングリラに滞在中のお仲間との一枚。

最後は プールに入って塩分おとし~~~

そのあと モーベンピックのホテルまで テクテク歩いて帰りました。

シャングリラホテルに 9時~20時まで滞在して3500ペソ(ランチ付)

ツアーオプションをとって 沖にシュノ―ケリングツアーにでるより
セブ島いちの 高級リゾートホテルビーチで 
のーんびり過ごすのも悪くない過ごし方かもしれません。

お財布に余裕があれば ディナーも割引料金のようです。

わたしは もう~ セブ島はいいかな。

今度は 違う海に 潜りたいなぁ~~~


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
00:55  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.28 (Thu)

セブ島(シャングリラ編①)

私達の出発から一日遅れで
お隣のシャングリラホテルに おなじサークルのお仲間が 
違うサークルのお仲間と滞在中とのことで訪問する事にしました。

行くかもしれないからね~とは事前にお話してありました。

あわよくば ホテルのビーチで遊べたらラッキーという事で
シュノーケル道具一式もって行きます。

タクシーで行くほどの距離でもなく 
テクテク歩いてシャングリラホテルまで移動しました。

幹線道路を 牛も お散歩中 放牧中なのかな???

思っていたほどの距離はなく あっという間に到着です。

130319-01.jpg

入り口の警備員に 荷物チェックを受けて敷地内へ…  ↑↑↑

敷地内 あちこちに警備員の方がいて 
私たちが通行した後 必ず 無線で話しています。

『A地点 熟女4人 通過しました~』こんな感じなのでしょう。

進入路を間違えると 前方から警備員が走って来て
ここの階段を上がり 正面玄関へ行け!! みたいな指示です。

誘導されるように シャングリラホテルの玄関ロビーへ到着。

勝手知っているホテル 勝手に入り込むと
警備のお姉さまに すかさず 質問攻めにあいました。

お友達が宿泊しているので 会いに来たというと
お部屋番号を聞かれましたが ???
次は名前を聞かれ 私は友人の名前を答えました。

すると お友達と連絡をとれ!! と言われ 
何回も 携帯から電話しましたが 電話がつながりません。
スマホなので電源を落としていると思われます。

その間 ロビーの椅子に座らされて 私達4人監視されています。

次は ホテル電話で 交換に繋いでもらい
お友達の名前をいい 宿泊しているお部屋に繋いでもらう事にしました。

でも お部屋の電話にも誰もでません。 
深夜の到着 今時分 朝食中なのかな~ トホホ・・・

そうなると 警備のお姉さま 冷たいものです。
お友達と連絡が取れないのなら ホテルから出ていけ状態です。

私たちは ビーチで遊べるか聞いてみました。
3500ペソで ランチ付いて 夜まで遊べるとのこと

私は 3500ペソで遊んでもいいかな~と思ったけれど
ビーチで 一人はさびしいし 迷いました。

せっかくここまで来たので 一人でも仕方がないかなと諦めた時
一人の仲間が 私も遊んでいくわ~~~って言ってくれて
ひとり遊びせずにすみました。 

二人はシャングリラホテルの敷地内へ 
二人は自分たちのホテルへ戻る事になりました。

その間も ズーッと 監視付でした。

これだけ警備がうるさいのなら このホテルとっても安心ですね~
不法侵入もどきの私達が自ら証明しました。(爆)

私たちは ホテル売店みたいな場所で 一日滞在券を購入して
腕に 緑色のテープを巻かれました。 

これで堂々とホテル敷地内を歩き回る事ができます。 ↓↓ 

130319-02.jpg

敷地内 あちこちに警備員の姿がありました。
私達を見つけると すーっと寄ってきて 確認します。
怪しい者ではないとわかると 
そのあと 写真写してあげるわ~って感じでした。

130319-03.jpg
130319-04.jpg

↑↑ 私たちが宿泊しているホテルも見えます。

昨年 9月に宿泊して 敷地内の事はわかっているので
適当にバスタオルをとって パラソルの中に 陣取りました。

シャングリラ ビーチは広いし綺麗です。

すぐに 海に入りました。
カード類や 携帯電話(一応防水)は 
3枚のジップロックに入れて 一緒に海の中へ持込ました。 

いるいる懐かしいお魚がいっぱい・・・・(写真は後でね)
夢中でお魚を追っかけて遊びました。

休憩の為に ビーチにあがり 携帯電話を確認しました。
すると シャングリラに宿泊している仲間からの着信があり
無事に連絡を取ることができました。

そのあと ビーチで 2時間ほど おしゃべり

さんざんおしゃべりした後 私たちはランチタイムです。

腕に巻かれた部分の『ランチ』のシールがもぎ取られました。

食事はいろいろな種類が用意され あれこれ迷うほどでした。

マンゴーも山ほど・・・お腹いっぱい食べまくりました~☆

ケーキも食べたかったけれどギブアップ。
最後はアイスクリームで締めました。

130319-05.jpg

ゲップが出そう… 海で ゲロったら 
お魚が寄ってくるね~なんて言いながらビーチに戻りました。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
23:37  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.28 (Thu)

セブ島(ホテル編③)

下記の写真は仲間が写したもの。

ビーチの先端には 白い建物がありただ今改装中

5130317-07.jpg

ホテル敷地内に入るには 入口で検問があります。

タクシーの場合でも 麻薬犬が 車の周りをクンクンの後
最後は ドアを開けて 中もクンクンかぎます。 

麻薬犬にも交代制があるらしく 白犬 黒犬がいました。 

途中お買いものに出た仲間は 検問所に入り込み
ちゃっかり 記念撮影してきたようです。

5130317-06.jpg

ベルトには しっかり実弾が埋め込まれています。 ↑↑ 怖っ!!

5130317-09.jpg
130318-06.jpg

朝日 私が寝ている間に 仲間が写してくれたものです。

5130317-08.jpg

17:36  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.28 (Thu)

セブ島(ホテル編②)

三日間とも 7時に起きて 個々に朝食です。
日本から 各自食べたいものを 持参してきました。 

その後 ビーチにくり出す日々が 続きました。
お部屋で ボーッとするって事は一度もありませんでした。

130317-03.jpg

シュノーケルセット ホテルで毎日借りると割高という事で 
今回 みーんな 
シュノーケルセット&マイライフジャケット持参です。

私は シュノーケルセットは 自前で持っていましたが
ライフジャケットは 田中さん家のお子様のお下がりです(笑)

過去に ここのホテルビーチで 
おぼれた方もいたというお話も耳にしましたからね~用意万端

このライフジャケットが 軽いんだけど
トランクの中でかさばったのよね~

でも 持って行って正解… あるとないのとでは大違いでした。
ライフジャケットとフィンがあれば スーイスイどこでも行けちゃいます。

ビーチに出た私達を ビーチの係り員が 
写真 何枚も 何枚も 写してくれました。

スマイル!! ジャンプ !!

何回も 飛べ飛べと言われても 身体が重たくて飛べませんから~~~

5130317-10.jpg
5130317-11.jpg

↑ プカプカ浮いてられるのも ライフジャケットのおかげです。

↓ 手袋の穴は 
カメラ様に 2本だけ 先っぽカットしてあるのです。

5130317-12.jpg

↑ ねぇ~ 私飛ぶから 写真写して~
OK~ いいよ~
ジャンプ … 結果は  ↑ シャッターチャンスが遅かった。 ゴメン

後日 別の場所から 飛び込み再チャレンジ。
私は 海の中で カメラ構えて待機していると 
仲間が飛び込もうとしたら 係り員に ここから飛んじゃダメだそーと注意され↑↑↑
仲間は しょぼしょぼ 撤退するとこになりました~~~(大笑) 

モーベンピックのビーチのお魚

うようよ泳いでいるって感じではありませんでしたが
探せば結構いろいろなお魚が泳いでいました。

工事の前にはもっといたらしいのですが 
ホテルが休業している間に どこかへ行っちゃったのでしょうか?  

130319-03_20130328160404.jpg
130319-01_20130328160356.jpg
20130316-66.jpg
130319-02_20130328160401.jpg

↑ ↓ この魚のお腹には 小さなお魚がへばりついています。
   私は見られなかったけれど 時々 離れて泳ぐらしいです。

20130316-77.jpg

モーベンピックホテルのビーチ まるまる二日間満喫しました。

プールで泳ぐってことはなく ずーっと お魚追っかけていました。

130317-000.jpg

ホテル宿泊者は ほとんどが韓国人です。
聞こえてくる会話は 韓国語 時々 中国語

ビーチ前の椅子の形もいろいろ

130317-02.jpg

去年 このホテルは 改装中で閉鎖されていました。
再オープンした今も あちこちで 修復作業が行われていました。

しかし 作業員のお兄さん達 仕事せずお昼ねして休憩
時々 起きて作業を続けていました。

これじゃ~ 期間内に作業は終わらないのは当たり前 

これも セブ方式なのでしょうか… 


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
16:39  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.28 (Thu)

セブ島(ホテル編①)

今回の宿泊先は モーベンピック リゾート & スパ セブ

5人が一緒に使えるお部屋 みーんなで 熟女の合宿です。

前回は 10名の参加者だったけれど
2回目ともなると希望者は少なく … 
結局 参加者は 最初から希望した5人だけになりました。

今回のホテルはモーベンピックと 当初から決めていました。

3泊以上限定キャンペーン価格を仲間が見つけてくれて 
格安料金での宿泊になりました。

超~格安の訳は キャンセル不可料金
5人の約束で キャンセルした場合 
個々に支払いが発生するというお約束の上で予約しました。

全員無事に宿泊する事ができて ホッ☆

敷地内が 横に広くないので 全てにこじんまりとしていて 
何をするにも 施設内の移動は 楽ちんでした。

130317-00.jpg
5130317-13.jpg
130317-01.jpg

今回は スィートのお部屋
キングサイズのベットルームとツインルームの2部屋
トイレもシャワー室も2つありました。

バスタブは ジャグジー付 (アワアワ遊びに大活躍 笑)

リビングとダイニングテーブル付 

今回は 自炊というか 持込食材での食事が多かったので
このテーブルは大活躍でした。

お部屋割は 出発前にネットあみだくじで決定していました。

私は キングサイズのベット組
ベットも3人は寝られる広さがあり 私自身は なーんの支障もなく
毎夜 グースカピッィ~の爆睡でした。

130316-55.jpg
(お部屋の写真は先に到着した仲間が写してくれました)

3つのお部屋全ての方向から海を見る事が出来ました。

↓ マクタン島の北端です。

130316-56.jpg
130317-011.jpg

夜のプール プールサイド 心地よい風が吹いてとっても気持良かったです。

130317-04.jpg
5130317-05.jpg

↑ は 1階のトイレ すっごく斬新なデザインのおトイレ

おトイレ使用しようと中に入り 
ドアを開けようと 壁一面の大きな鏡に 
ゴーンとぶち当たったのは私です。

お掃除おばさんに 大笑いされてしまいました。

手洗い用の水道の栓が? ここかしら? 水ジャ~~~

斬新すぎて 使いにくかったわ~ (笑)


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆


01:50  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.28 (Thu)

セブ島(往路編)

帰国して一週間 写真の整理も終わりましたので 
セブ島報告 一気にいっちゃいます。 

仲間に恵まれるって事は 撮影回数も増えて嬉しい限りです。
仲間の写してくれる写真もいい思い出… 本当にありがたい。

今回は 関空から同じ便で出発する仲間もいて
最初から最後まで恵まれていました。

今回も 特典旅行です。 それも 今年初フライトでした。

大韓航空搭乗ですが 
デルタのエリートプラスのステイタスを利用します。

同行予定者・・・お約束の場所で見当たりません。
ウロウロ探し回ってみると
同行予定者 長蛇の列に 紛れ込んで並んでいます。
この時間 ソウル便・釜山便が重なってすごい行列です。

こんなところ並んでいないで こっちこっち
プライオリティラインは 誰も並んでいません。

早々に 荷物を預けてチェックイン完了です。
これで 30分以上の待ち時間短縮です。

何がうれしいって 毎回 長蛇の列に並ばなくていい事 これが一番。

結局 出発前までに 
ステイタスの更新カードは届きませんでしたが
デルタの会員番号で ステイタスの確認ができるとの事で
往復とも なんの支障もなく スムーズにチェックイン出来ました。

そのあと 100キンのダイソウに寄って 
セブ島で使用する老眼鏡を購入~ 自宅に 老眼鏡忘れてきちゃったのよ~ 

この後は 仲間と一緒に 大韓のラウンジにて時間調整です。 

130316-01.jpg

ラウンジ初体験の仲間を記念に写した後 私も写してもらいました~。

11時55分 満席に近いお客様を乗せて離陸です。

130316-02.jpg

おしゃべりしていると あっという間に仁川到着です。

乗り換え口へ 歩いて歩いて移動します。
施設が広いって事は 本当に大変です。  

この後 ラウンジに移動して ビールでかんぱーい~☆

ゆったりまったりおしゃべり三昧
さんざんおしゃべりした後 関東の仲間と合流です。

そして またまた おしゃべり三昧して時間調整しました。

なんぼほどしゃべるねん!!  
おばちゃま達の会話にネタ切れはなし。
次の旅 次々の旅 話題は豊富です。

130316-03.jpg

仲間が食べた機内食    写真を写しただけの私の機内食 
もちろん ワインは 睡眠薬かわりにいただきました~。 

当初 指定されたシートも悪くはありませんでしたが
非常口シートに空きがあったので 私だけ移動させてもらいました。

私の席に 仲間が移動して 足を伸ばせるようにしてあげました。
横の太っちょおっさん … うざかっただろうしね。

行きのシート み~んなバラバラ 後部座席には空席が多かったようです。

前回は大幅におくれたけれど 今回は定刻前にセブ島に到着 

私達仲間全員の荷物に プライオリティ札が下がっていて 
トランク出てくるの 早い・・早い・・・

あっという間に トランク受け取り タクシー捕まえて
そのまま 仲間の待つホテルへ直行します。

大き目の車をゲットできたので 全員一緒に乗り込むことができました。 
帰りにも この方にお願いして 空港まで送ってもらいました。
一人1回 100ペソ(250円)

深夜到着なのに ホテルには 
三日前にセブ入りしている仲間が ホテル玄関で待っていてくれました。

到着情報チェックしたら 
滑走路走行中~~~って 出たよ~ まじ リアルじゃん。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
01:33  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.25 (Mon)

JALからのプレゼント

FLY ONアップグレードパッケージ2013年度版

◆国内線クラスJ eクーポン 6区間分
◆国内線ファーストクラスアップグレードクーポン 2枚

JMBダイヤモンド・JGCプレミアサービスセレクション
(JALクーポンコース選択)

◆JALクーポン2000円 10枚
◆フラワーギフトサービス 1枚
◆ラウンジクーポン 3枚
◆国内線ファーストクラスアップグレードクーポン  2枚

いただけるものは戴きますが
国内線ファーストクラスアップグレードクーポンだけは
どうやって使用するか悩むところです。

伊丹・関空から飛んでいる便で
ファーストクラスがついている便は羽田便だけ

どうせ乗るなら長距離線(羽田⇔那覇)と思っても
格安チケットでは使用できないんですよね~ 

ラウンジ券だけは 譲渡可能になっています。
JAL(国内線)に 搭乗予定のある方に差し上げます。

20130324.jpg


00:35  |  ★JALステイタス修行  |  編集  |  Top↑

2013.03.19 (Tue)

帰路につきます

21:34  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.17 (Sun)

楽しんでいます。

18:17  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑

2013.03.17 (Sun)

セブ島

08:54  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT