2013年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.06.30 (Sun)

過去の宮古島

前回の宮古島も楽しかったなぁ~ 
2010年6月の宮古島 
同じ観光地同じ写真なのに微妙に違っている。

宮古島トラブル出発編
宮古島初日観光編
宮古島ホテル編
宮古島・池間島
宮古島・八重干瀬
宮古島二日目観光編
宮古島・伊良部島編
宮古島・居酒屋編
宮古島・最終日①
宮古島・最終日②

いろいろ気苦労もあったけれど 
今となっては本当に楽しい思い出…

この時の参加者の中で お付き合いが切れた仲間もいる。

コバルトブルーの海は癒される。 
時によって色も変化する 観ていて飽きない。

みんなで わいわい楽しむ海は 何回でも行きたい…☆

2014年は 久米島行きたい。 元気だったら企画します。

真っ白な砂浜 はての浜 … 

一緒に楽しんでくれる仲間いるといいなぁ~~~



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

20:29  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2013.06.30 (Sun)

2013年宮古島⑦

快適に車を飛ばしてやってきたのは 砂山ビーチ

隆起珊瑚礁で出来た洞穴と白い砂浜に青い海
ガイドブックでも必ず掲載されている代表的なビーチです。

砂地少し歩くよ~ 頑張ってね~ 

体力低下中のわたし 結構息切れしました。 
でも海までは下りだからまだいいのよね~。 

page20130623-08.jpg

引き潮の為 岩肌がごろごろ 前回の時のイメージとは少し違いました。

それにしても こんなに岩が多かったっけ?
砂地が少なくなっているような気がした。
 
3年前の写真と比べてみたら やはり 砂地が少なくなっていた。

page20130623-09.jpg

あれれ… 黒い雲がこっち向かって来ている。

海の中の岩肌で遊んでいたら ポタ ポタ ポタ ・・・
来た~~~ 雨だぁ~ 慌てて ↓ で雨宿り。

10分程度の通り雨 あまり降ることなく止みました。

page20130623-10.jpg

海へ降りてくる時には下り坂だった砂地
帰りは登りなんだわ~ ふぅーふぅーはーはー言いながら登りました。
今の私には まじしんどかったわ。

↓ 来間大橋を渡ってやってきたのは竜宮城展望台
来間大橋は 宮古本島と来間島を結ぶ橋 全長1690m

page20130623-11.jpg

向かいは東急リゾートホテル
東洋一の白い砂浜と言われる前浜ビーチ
4月のトライアスロンのスタート地で有名かな。

page20130623-12.jpg

この後 先に帰る仲間を見送る為に 空港へ向かいました。
3人そろって遅めのランチを食べ 
一人が15時前に宮古を離れて行きました。

その後 16時前に宮古を離れる仲間を残して 
私は ガソリンを入れてレンタカーを返却し再び空港へ戻り
17時前に島を離れ 那覇で乗りかえ 伊丹空港へ無事に到着です。

空港には 主人がお迎えに来てくれていました。
この時間の空港 車が多いから嫌やねん!! と言いながらも
疲れている時には本当に助かります。

page20130623-13.jpg

宮古から帰って 少しくたばったけれど 今はもう大丈夫です。

来月のイギリス旅行へ向けて 体力回復に努めます。


0932c04.gif
飛行機チケット
関空→那覇(Jクラス)+那覇⇔宮古 3搭乗 29500円
那覇→伊丹(Jクラス) 秋のNY旅行開始 海外乗継分

お宿 3人18800円(6260円)

レンタカー5700円+保険1050円 6750円

もろもろ経費 11200円 

0932c04.gif

20:24  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2013.06.29 (Sat)

2013年宮古島⑥

宮古島二日目 今日もとってもいいお天気です。

お部屋で朝食を食べた後 島の観光へ出発です。

この日の運転手はわたし。 

最初に目指したのは 池間大橋。

でも・・ナビの設定があいまいだったので
到着したのは西平安名崎(笑)   まっいいか…

宮古本島の最西端であるとともに最北端にもあたる岬です。
東平安名崎より海は穏やかに感じます。

向うに見えるのは この後行く予定の池間大橋

page20130623-01.jpg

世田谷まで1900キロ 3年前しっかり見えていた看板(左) 
まわりの木々が成長して 見にくくなっていました。
次回行く時には全く見えなくなっているかも…

130623-11.jpg
page20130623-02.jpg

今回の足レンタカー 島はレンタカーがないと何処にも行けない。

page20130623-03.jpg

池間大橋渡って池間島側に到着。 運転していると橋の写真は撮れず…
宮古本島と池間島を結ぶ橋 全長1425m

建設に100億以上かかったらしいけれど通行料はなし。タダで渡れます。
自転車や 歩いて渡ってもいいかも…

page20130623-04.jpg

宮古島側からの池間大橋  海の色綺麗~~~

page20130623-05.jpg
page20130623-06.jpg

次にやってきたのは 雪塩製塩所
やはりここはソフトクリームでしょ!!

でも暑いから すぐと解けちゃうの。 
味わうというより 解ける前に必死に 舐める・食べる私達でした。

page20130623-07.jpg

木陰は心地よい風が吹いているのですが 
日当たりのいい場所では 暑い~ィ !! すぐに 汗タラタラです。


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
21:01  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2013.06.28 (Fri)

2013年宮古島⑤

タッチ&ゴーに大満足した私達 今回の目的達成☆

時間の都合で 伊良部島を代表する観光スポット
沖縄県の天然記念物にも指定されている通り池は
お手洗いだけ使用して観光はパス

次にやってきたのは 伊良部島を代表するビーチ長さ800m濱口の浜 
サラサラの砂がとっても綺麗な浜です。

観光客なのか多くの方が泳いでいました。若いっていいわね~ 

 マスコット君 
写真撮影の後 海水浴しました。波にのまれておぼれそうになりました。

130622-12.jpg

ここでランチタイム~ 宮古そば 3分の1ほどいただきました。↑

帰りに 牧山展望台に立ち寄る予定でしたが ナビが? 
2回チャレンジしましたが 途中道が無くなっていて???のまま
結局たどり着くことができず諦めて 港へ向かいました。

帰りのフェリーの中 座敷に寝っころがって 寝ながら帰りました。
クーラーが効いて寒い・・寒い・・ 
ブルブル震えながら それでも横になって寝ていました。 

今回のお宿~~~ 
3月予約しようとしたら いいなぁ~と思う島内のホテル
6/21 6/22 6/23 このあたりどのホテル空室が少ない。

前後の週は空室があるのに … 何故? 

おかしいな~と思いつつ 適当に数か所予約し
その後 3人で泊まれて広いお部屋の 今回のお宿に決定しました。
(3人で18800円 ) 

のちに MIYAKO ISLAND ROCKFESTIVAL 2013 
の開催日だということがわかりました。

港の近く 民宿という名のコンドミニアム?
2階建ての戸建 2階はオーナーのお住まいでした。

ワンフロア100平米 3人では広すぎ…  
食器から電化製品 簡単な調味料まで 全てそろっていました。

食材があればすぐに調理して食べられます。

130622-13.jpg

とっても広い庭付きで すぐ目の前は パイナガマビーチ

庭から直接ビーチへ行けます。 朝も浜をお散歩しました。 

ビーチで泳いで そのままお部屋に戻って 
キンキンに冷えたビール飲めます(笑) 

130622-14.jpg

7人まで 利用可能なので 大勢で宿泊すると楽しいかも。 
お庭でバーベキューって事も出来ます。

再び宮古へ来ることがあればまた宿泊します。

ここなら 孫連れてもこれるわね~~~ といいながら
孫のいない私達 いつの話やねん!!

疲れを感じた私は 夕食の時間まで 軽~くお昼ねタイム…
(いびきかいて熟睡していたらしい…私。。)

夕食は 知り合いに紹介してもらった居酒屋さんへ
道に迷いながら行きました。

さんぴん茶で かんぱーーーーーい!!

ビールが飲めないのは辛い。 

page20130622.jpg

胃腸の調子が悪かった私は 久しぶりの肉 宮古牛に舌つつみ

あぁ~ 早くビールが飲めるようになりたいと
最後まで わめいていました。(笑) 

夕食後 お部屋に戻って 朝までおしゃべり~~~
ってことはなく この日は 疲れもあって 早々にベットに入りました。

おまけに 8時起床…


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
12:35  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2013.06.27 (Thu)

2013年宮古島④

やってきました 飛行機好きの聖地 下地島パイロット訓練飛行場

はじめてやって来た仲間テンション

海の色をみているだけでハイテンションになれる場所です。

国内で唯一のパイロット訓練場
羽田空港のメイン滑走路とほぼ同じ長さの滑走路を備え
ジェット機が離・着陸を繰り返しすタッチアンドゴーの訓練を行っている。
練習機は南東にある中の島ビーチ近くから、
宮古島方向に離陸した後、大きく旋回して、北西方向の海側から着陸する。
この北西の海側には飛行場を取り巻くように道路が走っているので、
エメラルド色の海に突き出た誘導路の上を
爆音とともに降下してくる飛行機を間近に見ることができる。
その迫力もさることながら、周囲の海の色の美しさも感動もので、
航空ファンでなくても是非訪れてみたい場所。


前回は 佐和田の浜で 着陸する機体を遠目にみました。

今日はどうかな~? 訓練しているかな~?

私達の目的は 『タッチ&ゴー』 風景を見る事。 

施設を取り巻く観光客も若干少ない。撮影隊もこころなしか少なく感じます。

130622-06.jpg

ねぇ~ 機体1機 駐機しているよ。
もしかして訓練するんしゃない?
 
セスナ機じゃない? えぇ~違うでしょ・・ 

金網に 張り付く おばちゃん3人(笑)

10分ほど経ったころ 機体が動きました。

ANA機だわ … 移動しているよ~  こっち来るよ

飛ぶんじゃない???

すごいジェット音とともに機体は上空へ

130622-07.jpg

飛び立った機体は 高度をあげずに右へ旋回します。

やるね!!   『タッチ&ゴー』 テンション

機体が右へ旋回して着陸態勢に入りました。

来たよ・・・

来るよ・・・

カメラ動画にしようっと・・・(仲間)

まわりの観光客も一斉にカメラ構えます(笑)

130622-08.jpg

↑ 第一回目 飛行機の太っ腹を 見せつけられた私達 
すごいごう音に 上みて 吹っ飛びました。
カメラのシャッター押すところではありませんでした。

↓ 二回目はなんとかシャッター押しました。

130622-09.jpg

いいカメラをお持ちの方は 
横で パシャパシャバシャ連射のいいシャッター音が聞こえます。

130622-10.jpg

到着後 待ち時間もなく 
お天気にも恵まれ これ以上の条件は
望めないのでないかと思うほどの中での『タッチ&ゴー』
5回も見学する事ができ 飛行機好きの私達は大満足です。
最後の最後まで テンション

飛行機はまだ飛び続けていたので 
まだ見学することは可能だったと思いますが
帰りのフェリーの都合もあり 
後ろ髪引かれる思いで車を移動して行きました。

誘導灯西側の海 引き潮でしたがとっても綺麗…

この景色 本当に癒されます。

130622-11.jpg

次回は この海と『タッチ&ゴー』
これだけを 目的に来ようね。

お弁当持って 
午前の部 午後の部 一日見学しよう!!ということで
再び行きます。 私達。

興味ある方 良かったらご一緒しましょう~☆

と言っても 行った日に 
飛行機の訓練日に当たるという保証は全くありません。

飛行機のチケットは早めの予約だし 訓練は未定だし
お天気はどうなるかわからないし ・・・

行ったとこ勝負。 
当日にならないとわからないという企画です(笑)

20130622-99.jpg

本当に 運の強い 私達でしたね~☆

。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
22:54  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2013.06.27 (Thu)

2013年宮古島③

先に島に着いた私達は 先にレンタカーを借りて(二日間5700円) 
仲間の到着を待つ間に 一か所先に観光
東平安名崎へ行くことにしました。 ここは3年前にも来ました。

レンタカーで島内ぶっ飛ばしていきたいのに 
前方にのろのろ走る車・・・
大阪なら クラクション鳴らしまくるね!!
でもここは島時間~ 焦らない焦らない…って感じ(笑)

宮古島の最東端にある約2kmの美しい岬で
太平洋と東シナ海を一望にできる雄大な景色は
日本都市公園百景にも選ばれているところです。

青い海 青い空 ・・・ 
お天気にも恵まれていうことありません。

体力ないので 今回は 灯台へは登りませんでした。

130622-02.jpg

台風が走り去った後だし 
岩肌へきつい波が打ちつけていました。

130622-03.jpg

仲間の到着時間にあわせて空港へ戻り
そして やっと朝食タイム … 朝から何も食べていませんでした(笑)

ANA便の仲間も到着して 
今回の最大の目的地 伊良部島&伊計島へ向かいます。

11時40分宮古島平良港から 
車ごとフェリーに 約25分間乗りました。

フェリーは バックで乗りこんで行きます。

フェリーの中 車と車の間隔 15センチ程度 …
とてもとても私達では無理。

私達 運転未熟でできませーん!! とかわいく言います(笑)
すると 係のおじさんが車の運転を引き受けてくれました。

↓ 2014年完成予定だったらしいけれど 工事が遅れて
2015年春には完成する 宮古島と伊良部島を結ぶ大橋です。

完成したらこのフェリーはもう用なし?

130622-04.jpg

伊良部島右回りで走ります。

フナウサギバナタ 

松の木などの木材を この崖から海に落として船に積んだ場所
「フナウサギバナタ」とは方言で「船を見送る崖」という意味
昔 島を旅立つ人の無事を祈りながら 見送った場所だそうです。

130622-05.jpg

白鳥崎から 佐和田の浜を経由して伊計島へ

島内車も少なく走りやすい・・

ナビの案内もイマイチ・・
目標となる様な 信号もコンビニもないんだもん。

次の角を右と言われても ただの細道だし~

しかし 間違っても簡単に修正効きます。


sira_map.jpg


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
21:03  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2013.06.26 (Wed)

2013年宮古島②

今回の旅の調べものをしていて ふと目についた宮古まもる君記事

あれれ同じ管轄に 19人ものお仲間がいる事が判明。

男性 宮古☆君19名。 女性宮古まる子さんのみ。

123.jpg
(クリック拡大)

ねぇ~ みなさん 知っていた?

島内で立っているのは 全て『まもる君』だと思っていたわ~

何をいまさら…って言われそうだけど(笑)

時々 宮古管轄内で 移動・転勤があるそうですよ~~~ 

私が 去年 宮古島空港で 
21回もお会いしたのは 『いたる君』だったのね。
去年の写真を使って どれどれ お顔チェック ・・・・

20130620-02.jpg

今回19名の顔写真を 印刷して持参しました。 

ポイントに立っている おまわりさんに遭遇すると 
『あっ 今のは りょうぞう君ね~』 
なんて言いながらチエックして楽しみました。

観光している間に 6・7人は遭遇したと思います。

交差点で勤務していることが多いので なかなか写真が撮りづらく
今回おひとりだけ車を止めて 撮影してきました。

さて ・・・  右側の写真
この方は 何処に勤務している 宮古☆君でしょう?

20130622-00.jpg

もうひとつ ・・・ 宮古まる子さんって
生まれは男性だったの知っています? 
 
性転換したようですよ~。

それでか 男性並みのしっかりした体型していますもん。


今度宮古島へ行ったら お顔の違い確認してきてくださいませ。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★ 
12:48  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT