2013年イギリス⑩湖水地方ツアー参加

2013年07月31日23:00

ウィンダミアは 
イギリスの中でも特に美しいとされている「湖水地方」の拠点となる街。
湖水地方 見どころは多いのに 交通の便が悪い。
レンタカーで周るのが一番手っとりばやい観光地です。

でも海外でレンタカーの運転となるとなかなか難しい。
イギリスは日本と同じ運転手法 それでもやはり人を乗せてまでとは思わない。

ウィンダミア観光滞在は一泊のみ。
バスを乗り継いでまわるほど 私達に時間はないと言うことで
当初から ツアー参加を決めていた。

ところが ちょうどいい観光地を巡るツアー会社は 月曜日がお休みだった。 
3人だけプライベートで運行もしてくれるらしいのだが
なんとなくツアー会社とのやり取りで???状態になり 割高だしやめた。

結局 最後に見つけたのは 英語案内の専用ツアー
ネックになったのは ツアー終了が17時30分。
万が一 トラぶってツアー終了が遅くなってしまったら…この部分が懸念された。

私達はツアー終了後 18時15分の電車でロンドンへ移動予定なのだ。
間にあわなかったら 正規運賃チケットを購入してのロンドン入りとなってしまう。
一か八かのツアー参加となりました。

当日参加したツアー会社のバス 定員いっぱい17人の参加者でした。

案内・観光の説明は全て英語 私はまったく???チンプンカンプン。
時々単語がわかる程度… 
道中 英語で説明される案内が子守唄となりましたわ(笑)

20130715-01.jpg

まず最初に行った場所は カークストン・パス(湖水地方で最も高い地点を走る道路)
見える湖畔は ウィンダミア湖らしい。

氷河で削られたカークストーン谷を走る。
なだらかな緑一杯の草原では あちらこちらで羊が草を食べていました。

最初のころは わぁ~羊だと 声をあげていたけれど
そのうち 羊 羊 羊で 飽きてきた(笑)

20130715-02.jpg

アルス・ウォーター (イングランドで最も美しいといわれる湖のひとつ)
1877年造られた蒸気船が運行しています。

20130715-03.jpg

サプライズ・ビュー(その名の通り"サプライズ"な眺めスポット)

山道を下ると 石でできたアシュネス橋があった。
この橋は 湖水地方で最も写真に撮られる橋と言われているらしいが
運転手が車を停めてくれなかったので 写真はとれなかった。残念。
説明は英語でしていたけれど アシュネスという単語しかわからなかった。

20130715-05.jpg
20130715-04.jpg

ダーウェント・ウォーター (湖水地方北部の美しい湖)
約40分程 レイク・クルーズに出ます。ツアーに含まれています。

先ほど サプライズ・ビューから眺めた湖です。

20130715-06.jpg

水鳥に餌さを与えると 首を伸ばせるだけ伸ばして 餌を食べに来ます。
急に びょーんって伸びてきたのでびっくり…

ぺーちゃん 何回も 餌を与えます。

20130715-07.jpg
20130715-08.jpg

湖畔のポイントには桟橋があり 船が着くと
皆さん 好きな場所で 乗り降りされていました。

こんな場所での カヌーも楽しそう~♪

20130715-09.jpg

水際で遊ぶワンちゃんも楽しそう~~~☆

ツアー参加日 お天気に恵まれた事が一番良かった。

雨では 湖水地方の良さは 何も分からないはず…

私の旅 お天気だけは 本当に恵まれ続けています。


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

2013年イギリス⑨ウィンダミア観光

2013年07月31日18:00

蒸気機関車の旅の後は またフェリーに乗り戻ります。

私達を乗せるフェリーが到着しました。
往路の時より やや小さいフェリーでした。

今到着したフェリーから蒸気機関車に乗り換えても もう帰りのフェリーはありません。
確か 私たちのフェリーが最終便だったような記憶。

20130714-22.jpg

帰路は船首に座りました。

リゾート地という事で 皆さん短い夏を 好きな事をして満喫されているようです。
湖水で泳ぐって 水は冷たくないのかしら…
全体的に 湖畔サイドで 日光浴をされている方が多いですね~

20130714-23.jpg

↓ 船首に座っていましたが やや後ろの陰に移動したのはいいけれど
風が冷たくて 上着を来て その後 ジャンバー羽織るはめになりました。

20130714-27.jpg

ボウネスの港に到着すると 水鳥たちがうようよ。
という事は ウンコちゃんもコロコロ(笑)観光客に上から下から攻撃。

20130714-24.jpg
20130714-25.jpg

ホテルからウィンダミア湖までくだり坂でした。
という事は帰りは登りだよね~  ε=(>ε<) !!

バスはないし流しのタクシーはいないし …  トホホ。
歩くしかないのね~ しんどいね~~~ でも歩くしかない。

とぼとぼ歩きつつ 通りかかるタクシーに乗せて~の意志表示をしてみる。
でも ほとんど無視 タクシーはタクシー乗り場で乗車する決まりみたい。

そんな中 1台のタクシーが私たちの目の前に止まってくれました。

どこ行くんだい?
ウィンダミアの駅まで。
OK~
おいくらかしら?
3.5ポンドでいいよ。
ラッキー 乗っちゃおう~ ☆ミ(*^▽^*)ノ彡☆

イギリスに来て初めてのタクシー 
と言ってもワゴンタイプの大きめのタクシーだけどね。 
後部座席に 向い合せに座ります。

この運ちゃんとってもいい方で チップ含めて支払った代金を
きっちり3.5ポンドだけ受け取りおつりを返金してくれました。

私にしたら 歩かなくてよかっただけラッキー
ぺーちゃんにしたら ケンダルへ行く電車に間に合う時間の到着にラッキー

ウィンダミアの駅に戻ってきたのは18時15分すぎ
日の高いこの時期 このままホテルへ戻るにはもったいない。

実はぺーちゃん 翌日の湖水ツアーの前に
隣町のケンダル地方へのショートトリップを考えていました。

早朝出発して 観光して戻ってきて 9時40分のお迎えを待つ計画だったのですが
私達 万が一の事があったら大変だから やめとけば~と言い続けていました。

明日の朝は無理だけど 今ならまだ私達も一緒に行ける時間よ~
行っちゃう・・・ 行っちゃおう。 

18時40分の電車でいけば 観光して 最終電車で戻ってこられます。
そんな時 観光客が 2枚のバスチケットをくれました。

電車を待っている間に ケンダル行のバスが来ました。

ゆっくりバスで行っちゃおう~ とバス乗り口に行き詳細と聞くと
このチケットでは乗れない。運賃も高いし バスでは時間がかかるので 
電車で行くのが一番安いし早いよとのこと。

そうか…  ダメか… 

そうこうしているうち 7ポンド周遊の2階建てバスがやってきました。
手元には いただいた2枚のバスチケットがあります。

ねぇ~私達 あのバスに乗ってみない?
うん そうしょう~ 行先突然の変更です。

いーさんと私は 2階建てバスにて 
行ける所まで行ってみよう~と いただいたチケットで飛び乗りました。
(タダ乗りだけどね~~~) 

よって ぺーちやんは 一人電車でケンダルへ向かう事になりました。
ごめんね~~~ぺーちゃん 気をつけて行ってきてね~ (^0^)/^^^^^
挨拶そこそこにバスは出発しました。

2階の席では 私といーさん このバスが何処へ行くのか???
このバスでどこまで行き 何処行に乗りかえれば ここへ戻って来れるのか
時刻表と地図を広げて作戦会議です。
でも どこかしこも終バス17時30分前後 ・・・ トホホ

結局 2階席から景色を楽しむ事もなく 作戦会議で乗車終了。

先ほどまでいたウィンダミア湖のほとりボウネスでいったん下車して
同じバスに乗って戻ることになりました。

観光地なのに 夏の間ぐらい 
日が落ちるまで営業してくれてもいいいものを(`へ´) 
って… もらったチケットで何言うてんねん!! って感じだけどね~(笑)

↓ ウィンダミア駅舎
20130714-26.jpg

↑ この周遊バス 乗り換え乗り換えで 湖畔を周れるようですが
頻繁に便がある訳ではないようなので 念密な計画が必要のようです。

帰りはホテル近くでバスを降りた私達 ソフトクリームを食べてしばし休憩です。
このクリームとっても美味しかった~~~

イギリスに来て ゆっくりお茶しよう~ってこともなく 
日々歩き回る事だけで精一杯 
せっかく来たのだら あそこもここもと ついつい欲張ってしまいます。

湖畔でのんびり~~~ティタイム  夢の世界です。 

次回来ることがあれば 今度はのんびりします。

↓ ぺーちゃんが一人旅してきた ケンダル地方の写真です(拝借)
最終電車に乗り遅れない様 必死に観光してきたようです。
20時でもこの明るさ … ヨーロッパの夏は長いね~。

cc0c52685f.jpg

20時前にお宿に戻り シャワーを浴びて のーんびりします。
この日 夕飯食べたような食べていないような… 覚えていません。

20130714-08.jpg

↓ ホテル窓からの景色 今日もお天気よさそう~

20130714-28.jpg

       373さーんの声に窓から顔を出しました。  ↑

朝 お二人は 駅周辺までお散歩に出かけました。
私は 部屋でのーんびりゴロゴロ 

宿泊代があまりにも安かったのに まさかの朝食付きにびっくりした私達。
それも イングリッシュブレックファーストで 
オーナー手づくりの料理が並びました。

今回の旅行で一番の朝食メニューでした(笑) 

20130714-09.jpg

9時40分 今日参加する湖水ツアー会社のバスが迎えに来て
ホテルを後にしました。


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

2013年イギリス⑧ウィンダミア観光

2013年07月31日09:00

ホテルにチェックインした後 早々に観光に出発です。

まず 周遊バスが 7ポンドで走っているようなので
適当に湖水地方グルグルしてもいいかな~と言うことで 
停まっていたバスの運転手に問い合わせしました。

でも 観光地グルグル回るほど バスも頻繁に走ってはいないようです。
田舎道 行ったっきり 戻ってこれなくても困るので パス。

結局 テクテクとウィンダミア湖目指して歩きます。

20130714-11.jpg
20130714-12.jpg

ボウネスは18世紀からリゾート地として栄えた街らしい。
↓ ドクターフィッシュ体験中~ ??? 

ボウネス・ピアに到着したのは 14時40分すぎ

到着後すぐに 私達は 14時50分発の
フェリーと湖水地方を走る蒸気機関車に乗る事にしました。

20130714-13.jpg

これもペーちゃんが こんな事も出来るかも~と しっかり下調べをして
時間を調べていてくれたおかげです。 本当に感謝感謝…

いーさんといい ぺーちゃんといい 旅への貢献度高い。
それに比べ私はというと…貢献度ゼロです。(ごめんなさい)

フェリー往復と鉄道の往復セット料金で14.75ポンドでした。
フェリーからそのまま鉄道に乗り換えて 乗車できる時間調整してあるようです。

フェリーに乗りボウネスからレイクサイドまで行きます。
フェリーには 日本の旅行社団体様が大勢乗船されていました。

私達は フェリーの中で遅めのランチタイムです。

半分以下になってしまったフランスパン 
いーさん持参のバターをたっぷり塗って食べました。
大好物のチェリーも食べまくります(笑)

空には 半端ない飛行機雲の数・・・心地よい風に吹かれます。

20130714-14.jpg

別荘なのか自宅なのか…湖畔には素敵なお家がいっぱい。まだ 帽子かぶっているよ~笑

約40分でレイクサイドの港に到着です。

そのまま蒸気機関車に乗り換えます。ハーバースウェイト鉄道

20130714-15.jpg

超 レトロな車内です。 乗り心地は 悪いです。

車内からの風景~~ う~ん 素敵 絵になる…。

20130714-16.jpg

中間駅に着いたころから 風景はもうひとつ良くない。

20130714-17.jpg

20分弱で ハーバースウエェイトの駅に到着です。

団体様は 駅前に観光バスが待っていて ここからバスに乗り込んでいました。

15分程度休憩したら また レイクサイドの駅へ戻ります。

20130714-18.jpg

係の方が せっせと石炭?を 放り込んで燃やしていました。
夏場は 熱いだろうなぁ~  ご苦労さま。

20130714-19.jpg

時々 煙をはきます。 もっとはけ~~~って思っちゃう。

20130714-20.jpg

レイクサイドの駅まで戻ってきました。

20130714-21.jpg


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

カレンダー


06月 | 2013年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================