2013年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.08.01 (Thu)

2013年イギリス⑬ロンドン観光

タワーブリッジ・ロンドン塔での観光に 
思ったより時間がかかってしまいました。

ランチの為に地下鉄移動して中華街の街へやってきました。
どこの国にもあるのが中華街? 笑

20130716-21.jpg

何食べる~~~??? メニュー表を見て お店を探します。 ↑

適当にここでいいじゃん…と店内へ。

まずは  ビールより高い コーラでかんぱ~い!!

喉も身体も干されていたので 
じゅわ~っとコーラがとっても美味しかったわ~。 

適当に注文してシェアしました。

鳥肉の料理だけは 香辛料がきつくて食べられなかったわ。

20130716-22.jpg

食事の後は 仲間の一人は 別行動となりました。

私達は 食事してからも ブラブラと観光です。

20130716-23.jpg

↑ ヨーロッパ絵画の名作が展示されているナショナルギャラリーの前から 
トラファルガー広場へ抜けます。

このトラファルガー海戦の勝利を記念して造られた 
ロンドンを代表する広場です。

20130716-24.jpg

↑ 4頭の巨大なライオンが 円柱のまわりで守っています。

↓ かわいい色のロンドンタクシー

20130716-25.jpg

↑ アドミラルティ・アーチ(Admiralty Arch)海軍門です。 
ビクトリア女王を称えて造られた美しい曲線の門です。

真ん中の紋章のある門は王室専用なので 一般人の私達は左右の門を通ることになります。

去年 政府から民間に借用権が売られたらしく
数年先には ホテルとして使われることが 決まっているそうです。
宿泊代 高いのだろうね~。 もちろん泊る事はないけれど。 

↓ アーチを抜けると ザ・マル 
儀式用として 19世紀後半から20世紀前半にかけて建設された
アドミラルティ・アーチから
バッキンガム宮殿のビクトリア記念碑まで続く一直線の道路です。

20130716-261.jpg

↓ 英国旗ユニオンジャックに 飾り立てられたザ・マル
  日の丸と違って素敵だね~~~絵になるわね~~~☆

20130716-27.jpg

↑ バッキンガム宮殿

私達が行った16日は ロイヤルベービーが産まれる前
もうすぐかな~と 皆さんが楽しみにしていた時期で
宮殿のまわりは 報道カメラの待機所がずらーりとありました。

↓ なんとなく 去年行ったナンシーの門を思い出しました。

20130716-28.jpg

バッキンガム宮殿は 
エリザベス女王のロンドンの公邸および執務の場所です。
バッキンガム宮殿は 今でも実際に使われている王宮。

例年8月から9月にかけて女王がスコットランドに滞在される時
バッキンガム宮殿の公式諸間19室が一般に公開されるのだそうです。

20130716-29.jpg

仲間の一人は 15日 ここで行われたイベントに特別に参加したそうです。

入口の門に張り付いて写真を写します。  ビクトリア記念碑 ↓

20130716-30.jpg

この後 セントジェイムス公園で アイスクリームを食べてしばし休息。
ロンドンって 一つの公園の敷地が広いのね~ 

そのあと思い立ったように 大英博物館へ移動。  貸し自転車 ↓

確かこっちに行けば地下鉄駅が… ぺーちゃんの土地勘は素晴らしい。

20130716-31.jpg

世界最高の博物館 これだけの施設 無料とは本当に有難い・・・

エジプトのミイラに興味のあるぺーちゃんに連れられてミイラ見学。

20130716-32.jpg

この後は 時間設定で 一時解散。

私は 涼しい館内で椅子に座って足休めでした。

毎日 毎日 確実に 1.2万歩は歩いています。



。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

23:00  |  ・イギリス周遊2013年夏  |  編集  |  Top↑

2013.08.01 (Thu)

2013年イギリス⑫ロンドン観光

昨夜 別に飛んできた仲間と合流して ロンドンの旅は4人になりました。

出発前 全ての荷物を出したり入れたり ??? 帽子がないのです。
いくら探しても出てきません。

昨日の朝 湖水ツアー出発前に 間違いなく予備リュックの前ポケットに入れ
昨日は 一日持ち歩いていたはず ???
昨日 どこかでかぶったかな?  
うーん 記憶がアイマイ。 (写真を見てもかぶっていなかったね) 

ない・ない ・・・ いくら探しても出てこなかった。
きっと移動の間に どこかで落としたのだろう。
お気に入りの帽子だったのでショック!! … トホホホ

それにしても 今日も 暑そう~~~ ピーカン!!

今日 帽子買えるような場所があったら どこかで購入しよう~。

朝食は コンチネンタルでしたが十分 
しっかり食べて 今日も元気に 行動開始です。

まずは ロンドン塔とタワーブリッジへ向かいます。
地下鉄 タワーヒル駅で降ります。

ロンドン塔を見ながら タワーブリッジへ移動します。

20130716-01.jpg

♪♪ロ~ンドンば~し落ちた~落ちた~落ちた~♪♪の橋ではありません(笑)
ロンドン橋は 別の場所にある なーんのへんてつもない小さな橋ですよ。

タワーブリッジ 
ロンドン塔と調和するゴシック式外観に仕上げられた美しい跳開式の可動橋。
運が良ければ 開閉するところを見られると言うことのようです。

流れる川は テムズ川です。 泥水ですね…。  開閉時間

20130716-02.jpg
20130716-03.jpg

橋のまん中で… いつもの参加者ポーズ(笑)

関空からは一人 アムステルダムで2人になり
エディンバラで3人になり ロンドンで4人になりました。
仲間と触れ合える旅いいものです。

ここから橋は 真っ二つに割れて 上にあがります。

20130716-04.jpg
20130716-05.jpg
20130716-06.jpg

タワーブリッジの後は ロンドン塔へ 

20130716-07.jpg

門人 紺色のヴィクトリア時代のデザインの服を着ています。
胸にはE&Rと書かれておりRegina Elizabethの略です。

11世紀に要塞として建設されたロンドン塔
約1千年の英国王家の歴史を物語るお城です。 
数々の反逆者達を 処刑した血塗られた城として有名です。
エリザベス1世や ヘンリー8世の王妃であるアン・ブーリンもここで処刑され
その後も 牢獄・処刑場として多くの命がロンドン塔で奪われました。
なんとなく 血なまぐさいお城でもあります。

20130716-08.jpg

ホワイトタワーの北側に 王室の財宝が集められ展示されています。
ここに世界最大級のダイアモンドがありました。

財宝の前は 立ち止まらないように動く歩道で流れて行きます。
もちろん 撮影禁止。

宝石がこれでもかと言うくらいちりばめられた 王冠や剣などもありました。
エリザベス女王が着ていた礼服なども…。

イギリス議会は エリザベス女王に対し
2015年まで資金を凍結中の為 イギリス王室は大幅な経費削減中
全ての宮殿の修理費用も今は自費扱いとなっているらしく
維持管理も大変な事でしょう。

ここの入場料もエリザベス女王の収入となるのだろうね。

20130716-09.jpg
20130716-10.jpg

↑ 何故か 日本の兜も展示されていました。

↓ 元気な二人は 塀を登ったり歩いたり…
  元気のない二人は 椅子に座って休憩(笑)

20130716-11.jpg

↑入場料21.45ポンド(シニア割引ではありませんよ~笑) 

最後の最後に 元気な二人は 処刑場見ていないわと見学に行きました。
私は もちろん 行かない。

ロンドン塔 タワー・グリーンの中で処刑されたのは 
全部で7人だけと言うから驚きです。7人のうち5人が女性です。



。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
18:00  |  ・イギリス周遊2013年夏  |  編集  |  Top↑

2013.08.01 (Thu)

2013年イギリス⑪湖水地方ツアー参加・ロンドン着

ケズウィックで ランチタイムです。

湖水地方北部の中心都市ケズウィック
ケズウィックは 湖水地方のハイキングの拠点となっていて
ダウンタウンには アウトドアのお店が数多く並んでいました。

ランチは やはりフィッシュ&チップが定番なのでしょうが
私達は 各自好きな食べ物をバックに詰め込んできました。

20130715-10.jpg
20130715-11.jpg

ホニスター峠 ホニスターパス (採石場)
湖水地方では 家の瓦も壁にもスレートが使われています。

20130715-12.jpg

あちこちに 羊が離し飼いされています。 うんこちゃんも多いよ~。
所有者がわかるように色づけされています。

うとうと寝てしまって目が覚めたら ここで車は停まっていました。

↓ サルミア湖    モスフォースという滝??? たぶん。

20130715-13.jpg

↑ 道路をウロウロしているので
なかには 車にはねられてしまう 羊もいるでしょうね。

ぺーちゃんが 一番楽しみにしていた
キャッスルリグ・ストーン・サークル (湖水地方のストーンヘンジ)

このストーンサークルは 48個の石で構成された 環状列石遺跡
何千年も前に並べられた石は 不思議なものです。

誰が? 一体なんのために?
小高い丘には 心地よい風がふいています。

ストーン・サークルに 羊が入り込まないように柵がしてあります。
うんこちゃんの心配なく 座ったり出来ますね~。 ホッ。

柵の外では たくさんの羊さんも気持よく放牧中~

20130715-14.jpg
20130715-5.jpg

めいっぱいのパワーを これでもかと 吸い取って帰ります。

最後に立ち寄ったのはグラスミア 
グラスミアの街は 湖水地方で最も美しいといわれる村。

この街は 詩人ワーズワースゆかりの地
彼が好んだジンジャー・ブレッドは 湖水地方名物のひとつです。

この街には 創業150年の歴史を誇る
セーラ・ネルソンのグラスミア・ジンジャーブレッド・ショップがあります。

20130715-15.jpg

↑ 私達も話のネタにひとつ買ってみました。

一口食べて 次には 手が出ませんでした(笑)
口の中でモコモコし過ぎて 飲み物がないと食べられません。

わずかな時間しかないので 街の中 駆け足で回りました。

20130715-6.jpg

オズワルド教会 
ワーズワースとその家族の墓が有名らしいが見つけられなかった。 

20130715-16.jpg

↑ 何の為の ワラ人形???

ウィンダミア湖畔を走り 車は予定どうりに 出発場所まで帰ってきました。
ツアー事務所に出向き 預けていたトランクを引き取り 駅に戻りました。

無事に 18時15分の電車に乗れます。 ホッ☆ 良かったね。

お天気も良かったし 全てに 最高の湖水地方でした。
たぶん もう二度と来ることはいだろうなぁ~~~

----------

18時15分 ロンドンへ向けて出発です。
トランクをしまいこみ 指定された席に座ります。

20130715-17.jpg

20時過ぎ マンチェスター・ピカデリー駅に到着後 
違う電車に乗りかえます。

20130715-18.jpg

当初の予定どうりに 無事に ロンドン・ユーストンに到着です。
ウィンダミアから 4時間強かかりました。
このチケットも いーさんのおかげで
格安の料金で予約する事ができ驚きの 17ポンドでした。 

地下鉄に乗りかえます。私はいーさんの後に続きます。

地下鉄乗り場で オイスターカードを手に入れ乗車しました。
このオイスターカードは 翌日からロンドンを離れるまで使用し
最終日 空港駅で解約払い戻しして帰ってきました。

20130715-19.jpg

途中 グリーンパークで乗りかえて 
ホテルの最寄駅 アールズコート駅で降ります。

駅を出てから 数分でホテル到着です。 

えっ…もう着いたの!! って感じでした。

ここで旅仲間の一人と合流しました。



。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
09:00  |  ・イギリス周遊2013年夏  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |