2013年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.09.28 (Sat)

立ちションしてはります・・・

羽田からモノレールを利用してJR浜松町駅へ

今日の待ち合わせは汐留 まだ少し早い~~~ 

そこで思いだしたのが 小便小僧 (*≧m≦*)w

服を着たかわいい小便小僧
JR浜松町駅の 3.4番線にあるらしいことは 
前々から わかっていましたが
わざわざ写真撮りに 移動することなく 
毎回 そのまま目的地方面へ 乗り換えていました。

今日初めて 時間調整もかねて
立ち寄って写真を撮ってみました。

小便小僧  公の前で 元気に飛ばしてはります(笑)



この小便小僧 毎月 服が変わることで有名です。
地域のボランティアの方が
毎月26日に 服を仮縫いして持ち込み
着せ替え続けてきているらしいわ。

60年以上もここで 立ションし続けているらしいです。


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
11:00  |  ・関東  |  編集  |  Top↑

2013.09.28 (Sat)

羽田空港ターミナル

無事に 羽田に到着です。
とってもきれいな青空の中の飛行でした。

プレミアムクラスへのアップグレードができたので 
朝食も機内でいただきました。



今 第2旅客ターミナル展望デッキに来ています。

ANAが保有しているボーイング747-400型機(ジャンボ)
撮影する為に展望デッキに上がって来ました。

昨日確認した747運行情報では 
今の時間 札幌へ1機 沖縄へ2機飛行中なのよね。

後の1機 、、、駐機中でした。



9月30日で退役する
ピカチュウジャンボ(JA8957)もう一度見たかったわ。

20130928-01.jpg
(ANAのページから拝借)
10:28  |  ★空の話  |  編集  |  Top↑

2013.09.28 (Sat)

アップグレード

2012年度は 一度もANA便には搭乗しませんでした。

2013年4月 SFCの保有者という事で 
乗らなくてもアップグレードポイント4ポイントを戴けました。

今回は この4ポイントを利用して 
プレミアムクラスへのアップグレードを希望する為に
自宅を早めに出発して来ました。

国内線は、当日空港で 空席のある場合のみ利用可能です。

無事に プレミアムクラスへのアップグレードが出来ました。
4ポイントが8000円の値打ちとなりました v(^^)v
 
久しぶりのANAラウンジ
綺麗になっていてびっくり、、、

たまにはANAにも乗らなきゃいけないね。


★゜・。。・゜゜・。。・☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
07:45  |  ★マイル雑記・他  |  編集  |  Top↑

2013.09.28 (Sat)

久々にANAに搭乗予定です。

今 伊丹空港へ向かう電車の中です。

この週末は 東京滞在です。

有償でANAに搭乗したのはいつだったのか?

確か 2011年12月始め 
シンガポールに行った時以来だと思います。

JAL優先の今年 何故 ANA便かというと
2011年の搭乗に対してのアップグレードポイント(6P)を
2012年4月に戴いたのですが 使用することなく
2013年3月ぎりぎりに 仕方なくSKYコイン(3000円分)に換金しました。

その使用期限が 2013年9月末・・・
今回は 換金したコインを利用しての ANA搭乗となりました。

今回の搭乗により プレミアムポイントを獲得し
改悪変更のある2014年度でも なんとか
SFCアップグレードポイントを 4ポイントいただく予定です。

モノレール大阪空港駅に着いたら
間違わない様に南ターミナルへ行かなきゃ…


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
06:55  |  ★空の話  |  編集  |  Top↑

2013.09.17 (Tue)

利根川で見たもの

私達が 利根川をラフティングで下っていると
上空の橋の上から 利根川へ 

バンジージャンプ! 

おぉ~~~ すげっ~~~

見上げているだけで 鳥肌がでます。

ジャンプ台のあるのは 諏訪峡大橋
日本で唯一の ブリッジバンジージャンプができる場所らしいです。
高さ42メートルから飛び出すのだそうです。

ちょうど 私達が通りかかった時 
ジャンプ台に 女性が立っているのが見えました。 

1回目のカウントは ちゅうちょしたよう・・・

2回目のカウントで 彼女は 私達に向かって

バンジー ジャンプ ! 

わぁ~~~ 飛んじゃったよ~~~

びょ~~~~~ん

びょ~~~~ん

びょ~~~ん

びょ~~ん

びょ~ん

ゴムが伸び縮みして 下の係り員の男性の元へ収容されました。

降りてくる彼女に 私達も 拍手 拍手・・・
ショートカットの 可愛らしい彼女も 手を振ってこたえてくれます。

凄いね・・・ 勇気あるね・・・

一万もらえるって 言われても やらんわ。
十万でも やらんわ~~~ できん!!
百万なら 考える・・・ かも ・・・ 
イヤ できん。 
お隣さんと話しました。

凄い風景 目の前で見させてもらった後も
私達のラフティングは 続きました。

その後 温泉に入り あるお土産やさんにいた時
偶然 私たちの目の前で 
素晴らしいジャンプをみせてくれた彼女が
彼と一緒にお買いものをしていました。

あっ!!  バンジーしていた子じゃん。

ねぇ~ バンジージャンプしていましたよね~
私達 川から見せてもらったわ~
凄いわね~ 勇気あるわね~  
皆で絶賛です。

その横で 彼が 僕は飛べませんでした… だって
彼氏 肩身狭そう・・・(大笑)

自宅に帰ってから調べてみたら
バンジージャンプ 1回 7500円するらしいです。

7500円で 何かが 変わるのだろうか…

チャレンジするその勇気があれば 
どんな事にも 立ち向かっていける気がする。

わたしは 絶対に やらないよ~~~

オシ◎コちびって失神だな・・・

ち~~~ん



私は やってもいいぞーーーーーって方は
是非 個別メールください。


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
12:19  |  ・関東  |  編集  |  Top↑

2013.09.16 (Mon)

利根川でラフティング

13日 お仕事後 東京へ新幹線移動し西新宿のホテルへ

新幹線の中で更新したブログを読んで
突然田舎友がホテルまで来てくれ 久しぶりに再会のおしゃべりし
私がラフティング目的で 東京へ来た事を話すと笑っていました。


翌日のラフティングの集合時間が6時45分
集合場所に近い&予算内というだけで今回選択したホテル

滞在型のホテルの様で レンジに洗濯機まで備わっていました。
エレベーターもカード式でセキュリティも良かったです。

新しいホテルで フロントの対応も設備も申し分ないホテルでしたが
どーも 枕だけが 私には合わず熟睡できなかったわ。

20130914-01.jpg

6時20分ホテルを出発して集合場所へ向かい
参加者と合流できました。

バスは 満席の参加者
私達が 最年長グループは 間違いないようです。
周りは 娘・息子の年代ばかり・・・

3連休初日と言う事で 通常より早い出発です。
都内から出る時 多少渋滞もしていましたが
思ってたほどの渋滞はなく 最初の休憩場所『高坂』へ
関西の私には 今 どこ走っているのなら さっぱり???

11時前に 群馬県水上温泉の上流ラフティング場所へ到着。

別の場所に更衣室もあったのですが 
着替えてまた荷物をバスに戻しにこなくてはいけないと言う事で
おばちゃまご一行 カーテン閉めてバスの中で水着に着替えました。 

ラフティングにはヘルメット、ライフジャケット、ウェットスーツ、
スニーカーは無料で貸出してくれました。

分厚くてやや大きめのウェットスーツ 脱ぎ着はしやすかったです。 

20130914-02.jpg

↑ お二人様 あれれ 前と後ろ 逆じゃん!!
ウェットスーツは ファスナーが後ろですよ~~~
慌てて脱ぎ始めるふたりです。

濡れてもいいような移動用のパスにのり ラフティング出発地点まで移動します。
何処かの 道の駅あたりで降ろされ 川へ降りました。

出発前 指導者の方からセープティートークがあり
安全性やリスクについて説明 その後パドルをもって漕ぎ方の練習。

集合記念写真を写した後 グループごとに出発していきます。
私達は私達だけで グループを作成する事ができました。

下の写真は ツアー会社の方が撮影したCDの写真です。
(一部は仲間が写したものもあり)
ラフティングの雰囲気だけあじわって下さいね~

20130914-03.jpg

利根川 上流から下流へ約4キロ下りました。
4.5.6月は 雪解け水で水かさも高くもっと楽しめるそうです。

今回は やや水かさは少ない状況でしたが 
初心者の私達にはちょうどよかったのかもしれません。

段差のある場所では 一斉にボートの中に座りこみます。

漕げ~って言われても バラバラなのに・・・
座れ~って言われると 必死に座りこむ・・・
そのタイミングがばっちり揃っていておかしいぐらいでした。

20130914-04.jpg

途中で 川に飛び込んで泳いでみたり
岩の上から飛び込んでみたり (7m 5m 3m)
私達仲間は 5人が挑戦です。 私は5mから飛び込みました。

こういう遊びも 水流が少ないから出来たのかもしません。

夏場とはいえ 川の水は とっても冷たいでした。
ウェットスーツが無ければ とても泳ぎ続けることは難しいかも…

とっても楽しいラフティングタイムでした。
もっともっとラフティングやり続けていたかったです。

今回のラフティングは そんなに体力を使うことはなく
遊園地のアトラクション見たいなものでした。

この水上はとっても有名なラフティングの場所なんだそうです。

ラフティングの後は ランチタイムです。
ツアー会社が用意したのは材料だけ 各時自分達で調理して食べます。
 
一人1500円UPでバーベキューランチに変更可能でしたが
私達グループは スパランチです。

麺をゆで 野菜を刻み 即席の調味料で味付けしました。
私は 場所取り専門で なーんにもお手伝いしていないけれど・・・

手際のよい主婦軍団 あっと言う間に完成です。
みなさんチームワークがいい。

写真は2種類ですが もう一品 たらこスパもありました。
ラフティングを楽しんだ後 みなさん完食でした。

家庭科の調理実習みたいで 
この調理方法も とっても楽しかったです。

20130914-05_20130916152642293.jpg

食事の後は 水上温泉の温泉施設へ行きました。

露天もあり 風情もよく 約1時間入浴する事ができました。

20130914-06.jpg

帰路のバス車内 周りの若い方々は 熟睡されています。

おばちゃま軍団 ・・・ ずっと おしゃべり 

私も 昨夜ホテルの枕があわず 睡眠不足のはずなのに…
2・3時間しか寝ていないわ~と言っている仲間もいたのに

ほんまに みなさん 元気やわ~~~

結局 往復とも車内で一睡もすることなく 新宿へ到着です。

私の夜行バスの時間まで 打ち上げ~~~

ノリが良くて なんでもチャレンジする 素敵な仲間に感謝・・・
お疲れさ~ん ・・・ 乾杯 ・・・

20130914-07.jpg

新宿23時発女性専用のバスにて大阪へ 2席だけの特別席 
テレビついてる~と言っても 乗車してすぐ熟睡体制へ

足元も広いし 座席としてはいいけれど 
皮張りのシートは クッションイマイチ・・・

9500円 移動時間とホテル代の節約と言う事で割り切ります。

20130914-08.jpg

15日が 同窓会参加の為 
どうしても 早めに大阪へ帰ってくる必要がありました。

15日朝 新幹線不通になっていたようで 夜行バスにして大正解でした。


来年は京都保津川でチャレンジしてみたいです。

写真をみた娘も 面白そう~~~私もやってみたいわ~って言ってます。


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆
21:21  |  ・関東  |  編集  |  Top↑

2013.09.14 (Sat)

初挑戦

今日は 激流下りの ラフティングに挑戦です。

おばちゃま軍団ご一行様 若い子達に交じって
群馬県 水上まで行きます。

今年夏 京都保津川で ラフティング~って考えていたのですが
実行する事ができませんでした。

来年まで お預けかな~って 思っていたら
関東のグループが ラフティング企画でお誘いしてくれました。

ラッキー~って事で 今回初挑戦です!!

新宿発なので 交通費と宿泊費 余分な費用もかかってしまったけれど 
チャンスがある時 乗らなきゃ…
次回があるかないかもわからないのだから。 

楽しんできま~す。 

今、高坂サービスエリアです。
少しこんでます。

bg09130914.jpg
(参考写真)




09:10  |  ・関東  |  編集  |  Top↑

2013.09.11 (Wed)

アメリカの常識

久しぶりのアメリカ行 2006年秋以来のアメリカ本土上陸です。

アメリカといえば チップ社会

タクシーやレストランでは当たり前ですが
ホテルでも

ドアマンがタクシーのドアを開けてくれたらチップ
荷物運んでもらったらチップ 
タクシーお願い~って言ったらチップ
タオル1枚届けて~って言ったらチップ

色々な場面でチップを渡す必要があるわけですが
チップを 渡すって事になれていないから
あっ そうだ 渡さなきゃ…って 
ぎこちない渡し方になってしまいます。

さりげなく サンキュ~と手渡したいなぁ~と思ってはいます。

私は チップの必要な国に行くときには
チップの計算を記した早見表を 
エクセルで作成して財布に忍ばせていきます。

頭の計算にも 慣れていないもので…

レストラン等で カードを出すふりして
早見表で確認して きりのいい数字で 清算しています。

アメリカのチップ社会について 

異業種仲間の勉強会の時に
アメリカのホテルで 数年間お仕事をしていた方が言われた事が

日本人はアメリカで生活しているわけではないので
アメリカの文化や風習を知らない事は理解できるけれど
アメリカにいる間だけでも 
アメリカの最低限の常識を持って 滞在してほしい

と言われた事が心に残っています。

彼がお仕事していたのは ☆☆☆☆☆のホテル

5つ☆のホテルに宿泊される方であっても
余りにも非常識な方が多くて 同じ日本人として
恥ずかしい思いをしたことが多々あるそうです。

チップはよいサービスをしてくれた事へのお礼ではなく
チップは労働賃金の一部である事を認識していない方が多すぎ
チップは余分な出費ではなく労働者への手当だと言われました。

アメリカで チップを受け取る場所で働く方は
もともとお給料が低いので
チップはお給料の一部に組み込まれる仕組みです。

アメリカのホテルは税金は徴収するけれど
サービス料は徴収していないのだから 彼らにも喜んで支払ってほしいと。

じゃ~最初から10%でも15%でも 上乗せしてくれたら楽だし
取りはぐれがないのに…と思ってしまうのだが 
アメリカ社会の仕組みが 出来上がっていないらしい。

取りはぐれのないように・・で 思い出したのが

ハワイ旅行中に入ったあるレストランでは
請求書にチップを上乗せした金額が手書きされ
これだけは支払ってね…とまるで囲んであった事がありました。

その時には ちゃんと支払うわよ!! わかっているわよ!!と
内心 ムッとしたけれど 
書かないと取りはぐれる恐れのある客にみられたってことかな。

チップの習慣のない K国やC国の方に対しても 
そういう事しているのかしら気になりました。

あと お部屋にチップをおくかどうか・・・・
部屋のベッドメイクに対して(枕の下に置く)ピローチップ

これに関しては いろいろなサイトでも賛否両論あります。

今回はアメリカでの話ね。

全くおかないって方もいれば 
連泊ならおくけれど 一泊ならおかないとか・・・

私の場合は チップ社会のアメリカでは
ハワイ含めてすべておいてきました。

もともと宿泊費として支払っているし 
お部屋の清掃は
その宿泊費の中に組み込まれているものかもしれません。
  
お掃除する人は 毎回違うはずだから
チップおいても同じよ~って言われたりもします。

チップは 規則ではなく 
ありがとう~♪ の気持ち それでいいと思います。

先の5つ☆に勤務していた彼も 
ピローチップに関しては 
おいてあるのは半分程度じゃないかなと話していました。

お部屋のハウスキーパーの基本給は 
ウエイターの基本給よりかなり高く設定されているらしい。

だから 枕チップは必要ないという意見もあるらしいけれど
実際は 基本給の計算に チップの収入が組み込まれている以上
チップがいらないという事にはならないんだよね…との意見でした。

強制させられるものではないけれど 気は心。
気持ちよく お部屋使わせてもらったわ・・・ありがとう~♪
こんな感じかな。

ピローチップについては 本当に人によって言うことが違うので
あまり神経質になる必要はないのかもしれませんね。

その他のサービス提供には
その時 その時の 目安だけを知っておいて
気持ち のよいサービスを受けたら やや多めに支払ってあげる
その程度でいいですよね。


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆


23:45  |  ・ニューヨーク2013年秋  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT