23-モントリオール観光①

2014年10月02日23:00

荷物をお部屋にいれてしばし休憩した後
ダウンタウンへ観光に出かけます。

バス停へ向ったのは 14時40分過ぎでした。

アパートは 住宅地にありました。 周りに目印になるような建物もありません。
迷った時の 目印に 通りの看板だけ 写真におさめました。
ぺーさんとはぐれても一人で帰って来なきゃいけないからね。

ダウンタウン行きのバスは 211番
バス停についても どっちのバス停で 待てばよいのか全くわかりません。
たまたま バス停にいた 若い男性に 
ダウンタウン行きのバス停は ここで良いのか尋ねました。
OKだよ 後7分でパスは来るよ・・・って教えてくれました。

20140916-05.jpg

211番のパスに乗りました。
空港で購入してきた 1日乗り放題チケット(10C$)は 
こんな感じ ↓ 名詞と同じ大きさです。 

2014-0089.jpg

ところが パスは 一か所のバス停に立ち寄った後 
直ぐに 高速っぽい道路に入り込み ひたすら走り続けます。

えぇ~~~ ノンストップ 大丈夫なん? 

高速道路っぽい道 20分以上は走ったでしょうか・・・
やっと 一般道を走行して お客を乗せたり降ろしたり開始しました。
区間急行みたいなバスやね。

ペーさんが調べてくれた オレンジラインの地下鉄乗換口 
Lionel Groulx という所で 211番パスを降りました。 
約30分のバスの旅でした。

s20140916.jpg

地下鉄の入口では チケットをタッチするだけです。出る時はフリー 

モントリオールの地下鉄車内です。

20140916-06.jpg

同じオレンジラインのChamp Mars駅で降りました。

↓ まずは  モントリオール市庁舎 (City Hall / Hotel de Ville)
フランス語だと Hotel de Ville  ホテルちゃうよ~  
 
館内は 大理石の床や壁 金色のシャンデリアで飾られていました。
館内のガイドツアーがあるという事だったが
16時から 1時間かかるという事で 私達はパス。

おトイレをお借りして外にでました。

20140916-07.jpg

裁判所 ↓  ジャック・カルティエ広場 ネルソン像

20140916-08.jpg

レンタル自転車を見た瞬間 今日もこれで周る~?  ↑
使い方わからないし 車が多くて 車道走れないわ。 即却下。

モントリオールのマクドナルド   観光用 カレーシュ(馬車) 

20140916-09.jpg

モントリオール・・・
過去にオリンピックの開催地だったよな~程度の知名度です。
カナダで 2番目に大きい街なんだそうです。

フランス語を州の公用語として使用し 看板・標識も全てフランス語です。

フランス語と英語 両方話せないと
この街ではやっていけないのだろうね。

しかし 街中は イギリス風建物が多いんですけど~~

モントリオールに住む人々のモットーは
【ジョワ・ド・ヴィーヴル 人生楽しく ・・・】 
 
ジョワ・ド・ヴィーヴル  私も覚えておこう。


★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:

22-モントリオールへ移動

2014年10月02日18:00

9月16日 AC160便 7時発にて モントリオールへ飛びます。
約4時間の飛行です。 カルガリーとの時差も 2時間あります。

エアカナダのチェックインも慣れたもので
自動チェックイン機で そそくさとやってしまいます。
でも それが後に「あちゃ~」となったりもするわけです。

ゴールドメンバーの チェックインカウンターで
二人一緒にチェックインをすると 
ぺーさんのトランクにも プライオリティタグをつけてくれますが

自動チェックインすると 
ぺーさんのトランクには プライオリティタグ付けてくれません。
お友達の分も プライオリティタグを付けてねと言うと
貴方はダメだと拒否されました。

時には 私のトランクにもタグをつけてくれないので
カードを見せて指示します。 
すると エッ!! ~と言う顔をされました。
あなたは本当にゴールドか・・・そんな感じでした。(笑) 

こんな事があってからは そのあとは
ゴールドメンバー有人カウンターでチェックインする様にしました。

カルガリー空港出発前には
メープルリーフラウンジにて 朝食をしっかり戴きました。
国内線でも 国際線と変わらない 食材提供でした。

温かいパンに メイプルシロップ たっぷりつけていただきました。
・・・証拠写真  写真がとっていなかった ・・・

機内は 3-3 のシート 二人とも通路側に座りました。
ぺーさん 映画を見ることなく熟睡していました。
疲れたよね・・・私のおもりで(笑)

20140916-01.jpg

カナダ国内といっても 4時間の移動 ・・・ 広いねカナダ。
13時過ぎに モントリオールの 
ピエール・エリオット・トルドー国際空港に到着です。

その前に 1日乗り放題チケットを購入します。
#747のバスで  ダウンタウンへ行ける事は調べてありました。
でも #747には乗りません。

20140916-02.jpg

ロッカーに荷物を預けて 先にダウンタウンに行くのかと思いきや
ぺーさん 先にホテルへ行くという。

ここでも ホテルへ送迎をお願いをします。
着いたら電話してね 10分で迎えにいくからねと指示を受けていました。

モントリオールがあるケベック州 公用語がフランス語なんだわ。
空港施設表示も フランス語が先 後に英語表示となっています。
英語もわからないのに フランス語なんてわかるはずもなく・・・

電話かけるのも大変・・・(笑)  コインいくらなんだろう~
チャレンジ精神旺盛のぺーさん 物怖じすることなく
適当に コインいれて ダイヤルまわします。

ハロー マイネームイズ・・・
話し始めたら 電話 勝手に切れちゃった。

仕方ない。 ここは 373の虎の巻出番。
万が一 一人旅行になった時の事を考えて 
いろいろなパターンを作成保存してきたメモ帳虎の巻を 
スマホに表示します。

内容は ・・・
私のお手伝いをしてほしい。
このホテルにピックアップのお願いの電話をして
何処で待つのか・・待機の時間を聞いて
私に教えてほしい・・・ こんな感じかな。

それを 優しそうな 通りかかりの職員に見せます。
アハハハ と笑いながら OK~と ホテルへ電話をかけてくれました。

そして 電話を切った後 表に連れて行かれ
ここの場所で待っていると 10分後ホテルのお迎えが来るよと
親切に教えてくれました。

メルシーボークー  ありがとう~

椅子に座って待っていると ホテルの車が私達を迎えに来ました。
10分ほどで 今日の宿泊先に到着です。

今日のお宿は アパートメンツ ホテル
一度どんなものか試してみたかった。 (ぺーさん談)

20140916-04.jpg
(HPより拝借)

アパートに着くと 早々にチェックインする事ができました。
指定されたお部屋は 3階 ギョギョッ 
3階まで トランクを必死にあげました。

わぁ~ 広い キッチン・家具付きです。 一泊だけではもったいないわね。
明日の朝も 出発は早い 今夜も寝るだけだろうに・・・

20140916-03.jpg

観光後 パンを温めたり キッチンを使用させて戴きました。
食器も全て揃っていました。

コーヒーメーカーで お湯を沸かして 大失敗したのは私です。
オーブントースターと 電源コード間違えて
オーブンが熱~くなって その上にあったパックを焦がしてしまったり・・・
お湯は床にこぼれるわ~~~ しっちゃかめっちゃか。 

長期滞在される方が多いのでしょうね。
私達みたいに 1泊だけというのは 少ないのかもしれません。

でも こんな使い方もあると お勉強させてもらいました。
私にはまったく考えつかないアパート宿泊でした。

★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:

21-バンフからカルガリーホテル移動

2014年10月02日12:00

19時前に ホテルへ戻りました。

ツアー参加とはいえ ハイキングしたり結構歩いた後に 
例のサイクリングですから 足はクタクタパンパンです。

ホテルに預けていたトランクを引き取り バスの到着を待ちました。

メインの道路に面していた今回のホテル
バスは往復とも ホテルの真ん前に停車してくれました。

時間どうりに到着したバス
乗車すると もう~ほとんどの席は埋まっていましたが
なんとか 空席を見つけて座りました。
シートもゆったり 足元もゆったり快適です。

19時30分 バンフのバスセンターを出発し 
一路 カルガリー空港を目指します。

日没の為 外の景色は楽しめません。
二人とも ただただ 寝るだけでした。

目が覚めるとカルガリー市内に入っていました。
仲間のお嬢様が 住んでいるカルガリーです。
この街のどこかで 頑張っていらっしゃるのでしょう。

バンフから2時間かからずして カルガリー空港に到着です。

今回は往復とも
ロッキーの老舗のバス会社である
ブリュースター(Brewster)を利用させてもらいました。

ブリューバンフエアポートエクスプレス
カルガリー空港⇔バンフ 往復で料金 115.5C$でした。

20140915.jpg
(H・Pから拝借)

この後 ホテルへ移動します。

空港から 今夜のホテルへ送迎をお願いしますが
その場所がわからない。 空港係員に聞くと 
10番11番のマークの所へ行けの指示を受けました。

その場所へ行くと ホテルへの無料電話がありました。
15分程して 今夜の宿泊先のバスが到着しました。

今夜のホテル 
今回の旅行で 一番滞在時間が短いのに 
一泊の宿泊料金が一番高かったわね~と二人して大笑いです。

2台のクィーンベットに WiFi無料 電子レンジ付
おまけに 食べられないのに 朝食付きよ~w

翌日 ホテル出発 5時ですから ・・・ 朝食は無理です。
それでも ぺーさん 朝食は何時からですか? なんて聞いていました。
聞く意味不明なんだけど~(笑)

20140915-95.jpg

★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

20-時間許す限りバンフ満喫

2014年10月02日09:00

ツアーが終わった後は
公園の芝生の上で おやつを食べて まったり休憩です。

う~ん 気持ちいい~~~

20140915-91.jpg

カルガリーへの移動のバスは バンフ19時30分発 予約済。 
私達のホテルへのバス到着は 19時15分です。 

おやつを食べた後で お腹も満たされ元気回復しました。
時間はたっぷり 時間まで 何して過ごす? どうする~? 

芝生の上で横にでもなったら 絶対にそのまま熟睡してしまうだろう。

私が  ねぇ~ もう一回 自転車を借りて 先日行けなかった  
第三バーミリオン湖まで行ってみない? と言うと
ぺーさん いいよ~ 1時間コースにして行こう…

話が決まれば 先日のレンタサイクル屋さんへ 即移動です。

17時10分出発  Go~   行き方は大丈夫 !!  
先日 第一バーミリオン湖まで行っているからねぇ~
第三バーミリオン湖まで 距離にしたら片道5~6キロはありそう~

もう~スピードでこぎ続けます。 

先日 私が転げ落ちた場所で ぺーさん 再び思い出し笑いします。

第一バーミリオン湖と 第二バーミリオン湖の間は 結構近かったけれど
第二バーミリオン湖から  第三バーミリオン湖の間は 遠かった~。

まだ~  まだ 湖 見えないの~  
足が痛い~ 足つってる~よぉ~ ぺーさん 足さすりながらこいでます。
ねぇ~ ま~だ  まだ見えないの~~~  
二人とも 疲れも出て ぼやきます ぼやきます。
17時40分になったら 引き返すからね・・・ (自転車返却の為)

出発から25分 やっと見えてきました。 三っ目の湖。
二人とも ハーハー 息あがっています。

適当に 数枚だけ写真を写して 第二バーミリオン湖へ戻ります。

第二 第一とも 滞在時間 数秒 ・・・ 笑

今回は 絶対に時間までに戻るよ~~~ 意地だ。
遅れてなるものか・・・ 必死に こぎ続けます。
ぺーさん 足が痛そう。 もみもみしながら漕いでいます。

サイクリングを楽しむというより 
空いているロード上で 二人して競争しているみたいなもの。
負けてなるものか 前に行ったり 後ろについたり  
二人して 何やってんだか ・・・(笑) 

帰路 一番心配したのは踏切です。  
貨物列車でも通ろうものなら大変です。
停止させられたら 20分前後は 動けませんから・・・
タイムオーバーになってしまいます。

踏切も 無事にクリア  ホッ

18時10分 レンタサイクル店到着 返却完了
私達 時間までに返却できた達成感だけが残りました。(大笑)

でも 西日を浴びてのサイクリング 
ちょっと きつかったけれど 
それなりに 景色は楽しめたし サイクリングしてよかったです。

ぼーっと 無駄な時間を過ごすなんて 私達には似合わないもの。

20140915-92.jpg
20140915-93.jpg
20140915-94.jpg

帰ってから地図を確認したら 確かに 第二から第三は遠かったわ。

アハハ 行きあたりばったりの私達の行動 
でも いつも なんとかクリアし続けてきている。

2014091500.jpg




カレンダー


09月 | 2014年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================