44-最終日帰国

2014年10月08日23:00

カナダ滞在 最後の夜明けです。

昨夜も遅くまで おしゃべりしたり ネットして過ごしました。
アメリカ滝あたりに もやっている水蒸気も 今は見えません。

20140919-54.jpg

来る時にもお願いした ナイアガラバス 帰路も予約済です。
ホテルへのお迎え 8時30分前後になっていました。

エアバスは 私達以外のお客様も乗せて 空港へぶっ飛ばします。
お客も少なかったので、2時間かからずして到着しました。 

出発には だいぶ早かったのですが 空港施設ないを散策したり 
今回は珍しく お土産を購入したので
適当に良い時間になりました。

早めにチェックインを済ませ ターミナル移動しました。

ターミナル移動 結構 歩いたわ~ 
ご年配の方 フーフー言いながら歩いていましたが
本当に 空港施設内の移動って どこの空港も大変だわ。

搭乗口までの 距離がわかっていればいいけれど
歩いてはみたけど え~ まだ先なの? って方多いと思うわ。

20140919-51.jpg

私達も やっと 搭乗口近くへ到着です。

そこで 近くのメイプルリーフラウンジへ入ります。
今回 本当にお世話になったラウンジ 最後の食事です。
食事代 浮かせていただきました。(笑)

20140919-52.jpg

↑ 入った時は 朝食メニューでしたが 
その後 ランチメニューに 切り替わっていきました。
時間はたっぷりあります。
ゆっくり 人間ウォッティングしながら食べました。

↓ 本日の搭乗機  カナダ最後の記念撮影です。

20140919-53.jpg

約13時間の搭乗時間 
食事は 軽いもの含めて 3回

1回目は ほとんど手を付けず・・・

機内だから80度にしかならないお湯で食べるカップ麺
若干 芯が残っていたような気がするわ~~~
でも 私 全部食べちゃった・・・

ぺーさん 残していた。 
というか この頃 体調悪かったみたい。

最後は 来る時食べられなかった おかゆさん(笑) 

20140919-56.jpg

15時50分 定刻に 成田空港に着陸です。
無事に カナダ旅行終えて 日本に帰ってこれました。

早めに出てきた荷物を引き取り 
ぺーさんに別れを告げ JALの国内線ターミナル移動します。

本来のチケットは ANA便にて 
羽田空港から 伊丹へ帰るチケットがありますが
このチケットを 電話連絡の上 放棄しました。

羽田へ移動するのがしんどいので
成田 ⇒ 伊丹 のJAL便チケットを購入しておきました。

JALラウンジへ向かう途中にあるお店屋 
お出汁のいいにおいがしてきます。
去年の秋 ニューヨーク旅行の帰路も ここで おそばを食べたっけ。

やっぱ 寄ってこ~   おそばのたぬき食べました。
う~ん お出汁の色は濃いけど 
久しぶりの日本の味 美味しいです。

JALラウンジは 海外からお帰りの皆様で満席です。

18時30分発  搭乗口に行くと  ブーっ♪ 
その音を聞いて  ニヤッ   もしかして ・・・ もしかするw

係り員が出してくれた搭乗券 ファーストになっていました。
帰路便は 国際線機材利用です。  
アップグレードしてもらえたようです。  やったね・・・・☆

飛び立ち 平行飛行に入ったら 座席をフラットにして寝よう・・・
そう思っていましたが 目が覚めたら 伊丹空港でした。

ファーストの椅子を満喫することなく 
伊丹まで 座ったまんま 熟睡してしまいました。
うぅ~~~  どうせ 寝るのなら 横になりたかった~ 残念。

成田便 出てくるトランク 凄い数 
プライオリティタグのついているトランクだけでもすごい数
みなさん 海外からのお帰りなのでしょうね~。
出張組のおじ様達の団体もいました。

いつも以上に時間がかかり 
やっと出てきたトランクを 引き取り 帰路につきます。

待機時間が長かったパパタクシー 待ちくたびれてぼやいていました。
いつもありがとう。 本当に助かっています。

10日間のカナダ旅行 
ぺーさんとの 楽しい旅も 無事に終わりました。

**************

旅が 終わったという事は 
ふぅ~~~  私の旅ログも 終わったという事ね (笑)

読者の皆様もお疲れ様でした。

誤字脱字 内容の思い違い 多々あります。

二人で こんな旅してきはったんや~と  さら~っと読み流してくださいね。

とりあえず カナダ周遊の旅ログは 終了です。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

43-ナイアガラ観光二日目⑤

2014年10月08日18:00

アメリカ滝側を満喫したので アメリカから帰る事にします。

アメリカからの出国は ノーチェック 
入るときは厳しいけれど 帰るときは勝手に帰ってくれ!!

20140919-38-1.jpg

再び レインボー橋渡ります。 アメリカ入国税関建物  ↑
300m渡って カナダへ入国です。

カナダ側もノーチェック 素通りしました。

20140919-39.jpg

     橋の向こうは 先ほどまでいた アメリカです。 ↑

カナダに戻ってきた私達 どうする~?

テーブル・ロックの先まで行ってみたい。
グリーンバスの最終まで行ってみたいんだけど~と 私が言うと
OK~じゃ行ってみよう。即答してくれるぺーさん。

ウィーゴバス・グリーンに乗りました。
テーブル・ロックでみーんな降ります。
私達は そのまま乗車したまま ・・・ 
運転手さん けげんな顔つきしていましたが 無視w

次のバス停についた・・・降りない私達に運転手
このまま乗っているのかい ?
最終までいったら もう~戻ってくるバスはないよ・・・ みたいな話です。
えっ ・・・  そりゃ~ まずい 。 
私達 慌ててバスを降りましたわ。 
テーブル・ロックまで歩ける距離の今のうちに降りなきゃ・・・

無理やり降りた場所は テーブル・ロックの先にある 
↓ 古い火力発電所の建物の前でした。

20140919-40.jpg

↓ 川には 難破船・・・ 相当錆びついています。

前回着た時 案内をお願いしたガイドさんが 
話してくれた記憶が 色々と思い出されました。

この難破船  100年近く前からここにあるらしいのですが
これだけの激流の中で 船が流されずに ずっとそこにある・・・
ってことは この船 固定されているという話です。
その時に タルに入って滝つぼダイビングした方の話も
おもしろおかしくしてくれました。

ここの滝は 人工的に作られているということ。
地形の関係で カナダ滝のほうに流れる水のほうが圧倒的に多いので
それを上流の水門によって調節しています。
浸食を防ぐために 夜には日中の半分にまで水量を減らしているらしいです。

だから  世界三大瀑布の中で 
なぜか ナイアガラだけが 世界遺産に登録されていない。

人の手を加えていたとしても 素晴らしい滝である事には間違いないし
浸食を防ぐ事が出来るのであれば 世界遺産にならなくてもOKですよね。

20140919-41.jpg

確かに 今歩いてきた川の周辺は 
人工な 堰ダムが あちこちに作られていました。 ↓

20140919-42.jpg

↑ 枝が下に向いて伸びていた けったいな木。
可愛そうに・・ ・幹には 落書きのあと。 
日本語もあったよ。  恥ずかしい落書きするな!!  (激怒)

てくてく歩いて テーブル・ロックまで歩き
そこから バスに乗って 繁華街のクリフトン・ヒルへ行き 
カナダ最後の晩餐w 夕食を食べて帰りました。

写真を写していないと 何食べたんだっけ? 状態です。

↓ 今回 宿泊したホテル  お値段の割には大満足です。

20140919-43.jpg

お部屋で ゴロゴロしていたら 
ド ・ ドーン バン・バン・バン ・・・  花火だ !!

えっ 花火 やっているやん。 ベットから飛び起きましたわ。 

二人とも 部屋の窓に張り付いて 花火見学です。

方向からしたらアメリカ滝 あたりであがっているようです。

20140919-44.jpg

滞在している金曜日には 花火がある事は 調べていたのですが
なぜか・・・私の下調べ旅メモには 
19日(金) 花火 ×  9月上旬までと記されていました。
あぁ~残念 もう花火やっていないんだ~と 諦めていたので
まさか 今年初の生花火 カナダで見られるとは思いもしませんでした。

その後 明日の帰国に備えて 荷物の整理です。

旅の間 着ていた服やズボンなど 半分は捨ててきたのに
トランクなぜかパンパン・・・ おかしくない? 

カナダドル使い切る為に購入した 
4つ10C$のポップコーンが 場所とっています。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

42-ナイアガラ観光二日目④

2014年10月08日12:00

次にやってきたのは 風の洞窟ツアー
もっとも アメリカ滝の一部 ブライダルベール滝に
近づく事ができる 大人気のアトラクションです。

私もぺーさんも 今回のナイアガラ観光で 
一番楽しんだアトラクションでした。

12Uドル支払って サンダルをもらいます。
係りの方 瞬時にサンダルを出してくれます。
私はぴったり  ぺーさんはワンサイズ上に変更してもらいました。

ぺーさんと私のサンダル 比べてみます。
このサンダル 記念に 持って帰ってきました。
来年久米島行くとき 持って行くから見てねw

20140919-21.jpg

入り口で集合写真を撮られ(後で売られる) エレベーターに乗ります。
35m下の滝そばへ向かいました。

ここで 黄色いカッパを着込みます。
薄くてつるつる これが結構 着るのややこしいのよ・・・

私がなかなか着られないものだから ビデオ撮っていたぺーさん ↓

20140919-22.jpg
20140919-23.jpg
20140919-24.jpg

さすがに 滝まで最短の場所までは 怖くて行けませんでした。
風と滝のしぶきで 男性の方でも よろよろと手すりつかんで移動していました。

ここは 岩場の上に 歩道を作ってあります。
こんな場所に こんなアトラクション よく考えたものです。
設置する時は 大変だったでしょうね~。

時間制限がないので 行ったり来たり 何回もチャレンジできますが
さすがの私たちも これ以上濡れるのが怖くて戻りました。

びしょびしよで戻ってきた二人 

20140919-26.jpg

ぺーさん まくっていたズボンが下に降りてしまい 両膝から下 ずぶ濡れ。↑
↑ 前を歩くおじさんも ズボン濡れていましたわ。

↓ 上に戻って ぺーさん ズボンを絞ります。
この日は お天気もよく さほど風もなかったので 助かりました。
お天気わるけりゃ 悲惨な状況に 陥るかもしれません。
水も冷たいので 足元から風邪ひきそう・・・

ぺーさん 綺麗にカッパをたたんで持って帰るそうです。
赤・青・黄 3色の巨大カッパ お土産になりました。

関東地方で ナイアガラのロゴ入りのカッパ着て
自転車に乗っている方がいたら それはぺーさんかもしれません。
試しに 『ぺーさんですか?』 って声をかけてみてくださいね~(笑)

20140919-34.jpg

     充電中の電気自動車  勝手に乗ってみた。  ↑

ナイアガラ・シー・ニック・トローリーに乗って島を一周してみます。
近くに チケット売り場がなく 最初は 無賃乗車しました。

1区間だけだったので 運転手 仕方ないな・・ って感じで
運転手は お金を受け取らないシステムのようでした。

20140919-35.jpg

適当に 降りてみた場所は 二つの島を橋でつないでいました。
(3つの島を繋ぐ スリーシスターズ諸島という場所だったようです。)
滝の上流部分 ここでも水の流れは迫力ある流れ方をしていました。

ここで 何か流せば カナダ滝に落ちていきます。
試しに 目立つもの流して 確めてみたいわ~

20140919-36.jpg

いたるところに 鳥の大集団  
川の流れの中に 足で 踏ん張っているようです。

20140919-36-1.jpg

再びバス停に戻り トローリーに再び乗ります。
再び 無賃乗車です。
しかし 今度は 次のチケットブースの前で降ろされ
チケットのない君たちは ここでチケットを買え!! と指示されました。

2U$出して一日乗り放題チケットを購入しました。

20140919-37.jpg

乗り放題~ このまま 一周してみよう。
このトローリーは  ゴート島を出て  レインボー橋より下流の 
ゴージ・ディスカバリー・センターに戻り 再び出発しました。

20140919-38.jpg

結局 2周乗って降りました。 

空には ひっきりなしに ヘリコプターが飛んでいます。
滝を上空から見る事ができるアトラクションです。
私達は 予算がなく 飛べませんでした。

★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

41-ナイアガラ観光二日目③

2014年10月08日09:00

アメリカ プロスペクト公園近くから滝を観ます。
私もこちらから見るのは初めての経験です。

いたるところに 虹が出ていています。 
荒々しさ満点なのがアメリカ滝 
滝壺も近くで見ることが出来るので 豪快でスケール満点!

20140919-11.jpg

↓ アメリカ滝

20140919-12.jpg

次に ルナ島と ゴート島に 歩いて向かいます。

20140919-13.jpg

橋の上は 鉄板でした。     下記の地図だと ⑤番のところです。 

20140919-14.jpg

看板に従って ルナ島へ向かいましたが
途中 閉鎖通行止めになっていて ルナ島へは 渡る事ができませんでした。
もしかしたら 違うルートがあったのかもしれません。

20140919-15.jpg

↑ 滝へ落ちる前の川にも大小いろいな滝があります。
日本なら この滝一つだけで 観光名所だよね~

↓ アメリカから見た スカイロン・タワー

20140919-16.jpg

テラピン・ポイント 
カナダ滝とアメリカ滝を分けるゴート島の先端にありました。

↓ カナダ滝を より身近に見る事が出来ました。 

20140919-17.jpg

流れる水の音もすごいです。  観光船 滝に近づきたくても流されています。 

20140919-18.jpg

↑ 滝壺には 結構大きい岩がごろごろしていました。

↓お天気最高~  しばし 椅子に座って ぼーっと過ごしました。 
飛行機雲をみながら 今回の旅を振り返ったり・・・

青い空   最高~~~  

20140919-19.jpg

ぺーさんと記念撮影。 
ぺーさんとの思い出写真も 毎年増えていくね。

20140919-20.jpg

鳩? と 遊ぶ ぺーさん。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

カレンダー


09月 | 2014年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================