ベトナムツアー三日目②

2014年12月05日12:02

ベトナムホーチミン市クチ県にある地下道を見学です。

ホーチミン行くなら 是非 行っておいでーと 勧められていました。

20141130-011.jpg

約2時間 ず~っと 地道を走ります。
外の景色を 楽しんでいましたが いつしか寝てしまっていました。
お腹いっぱいだし 道が悪く心地よい揺れですからね~

目が覚めると 田舎道走っていました。

20141130-012.jpg

クチトンネルは 南ベトナム民族解放戦線の有力な拠点
ここでの堅固な抵抗が ベトナムに勝利をもたらした要因の一つで
今では ベトナム解放勢力の 英雄的象徴とされているらしい。

入り口には 少女が銃を 手にしている写真があったり 
使用された鉄砲の見本が並べられていました。

20141130-013.jpg

お土産品も その関係のものばかり・・・
写真のような物買う方の気持ちが私には理解できません。

ベトナム戦争を語る上で欠かせない場所になっているクチトンネル
約20年の間に掘られた地下道は 全長約250キロにも及ぶらしい。

その一部が解放されていたり 
落とし穴や実際に使われていた武器を公開していました。

隠れ穴 ↓  枯葉で隠すと 全くわからなくなりました。

ツアー仲間が チャレンジしました。
肩を入れる為に 入るとき 出る時は 万歳するのだそうです。
チャレンジした仲間 
最後は 一人で出られず 引き揚げてもらっていました。 笑

20141130-014.jpg

保存されている落とし穴
落ちると とがった鉄棒で 釘ざしになるようにしてある。

あちこちにある地下道への出入り口 ・・・ 
全長250キロ ・・・ クワのみ 手作業で よくぞこんだけ掘ったものです。

20141130-015.jpg

空気穴 ・・・ 
米兵にみつかると この穴から サリンが入れられたそうです。

地雷に触れ動けなくなった米軍戦車もそのまま残されていました。
私も登ってみました。 

20141130-016.jpg

あちこちに設置されたお手製の武器 
針の先には もちろん 毒を塗っておきます。

       米兵にあわせて やや大き目に作った武器 ↓

20141130-017.jpg

村民たちは このトンネルの中に潜みながら 生活を続けていたそうで
そこには 学校や病院 市場もあり
弾丸 地雷などの武器や 軍服なども 全て製造していたそうです。
もちろん食料も自足自給で 村一丸となって 生活しながら戦っていたそうです。

20141130-018.jpg

地下で生活するうえで最も重要なもの 『空気』
米軍にわからないような空気孔があっちこっち設置されています。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

ベトナムツアー三日目①

2014年12月05日00:53

ベトナム滞在三日目  滞在も 今日一日です。

昨日と 似たような朝食を食べて 9時に出発です。

ツアー参加の皆さん どうして集合時間より 
相当 早い時間に 集まるのでしょう・・・不思議です。w

相当 治安が悪いのか ・・・
添乗員さん 今日は パスポートをフロントに預けてくださいという。 
ツアーに参加して パスポートを預けたのは初めてでした。

午前中は ホーチミン市内観光です。

最初は 統一会堂
南ベトナム政権時代の大統領官邸であり
同時にベトナム戦争終結のシンボル的場所です。

1975年4月終結しました。
私達の記憶にも残っているベトナム戦争です。

20141130-001.jpg

館内は 相当数の部屋があるらしく 
主な部屋をまわりつつ 添乗員の説明は 相当 熱が入っていました。 
南ベトナム大統領国内賓客応接室 や 内閣会議室

20141130-002.jpg

台湾から贈られた龍と鳳凰のカーペット 龍と鳳凰は 権力の象徴を表している。
足の指が なんたらと説明していたけれど この頃は 私は もうーしんど・・・

私の足では ずっと 立ち止まって 説明を聞くのには限度があります。
 
20141130-003.jpg

湿度も高く 汗タラタラ ・・・・  もう 説明を聞く体力なし。

同行者と一緒に 列を離れて 入り口で 待つことにしました。
皆さんが 出てくるまで 入り口前の椅子に座り おしゃべりしていました。

ここだけで 約1時間 ・・・  
出てきた皆さん あまりの暑さに クターッー(笑)

次は サイゴン大教会
19世紀末に建てられたレンガ造りの教会 
ホーチミン市のシンボル的存在らしい。

20141130-004.jpg

道路の向こうは 中央郵便局
一部工事中でしたが いつ完成するのか 誰にもわからないそうです。

20141130-005.jpg

郵便局や教会のまわりで カップルが記念撮影していました。
4組 見ました。  この日が 幸せの絶頂らしい。
添乗員言ってました。 ベトナムの女性は強いよ~って。

20141130-006.jpg

この後 初日夜にも来た ドンコイ通りで 自由行動のお買いもの~

20141130-007.jpg

みなさんのお買いものの量 はんぱない。
誰に配るんだろう~ ???

ランチタイムは ベトナム名物 『フォー』 を食べます。

20141130-008.jpg
20141130-009.jpg

午後からは フリータイム

私達は オプションの クチトンネル観光へ
ご年配のご婦人お一人様 前に行ったからと不参加でした。

パリも一人で行くほどの旅達者な方でした。
今回も一人参加で ひとりで自由きままに
旅を続けていると話されていました。

旅行に行ける 環境と健康 本当にありがたいね~


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

カレンダー


11月 | 2014年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================