ロシア旅行⑤サンクトペテルブルク観光

2015年04月25日22:00

再びバスに乗り 次の観光地 血の上の教会へ向かいます。

バス車内からながめるサンクトペテルブルクの街なみ 
思っていた以上にとっても綺麗でびっくり・・・ ゴミなんて落ちいていない。

高層の建物はありませんが 看板などがない分 すっきりしています。
街並みの高さが 横一線に揃っています。
宮殿より高い建物(23.5m)は 建ててはいけない規則だったからだそうです。

街中運河が 縦横に巡らされ
北のヴェネツィアとも称される程美しい街並みとも言われるらしく
運河沿いに見る景色も悪くありません。

(車窓)
page150416-012.jpg

↑ 明日行く予定のエルミタージュ美術館も ちらっと 見えました。

page150416-013.jpg

↓  ネヴァ河に立つ 灯台柱 ロストラの灯台柱  ↑建物は動物学博物館 
右真ん中の写真の 黒い帆船はレストランです。

page150416-014.jpg

(車窓)
page150416-015.jpg
page150416-016.jpg

血の上の救世主教会 ハリストス復活大聖堂  血の上の教会 
いろいろ呼び方はあるようです。

どうして 血の上の教会 という名前がついたか
農奴解放を行ったアレクサンドル2世が
1881年3月1日にこの場所で爆弾テロにより暗殺され
彼の死を弔う為に 彼の血が流れた場所に建てられたので
血の上の教会と名づけられたとの事でした。

page150416-017.jpg
page150416-018.jpg

ここは中に入る事が出来ました。
天井のドームからは ハリストスが見下ろしています。(笑)

page150416-019.jpg
page150416-020.jpg

先程とは違う方向から一枚・・・

page150416-021.jpg

写真を写していたら イヤホンガイドが聞こえなくなった~

大変だぁ~~~   


。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

ロシア旅行④サンクトペテルブルク観光

2015年04月25日17:30

ロシア第二の都市 サンクトペテルブルク 人口500万人
サンクトペテルブルグとは 
聖人ペテロ(聖ペテロはピョートル大帝の守護聖人)にちなんで
サンクト・ペテルブルグ(聖ペテロの町)と名づけられたらしい。

観光初日 9時30分出発です。
ツアーの場合皆さん 早め早めの集合の為 私達も早め早め・・・
2列目の席を陣取って観光開始です。

朝 散策した 凱旋門をグルーっとまわって行きます。
(車窓)
page150416-001.jpg

街中 目立つ看板や 広告塔は ほとんどありません。
その中で ソニーの企業看板 目立っていました。
(車窓)
page150416-002.jpg 

↑ どこの国でも ワンちゃんのお散歩ってあるのね~

イサク広場
広場の真ん中に ニコライ1世の像がありました。

お天気最高~~~☆

page150416-003.jpg 

イサク大聖堂 と アストリア・ホテル

page150416-004.jpg

↑ レーニンや日本の森元首相 ブッシュ元大統領が泊まったアストリア・ホテル 

↓ サンクトペテルブルクでお世話になったパス 
21名の参加だったので 一人で2席利用する事ができました。
旅行社のイヤホンガイド これがあると大変助かります。

page150416-005.jpg

↓ 宮殿だった施設を 補修して 
フォーシーズンズ・ホテル・ライオン・パレス・サンクトペテルブルク
(Four Seasons Hotel Lion Palace St. Petersburg) として営業しているらしい。

page150416-006.jpg

聖イサアク大聖堂は 街の中心にあるロシア正教会の大聖堂
ドームの高さは101.5m 聖イサーク寺院とも言われるらしい。
外から見ただけ 中には入れなかった。

page150416-007.jpg

広場にある素敵な建物は 公衆トイレだそうです。 有料との事でした。

page150416-008.jpg

デカブリスト広場へ歩きます。
木々は これから新芽が でてくるのでしょうね~

page150416-011.jpg

↑ チューリップの球根が 少しだけ芽が出てきていました。
もう少ししたら 綺麗な花でいっぱいの広場になるのでしょうね。
 
デカブリスト広場
デカブリストの乱の舞台となった広場で 
隣接する元老院にちなんでその名がついたそうです。

page150416-009.jpg

広場にある ピョートル1世(大帝)の騎馬像 青銅の騎士像
青銅の騎士像の台座の文字は 
ピョートル1世へ  エカテリーナ2世より  1782年
って書いてあるらしい。

page150416-010.jpg

同時期 私達の隣で観光していたのはC国のお客様です。
私達の現地ガイドさん 
C国のお客様大嫌いです!! ときつーい口調で話していました。
よほど痛い目にあったのか・・・?  笑

ここで 初めて ツアー仲間の男性に 
あなた達3人 職場の同僚ですか? と質問を受けました。

いいえ 違いますよ~~~  サークル仲間です。 
と返事しておきました。

旅の間 3人の関係を 何人に聞かれた事でしょう・・・


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

ロシア旅行③サンクトペテルブルク16日朝

2015年04月25日11:00

サンクトペテルブルク二日目 私は目ざまし音で6時半に起床
ベットの寝心地もよく 朝まで熟睡する事が出来ました。

相変わらず ぺーさんは 早起
身支度整えてから 再び ベットで横になっています。

7時に レストランへ向かいました。
同じ飛行機に乗っていた同じツアー会社の御一行様も同じホテルだったようです。
(この方達は 7日間コースでした)

食材も豊富で 朝からしっかり食べさせて戴きました。

cats150416-01.jpg

食後 ホテルまわり散策へ
部屋まで コートを取りに戻るのが 嫌でそのまま外に出ました。

サムッ ・・・ 寒すぎ ・・・ 

宿泊した ホリデイイン マスコフスキエ ヴァロータ

cats150416-02.jpg

ホテル売店にあった ロシアの民芸品マトリョーシカ ↑13個並んでいました。
5個ぐらい入っているのが 定番のようでした。

翌日 車内で見せられたビデオで 紹介されていたのですが
マトリョーシカは ロシアの定番お土産ですが 
ひとつひとつ手作りの為同じものがありません。
このロシアの人形 実は日本が発祥だと言われているそうです。

ロシア正教の布教のために日本に来ていた修道士が
箱根に避暑に来た時に 木製の玩具を本国に持ち帰り改造したのがルーツだそうです。
マトリョーシカが 注目されたのは
1900年のパリ万博で出展されたことがきっかけとの事で歴史は浅いです。

マトリョーシカの起源は 箱根の入れ子細工
入れ子細工は 木製の人形の胴体を上下ふたつに割ると
中から一回り小さな人形が出てきます。
それを割るとまた一回り小さな人形が出てくる

あれれ・・・ ほんまや~ マトリョーシカと同じ原理だわ。  
観光用のお土産マトリョーシカ  見ているだけで楽しくなりました。

↓ さーて 上着も着ずに飛びだした3人

丁度 通勤時間帯なのでしょう。
近くの駅からは 人がどんどん出てきます。

ホテルの近くにはスーパーマーケットがありました。
ぺーさん あーさんは お値段チェックに度々通っていました。

cats150416-04.jpg

↑ まだ 開店しないわね~ 覗きこむぺーさん・・・

写真真ん中は サンクトペテルブルグの凱旋門
空港から市街へ向かう大通り (モスクワ通り) にあり
サンクトペテルブルグに滞在している間 度々この凱旋門のあたりを通りました。

気温は0度近く 右に左に 走りまわる私達3人
白い息を吐きながら あっという間に 朝のお散歩は終了です。

風邪引くよ~~~ 

ホテルの中は  あったかいんだから~~~    ホッ。

。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

カレンダー


03月 | 2015年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================