2015年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.06.30 (Tue)

キーボード直せない・・・

自力修理は無理みたい。 諦めました。

今 どうやって変換していると思う?

キー真ん中にある 白いポチッ いちいちおしてるんだ~ (汗)

srcp1408003118.jpg

どうしてこんな事になったのかお話するわ。

昨夜 小腹が空いたので パソコンしながら 
大好きな白あんパンかぶりついたの。

その時 パンの上にのっていた
白ゴマが ポトンとキーボードの上に落ちたのね。
拾おうとしたらキーボードの隙間へどんどん入り込んでしまったのよ。

その後 キーボードをお掃除する隙間ブラシで
何回もごしごしやっていたら 中の部品にブラシがひっかかって
キーボードのスペースキーがポロッと破損したというわけ。

夜中につまみ食いしなきゃよかった・・・ 


★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:
22:06  |  ☆日々雑記2015年  |  編集  |  Top↑

2015.06.30 (Tue)

季節のお届け物

s-rcp140800311.jpg


全て美味しく戴きました。  

ありがとうございました。

016.gif
18:10  |  ☆日々雑記2015年  |  編集  |  Top↑

2015.06.30 (Tue)

こんなん募集していたよ~

天神さんの前を通ったら 
このような看板が立ててありました。
 
s-rcp14080031.jpg

天神祭 市民船乗船者募集 詳細

無料じゃん… 申込みしてみよう~と 
帰りがけ郵便局で 往復はがき購入してきました。

当るといいな~ 運だめし v(^^)v

陸渡御を終えて 
大川に繰り出す船渡御は 船団は二手に分かれる。 
下流側は 祭祀関係の船 (神様が乗った船) 
上流側は 協賛関係の船が中心に船渡御に参加します。

市民船[アクアライナー]での参加者は
上流側からの 船渡御参戦となるわけです。

花火は見づらいけれど クーラー効いているし 
船渡御の雰囲気を味わうには いいかも~

実は 私 この船渡御 過去数回参加してきましたが
今年は 久しぶりに乗船予定です。

船渡御に参加しながら 打ち上げ花火を見る事になります。
大川に繰り出される100隻の大船団と花火のコラボです。

花火のオープニングを飾るのは毎回決まっています。
天神様・菅原道真公にちなんで打ち上げられる
梅鉢形のオリジナル花火「紅梅」は
この花火大会でしかみられない花火です。  

でも 私  一発目のこの「紅梅」花火 
過去一度も見たことないですけど・・・(爆)

手元に 往復はがきが残っている方 応募してみたら
もしかしたら もしかしたら 当たるかもよ~~~


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
12:45  |  ☆日々雑記2015年  |  編集  |  Top↑

2015.06.30 (Tue)

やっちゃった・・・

キーボードを掃除中 ブラシが ひっかかってしまい
エイッと引っ張ったら 真ん中のスペースキー(変換・空白)が破損

まずい・・・ よりによって よく使うキーを壊すとは・・・

うぅぅぅ なんかいい方法ないかな~ ? 誰か教えて~ 

s43418.jpg

あぁ~ ガタガタして打ちにくいので 黒い部分はずしちゃいました。

トホホ・・・  どないしよう。  凹むわ。  

★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:こ

 
00:40  |  ☆日々雑記2015年  |  編集  |  Top↑

2015.06.29 (Mon)

沖縄・久米島⑪

久米島は 小さい島です。
観光するような特別な場所も たくさんある訳ではありません。

20150621-043.jpg

楽天球団が キャンプした久米島野球場↑  
島にはもったいないぐらいの立派な球場です。

レンタカー返却は15時の予定  現在 14時前
ランチしてから 空港へ戻ると丁度いい時間です。

この近くにある  やん小~(やんぐわ~)寄ってこう~
久米島で 一度は寄りたいと思っていた沖縄そばの店です。

やん小にたどり着いた時 店から女性が 直ぐに出てきて
何名ですか~? と聞かれました。

3名です・・・ 3名ならどうぞ~~~と 店に案内してもらえました。

20150621-044.jpg

私達が 席について 直ぐに 完売の札がかけられました。
えっ まだ14時 営業開始して 2時間しかたっていません。

完売・・・・ 私達 今日 最後のお客様だったのです。

4名でなくて 3名でよかったわ・・・とお店の方に言われました。
お店の位置 地図で確認したりして 少し迷ったけど 
いやぁ~  めちゃくちゃ ラッキーでした。

今日は 開店前から団体様がこられて 
のれんをかける時間もなかったのですよ~とおっしゃっていました。

そういえば 大きなのれんがないわ・・・
先日仲間が来た時には 
大きなのれんの写真だったのに この日は確かになかった。

営業時間以外は 店主が住まいとして利用しているらしく
座敷の席には 仏壇とかピアノとかおいてあった。

20150621-045.jpg

私達が入った直後訪問された↑二人組もお断り 
その後 常連のお兄さん お一人の方も 
もう麺がなくなったんだわ~また来てや~とお断りされていました。

本当に 私達 3玉で 麺切れだったようです。 

私が注文したのは 味噌もやし
旨味たっぷりの白味噌スープに  少し太めモチモチの麺
口コミにもあった もやしがうまい。

普段 スーパーで買うもやし プーンと緑豆の臭いがするのですが
生のもやしを食べて 美味しいと思ったのは初めてでした。

量多いね~残しそう・・・と思ったけれど  3人共にすんなり完食しちゃったわ。

20150621-046.jpg

いやぁ~ 私達 本当にラッキーだったねと 興奮冷めやらぬまま
ガソリンスタンドで ガソリンを入れて空港へ向かい
レンタカーを無事に 返却する事ができました。

レンタカー空港駐車場へ 鍵をつけたまま放置です。
都会では 考えられない返却方法ですね。

久米島空港出発口にあったオブジェ  右側 意味不明 何???

20150621-047.jpg

小さい島だけど 空港ターミナルは 結構立派です。
16時10分 同じ便で帰路に付くのは 5人の仲間です。

20150621-048.jpg

離発着時 カメラが使えるようになって 色々な写真がとれるようになりました。

今までは 平行飛行中しかカメラが使えなかったので
離島便で カメラが使えるのは 7・8分程度だったのです。

20150621-049.jpg

那覇の港には 2つの大型客船が 停泊しているのが見えました。

約30分の飛行で 那覇空港へ到着です。 

ラウンジで休憩後  東京。伊丹。岡山へ乗り継ぎます。

20150621-050.jpg

18時15分 伊丹行き定刻に離陸しました。

20150621-051.jpg

那覇空港 離陸後 ↑
Wi-Fiが 無料で使える機材だったのですが スマホさわっている間にスヤスヤ

20時過ぎ伊丹空港へ到着  パパタクシーで帰路につきました。

去年から計画していた久米島行
トラブルなく 事故なく 無事に終える事ができて ホッ。

グループ旅行 
大変じゃないと言えば嘘になるけれど 大勢の楽しさで帳消し。

楽しかった~ お誘いしてくれて ありがとう~ で全てが報われた。

さぁ~ 次は どこへ行きましょう。

来年のグループ旅行 とりあえず
とんび組の北海道旅行が決まっています。

*******************
今回の 旅メモ

飛行機チケットは 
JALの特典予約 20000マイル使用

関空⇒那覇⇒久米島⇒那覇⇒伊丹 4区間
有償で予約していた格安チケット料金は
55500円だったので 1マイル単価2.7円

宿泊料金 3泊 3480円+11400円= @ 14880円
☆6/19 
4980円-1500円(楽天プレミアム割引)= 3480円
☆6/20~6/22
18600円-1500円(楽天プレミアム割引) 
17100円×2泊= 34200円÷3(トリプル)  

レンタカー3日間 @ 3730円
10100円+1090円(ガソリン)= 11190円÷3

6/20 外海シュノーケルツアー 5500円
6/21 はての浜シュノーケルツアー 6000円 

2日間の夕食代金  約5000円

レンタカー鍵紛失 弁償代金 1080円
海に流れていったお金 10000円 

***********************
12:00  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2015.06.28 (Sun)

沖縄・久米島⑩

体調を崩していた仲間も元気になりました~☆

少しだけ観光しつつ 空港へ向かいます。

11時にホテルをチェックアウトして 
初日 大雨で観光できなかった 畳石へ立ち寄りました。

↓ バーデハウスのシーサー 

20150621-035.jpg

干潮時に現れる岩が 
五角形や六角形の亀の甲羅のようで亀甲岩とも言われるらしい。
その数は1000個以上もあり 2014年7月に 国の天然記念物に指定されたそうです。

五角形や六角形の形をした岩を敷き詰めたような不思議な海岸だった。
測って作られたようなきれいな形にビックリです。
自然の力って 本当に素晴らしい・・・

20150621-032.jpg
20150621-033.jpg

潮の引きたまりには 透明っぽい お魚がいっぱいいました。
網持ってきたら すくえそう・・・

↓ クリックで拡大します。

20150621-0341.jpg

数年前に完成した 久米島本島と奥武島を結ぶ橋を渡ります。 

20150621-036.jpg

久米島のお墓  沖縄のお墓は ひとつひとつが大きいです。

20150621-037.jpg

島の周遊道路242号線 道路も整備されています。

20150621-038.jpg

熱帯魚の家
見にくい看板を頼りに 本線から脇道へ入って行きます。

岩場の足元は悪いです。 とんがった溶岩っぽい岩ばかり・・・
足を滑らせて 血を流したのは私です。

20150621-039.jpg

↑ コバルトスズメ 潮がひいた岩場には いろんなお魚が残っていました。

残っているのは お魚だけではなく 岩場には大量のごみも残っていました。
↓ K国 C国から流れてきたようです。

20150621-040.jpg

海に向かって右の方にお魚が多い・・・という書き込みのとうり
右側の ある岩場には お魚がうようよ・・・ 
池で 鯉を育てている様な状況です。     

残っていたビスケットを砕いて放り込みます。 
一斉に 右に左に移動して ぱくつきます。 怖いぐらい・・・
人なれしているお魚たちのようです。

20150621-041.jpg

サトウキビ畑をぬけて進みます。

再び・・・いや 三たび 
赤嶺パイン園にたちより 生パインジュースをいただきました。

素朴なおじさん パインジャムを 一瓶一瓶大切に詰めていました。
一瓶350円安いね~  一日どのぐらい売れるのだう~。
仲間は 購入したけれど 私は 今回もお土産なし。(笑)

20150621-042.jpg

↑ 昨日仲間と来た ミーフガー 再び立ち寄りました。

浸食や風化によって2つの岩がまるで寄り添うように造形されたミーフガー
岩の割れ目から女性の象徴として例えられ
子宝に恵まれない女性が拝むと御利益があると言われている・・・との事。


★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:
23:58  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2015.06.28 (Sun)

沖縄・久米島⑨

最終日朝は ホテルの朝食をゆっくり お腹いっぱい食べて
その後は ホテル近くのイーフビーチへ散策にでました。

夜中雨が降った後だったので 湿度が高く 汗タラタラになりました。

ホテルの入り口 ↓

20150621-024.jpg

交通量もめちゃくちゃ少ないです。↑

3分もかからずして ビーチ入口へ到着です。

浜には ハマヒルガオがはびこっていました。

20150621-025.jpg

ハブクラゲ ??? 帰宅後 検索してみました。
ハブクラゲは 沖縄地方で猛毒ヘビの「ハブ」にたとえて
恐れられているクラゲらしく 刺された人が何人か死んでいるそうです。
普通のクラゲとは少しちがうようです。

浜は サンゴのかけらでいっぱいでした。

20150621-026.jpg

ホテルエントランス ↓
南国らしい植物が 植えられています。

20150621-027.jpg

ロビーに飾られていた シーサー
種類も多く 見ていても 飽きないね~ 

20150621-028.jpg
20150621-029.jpg
20150621-030.jpg
20150621-031.jpg

ホテルは バブルの全盛期に建てられたのでしょう。
やや劣化して古く感じましたが しっかりとメンテナンスはされていました。
お掃除はしっかりとされていたし 従業員の方の接客はよかったです。

今回は お部屋の写真を写すの忘れたわ。
私達のお部屋は ノースタワー6階  デラックスツインを トリプル使用しました。
3人 トランク広げても さほど狭く感じる事もなく利用する事ができました。

朝食付けて 一泊5700円でした。

★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:
20:51  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2015.06.27 (Sat)

沖縄・久米島⑧

14時過ぎ ホテル戻り シャワーを浴びて
空港へ行く予定の仲間の部屋に移動します。

ただ 空港へ走るのではなく 観光しつつ移動していきます。

仲間がまだ行っていないという 宇江城城跡へ車を走らせました。

遠くに 先程までいた はての浜が見えます。
車の鍵は あの一帯に落ちているはず・・・・笑

20150621-021.jpg

宇江城城跡の後 昨日飲んでおいしかったパイン園に立ち寄り
生パインジュースをいただきました。

その後は 私が まだ行っていない ミーフガーへ ↑↑
子宝のご利益の場所らしいです。 息子夫婦の為にお祈り~♪

その後は 裏道から空港へ向かいました。
しかし 島の道は 対向車も来ず 車走り放題~

信号機も あまり見なかったけど 
島内では 小学校の近くなど 7機設置されているらしいです。
(2012/1)

20150621-022.jpg

空港近くのレンタカー事務所に立ち寄りました。

鍵紛失の手続きを済ませて 予備の鍵を受けとりました。

鍵作成代金の請求は 10800円かと思いきや1080円
えっ 1080円でいいんですか!! 思わず聞き直しましたわ。

電子スマートキーでなくて本当に良かったわ~
島に スマートキーに対応してくれる店があるとは思えません。
営業補償代金とか過大に請求されなくて本当によかったです。

予備の鍵作成するまで 絶対にこの鍵なくなさない様にして下さいね~と
注意を受けて レンタカー事務所を後にしました。

仲間の車で 車を止めてある港まで移動します。

途中 雨が降ってきたと思ったら 雨足はどんどんきつくなりなりはじめました。
昨日と全く同じ・・・・スコールみたいなものでしょうか。

港の駐車場に到着しても 
自分のレンタカーに乗り換えるのも大変な状態でした。
出来るだけ 運転席に近い状態で停めてもらい 乗り移りました。

超~久しぶりの運転です。 それもレンタカー
まっ 40年近く乗っていると なんとかなるもんです。

仲間はそのままバーデハウスのお風呂に移動していきました。
何回も使える無料パス券  この日も使うんだってさ。

道路は あちこち 水たまり状態の中 
私は ワイパー全開状態の運転でホテルまで戻りました。

二日目の夕食は ホテルから10分程の距離にある 
地元で 人気の居酒屋 海坊主に集まりました。

島だからね~ 何処がいいとか選択するより 予約を入れる事が大変でした。

この日は12名の参加者でした。 
一人は体調が回復せず ホテルでお留守番。

素朴な居酒屋さん・・・ 注文聞いても のーんびり 

飲み物など 個別清算しやすいように 
6名 6名の ふたテーブルに別れて伝票を切ってもらいました。

これが また ややこしてのなんのって 
①のテーブルで注文したものを 私達の②のテーブルに置く。

②に置かれたものが 私達が注文したものなら
あら~もうきたわ。。。。と 先に食べちゃう。

①のテーブルでは 注文品がなかなかこないと苦情がでた。
店員が ① ②の区別を 把握していない状態だったのだ。

お隣に座っていた地元の青年団らしき若者たち
泡盛を ちまちま飲んで 注文品が遅いことなんて なーんも気にしていない。

オーダーをかけると 10分以内でテーブルに提供される事になれている私達は
まだ来ないの~~ まだ来ないの~~ の繰り返し
店員さんもパニクッてた。 私達のまだか~攻撃に大変だっただろうね。

ここは 久米島  ・・・ 
のーんびり 飲んで食べてよ~って言いたかったでしょうね (笑)

20150621-023.jpg

島の居酒屋さん 
ネットの書込みでも 一番最初に申し込みしたものが
2時間経ってから運ばれてきた~~~って書いてあったぐらいだから
基本 のーんびりしている 島気質なのでしょうね。

あわてない あわてない 待ってれば そのうち出てくるから・・・


★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:
22:13  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2015.06.27 (Sat)

沖縄・久米島⑦

約1時間の 沖合ポイントシュノーケルを終えて 再び浜へ戻ってきました。
11時30分 半日コースの方は 帰路につきます。
浜滞在  正味 2時間~ 

残ったメンバーは 
浜の散策をしたり シュノーケルしたり 自由に過ごしました。

ランチ・お弁当は 炎天下の中では 
腐る可能性があるとの事だったのでお断りして
持参した 簡単なおやつ程度で済ませました。

トイレのある浜の方へ みんなで歩いてみました。

20150621-011.jpg

ポツンと設置された はての浜名物のトイレ
時々台風で吹き飛ばされるらしい・・・

サラサラの砂  綺麗な海の水  
この時間 引き潮です。 どんどん海水が流れ引いていきます。
貯まった海水は 温水状態になっています。

20150621-012.jpg

トイレのある位置まで来ると 向こうは 遊泳禁止の外海側です。

サラサラの砂地 私の足跡を 直ぐに波が消し去ります。

今 こうやって写真見ていると もう一度行きたくなるわぁ~ 

20150621-013.jpg

パラソルの位置まで戻り小休止したのち 
13時30分の出発まで 再び シュノーケルです。

餌のお麩やソウセージをお腹に詰めていきます。 
引き潮の為 遠浅状態ですが 遊泳区域に岩場があり お魚いっぱい。

20150621-014.jpg
20150621-015.jpg
20150621-016.jpg
20150621-017.jpg

こんないっぱいのお魚見ることなく 先に帰ったメンバーお気の毒~

20150621-018.jpg

透明度は最高~

しかし 4時間の滞在なんて お魚おっかけていたら あっというま。
まだまだ もぐっていたかったけど これぐらいで 丁度よかったのかな~

暑さ対策が可能なら もう2時間ぐらいは 遊べそう・・・
パラソルに入っている時間なんて ちょっとしかなかったわ。
浜で ジャンプ写真を写すこともなく撤退

13時30分 浜に残っていたメンバー 全員船に戻ります。

20150621-019.jpg

船に戻って 

私さー  車の鍵は預かったんだけど 運転手がいないのよ~
私 免許証持ってきていないんだけど ・・・ と言いながら 
ズボン右ポケットをごそごそ  

あれれ 

あーーーーーーー ない ない ない ・・・

ここに入れておいたレンタカーの鍵がないよ~ 
荷物もひっくり返しますが バックの中にあるわけがありません。

ツアー代金やパラソル代金を支払った残りのお金10000円と一緒に
ジップロックにいれ 別の袋に入れて 安全ピンと紐で固定していたのに
袋のファスナーが開いたのか ジップロックの袋はなくなっていました。
残っていたのは お茶買った小銭だけ・・・ 

仲間は私が パラソル代金を支払ったのち 
右ポケットにしまうのを ちゃんと見届けていてくれて 
373ちゃん あの時 ちゃんとしまっていたわよ~と言ってくれましたが
ポケットには ジップロックの袋だけがありませんでした。 

たぶん 泳いでいる間に 何かしらの理由でファスナーが開き
鍵は海の中へ消えたのでしょう。
浜滞在中は 一回も 右ポケットを意識した事はありませんでしたので
どの時間帯に 紛失したのかは全くわかりません。

お金はいいけれど 車の鍵は手続きが面倒そう・・・
でも 海が相手では 探し様がない。 

諦めて 帰路につきました。

港に着いて ツアー会社の事務所で 電話をお借りして
レンタカー会社に電話を入れました。
空港近くのレンタカー会社に 鍵の予備はあるとの事でした。

仲間が空港に用事があるので 一緒に乗せて行ってくれる事になりました。

車はあっても 鍵も免許証もないので 車は港の駐車場に放置したまま
仲間と一緒にホテルへ戻りました。

ここのところ 毎回 旅先で
何かしらトラぶっているけど 今度は 鍵 紛失かい !!

帰りながら 思い出したのが  
あのレンタカー 普通の鍵だった 電子スマートキーではなかった事。

レンタカー借りた時 今時珍しい鍵だと思ったけれど
結果は 良かった。 良かった。

これで 鍵代に 何万も徴収される事はなさそうだ。

ちょっと 気分が楽になりました。 


★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:
14:47  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2015.06.27 (Sat)

沖縄・久米島⑥

久米島滞在二日目は 
メインイベント日 はての浜ツアーで出かけます。

総勢13名のはずが 当日朝 体調不良の為キャンセル1名出ました。
可愛そうだったけど 日陰も何もない浜へ 連れて行くわけにはいきません。

はての浜 ・・・
久米島の東 5kmの所に位置する 砂浜だけの無人島の島です。

はての浜は 基本3つの砂浜 からできています。
久米島に近い方から ”メーヌ浜” ”ナカノ浜” ”はての浜” となっています。

どこのツアー会社も  泊フィッシャリーナに移動して 出発します。

私達グループがお世話になったツアー会社 【久米島海洋レジャー】
本当に 当初から 良心的で 
当日のキャンセル料金も 徴収される事はありませんでした。 

また クーラーボックスお貸ししましょうか・・・とお声をかけていただき
氷もつけて無料で貸し出してくださいました。
おかげで 浜では つめたいお茶やお水を飲むことができました。

また 浜に着いてからの ツアー内容の変更
シュノーケルプランや時間変更などにも 快く対処していただけました。

9時過ぎに 他のお客様と一緒に出発しました。
久米島海洋レジャーの船は グラスボート付 でした。

浜への往路・復路ともに 船を停めて ニモちゃんや海亀の説明をして下さいました。
久米島海洋レジャーを利用して 無料で付いてくる特典でした。ラッキー

20150621-001.jpg

はての浜 上陸です。  透明の綺麗な水 サラサラの砂 
 
20150621-002.jpg

↑ ポツンと見えるのは 簡易のトイレです。 遠いな~~~
海では 自然放流~~~ w
 
20150621-003.jpg

とりあえずは 日よけのパラソルを借ります。 
パラソル2つに チェア4つを付けたら 8000円というので  高っ !!
おばちゃんの団体  チェア要らないわ パラソルだけでいいわ。
パラソル2つのみで4000円   ぼったくりもいいとこ・・・
でも 浜へ運んだり大変だものね。。。  季節商売だし仕方ないよね~
みんなで 割り勘~  

まずは 浜の近く かるーく シュノーケルで周遊してみます。
潮が満ちている時間帯なので 砂地が多く お魚のいる岩場が遠い。

お魚が 思うほどは いないぞーーーーー

20150621-004.jpg

10時30分 船に再集合して  
少し沖へ移動し ポイントシュノーケルツアーに出ます。

20150621-005.jpg

はての浜を 少し離れます。

ポイントで船を停めて 一斉にもぐります。

私は お麩持参 ・・・ 
手袋の中にしまったお麩 めがけてお魚が寄ってきます。 

20150621-006.jpg

↑ 私の前を お魚が泳いでいます。

20150621-007.jpg

↑ 彼女はダイビング歴25年なんですって~~~ 凄いね。

ポイントを移動すると お魚の種類も変わってきます。

水中眼鏡が 曇っちゃって ・・・ 困った。
何回も ツバつけてごしごしやるんだけど 綺麗にならなかった。
お魚が 見にくくなり 最後は 勘でシャッター押していたわ。

20150621-008.jpg
20150621-009.jpg

このポイントシュノーケルツアー料金は 
浜滞在料金に 1000円プラスでしたが 浜近くとは違うお魚にあえました。 
参加してよかった。

船から上がるとき 雨雲で空は真っ黒 ポタポタと雨が降り出しました。

でも はての浜の方は 日がさしています。 

20150621-010.jpg

あらら  ↑ 彼女 お目目つぶってるわ。

参加予定のなかったツアーに参加してお疲れかしら。

でも 一生懸命に お魚おっかけていたし 楽しそうだった。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
01:46  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2015.06.26 (Fri)

沖縄・久米島⑤

はての浜へ行く 渡し船 ツアー会社の選択ミス  
 
「はての浜」へは 船でしか行く事ができず 
渡し船専用ツアーに参加する事になります。
久米島には
はての浜へ行くツアーを 取り扱っているところは 数社あります。

一番遠い ”はての浜” へ行けるツアーは  何故かイーフスポーツクラブのみです。
後のツアーは全て 真ん中  ”ナカノ浜” と言われる島に 渡る事になります。

一番手前の ”メーヌ浜” は 
去年の台風で 浜がけずられ 消滅の危機なんだそうです。

最初は 参加者が個別に 好きなツアー会社を利用して 
はての浜で集合すればいいかなと考えていましたが
結局は みーんな 同じツアー会社を利用する事になりました。

ツアー会社 基本 どこも似たようなものなのですが
半日コースと 時間が決まっている一日コース 
復路の時間を自分で決められるフリープラン 

私の中では 半日(2時間)では ちょっと短い。
最初で最後のはての浜です。  現地に4時間程度は滞在したい。
出来れば 沖合にでるシュノーケルプランが付いている所という事で

私が希望したのは あるツアー会社の 
はての浜ツアー 復路便選べる1日コース ランチ・シュノーケルツアー付き!
なーんてのに申し込みしました。

ネットから申し込みして 後日 先方から電話がありました。
久米島に到着してから 再び この携帯番号へ電話してくれ~
こっちから 色々質問しても 一方的にしゃべって 携帯電話は切れました。

団体での利用だし 他の仲間にも説明したいので
いろいろ聞いておきたいことはたくさんあります。

指定された携帯電話へ電話を入れます。
呼び出しているけれど出ない ・・・ 
たまーに 繋がったと思っても 今運転中~とか言って度々きれた。

それじゃーと 仕事が終わった17時頃にかけると 今度は出ない。
着信履歴が残っているのだから かけなおしてくれてもよかろうに・・・
だんだん 私もイライラが増してきました。

申し込みしたツアー会社は ベテランの船頭さん お一人で営業のようです。
そのころから このおじさん 大丈夫かな~ 
いざという時 キャンセルの連絡とか取れるのかな・・・

仕方ない。 私がとった戦法
聞きたい事は 他のツアー会社に電話して ツアーの詳細情報を得ました。
ホテルのツアー会社などは 
受付の方が こちらの質問にも 的確に答えてくれました。

私の申し込みしたツアー会社 
正直 書込み情報も 良いも悪いも両極端です。

電話で予約した仲間の一人は
373ちゃん 電話したけど あのおじさん大丈夫かな~とラインしてきたぐらい。

出発一週間前には ネットや電話で 個々に申し込みしたメンバー達の
メンバー表を添えて 373グループだから 往路は一緒の船にしてね。
誰と誰は何時まで。 この方はシュノーケルツアー行くよ・・・と
詳細メールを送っても 先方からは確認の電話はこない。

まじ このおじさん大丈夫かな~と こちらから電話すると 
21日は 大潮で 午後から浜へのお迎えは出来ないので 
全員半日コースにしてくれと言いだした。 
(潮が引くと浜に船を付けられない)

えぇぇぇ~   今頃  そんな~ 
予約した時には 何もおっしゃらなかったではありませんか!!
イヤイヤ 数日前にならないとわからんから・・・とか言いだした。
他の業者もそうなんですか?
そうだ。。。という。
仕方ないですね。  潮の状態の話なら 無理強いはできません。

その後  団体なので 少し割り引いて欲しい旨お願いしてみました。
最初は渋っていたけれど 余所は10人で引いてくれるって言ったわと言うと
一人500円引いてくれることになりました。 

でも その後  他のメンバーが 違うツアー会社に聞くと 
その日は 15時位までは 大丈夫な日なんですけどね~~~との情報を得る。

うそーーーーー あの じじい 私に 嘘ついた???

今なら間に合う。 キャンセルできる。 キャンセルしてやる。

宿泊しているホテルにも 私の希望のプランがありましたが若干高かった。
でもこの際 ここでもいいかな~と電話すると 
6月は時間延長のフリープランは 催行していないとのことで断念。

新しいツアー会社 検索します。   
復路の便を 選択できるツアー会社が他にないか 必死に探しました。
半日コース・フリーコースに対応している渡し船会社・・・

そんな中 久米島海洋レジャーが対応していることがわかり
6月18日 電話してみました。

受付の女性 感じの良い方で テキパキと私の質問にも応えてくれます。
21日 この日のフリープラン対応できます。
潮の影響はないですよ~ 
どうしてお断りされたのでしょうね~ 団体でも入ったのでしょうかね・・・。

しかし 先にご予約された所 キャンセル料金の問題もありますから 
よーく考えて またお電話くださいね。

当社のツアーにして~というような 押し売りは一度もありませんでした。

この後も 数回 事務所に度々お電話しましたが 
いつも 気持ちよく電話する事ができました。

留守の時には ナンバーディスプレイにも対応されていたようで
会社に電話がかかって来た時には さすがに驚きました。 (冷汗かきましたw)

私が 当初の予約先をキャンセルして 
久米島海洋レジャーにお願いする決心をしたのは 6月19日朝。
ラインで 他の皆さんに説明して 一括でツアー先を変更する事にしました。

もう出発している仲間もいたのに 出発当日にまで 
バタバタと連絡を取り合う事になって本当に申し訳なかった。

当初の予約先のおじさんに キャンセルの電話をしました。
21日 復路14時の便を 催行していただけないので
半日コース含めて13名のキャンセルをお願いしたいというと 
雑音が入って そのまま 電話が切れた。

その後 数回 呼び出しても電話にはでない・・・ 
時間をおいては キャンセルの確認がとれるまで 
携帯へ電話をかけ続けました。

やっと 携帯に出たので 
先程キャンセルのお電話をした373です。
お電話が途中で切れたので もう一度確認のお電話をしました。
すると  あぁ~ わかったわかった・・・と言うと 電話はそのまま切れた。

最初の確認の電話を受けてから 最後の電話まで 気分の悪い対応だった。
かかってきたのは 予約を受けた確認電話の1回だけ 
後はこちらからかけては切れての繰り返し いつもあんな調子なんだろうか・・・

のちにわかったことなのだが 13名と思った373グループ
ここに申し込みしたのは 11名だったのだ。 
二人は東京のツアー会社経由で 違うはての浜のツアー会社だったらしい。
私もいい加減だったが 予約を受けた おじさん自身も 
373グループ人数の把握はしていなかったようだ。

とにかく キャンセル出来たので 
久米島海洋レジャーに正式に申込みの電話を入れました。
19日の時点 13名 3パターンでの申し込みに対処していただく事ができました。

その後 
20日 ツアー会社を通していた仲間二人分をキャンセル(もちろん無料)
21日 当日ツアー受付で 体調不良の仲間の分1名キャンセル(無料)

何回電話をかけても 気持ちのよい対応で 助かりました。
当初から 久米島海洋レジャーにお願いすればよかったんだよね。

ツアー会社選択する時 久米島海洋レジャーも下調べしたの
でも ホームページのブログが古かったので 商売やる気なしと判断しちゃったのよ。

ブログの更新はしてなくても 心のこもった対応をしていただきました。
 
私が 次に はての浜のツアーに行く機会があれば 
迷わず久米島海洋レジャーにお願いするわ。

当日 クーラーボックスも無料で貸し出ししてくださったわ。


★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:
23:57  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑

2015.06.26 (Fri)

沖縄・久米島④

手続きを済ませて 14時30分 外海ツアー出発です。 
私達グループの仲間は6人の参加者だったかな。

出発する時には 晴れ間が広がりました。
先程の 雨雲はどこ行ったの~  ???  

泊フィッシャリーナーから出発します。

20150620-31.jpg

船で10分ほど走行して 港の外に出たあたりで 船は停まりました。

20150620-32.jpg

お魚いるのですが  う・・・ん 微妙。
ちょっと期待外れでした。

パラオとかセブ島とついつい比較しちゃうからね。
ポイントが悪かったのかも・・・

20150620-34.jpg

新しく購入した防水デジカメ 
今回撮影した中で 【水中設定2】に あわせた分 ↓ ↓
丸く反射した 水泡みたいなものが 写っていて???
下の写真は まだ少ない方 何故 このようになってしまうのか ?

20150620-35.jpg

仲間が写したウミ亀です。 お写真お借りしました。
綺麗に撮れてるね~

20150620-36.jpg

この外海ツアー 時間も短く やや消化不良気味でした。

ホテルに戻った後は シャワーを浴びてすっきり・・・・

18時30分 14名の仲間が 全員集合~

ホテルの系列のお店で お食事交流会
クーポン利用で 最初の1杯はサービスでした。 ラッキー

各テーブルで好きな物をオーダーしまくりました。
島だからね~  
そんなに 目新しいメニューがあるわけではないけど
島らしいメニュー 食べまくりました。 

食べて 飲んで しゃべって お一人2400円にはびっくり。

20150620-28.jpg

6月20日 この日はみーさん 6☆歳のお誕生日でした。

実は 久米島行日程を決める時 
梅雨のあけた 27日前後にしよう~と言ったら
20日は私のお誕生日やねん 
一緒に過ごそうやぁ~との願いを聞き入れて 
6月20日 ・・・ 久米島イベント開催となりました。

一週間前に ホテルにお願いして用意して戴いたケーキ
ろうそくは 何本ご用意しますか ? 
60代は間違いないけれど 自信がありません。
えーっと 当日 お返事します。 

当日 ねぇ~ 今日で何歳になったの? 質問して確認 v(^^)v
ホテル到着後 
担当者にろうそくの手配をお願いしたというオチ付でした。

20150620-37.jpg

6☆歳 13名の仲間と一緒にお祝いできてよかったね~ ♪

かるーく 二次会 
和洋室 5.6人は泊まれるお部屋に 二人だけで宿泊のツアー組

この広ーい部屋に集まって 再びケーキをいただきました。
写真の ショートケーキは  彼女のお誕生日を覚えていた 
この部屋の主の サプライズ差し入れでした。

島で一店舗しかないケーキ屋さんで手配していたそうです。
そして おまけは ↓ 巣鴨の赤パンツ 

20150620-38.jpg

今度 私達と再会する時には 是非 赤パンで来てもらいましょう~♪


いつも私達を 楽しませてくれる 貴女
一度しかない 6☆歳の誕生日を
旅仲間と一緒に過ごすことができたのも何かの縁

6☆歳の この一年も 
日々の一瞬一瞬も また一生に一度です。
だから めいっぱい楽しみましょう。 

私は 貴方と出会えて 本当にラッキーでした。
これからも 限られた中ではあるけれど
一緒に楽しい時間を過ごしていきましょう。

65歳のお誕生日は 鹿児島・別宅でお祝いしましょう

でもね・・・・ 
歳を重ねたぶん 体力は 落ちてきていると思うのね。
まず 毎月の海外旅行は自粛しましょう・・・ (笑)

国内お出かけも 余裕のある スケジュールを組みましょうね。
病もちの 私からは 言われたくないだろうけれど
私も 私の家族も驚く 過密スケジュールだもん。

6☆歳の この一年 
すこーしだけ ペースを落として のんびり生きていきましょう。  


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
00:21  |  ・沖縄  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT