沖縄・久米島⑧

2015年06月27日22:13

14時過ぎ ホテル戻り シャワーを浴びて
空港へ行く予定の仲間の部屋に移動します。

ただ 空港へ走るのではなく 観光しつつ移動していきます。

仲間がまだ行っていないという 宇江城城跡へ車を走らせました。

遠くに 先程までいた はての浜が見えます。
車の鍵は あの一帯に落ちているはず・・・・笑

20150621-021.jpg

宇江城城跡の後 昨日飲んでおいしかったパイン園に立ち寄り
生パインジュースをいただきました。

その後は 私が まだ行っていない ミーフガーへ ↑↑
子宝のご利益の場所らしいです。 息子夫婦の為にお祈り~♪

その後は 裏道から空港へ向かいました。
しかし 島の道は 対向車も来ず 車走り放題~

信号機も あまり見なかったけど 
島内では 小学校の近くなど 7機設置されているらしいです。
(2012/1)

20150621-022.jpg

空港近くのレンタカー事務所に立ち寄りました。

鍵紛失の手続きを済ませて 予備の鍵を受けとりました。

鍵作成代金の請求は 10800円かと思いきや1080円
えっ 1080円でいいんですか!! 思わず聞き直しましたわ。

電子スマートキーでなくて本当に良かったわ~
島に スマートキーに対応してくれる店があるとは思えません。
営業補償代金とか過大に請求されなくて本当によかったです。

予備の鍵作成するまで 絶対にこの鍵なくなさない様にして下さいね~と
注意を受けて レンタカー事務所を後にしました。

仲間の車で 車を止めてある港まで移動します。

途中 雨が降ってきたと思ったら 雨足はどんどんきつくなりなりはじめました。
昨日と全く同じ・・・・スコールみたいなものでしょうか。

港の駐車場に到着しても 
自分のレンタカーに乗り換えるのも大変な状態でした。
出来るだけ 運転席に近い状態で停めてもらい 乗り移りました。

超~久しぶりの運転です。 それもレンタカー
まっ 40年近く乗っていると なんとかなるもんです。

仲間はそのままバーデハウスのお風呂に移動していきました。
何回も使える無料パス券  この日も使うんだってさ。

道路は あちこち 水たまり状態の中 
私は ワイパー全開状態の運転でホテルまで戻りました。

二日目の夕食は ホテルから10分程の距離にある 
地元で 人気の居酒屋 海坊主に集まりました。

島だからね~ 何処がいいとか選択するより 予約を入れる事が大変でした。

この日は12名の参加者でした。 
一人は体調が回復せず ホテルでお留守番。

素朴な居酒屋さん・・・ 注文聞いても のーんびり 

飲み物など 個別清算しやすいように 
6名 6名の ふたテーブルに別れて伝票を切ってもらいました。

これが また ややこしてのなんのって 
①のテーブルで注文したものを 私達の②のテーブルに置く。

②に置かれたものが 私達が注文したものなら
あら~もうきたわ。。。。と 先に食べちゃう。

①のテーブルでは 注文品がなかなかこないと苦情がでた。
店員が ① ②の区別を 把握していない状態だったのだ。

お隣に座っていた地元の青年団らしき若者たち
泡盛を ちまちま飲んで 注文品が遅いことなんて なーんも気にしていない。

オーダーをかけると 10分以内でテーブルに提供される事になれている私達は
まだ来ないの~~ まだ来ないの~~ の繰り返し
店員さんもパニクッてた。 私達のまだか~攻撃に大変だっただろうね。

ここは 久米島  ・・・ 
のーんびり 飲んで食べてよ~って言いたかったでしょうね (笑)

20150621-023.jpg

島の居酒屋さん 
ネットの書込みでも 一番最初に申し込みしたものが
2時間経ってから運ばれてきた~~~って書いてあったぐらいだから
基本 のーんびりしている 島気質なのでしょうね。

あわてない あわてない 待ってれば そのうち出てくるから・・・


★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:

沖縄・久米島⑦

2015年06月27日14:47

約1時間の 沖合ポイントシュノーケルを終えて 再び浜へ戻ってきました。
11時30分 半日コースの方は 帰路につきます。
浜滞在  正味 2時間~ 

残ったメンバーは 
浜の散策をしたり シュノーケルしたり 自由に過ごしました。

ランチ・お弁当は 炎天下の中では 
腐る可能性があるとの事だったのでお断りして
持参した 簡単なおやつ程度で済ませました。

トイレのある浜の方へ みんなで歩いてみました。

20150621-011.jpg

ポツンと設置された はての浜名物のトイレ
時々台風で吹き飛ばされるらしい・・・

サラサラの砂  綺麗な海の水  
この時間 引き潮です。 どんどん海水が流れ引いていきます。
貯まった海水は 温水状態になっています。

20150621-012.jpg

トイレのある位置まで来ると 向こうは 遊泳禁止の外海側です。

サラサラの砂地 私の足跡を 直ぐに波が消し去ります。

今 こうやって写真見ていると もう一度行きたくなるわぁ~ 

20150621-013.jpg

パラソルの位置まで戻り小休止したのち 
13時30分の出発まで 再び シュノーケルです。

餌のお麩やソウセージをお腹に詰めていきます。 
引き潮の為 遠浅状態ですが 遊泳区域に岩場があり お魚いっぱい。

20150621-014.jpg
20150621-015.jpg
20150621-016.jpg
20150621-017.jpg

こんないっぱいのお魚見ることなく 先に帰ったメンバーお気の毒~

20150621-018.jpg

透明度は最高~

しかし 4時間の滞在なんて お魚おっかけていたら あっというま。
まだまだ もぐっていたかったけど これぐらいで 丁度よかったのかな~

暑さ対策が可能なら もう2時間ぐらいは 遊べそう・・・
パラソルに入っている時間なんて ちょっとしかなかったわ。
浜で ジャンプ写真を写すこともなく撤退

13時30分 浜に残っていたメンバー 全員船に戻ります。

20150621-019.jpg

船に戻って 

私さー  車の鍵は預かったんだけど 運転手がいないのよ~
私 免許証持ってきていないんだけど ・・・ と言いながら 
ズボン右ポケットをごそごそ  

あれれ 

あーーーーーーー ない ない ない ・・・

ここに入れておいたレンタカーの鍵がないよ~ 
荷物もひっくり返しますが バックの中にあるわけがありません。

ツアー代金やパラソル代金を支払った残りのお金10000円と一緒に
ジップロックにいれ 別の袋に入れて 安全ピンと紐で固定していたのに
袋のファスナーが開いたのか ジップロックの袋はなくなっていました。
残っていたのは お茶買った小銭だけ・・・ 

仲間は私が パラソル代金を支払ったのち 
右ポケットにしまうのを ちゃんと見届けていてくれて 
373ちゃん あの時 ちゃんとしまっていたわよ~と言ってくれましたが
ポケットには ジップロックの袋だけがありませんでした。 

たぶん 泳いでいる間に 何かしらの理由でファスナーが開き
鍵は海の中へ消えたのでしょう。
浜滞在中は 一回も 右ポケットを意識した事はありませんでしたので
どの時間帯に 紛失したのかは全くわかりません。

お金はいいけれど 車の鍵は手続きが面倒そう・・・
でも 海が相手では 探し様がない。 

諦めて 帰路につきました。

港に着いて ツアー会社の事務所で 電話をお借りして
レンタカー会社に電話を入れました。
空港近くのレンタカー会社に 鍵の予備はあるとの事でした。

仲間が空港に用事があるので 一緒に乗せて行ってくれる事になりました。

車はあっても 鍵も免許証もないので 車は港の駐車場に放置したまま
仲間と一緒にホテルへ戻りました。

ここのところ 毎回 旅先で
何かしらトラぶっているけど 今度は 鍵 紛失かい !!

帰りながら 思い出したのが  
あのレンタカー 普通の鍵だった 電子スマートキーではなかった事。

レンタカー借りた時 今時珍しい鍵だと思ったけれど
結果は 良かった。 良かった。

これで 鍵代に 何万も徴収される事はなさそうだ。

ちょっと 気分が楽になりました。 


★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:

沖縄・久米島⑥

2015年06月27日01:46

久米島滞在二日目は 
メインイベント日 はての浜ツアーで出かけます。

総勢13名のはずが 当日朝 体調不良の為キャンセル1名出ました。
可愛そうだったけど 日陰も何もない浜へ 連れて行くわけにはいきません。

はての浜 ・・・
久米島の東 5kmの所に位置する 砂浜だけの無人島の島です。

はての浜は 基本3つの砂浜 からできています。
久米島に近い方から ”メーヌ浜” ”ナカノ浜” ”はての浜” となっています。

どこのツアー会社も  泊フィッシャリーナに移動して 出発します。

私達グループがお世話になったツアー会社 【久米島海洋レジャー】
本当に 当初から 良心的で 
当日のキャンセル料金も 徴収される事はありませんでした。 

また クーラーボックスお貸ししましょうか・・・とお声をかけていただき
氷もつけて無料で貸し出してくださいました。
おかげで 浜では つめたいお茶やお水を飲むことができました。

また 浜に着いてからの ツアー内容の変更
シュノーケルプランや時間変更などにも 快く対処していただけました。

9時過ぎに 他のお客様と一緒に出発しました。
久米島海洋レジャーの船は グラスボート付 でした。

浜への往路・復路ともに 船を停めて ニモちゃんや海亀の説明をして下さいました。
久米島海洋レジャーを利用して 無料で付いてくる特典でした。ラッキー

20150621-001.jpg

はての浜 上陸です。  透明の綺麗な水 サラサラの砂 
 
20150621-002.jpg

↑ ポツンと見えるのは 簡易のトイレです。 遠いな~~~
海では 自然放流~~~ w
 
20150621-003.jpg

とりあえずは 日よけのパラソルを借ります。 
パラソル2つに チェア4つを付けたら 8000円というので  高っ !!
おばちゃんの団体  チェア要らないわ パラソルだけでいいわ。
パラソル2つのみで4000円   ぼったくりもいいとこ・・・
でも 浜へ運んだり大変だものね。。。  季節商売だし仕方ないよね~
みんなで 割り勘~  

まずは 浜の近く かるーく シュノーケルで周遊してみます。
潮が満ちている時間帯なので 砂地が多く お魚のいる岩場が遠い。

お魚が 思うほどは いないぞーーーーー

20150621-004.jpg

10時30分 船に再集合して  
少し沖へ移動し ポイントシュノーケルツアーに出ます。

20150621-005.jpg

はての浜を 少し離れます。

ポイントで船を停めて 一斉にもぐります。

私は お麩持参 ・・・ 
手袋の中にしまったお麩 めがけてお魚が寄ってきます。 

20150621-006.jpg

↑ 私の前を お魚が泳いでいます。

20150621-007.jpg

↑ 彼女はダイビング歴25年なんですって~~~ 凄いね。

ポイントを移動すると お魚の種類も変わってきます。

水中眼鏡が 曇っちゃって ・・・ 困った。
何回も ツバつけてごしごしやるんだけど 綺麗にならなかった。
お魚が 見にくくなり 最後は 勘でシャッター押していたわ。

20150621-008.jpg
20150621-009.jpg

このポイントシュノーケルツアー料金は 
浜滞在料金に 1000円プラスでしたが 浜近くとは違うお魚にあえました。 
参加してよかった。

船から上がるとき 雨雲で空は真っ黒 ポタポタと雨が降り出しました。

でも はての浜の方は 日がさしています。 

20150621-010.jpg

あらら  ↑ 彼女 お目目つぶってるわ。

参加予定のなかったツアーに参加してお疲れかしら。

でも 一生懸命に お魚おっかけていたし 楽しそうだった。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

カレンダー


05月 | 2015年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================