天神祭2015年

2015年07月26日23:06

昨夜は 数年ぶりに 天神祭の船渡御に参加してきました。

天神祭は 京都の祇園祭・東京の神田祭と並ぶ日本三大祭の一つです。
陸渡御の後 日没とともに 船渡御が行われます。

天神橋を出発して 毛馬橋の近くで ユータウンする事になります。

tenjinmap.jpg

日本一長い天神橋商店街 この日は人で大渋滞です。

page150725-01.jpg

天神橋のたもとでは 陸渡御を終えた氏子たちが船渡御の準備中
乗船したら先に 仕出し弁当をいただきます。 (今年は阪急さん)

page150725-02.jpg

日中はピーカンのお天気で気温も上がりましたが
日が落ちると 心地よい風が吹き抜け
18時半過ぎから 船団が順次出発し始めていきます。

page150725-03.jpg

川沿いや 橋の上には 多くの見物客が船渡御の様子を見ています。

page150725-04.jpg

これから大川では 約100隻の大船団のかがり火
頭上では花火の大輪が上がり続けます。

天神祭のフィナーレを飾る花火 今年は約5000発の花火が
大川両岸の2カ所から打ち上げられました。

オープニングを飾るのは 梅の形に広がる紅梅花火
大阪天満宮の象徴・紅梅をモチーフにしたオリジナル花火です。

page150725-08.jpg

今回は 私達の到着を待っていたかの様に
私達の船の真横であがり始めました。

打ち上げ花火のクズや火のこが
船上のテーブルの上に ポタポタと落ちてきてみなさんびっくり!!

page150725-05.jpg

実は 大川が曲線に流れている為に
この後 船渡御参列していると船は移動するので 
花火は見えたり見えなかったりします。

その間は はなし家さんの話を聞きつつ 
行き交う船と交流を深めます。

page150725-06.jpg

天神祭の花火は あまり上空まで 打ち上げられません。
だから 打ち上げ場所から離れてしまうと
ビルが邪魔で花火があまり見えないのです。

伊丹空港へ着陸する飛行機が上空を飛んで行きます。

page150725-09.jpg

フィナーレは 圧巻のスターマイン
今年は 船が渋滞して進み具合が悪く 少し遠目での観賞となりました。

page150725-07.jpg

↑ 今回の船渡御乗船券 一番高額だったのは 
帝国ホテルの船 70000円だったそうです。 もちろん宿泊は付いていません。
花火会場に近い川沿いの帝国ホテル 天神祭の夜の宿泊は大変です。
予約がないとホテルにも近づけませんから・・・。

↓ 飛行機・電車・船 そろいました。 大川にかかる橋の上は人・人・人・・・

page150725-10.jpg

天神祭の「船渡御」
船と船がすれ違うときに行うのが「大阪締め」と言われる手打ちです。

「打ーちまひょ」 パンパン
「もひとつせ」 パンパン
「祝(いお)うて三度」 パパン パン
「おめでとうございますー」 パチパチパチ…(拍手)

何回も 何回も 繰り返しながら前進していきます。
神様の乗った船4隻だけは 静かに頭を下げます。

通常 大きな船から小さい船に 大阪締めを指示します。

[広告 ] VPS


[広告 ] VPS

いつもなら 仕掛け花火で  クライマックスを迎えるのですが
今回はノロノロ走行で 仕掛け花火の時間に 間に合いませんでした。

page150725-11.jpg

今は 船渡御を終えた神様を 大型クレーンでつり上げます。
この後 天満宮へ宮入するので 沿道は人で埋まります。

page150725-12.jpg

出発地点の天神橋まで戻ってきました。  下船します。

↓ は簡易トイレです。 橋げたの狭い場所では 屋根が縮みます。
船上では 全て飲み放題~  安心して飲む事ができます。
私達はお世話にならずに済みました。

page150725-13.jpg

乗船代も年々値上がりしているけれど たまには船渡御参加も悪くないね。

★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:

09-クロアチア他4ヶ国周遊★二日目クロアチア・ドゥブロヴニク宿泊

2015年07月25日15:00

ドゥブロヴニクでのホテルは市街地ではありません。
ドゥブロヴニク郊外で 市街地まで 車で15分程度の場所でした。

ホテルは そこそこクラス(笑)

お部屋に荷物を置いたら 直ぐに夕食でした。

page15-07-13-20.jpg

↑ お部屋からの景色  私達のお部屋 日本で言う2階

この日はバイキング料理でした。 ビールは23Kn

page15-07-13-21.jpg

夕食の後は ホテル周り散策です。
食事している間に 夕日が落ちてしまいました。

page15-07-13-22.jpg

プライベートビーチ  
海の水がとっても綺麗なのでびっくりです。

page15-07-13-23.jpg

ホテル近くの道を進んで行ったら教会に出ました。
夜の墓地は さすがに気味が悪かったわw

page15-07-13-24.jpg

↓ 6時過ぎ 朝食前のお散歩です。

page15-07-13-25.jpg

海に入ってみるぺーさん

page15-07-13-28.jpg

人なれしている鳥・・・私達とお見合いしました。  ビーチは 玉砂利

この後 朝食をしっかり食べて 三日目の旅が始まります。

page15-07-13-27.jpg

出発前に 記念撮影 ・・・ ニコッ。

★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:

08-クロアチア他4ヶ国周遊★二日目モンテネグロからクロアチアへ入国

2015年07月25日12:00

モンテネグロ・コトルから クロアチア・ドゥブロブニクへ移動します。

当初は 陸地続きの移動予定でしたが 添乗員の判断で
途中 フェリーを利用して 時間の短縮を図る事になりました。 

途中 ティヴァト空港横を通りました。 
かわいい小型ジェットが 数機駐機しているのが見えました。

page15-07-13-16.jpg

コトル湾にそってフェリー乗り場を目指します。

道路脇のコトル湾では 多くの方々が海水浴中

page15-07-13-17.jpg

フェリー乗り場は 向かいの半島とピストン運航中
前のフェリーが全員降りたら 私達も乗り込みます。

page15-07-13-18.jpg

バスごと乗車して 約10分程度 ・・・ バスから降りる事はできません。
半島に着いたら 再び走り始めます。

コトル湾 行くとこ 行くとこ 海水浴中~
海の水 とっても澄んで きれいなんです。

page15-07-13-19.jpg

この後 おやすみタイムだったらしく写真がない。

★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:

07-クロアチア他4ヶ国周遊★二日目モンテネグロ・コトル散策

2015年07月24日18:00

シュコダルから約110キロ 
モンテネグロのコトルという街にやってきました。
(モンテネグロ=黒い山 という意味らしい)

コトル湾の静かな場所に位置している小さな街で
コトル港の周囲にある城壁は ヴェネツィアによって建設されたものだそうです。

コトルは コトルの自然と文化歴史地域として
1979年ユネスコの世界遺産に登録されています。

城壁の外には なぜかサメの模型 無い方がいいのに・・・

相当しっかりとした要塞並みの城壁で取り囲んで
4.5キロの城壁は ミニ万里の長城といわれています。

page15-07-13-01.jpg

↑ コトル湾には 大きな客船が停泊していて 
私達が到着したとたん ボッーと汽笛を鳴らして出航して行きました。
最近コトルは ドゥブロブニクと同じぐらいの人気の観光地になったそうです。

コトル湾は アドリブ海から奥に入り込んだ場所にあるのに
こんな大きな客船も入港できるんだ~とビックリしました。
コトル湾は「フィヨルド」ではなく「リアス式海岸」なんだそうです。

page15-07-13-02.jpg

:現地の案内人(女性)と一緒に城壁の中をまわり
簡単な説明を受けた後は自由散策です。

狭い路地を右に左に移動して行きます。

page15-07-13-03.jpg
page15-07-13-04.jpg
page15-07-13-05.jpg

↑ 横になった 太めの女性を写している 太めの女性 ・・・ Byわたし

↓ 聖ルカ教会

page15-07-13-06.jpg
page15-07-13-07.jpg

↑ 鳩をおっかけて遊ぶかわいい女の子。
どこの子も無邪気でかわいいね。

↓ 聖ニコラス教会聖堂

page15-07-13-08.jpg

ニャンコ大好きぺーさん しばし ニャンコと遊んでいました。
路地には 時々 こんな洗濯物が下げられていました。 ↓
人々の生活の場なので仕方がないですね。 
 
page15-07-13-09.jpg

裏山へ続く城壁の登り口を探してみましたが 
ここ・・・っていう場所へは たどり着けませんでした。

page15-07-13-10.jpg

↑ には 要塞の途中には教会もあります。 

               聖トリフォン大聖堂 ↓

page15-07-13-11.jpg

この後 ぺーさんと別行動して 私は海の方へ出てみました。

page15-07-13-12.jpg

↑ 羽根を持ったライオンはヴェネチアのライオンの紋章

この時間 大型客船の姿は もうありませんでした。

page15-07-13-13.jpg

↓ 旧市街裏の岩山には城壁が山の上まで続いています。
コトルの街の背後から攻められないよう 
険しい岩肌に城壁を造ったのだそうです。
地形を綿密に計算した上での防御施設だったのですね。 
昔の方って賢いね~(笑)

page15-07-13-14.jpg

上から見るコトルの街は すばらしく絶景とのこと。
半日ぐらい滞在できたら 
ぺーさんは間違いなく 裏山を 目指して登っていたでしょう。
私は ・・・ たぶん ・・・ 笑

page15-07-13-15.jpg

日本を出発して なが~~~~~い 一日

バスは 今夜の宿泊地 ドゥブロブニクへ向かいます。

016.gif

06-クロアチア他4ヶ国周遊★二日目アルバニアからモンテネグロへ入国

2015年07月24日12:00

アルバニアから国境を越えて 
今回二つ目の訪問国 モンテネグロへ入国します。

バスの車内 熟睡されている方が多い中
私は うとうとしつつも 車窓からの景色を楽しんでいました。

p15071351.jpg

羊さん ???

p15071352.jpg

↑ 国境 税関 
バスの運転手が先に 日本人の団体を乗車させていることを申告し
添乗員が 全員分のパスポートを提示しハンコもらいました。
(国の名前もない日付のみ)

ぺーさんのネクサス ちょうど国境で停止しています。 ↑

日によっては長時間かかるらしい国境手続きも
この日は審査終わるまで30分もかからなかったと思います。

本日 2か国目 ・・・ モンテネグロ共和国 足跡ペタッw

p15071353.jpg

アドリア海を左に見ながら北上して行きます。

p15071354.jpg

↑ ビーチには すごい数のパラソルが並んでいます。

ヨーロッパは この時期 夏のバケーション真っ盛り
ヨーロッパ全土 避暑地へ大移動の時期です。 
休暇は1か月~3か月 ・・・ 日本では考えられない休暇です。

夏季休暇5日間もらって 
5か国を駆け足周遊する私たちをどう思うだろうね。

p15071355.jpg

↑ ここのビーチもパラソルだらけです。

バスから眺める海岸線の景色 飽きる事はありませんでした。

002.gif

05-クロアチア他4ヶ国周遊★二日目シュコダル滞在

2015年07月23日23:00

約2時間でシュコダルの街に到着しました。
北アルバニアの古い街 シュコダル湖が近くにある国境街で人口約9万。

ランチ場所のホテルを確認後 食事時間まで自由散策です。

↓ 道路脇に設置されていた遊戯具  ランチ場所のホテル ↓ 
迷子になった時 戻って来れるように写しておく私w

150713-41.jpg

結構 こじゃれた通り・・・

150713-42.jpg

↓ シュコダルの教会

150713-43.jpg

↓ シュコダルのモスク 中に入らせて戴きました。

150713-44.jpg

↓ 路駐の車 ドアを閉めたら暑いのだろう。 ドアを開けている車が多い。

150713-45.jpg

↑ 大きな通りのロータリー付近 
来る時バスから見えたこのモスクへ走ります。↓
近そうで遠い・・・

150713-46.jpg

自転車に乗っている方も多いです。 
でも街中 現地の女性の姿はほとんど見かけません。

↓ 写真だけ写して撤退 時間切れです。

150713-47.jpg

帰りは公園を抜けていこう たぶん行けるはず ・・・ ぺーさん
行きと帰り 道を変えたいんだよね~ (笑)

150713-49.jpg

ぺーさんの勘 絶好調
公園抜けたら とっても綺麗な通りに出てきたわ。

150713-50.jpg

↑ マザーテレサの銅像    駆け足・・  かけあし 
時間までに 集合場所のホテルへ 戻って来れました。 ↑

ホテルのレストランで 今回の旅 初めての現地食です。
(ビールは 2ユーロ)

かぼちゃっぽいスープ? 
メインは お米と肉の炊き込み・・・カレーぽかったけどカレーではない。
味はけっこういけました。 私しっかり食べました。
ケーキは甘すぎ。 一口が限度でした。

今回の旅 ここのホテルのパンが 一番美味しかったです。
パンが出てくるたび 最初のホテルのパンが美味しかったね~~って
皆さん お話になっていました。

150713-51.jpg

食事の後は 再びバスに乗り込みます。
12時15分 ・・・ ここまで とってもスムーズにきています。

150713-52.jpg

国旗がいっぱい並んでいましたが さすがに日本の国旗はない(笑)
ちなみに アルバニアの国旗は ↓

20150712-111.png

シュコダルにあるシュコダル城(ロザファ城)
誰かの旅行記で見た時 行けたらいいなぁ~と思っていたけど
コースに シュコダル城(ロザファ城)はなかった。
走るルートが違ったのかな。 残念。

シュコダル もう二度と来ることはない街
ツアー参加だからこれた街でした。

002.gif

04-クロアチア他4ヶ国周遊★二日目ティラナ⇒シュコダル

2015年07月23日18:00

今回の旅は 総勢35名 
毎日繰り返されるであろう 
添乗員の点呼にも時間がかかるだろうなぁ~と思っていたら
今回の添乗員 さすがベテラン  点呼も手抜きの手法です。

私達35名は 4つのグループに分けられて 4つのグループ点呼です。 
私達は ピンクグループに指定されました。 二人参加の女性5組総勢10人です。

添乗員さんの 点呼しまーす・・・・の言葉に
ピンクはピンクで集まり  即 1・2・3・・・10人
私達 ・・・ ピンクOK~です。 
添乗員 ・・・ ピンク集まりました~
黄色 ・・・ 後 一人です。
添乗員 ・・・ 黄色 あと一人ね。 
黄色 ・・・ 集まりました~
添乗員 ・・・ 黄色OKね。
なーんて 繰り返して  あっという間に 4つのグループ点呼は終了

添乗員自身が 
Aさーん Bさーん Cさーん って 名前呼びまくった点呼は初日のみでした。
こんな点呼初めて 点呼の時間短縮 すっごくいいアイデアだと思いました。

4つのグループで 競争するわけじゃないけど 
点呼って言葉きくと 仲間に迷惑かけちゃいけないわと 
ピンク ピンク ・・・ 口で言いながら 集まるおばちゃんでした。

毎回の点呼 効率よく  あっというまに 終了する事ができました。

また 移動のバスの座席は 毎日 添乗員によって決められていました。

私とぺーさんは ピンク背番号は6  毎日 ピンク6の番号の列に座ります。
バス前部・中部・後部 ・・・ 毎日移動するように設定されていました。 
(添乗員さんも大変だわw)
座席3列(6人分)は フリー席となり 誰でも座る事が出来ます。

バス乗車初日は 左側真ん中あたりの席でした。

ティラナから シュコダルへ 約100キロ 
のどかな トウモロコシ畑などを見ながらバスは進んでいきました。
渋滞する事もなく 道路事情も大変よかったです。

道路わきでは あちこちで スイカが山積みにして売られていました。
なかなかシャッター押せなくて写真ないわ。

添乗員さん スイカ大好きなのよ~  
買える時は 1個買ってでも食べますよ~って。
本当にスイカ大好きみたいで 
ホテルでもスイカ・・スイカ・・って よく食べていました。

住居は 3階建てが多いのですが
2階3階は ドアも窓もないふきっさらしの自宅が多いのです。
いつか お金ができたら・・・ いつか 必要になった時 
工事すればいいわぁ~っていう考えなのだそうです。

(バス車窓)

150713-31.jpg
150713-32.jpg
150713-33.jpg
150713-34.jpg

シュコダルに入ると ビルの数も多くなりました。


016.gif

03-クロアチア他4ヶ国周遊★二日目アルバニア入国

2015年07月23日12:00

6時10分過ぎにラウンジを出て 搭乗ゲート204へ向かいました。

途中 日本の団体様に遭遇
あら まっ 同じツアーの方々 再集合しての説明中でした。

団体ってこういう事で 時間ロスするんだよね~。
個人旅行だと さぁーっと 搭乗口へ走っているのにね w

でも頼れる添乗員がいるって事は 心強いのでツアー参加の利点です。

20150712-21.jpg

ゲート前では 係り員がお客の間をまわり
私達は 待合室の椅子に座ったまま 
搭乗券チェックとパスポートチェックが行われました。

その後 6時45分 204ゲートから搭乗しました。
一応機内食が出ましたが ほとんど食べず…

20150712-22.jpg

トルコ・イスタンブールから約1時間40分
アルバニアの首都ティラナへ到着しました。

こじんまりした空港でしたが ターミナルまでバス移動でした。
入国も混雑することもなく簡単に終了し  
成田で預けた荷物も無事に手元に届きました。

アルバニアと言う国
私自身ツアーに組み込まれていなきゃ絶対に来ない国です。

添乗員いわく 成田・関西共に乗継の便が良いので
最近ティラナから北上するコースが出来たのだそうです。

アルバニアは欧州最貧国で 最近まで鎖国していた歴史から
欧州最後の秘境とか 欧州の北朝鮮とも言われているそうです。
ユーゴスラビアともソ連とも関係を絶ち民主化されていったそうです。

首都ティラナといっても さほど観光するような場所はないそうです。
こういう説明が聞けるのも 添乗員のいるツアー参加の利点ですね。

私達は 大型バスに乗り シュコダルという街へ移動します。
バスの運転手 クロアチア・ザグレブから お迎えに来てくれたそうで
一週間行動を共にします。

安全運転でお願いしま~~~す。

002.gif

02-クロアチア他4ヶ国周遊★二日目イスタンブール乗継

2015年07月22日23:15

TK0053便は 予定より早く4時10分 
トルコ・イスタンブール アタテュルク国際空港到着しました。

イスタンブールで TK1073便に乗り換えます。
TK1073便出発は7時25分 搭乗予定は6時25分

ツアーなので 人数チェックしたり お手洗いに行ったり
次の乗換チケットもらったりと 結構時間ロスします。

私達は再集合をパス 自由行動にさせてもらい
世界最大級とも言われる  
ターキッシュエアラインズのラウンジに潜入します。

でもね…
私がラウンジの場所をチェックミスしてしまい
全く逆へ歩いてしまい 相当時間ロスしてしまいました。
?の時点 最初からインフォメーションで聞けばよかった。 (謝)

次回の為にメモ(笑)  ターキッシュエアラインズのラウンジは
搭乗口220に近い方ね。

20150712-99.jpg

日本からイスタンブールを経由し 他の都市に乗り継ぐ場合や
イスタンブールから 日本への運行便に搭乗する場合
イスタンブールのアタテュルク国際空港にある
ターキッシュ エアラインズのラウンジを利用することができます。

ビジネスクラス以上 または スターアライアンスゴールドと
同等の資格のある方が利用できます。 

上下で2フロアあり  広さが約3000㎡あるらしく 中はとっても広かったです。
早朝の為 座席は 結構空いていました。

荷物ロッカーはスケルトン・・・ 自分の荷物がわかりやすい。
映画館らしきシネマ・ホール  キッズ・ルーム  ミニ・ゴルフ場
図書室兼ビリヤードコーナーまであり ゲーム機もおかれていました。

食事も種類も豊富そうでしたが 何しろ 私達時間がないのに
お顔洗ったり お化粧したりで 余計に時間がなくなった。
お化粧は 後回しにすればよかった~。

2015-07-12-01.jpg
2015-07-12-02.jpg

↑ とりあえず ミックスオムレツを焼いてもらい食べました。

ラウンジ滞在 1時間足らず…

もう少し ゆっくり 滞在してみたかった~。
5時間もあるのよ~と話していた方が 羨ましかったわ。

帰国時 もう一度入れると思うでしょ・・・
それが 帰りは ラウンジに立ち寄っている時間がないのです。

私の 数少ないラウンジ入室体験の中では 
スケールは 一番かも・・・

あぁぁぁ  デメル製のケーキ 食べたかったなぁ~ 
すごい種類のケーキが ホールで並んでいたのよね~
写真見て 未練タラタラ  ・・・  笑

トルコ料理もいっぱいあったらしいが もちろん食べていない。

002.gif

01-クロアチア他4ヶ国周遊★一日目出発~

2015年07月22日18:00

東京駅前から成田空港まで 超格安運賃200円でやってきました。
本当にありがたいキャンペーンでした。
20150712--001.jpg

渋滞もなくスムーズに走行出来た為 早めの成田空港着です。

ぺーさんも私も 自宅から送っておいたトランクを受け取り
荷物の整理をしたりして 時間調整をしました。

今回の旅ツアー参加です。 今年3回目のツアー…w

人気のコースらしく35名の参加でした。  
内訳は お二人様参加9組 お一人様参加17名

今回は ターキッシュエアラインズ利用です。
事前に 座席の指定は出来ません。
添乗員がまとめてのチェックインでした。

一応二人とも 通路側希望を伝えてありましたが
チケットもらうまでドキドキ…

私の場合 通路側でも 真ん中席の通路希望
違ったらカウンターで変更を申し出る予定でいましたが
もらった座席指定は51G  私の希望のお席でした。
ぺーさんも通路側 … 二人してホッ。

ビジネスクラスカウンターで トランクを預けます。
コンフォートクラスを 38000円弱で勧められましたが
丁重にお断りして そのままエコノミーです。

搭乗予定の ボーイング777-300ER型機
ターキッシュエアラインズのコンフォートクラスは
他社の航空会社のビジネスクラスに近い座席設定なので
ターキッシュのプレミアムエコノミークラスは 
とってもお勧めちゃ~お勧めです。
でも乗らない…私達。

プレミアムエコノミーと普通のエコノミークラス
JALのプレエコより ゆったりシートです。
20150712--002.jpg

今回のツアー仲間10組は
プレミアムエコノミー指定でのお申込みでした。
お値段70000円プラスだったそうです。
ビジネスクラスに近い座席だからとってもお得です。

搭乗時間まで 私達は ANAラウンジで過ごします。
シャワー室を使い お化粧を落としスッキリします。
20150712--003.jpg

その後は 軽食をいただきます。
おうどん…全部乗せ挑戦したかったけど天ぷら抜いた。(笑)

TK0053便 予定では 22時30分発になっていますが
ほぼ毎日22時前後には出発しています。 

この日もゲート21時30分集合 35分には搭乗開始となりました。 
でも なかなかドアが閉まらず 22時20分のプッシュバック(出発)でした。

20150712--004.jpg

機内は満席 エコノミーファーストなんて出来るスペースはなし。

機内では ぺーさんは ビデオ三昧  
私は ・・・ ZZZzzz  ・・・ 適当によく寝ていました。
苦痛に感じる事もなく イスタンブールに到着です。

お隣は 同ツアーに 横浜からご参加のご夫婦でした。


カレンダー


06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================