33-クロアチア他4ヶ国周遊★六日目ブレッド湖①

2015年08月04日23:00

ブレッドの街から 湖畔にあるボート乗り場へ移動します。
車窓の風景  ・・・ 

p150717-21.jpg
p150717-22.jpg

ブレッド島は スロベニアにあるゆいいつの島です。
ブレッド湖は スロベニアで一番の人気観光名所 となっています。
ブレッド湖は 東西約2120m 南北約1380m 周囲約6㎞という小さな湖。

p150717-23.jpg

私達は 湖畔から プレトナと呼ばれる小さな手漕ぎボートで 
湖に浮かんでいる 聖マリア教会へ向かいます。

↓ この方は 今回の旅行の間 
ずーっとスケッチブック持参  写真は撮られません。 
見たもの食べたもの全てを ささーっと瞬時に写生されます。 
添乗員がすすめたものは すぐに買って食べて写生したり
前日の宿泊地オパティアで 早朝 泳いでいた方でもあります。

ブレッド湖に浮かぶ 聖マリア教会を写生中 その様子を写す私。

p150717-24.jpg

↑ 私達のボートを漕いでくださる船頭さんとぺーさん
このプレトナの船頭さんは 世襲制でムリノ村出身の男性のみ
漕ぎ手となることが出来るのだそうです。

↓ 目指すは ・・・ 
ブレッド湖に浮かぶ ブレッド島 そこにある聖マリア教会 

p150717-25.jpg

私達は 18人ずつ 2つのボートに分かれて乗船しました。

p150717-26.jpg

手漕ぎボートは 2本の櫂で漕ぐ為
座席は 左右バランスよく座らされます。 
私達18人も乗せてると  とっても重たそう~  船頭さんも大変。 

泳いで島へ渡る方もいるようです。 水はけっこう冷たいのですよ~
島に たどり着くまでに 足がつっちゃいそうだわ。

p150717-27.jpg

湖の水は 透きとおっていて とっても綺麗です。 
元チトー大統領の別荘で 今はホテル・ヴィラ・ブレッド ↑
スロベニアで最も格式のあるホテルであり  昭和天皇も宿泊されたそうな。 ↑

手漕ぎボートは 環境保全の為に使われているのだそうで
透明度を保つため 湖では モーターボートの使用が禁止されています。

↓ 絶壁の上に建つ ブレッド城   
湖に浮かぶブレット島を 上から見られ写真に撮れるポイントらしい。
ここまで 行きたかったな~

p150717-28.jpg

聖マリア教会の鐘楼が近づいてきました。  一人のーんびり これ良いね。↑

p150717-29.jpg

ブレッド島到着です。

p150717-30.jpg

聖マリア教会へのこの階段は 約100段あります。 ↑

この島で 結婚式を挙げるカップルも 大変多いのだそうですが
お式を挙げる場合  新郎は花嫁を抱き上げて 
無言で この階段を上がる必要があるそうです。

新郎は 身体を鍛えて・・・ 
新婦は ダイエットして お式に臨む必要がありそうですね~~~

002.gif

32-クロアチア他4ヶ国周遊★六日目ブレッド

2015年08月04日18:00

ポストイナ鍾乳洞の観光の後は ブレッドへ向かいます。
約105キロの移動です。

p150717-01.jpg

約一時間半程かかり ブレッド湖畔の街に到着です。

p150717-02.jpg

↓ こちらのレストランで 遅めのランチです。

p150717-03.jpg

↓ レストランの天井  
クーラーがなくて 食事中も汗タラタラでした。
 
p150717-04.jpg

スープと魚料理でした。  
コーラの値段忘れました。 スロベニア 通貨はユーロです。

p150717-05.jpg

付け合せは ポテトに色々入ってた。 お魚 綺麗に食べたでしょ? 
他のメンバー 食べた後 クチャクチャでしたよ~ (笑)

14時半まで自由時間  私達は食後レストランを早々に飛び出します。

出発前には 必ず 時計をみます。
戻る時間 折り返しの時の参考にします。 避暑地でよく見かける風景です。↓
 
p150717-06.jpg

少し進むと遠くに教会が見えます。 とりあえずあそこまで行こう。 ↑

でも 歩きながらお花をみたり 倒れているリンゴの木の写真を写したり・・・

p150717-071.jpg

時に こんな果物を発見し 味見してみたり・・・(嘘だよ~) 

マンホールの写真を写したり 羊さんと遊んだり なかなか前に進めません。

p150717-08.jpg

時間ないよ ・・・ 急ごうよ!!

p150717-09.jpg

↑ ポストもかわいい。

p150717-10.jpg

やっと 聖マルティヌス教会前に到着です。 

駆け足で 写真写しまくりました~w

p150717-11.jpg

教会前 広場にあったもの。

p150717-12.jpg

教会の中は こんな感じ~

p150717-13.jpg

↓ 階段下から 聖マルティヌス教会を見上げた。 教会の入り口付近 ↓

p150717-14.jpg

さぁ~ 時間ないわ~ 戻るわよ~ 

写真を写しながら 戻る途中
同じツアーの方が 3人教会へ向かいました。 
えっ・・・ 今からと思ったので 
急いだ方がいいですよ~~~と 声かけしました。

p150717-15.jpg

足の長いぺーさんの後を  私は常に小走り状態で歩きます。 ↓

p150717-16.jpg

食事したレストランまで戻ってきました。 
バスが停まっている場所へ移動します。↓

p150717-17.jpg

木陰でひと休みのペーさん↑ オレンジの建物は ブレッドのバスターミナルです。↑

集合時間になりました。 人数点呼しますが 3人いません。

あの時間から 教会へ向かった3人です。 やはり遅刻でしたわ・・・w


002.gif

31-クロアチア他4ヶ国周遊★六日目ポストイナ鍾乳洞

2015年08月04日12:00

スロベニアにあるポストイナ鍾乳洞は ヨーロッパ最大の規模です。
ポストイナ鍾乳洞は 200万年間の間に徐々に侵食がすすんだ
ピウカ川の地下水流によって形成されたもので 
現在 鍾乳洞の最大深度は115mあるそうです。

スロベニアでも 人気のある観光スポットですが 世界遺産ではありません。
人の手が入りすぎている為 世界遺産登録が出来ないとのことです。
世界遺産に登録されているのは 同じスロベニアにあるシャコツイヤン鍾乳洞です。

でも 日本のツアーに組み込まれているのは 
シャコツイヤン鍾乳洞ではなく ポストイナ鍾乳洞の方がほとんどです。

page15717-11.jpg

私達は 10時のツアーに入ります。 (所用時間は90分) 
日本語のイヤホンガイドを借りて 時間まで待機します。

page15717-12.jpg

↓ ポストイナ鍾乳洞のマスコットキャラクター 

プロテウス・アンギヌス」(日本名はホライモリ)と言われるもので
ヨーロッパで唯一洞窟内で生息する脊椎動物だそうです。
全長25cm〜30cmの両生類 洞窟内動物としては最大で
目は退化し盲目 寿命は80~100年 1年以上餌が無くても生きられるらしい。
でも ちょっと  きみが悪い 可愛くない。
買う人いるんだろうか・・・

page15717-13.jpg
page15717-14.jpg

時間があったので 記念撮影~ 
同じツアーの皆さんと写しあいっこしました。

page15717-15.jpg
page15717-16.jpg

10時前には 改札が開始されました。
ヨーロッパでは珍しい事よね~。 時間前に行動開始なんて。。。

page15717-17.jpg

中に入ったら順番に トロッコ列車に乗車しました。
トロッコ列車は 木製の椅子に 鉄製の枠があるだけで 
シートベルトも屋根もありません。  クッション悪っ。

思ったよりスピードが出て すぐ頭上を洞窟がかすめます。
スリル満点~  座高の高い外国人は頭を打ちそうです。

ポストイナ鍾乳洞の一般観光ツアーは 全長約5kmあり
トロッコ列車で約3.2km移動し 徒歩では約1.8km歩きます。

洞窟内の温度は 8~10℃前後
年中ほぼ一定の温度らしいですが ヒヤッと寒けを感じます。

page15717-18.jpg

トロッコ列車は 狭いトンネルを抜けて奥へ進みます。
遊園地のアトラクションに乗っている気分です。

トロッコ脇は 茶色から白色ぼい鍾乳石や石筍が並んでいます。
わぁ~  すごっ・・・ と声だしている間に どんどん奥へ進んで行きます。

進むにつれて 体感温度が いっぺんに下がる感じです。
二人して 寒いね~~~ もっと分厚い上着持ってくるべきだったね~
時々 つめたい水が落ちてくるので ドキッとします。

page15717-19.jpg

ある部分まで到着すると 全員降ろされて ここから 約1.8キロ歩きます。
歩きはじめると さほど 寒さは感じなくなりました。

page15717-20.jpg

先導するのは 現地女性のガイドさん 
10時発のトロッコに乗っていた方 100人位が 一緒に進んで行きます。

ポイントの所に来ると イヤホンガイドに番号を入れて 
各自で 説明を聞きます。 私達は日本語です。

page15717-21.jpg

時々 ガイドさんが 懐中電灯で ポイントの部分を照らしてくれます。
説明していたのは ここの事よ~ みたいな感じです。  ↓

page15717-22.jpg

私達が歩く場所は きちっと整備されて 手すりもありますが
あがったり降りたり 結構 起伏は激しいです。

↓ 白くて綺麗な鍾乳石の柱もあります。 
余りのきれいさに 見とれてしまい ぺーさんとはぐれてしまいました。

page15717-23.jpg

右見て 左見て 上見て 下見て 全ての方向に鍾乳石があります。

鍾乳石が 1mm形成されるまでは 30年から40年かかると言われています。
ひとつとして 同じ物はない 自然のおりなす神秘的な空間が続きます。

過去 日本でみた鍾乳石なんて ・・・ 比較に値しません。
すごっ・・・い。
こんな場所に13世紀から観光客が 
訪れていたというからこれまた凄いことね。

page15717-24.jpg

進むごとに 鍾乳石の 景色や色合いが変わって行くのです。

鍾乳洞の中は 
フラッシュなしなら撮影可能とのことで フラッシュは使えません。
写真の写し方も イマイチだけど 雰囲気だけあじわってね~。

page15717-25.jpg

何百年以上かけて 石灰岩が侵食して形成された鍾乳洞の中には
赤いチューリップと言われる鍾乳石や
スパゲッティーとよばれている細い管状の鍾乳石もありました。(写真なし)

page15717-26.jpg

↓ 純白の鍾乳石が 
ポストイナ鍾乳洞最大の見どころといわれる ブリリアント と言われる物です。
写真では大きさが伝わりませんが相当大きなものです。

page15717-27.jpg

水槽の中に ホラプロテウス・アンギヌス」(日本名はホライモリ)が
いるという場所がありましたが 
私はホライモリを 撮影する事はできませんでした。

ツアーの最終地点は コンサート・ホールと呼ばれ大きな空間地でした。
コンサートやショーなどが催されているそうで 1万人も入るのだとか・・・
売店とお手洗いがあり 先に到着した方は休憩できます。

その後 10時のツアーの方 全員トロッコに乗り 入り口地点まで戻ります。
往路と帰路は 時々違うルートを通りますが
ところどころ 線路が重なっている部分がありました。

page15717-28.jpg

このトロッコ列車 スピードがあり まじ面白かった~。
スリル満点だったし  異次元空間を進んだ感じです。

ポストイナ鍾乳洞は 鍾乳石が林立し規模も美しさも最高で
私には大満足のポストイナ鍾乳洞観光でした。

↓ 11時30分 最初の入口に戻りました。
次の受け付けは12時~のようです。

page15717-29.jpg

集合の時間ギリギリまで 付近を散策します。
近道に レストラン通り抜けようとして 
ここは通れないぞ・・・あっちいけ~って言われちゃったわ。

page15717-30.jpg

私達 いつも 時計とにらめっこ 

興味あるものが見えると どちらからともなく 
あそこまで 行ってみようよ~となる。

page15717-31.jpg

↑ あっ 教会が見えるよ~ でも無理 いけないよ!!
時間に追われながらも ぺーさん ちゃんとポーズとってるし・・・(笑) ↑

常に 時間に追われているような 私達でしたが
一度も 集合時間に 遅刻したことはごさいませんからね~ 

016.gif

カレンダー


07月 | 2015年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================