ルーマニア&ブルガリア周遊の旅⑪

2016年10月05日22:00

早めに朝食会場のレストランに行きましたが
ご年配の方々は もっと早かった。
みなさん 旅の疲れはないのだろうか… マジ スゴッ。

朝食に 大好きなスイカとメロンを 山盛り食べて (#^.^#)

今日は ソフィアとプロヴディフ観光の日です。

この日のバス座席 私は一番うしろ ぺーさんはひとつ前の席に座りました。

このころになると 一番後席は (皆も敬遠する席なので)
一人参加のおじさんの指定席になっておりました。
このおじさんメモ魔で ちらっと目にしたノートには時間びっしり。

直ぐにメモる姿に 同年代のおじさんが
ブログでも書いているんですか~って 質問したとき
あんなもん書きませんわ… 旅行記を残しています… って。

(私  あんなもんのブログに書いています。 こころの声)

page20160920-011.jpg

道路の脇に メトロの地下入り口があります。 
ソフィアには地下鉄も走っているようです。
ガイドさん 私は地下鉄で来ました・・・と話していました。

page20160920-012.jpg

車窓からの景色   近代的な建物も多く建てられています。

page20160920-013.jpg

↑ ガソリンスタンド セルフのようです。 市電の待合所かな ? ↑

page20160920-014.jpg

世界遺産 ボヤナ教会
10世紀後半から11世紀初頭と3世紀半ば 19世紀半ばの3段階で建造

えっ・・ こんな小さい物件が世界遺産? そんな感じの建物です。
中が狭いので 2つのグループに分けられて中に入ります。

本当は 8人限定だそうですが日本人は小さいから 
多少融通をきかせてくれました。

11世紀 13世紀のフレスコ画が全面に残っています。
ガイドさんが 詳細に説明してくれましたが 立っているのが苦痛で
覚えているのは 
レオナルド・ダ・ヴィンチ作で有名な最後の晩餐が描かれていた事だけ。
写真撮影なし。

page20160920-015.jpg

↑ 教会の全景 継ぎ足しで 造られたことがよくわかります。 

page20160920-016.jpg

国会議事堂 ↓

page20160920-017.jpg

次は アレクサンダル・ネフスキー寺院
ソフィアのシンボルにもなっていて 
大小12のドームを持つブルガリア最大 ネオ・ビザンチン様式の壮麗な大聖堂

page20160920-018.jpg

中には 400人もの画家が描いた神秘的な壁画やモザイクがあり
地下聖堂は イコン博物館になっています。

page20160920-019.jpg
page20160920-020.jpg

↓ アレクサンダル・ネフスキー寺院から移動中 こんな碑を見つけました。
春には 満開の桜を見ることができるのかしら・・・

page20160920-021.jpg

↓ 聖ソフィア教会

page20160920-022.jpg

アガイドさんの説明を聞きつつ歩きますが 
↑ 誰だろう 覚えちゃ~いない。 

旧ソ連の雰囲気を残しながらも
イスラムの文化が残る感じがするソフィアの街です。
ブルガリアの首都なんですけどね~ こじんまりしています。

この国はまだまだ裕福ではないので 多くの人は出稼ぎに他の国で出る。
EUに加盟したこともあり ドイツやイギリスなどの西欧諸国に移り住むのだそうです。

                   聖ニコライ・ロシア正教会↓
 
page20160920-023.jpg
page20160920-024.jpg
page20160920-025.jpg

                     旧共産党本部の建物 ↓

page20160920-026.jpg

         イヴァン・ヴァゾフ国立劇場 ↑

page20160920-027.jpg

↓ かわいい ゴミ箱 

page20160920-028.jpg

↑ 歩いている間に今日のランチ場所到着です。
しかし 毎日 無駄のないランチ場所の設定です。 感心します。

↓ パンには チーズとキムチっぽいペーストが付いていました。
今回の旅行 トマトが良く出てきます。

page20160920-029.jpg

↑ メインは ムサカというものらしい。
ブルガリアの名物料理と言うか定番のオーブン焼き料理らしい。
タマネギとジャガイモとひき肉を炒めて 耐熱容器に入れて焼いたものかな。

ケーキは バタークリームです。  マズッ。

2016101010.jpg

ルーマニア&ブルガリア周遊の旅⑩

2016年10月05日20:00

ほどなくしてレストランに到着

↓  ランチメニュー   ナフキンには 言葉の説明が印刷されています。

ジャガイモがゴロゴロ入ったスープおいしかったです。
でも 量が多いのよね~  メインはチキンのクリームかけ 

page20160919-17.jpg

食事の後は 再び移動です。 
写真がないのでよく寝ていたのでしょう。

ガソリンスタンドでトイレ休憩 
↓ ここはマクドナルドが併設されていました。 バス車内はこんな感じでーす。↓

page20160919-18.jpg

市街地に入るにつれて 落書きが多くなりました。 ブルガリアの国旗 ↓
イタリアとか ハンガリー と配色は全く同じ 間違えやすいよね。

page20160919-19.jpg
page20160919-20.jpg

今夜のお宿は ラマダ ソフィアです。 二泊します。
カジノ付  私達もやりましたよ~ 一財産増やそうと・・・

さすがここは ポット付で お水・コーヒーも用意されています。

でもテレビが分厚い ・・・ 

page20160919-21.jpg

11階お部屋からの眺め

page201610101010.jpg

休憩後 ホテル近くのレストランへ歩いて向かいます。

page20160919-22.jpg

店内 とっても 雰囲気のいいレストランでした。

座る前には 提供されていたチーズたっぷりのサラダ
これでもか-----とたっぷりかけてあります。
チーズ半分 野菜半分 そんな量です。
私 こんな種のチーズ嫌いなのに・・・
チーズよけてよけて 野菜を取り出してたべます。

メインは煮込みのシチューみたいなものでした。
パンには バックから取り出したハチミツを塗ります。

贅沢言っちゃいけないけど だんだん ツアーの食事も飽きてきます。
仲間は お部屋で 日本食色々と食べていたようです。

page20160919-23.jpg

私たちは おかき食べながら ビール

そして アプリの情報交換 勉強会です。
YouTubeから ダウンロードして 保存します。
機内で ダウンロードしたものを見よう~という魂胆です。

002.gif

翌朝 朝食後 ホテル近辺の散策に出てみました。

ラマダホテルは 
中央駅と国際バスステーションに近い便利な所にありました。
ホテルを出て まず左 駅の方に向かてみました。

ホテル横はトラムが待機していました。    国際バスステーションへ ↓

page20160920-001.jpg

国際バスステーション  切符売り場があります。
施設内を 通り抜けてみます。

page20160920-002.jpg

裏は巨大なバスのターミナルになっており いろんなバスが停まっていました。

道路脇にあったトイレの入り口 使用する時には 下に降りるようです。 

page20160920-003.jpg

↑ 振り返ると 宿泊しているラマダホテルが見えました。
↓ バスターミナル横道から 中央駅の方へ 抜けました。
    直接 1番線ホームに出ちゃったわ。

page20160920-004.jpg

↑ 写真写していたら 運転手さんが手を振ってくれました。
↓ 駅舎内 待合室へ  最近できたような新しい駅でした。

page20160920-005.jpg

↑ 駅舎を出たところ  横に長~い駅舎でした。 ?の巨大モニュメント
↓ 駅前 ロータリーを抜けます。 
駅前には 地下モールがありましたが まだ営業はしていませんでした。

page20160920-006.jpg

↓ ホテルまで戻り 今度は先を目指します。
こちらの小学生は 個別に 親が送り迎えをするのだそうです。↓

page20160920-007.jpg

↑ トラムの案内 路線番号と 何分後に到着するか表示されていました。
↓ 適当に 橋の上にライオンがいる場所まで行って引き返してきました。
ツアー仲間の方々も 橋の近くで結構見ました。

page20160920-008.jpg

中心部のはずなのに ・・・8時まわっている時間なのに ・・・
人通りも少なく 通勤する方も少なかったわ。  

page20160920-009.jpg

朝晩の気温差があるのか 路地の木々は色づいています。 ↓
↓ 私たちのツアーバス発見。 ここで 待機しているようです。

page20160920-010.jpg

約45分間の朝の散策でした。 
今日はツアー出発が9時半だったので 結構ゆっくりすることが出来ました。


2016101010.jpg

ルーマニア&ブルガリア周遊の旅⑨

2016年10月05日00:00

旅も後半へ入ります。

相変わらず ぺーさんは 早起きです。
お散歩したいのに なかなか 夜が明けず ・・・ 苦笑

朝食を食べるためにレストランへ向かいます。

私の大好きな 果物があります。 
果物だけでもたべられたら ご機嫌 (^_-)-☆

page20160918-32.jpg

食事後 ぺーさんは散策へ行きました。 
私は レストラン前ののテラスへ出てみました。

ホテルの前には 川が流れています。

page20160919-01.jpg

このホテル 本当に巨大ホテルです。 
この街は昔 ブルガリアの首都だったところですが 
今でも需要があるのだろうか・・・

ベランダの取り付けが 前に突き出た感じで 変わっているでしょ?
取り付けが信用できなくて ベランダに出られなかったわ。

page20160919-02.jpg

↑ テラスの先 陸橋まで歩いてみましたが 何もなかった。
斜面に家が建てられているのが良く分かります。 ↑

この日は トランク持参で出発です。 

page20160919-03.jpg

↑ ヴェリコ・タルノヴォの街 壁に描かれた絵を 車窓からよく見かけました。
何かの意図があるのだろうか??

↓ ヴェリコ・タルノヴォ ツァレヴェッツの丘 下車観光
中に入るには入場料が必要のようですが まだ営業開始していません。 
私たちは 降りただけで 中にははいりません。

頂上に大主教区教会が建っていて
第二次ブルガリア帝国の時代に この丘全体が宮殿だったところ。
塔からの眺めは最高らしいけど・・・ 行けなかった。

page20160919-05.jpg
page20160919-06.jpg

↑ 道路脇の木々はもう完全に秋の気配 枯れ葉が舞っています。

↓ カザンラクへ向かう途中おトイレ休憩で 立ち寄った道の駅みたいな場所。
ヨーグルトを注文するとお手洗い無料・・・ 私達有料。

私たちの前に 
日本人観光客のバスが1台先客で おトイレ大行列でした。
有料の割には 汚いおトイレでした。

今回の旅行で 初めて出会った日本人観光客 (H急トラのお客様)
アジアグループとしては初めての接点です。
今回の旅行  C国 K国も 全く見かけませんでした。
ルーマニアとかブルガリアなんて まだまだ興味がないのでしょうね。

page20160919-07.jpg
page20160919-08.jpg

世界遺産 カザンラクのトラキア人の古墳に到着です。

page20160919-09.jpg

写真撮影禁止 ・・・         こちらは現物が保存されている建物 ↑

小さい古墳の中に入り ガイドさんから 壁画の説明を受けました。
私たちが観光したものは 本物そっくりにつくられたレプリカです。

カザンラクのトラキア人の墳墓は 
紀元前4世紀頃に 造られたものではないかと推測されていて
その目的は 当時の王と王妃を葬るためであったと言われています。

page20160919-10.jpg

街中 馬車が走っていました。

page20160919-11.jpg

↓ 最近できたという バラ博物館へ入場
バラはブルガリアのシンボル花 
世界で唯一 バラとバラ油の生産を取り上げた博物館らしい。
バラの香油の製造過程の写真や 蒸留がまの現物が展示されていました。

館内は 写真撮影禁止指示 館外はOKとのことでした。

page20160919-12.jpg
page20160919-13.jpg

公園の中を抜けて歩きます。
一部に ブルガリアを紹介する モニュメントがありました。

page20160919-14.jpg

↑ トラキア人の墳墓の中にあった壁画の一部

↓ ブルガリアの現地ガイドさん 
日本語の案内が とっても早口のガイドさんでした。

page20160919-15.jpg

市街地の中を 案内を受けながら散策します。

page20160919-16.jpg

↑ 公園外れに 日本人に関係のあるものがあります。
と案内されたのは この銅像でした。

カザンラクは 広島県福山市と姉妹都市なんだそうで
毎年バラ祭りで選出されたバラの女王は
福山市のバラ祭りにも参加するんだそうです。

バラ祭りの間は 日本からツアーのお客様が大勢きます。
私も忙しくなります・・・ だってさ。

レストランに移動中  あるお店に入ってしまったガイド
店から 出てきたときには 可愛い女性と一緒  
私の姉で~す。 このお店で働いています~って紹介してくれたわ。  ↑

仲の良い姉妹みたいね・・・(^_-)-☆

髪の色 姉妹でも違うのね?  


2016101010.jpg

カレンダー


09月 | 2016年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================