ロンドン・スコットランドの旅⑥ エディンバラへ移動

2017年08月26日22:39

11時にホテルをチェックアウトしました。
ここでの宿泊は2回目でしたが 駅から歩1・2分 古いけど支障はなし。 
空港からも 市内へも便利な地の利で 本当に助かりました。
宿泊料金に朝食代も含まれています。

昨日 エレベーターの位置を下見をしたお陰で
荷物持ちでもスムーズに移動することができました。

移動_170825_0018

キングスクロス駅到着11時30分 出発まで1時間もあります。

移動_170825_0017

駅構内の空き椅子に座って待ち 12時15分になってから
電光掲示板の下に移動しました。 
出発のプラットホームがまだ表示されません。
まだかな・・まだかな・・ 
出発10分を過ぎて やっと 6番ホームの表示がでました。
表示されたとたん エディンバラ行きに乗るお客の大移動です。

出発まで時間がありません。トランク引きずってダッシュダッシュ
私の乗車する車両は一番前でしたが 
間に合わないと判断した私は途中で車両に飛び乗りました。

移動_170825_0016

走り出した電車の中で 前に前に移動して B車両15番と16番の席へ。
(サーさんの座席はそのまま私が使用しました。)
私の席は 進行方向に背を向ける座席でした。

移動_170825_0015

サーさんが予約を入れてくれた 
この車両は Wi-Fiが利用できる車両大変助かりました。
予約明細書に Wi-Fiのパスワードが表示してありました。
ロンドン→エディンバラ キャンペーン価格で32.5ポンド (約4800円)

座席は思った以上に狭い。 日本の新幹線の良さ再認識です。
私は 窓側15番に座り 通路側16番にトランクを置いていました。

移動_170825_0014

イギリスは山がないのか丘ばかり・・・
窓の外は 街を離れると ずーっと牧草地か小麦畑です。

移動_170825_0013

↑ 街には 必ず教会があります。

車内が混雑してきた時 私の前に一人のおじさんが立ち
私に向かって 座席のトランクを移動させろ。
トランク置き場はここではない。あっちだと指をさしました。

私は15番と16番は私の指定席です。 チケットも持っていると言うと
チケットを見せろ!! って 声を荒げてました。
ビビった私 慌ててチケット2枚を提示してみせたわよ。
するとおじさん チケットを手に取り チケットと座席番号を見比べた。

この席は友達の・・・って 喋ろうとしたけど 余計な事はいわず黙った。

その後 君はトランクの為に席を用意したのか ・・・ ワッハハハ
まわりの乗客に聞こえるように言いながら 隣の車両へ移動して行った。
ホッ。

移動_170825_0012

途中の駅で乗り込んで来た男性2人組のおじさん
まー おしゃべりするわするわ。 声でかいし陽気だし
まわりのご婦人巻き込んで 喋る喋る ずーっと途切れる事がない。
正直 うるせー!! と怒鳴りたいほどでした。

移動_170825_0011

私の前に 再び男性がやってきました。
目と目とがあいました。 
目は トランクをどかせ!! って言ってます。 

すると 私の通路横に座っていた女性が
彼女は トランクの用の指定券持っているわよ って話してくれた。

男性は何かしらつぶやきながら移動して行きました。 ホッ。

その後 隣の女性と私 目があい ニコッ
私は ありがとう♪と微笑み返しました。

その後 この座席は 私の友達の席なのよ。
彼女はトラブルで突然日本に帰っちゃったの。。。って話しました。

おぉーと驚いて何かしら話してきたけど 私には理解できませんでした。

移動_170825_0010

似たような景色ばかりですが 日本にはない景色 
ぼーっと眺めて過ごします。

途中の大きな駅です。

移動_170825_0009

             遠くに 教会が見えます。 ↓

移動_170825_0008
移動_170825_0007
移動_170825_0006

遠くに海が見えてきました。  北海かしら。
海側を走ってエディンバラへ向かっているようです。

移動_170825_0005

レジャー施設 ? 滑り台が見えます。

移動_170825_0004

ここは 大きな街みたい。 

移動_170825_0003

地図で見たら トゥイード川かな。

移動_170825_0002

4時間半強で スコットランドの首都エディンバラ
エディンバラ・ウェイヴァリー駅に到着です。
色々刺激がありすぎて ずーっと起きていたわ。

↓ 乗ってきた電車  ホームの向かいに停車していた電車 ↓

移動_170825_0001

トランクがあるので階段では上がれません。

ホームからの移動 大型リフトの順番を 3・4回待ちました。 
その後も 2回リフトを乗り継いで やっと上の車道まで移動しました。

エスカレーターが一部の線にしか設置してありません。
リフト乗り継ぎの移動だけで 15分近くかかった気がします。
この駅広すぎ。

今回のホテルは オールドタウン ロイヤルマイルロード沿い
確かこっち ・・・  ずーっと登り坂 
勘がさえて 一度も迷うこと無くホテルへたどり着きました。

一度来ていた街で 本当に助かりました。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

ロンドン・スコットランドの旅⑤ 移動日朝の散策

2017年08月25日22:54

今日は エディンバラへの移動日 電車は12時30分発
11時にチェックアウトするまで時間がある。
昨日行きそびれたケンジントン宮殿まで歩いて行くことにしました。

p20170812-001.jpg

簡単に行けると思ったのですが またまた??? 
言い訳をすると 持っている地図が 
地下鉄の線と重なって見にくかったのだ。
こういう時は やはり グーグルマップに頼ります。

やっと公園にたどり着きましたが ケンジントン宮殿までテクテク・・・

p20170812-002.jpg

見えてきたー ケンジントン宮殿らしき建物
ウィリアム王子とキャサリン妃が居住していることでも有名です。

p20170812-003.jpg

広い公園 家族連れのお散歩 外人の子供って本当に可愛いね。

たぶん ウランド池  地図では小さいのにめちゃくゃ大きく感じます。

p20170812-004.jpg

カモに白鳥?  まわりはウンコちゃんが多いのよ。

p20170812-005.jpg

カモかな?  芝生の上でゴローン。

p20170812-006.jpg

↑ 白亜のヴィクトリア女王
時間があれば ダイアナ妃が描かれている壁画
かわいい画を見てみたかったのですが 長蛇の列です。
ダイアナ人気で いつも行列らしい。
今日も入場券買うまで時間かかりそう。

p20170812-007.jpg

公園のハズレには遊園地もどき・・・ グルグルまわって営業していました。

p20170812-008.jpg

とにかくここの公園も広い・広すぎ 自転車借りてまわるといいね。 

p20170812-009.jpg

結局 時間もなくなり ほんの一部だけ歩いただけでした。
サーペンタイン湖や 可愛いピーターパンの銅像までは行けず。

p20170812-010.jpg

来る時迷ったし 帰りは時間の余裕もないので地下鉄にしました。
乗換が嫌で ノッティング・ヒル・ゲート駅まで 10分ほど歩きました。

ホームに行き 何気に来た電車に乗ったのね。
次の駅について ネクスト グロースター・ロード のアナウンス
エッ !! アールズ・コート駅違うん? 

慌てて 路線を確認すると 
黄色のサークル線と 緑のディストリクト線がある。
ホームは 一緒でも行き先が違う事に気が付きました。
間違えてサークル線に乗ってしまったようです。

このディストリクト線 よーくみると いくつも枝分かれしている。
週末と祝日しか運転しない路線もある。

時間ないのに何しているんだか・・・ 
グロースター・ロード駅で ディストリクト線に乗り換えて
アールズ・コート駅に戻りました。

ホテルに戻ったら 10時40分・・・

11時にはチェックアウトしなくてはなりません。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*
 

ロンドン・スコットランドの旅④ ロンドン市内散策

2017年08月24日22:38

朝食を食べた後 二人で キングス・クロス駅へ向かいます。
乗換なしのピカデリーラインで一本。

pa20170812-000.jpg

ロンドンは 各方面毎に大きなステーションがあちこちにあります。

日本で予約したチケットを発券します。
サーさんのクレジットカードを利用します。

長蛇の窓口に並ぼうとするサーさんに
前回 イーさんはたくさんある自動発券機で発券していたよ。
並ぶの嫌だから とりあえず自動の発券機でやってみよう。
駄目だったら並ぼう…。
二人でやってみたら簡単に発券することが出来ました。

このチケットもサーさんが会員になっているサイトから購入してくれました。
ロンドン→エディンバラ  32.5£ (約4800円) 

pa20170812-001.jpg

前回は イーさん達にくっついての移動でした。
一人での 鉄道移動は初めてです。
ロンドンの鉄道はこうやって乗るのよ~って
サーさんに色々と教えてもらい本当に助かりました。

その後 駅まわりを散策し お茶しました。
レジで精算してくれたサーさんが 
この5£お札 ここのお店ではもう使えなかったの。
さほど古い・・ってわけでもないのに 新しいデザインになったのか 
現在 使えるお店 使えないお店があるので
銀行で両替した方がいいですよって教えてくれたみたい。
(私なら ??? はぁーって感じですが さすが サーさん)

使えないお店があるのならと 私の持っている5£札を
サーさんに両替してもらいました。
後に サーさんは おトイレの両替機で小銭に両替(笑)

お茶の後 私たちは駅で別れました。
お互い気をつけて日本へ帰りましょう。

pa20170812-002.jpg

↑ キングス・クロス駅前にあるホテル
去年 ーさんとーさんが宿泊予定だったホテルらしい。

pa20170812-003.jpg

駅前を散策後 バスに乗って移動しよう。。。
オイスターカードがあれば料金を気にすることはありませんw

ペートラによって鍛え抜かれた私。
市内ぶらぶらするにはバスに乗るのが一番(笑)

このまま北へ向かうと ?なので ホテルへ近づく路線に乗ってみました。
バスの中 座るのが精いっぱいで カメラを取り出す余裕はありませんでした。

pa20170812-004.jpg

途中2回 バスを乗り換えて 前回見たことがある景色 来たことがある場所に到着
チャリング・クロス駅付近で降りました。

pa20170812-005.jpg

ここまでくれば もう地図を見なくてもわかります。
ザ・マルの通りを バッキングガム宮殿方向へ歩いてみます。

pa20170812-006.jpg

ザ・マルは 明日(13日)行われる世界陸上の競歩会場のようで
係員達が準備の真っ最中でした。  日本選手の給水所発見 ↑↑

pa20170812-007.jpg
pa20170812-008.jpg

バッキングガム宮殿へ近づくことなく左折 (混雑していたから)
もくもくと グリーンパークを歩きます。

でも 前回と違う道(右ハイド・パーク方面)へ行くべきだっと
後に後悔しました。

pa20170812-009.jpg

↑ アイスクリーム屋さん 買おうかと近づいたけど
あまり美味しそうに見えなかったので撤退www

↓ 整然とならべられた貸し自転車 

pa20170812-010.jpg

↓ ウェストミンスター寺院  今回 中には入らず。

pa20170812-011.jpg

ビッグ・ベンが見える広場へ着きました。 
木陰の椅子で ビッグ・ベン見ながら おーいお茶を飲んで小休止
すると C国の団体様御一行に視界がふさがれうるさくなり撤退です。

pa20170812-013.jpg

ここまであてもなく歩いてきて テムズ川を走る水上バスを見て ↓
そうだ あれに乗ろう。 タワーブリッジの方まで水上移動しよう !!

pa20170812-014.jpg

ビッグ・ベンと国会議事堂を対岸から撮影。

このビッグ・ベン つい先日4年間の工事に入りましたね。
特別な日以外は 鐘も鳴らさない様になりました。
確かに下の部分は 足場が組まれていました。

pa20170812-015.jpg

         橋の欄干部分には 何故かお魚 ↓

pa20170812-016.jpg

コカ・コーラ・ロンドン・アイ(観覧車) 今日も大盛況のようです。 ↑

橋のたもとには マリオットホテルがあります。
プラチナ保有している間に 利用する事があればいいのですが。。

水上バス乗り場にやってきました。
3社のバスが出ているようです。 
私の乗りたい船は30分おき 次の船が出向する所でした。

でも 待合所は長蛇の列です。 4・50人は居そう。
こりゃー30分待って乗船しても 希望の席に座れそうもありません。
指定された場所で ずーっと 立ち続けて待つのも苦手だし
あーやーめた。  あっさり諦めましたわw

pa20170812-017.jpg

ウェストミンスター駅へ降りずに 再びバスに乗ることにしました。
地下では景色楽しめないからね。

目的を決めていないので 最初に来たバスに乗ろう。 
そう決めていたのに 24番バス素通りしちゃった。
満員だったのかな。 ロンドンのバスは1・2階とも着席限定だからね。

次に 453番が来たので 行き先読めずに乗車w

ロンドンの地下鉄・バスは 
何回 乗り降りしても 課金の上限が決まっているので
間違えたら適当に降りればいいだけ・・・

pa20170812-018.jpg

ピカデリーサーカスのエロスの像  覚えてた~ ↑
このカーブは リージェントストリート ユニクロもあります。

↓ あっ !! 旧型のダブルデッカー
2005年に引退して今は一部の観光路線(9番と15番)だけと言う話です。

pa20170812-019.jpg

結局 オックスフォード・サーカス駅のあたりで降りて
リージェントストリートを歩いて 
ピカデリーサーカス駅まで戻ることにしました。
(ホテルへ一直線で帰れるので・・・)

pa20170812-020.jpg

地下鉄の中で 地図を見ていて 沿線寄れるとこないかな?
ホテル近くの ロンドン自然史博物館と
ヴィクトリア&アルバート・ミュージアムは
前回観光したけど ロイヤルアルバート・ホールは見ていないし
近くにある ケンジントンガーデン廻って 宮殿見ていこうと思いました。 

Knightsbridge(ナイツブリッジ)で降りる予定だったのに
ナイツブリッジ駅 N 始まりと思っていて 
気がついたときには ドアが閉まってしまいました。
慌てて席をたったのに・・・ かっこ悪かったわ~(大汗)

結局 次駅のサウス・ケンジントン駅で降りました。

駅上がれば ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム

pa20170812-021.jpg

この電話ボックス 前回も写真に写した事覚えていました。 ↓ 

pa20170812-022.jpg

↓ ロンドン自然史博物館 
前回は 並んで待って入館したのよね~。
素晴らしい施設が 無料とは本当に太っ腹ロンドン。

pa20170812-023.jpg

このまま上に上がれば ケンジントンガーデンへ行ける。
ガーデンへ向かうより ホテルへ戻るほうが近い気がする。
ケンジントン宮殿は明日にしよう。

地下鉄で2駅分 てくてく歩いてホテルへ戻ります。
 
pa20170812-024.jpg

アールズコート駅方面へは やや左だなと 
近道しようと 適当に左折したら 少し早かったみたい。
歩いても歩いても駅は見えてこない。

ありゃー 迷ったか・・・ 
ここでもグーグルマップを立ち上げて確認します。
駅から どんどん遠ざかって歩いていたようです。
結局 近道どころか 遠回りしてしまいました。

雑誌の地図路地はもうひとつ正確ではありませんし
スマホのWi-Fiが使えなくても
地図の確認が出来る事は本当に助かりました。
  
pa20170812-025.jpg

無事に駅前にたどり着いてホッ。
美味しいパン屋さん・PAULで 夕食を買って18時頃お部屋に戻りました。

お部屋に戻っても誰もいない・・・ シーン。
海外で一人 ほとんど経験がありません。 (近場・アジアは別ね)

そんな時 先に帰ったサーさんのお手紙を見つけました。
大好きなワンちゃんの事がきになりつつも
最後まで 私の事も気遣ってくれていました。
読みながら 涙が出てきました。

差し入れの 大きなアメリカンチェリー🍒 を 頬張りながら
絶対に 元気にトラブル無く日本に帰ろう !!

気持ちを引き締めました。

WIFIが 使えるってほんとに有り難い。
とお~い日本が身近に感じられます。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

ロンドン・スコットランドの旅③ 突然の帰国チケットの手配

2017年08月23日22:39

帰ることを決めたら 
チケットの手配をしなくてはなりません。

一刻も早く日本に帰るため 希望は今日の夜便です。
深夜0時をまわり 出発まで19時間もありません。

二人で知恵を絞ります。

航空会社に電話する時 
家族が危篤だからとお願いすること。
犬の話はしないように… 知恵を授けます。
家族・ファミリーには間違いありませんので。

まず 今持っているチケットを変更出来ないかANAへ電話します。
日本のANAは時間外の為 電話は海外に繋がれます。

ただいま大変込み合っております。
現在30分以上の待ち時間となっております…

ハンドフリーでやっています。 
上のアナウンス 何回も繰り返し聞き続けました。

その間に もう一つのスマホを利用して調べます。

8/12発JAL便に 有償でも空きはあるか? ある。
8/12発ANA便に 有償でも空きがあるか? ある。

当日のロンドン発です。エコノミーで約40万 
ビジネスで… 怖くて調べられぬ。(笑)

サーさんが次にしたことは
BA(British Airways)特典での検索です。
国内線JAL便に当日でも空きがあれば乗れる
国際線ももしかしたら乗れるかも…

BAマイルの特典で JAL便を検索かけます。
あるわよ~美南さん 
エコもプレエコもビジネスも空いてる。
えっ 予約まで進める? やってみて。

搭乗クラスはどうしようというので
ここは余分なマイルを使わずエコノミーで帰り!!  (助言)

そうこうしている間にANAの電話が繋がりました。
彼女は事情を説明して 変更をお願いします。
 
基本 発券済のチケットは 日程の変更しか出来ません。
変更は 4日前までという規約もありますし 
ルート変更や航空会社を変更する事も出来ません。

しかし ANAの方が事情を察して
アシアナ便当日分を検索かけて下さいましたが空席がないとの事。

二人して 凹んだ …

ANAの方と電話しながら 
彼女はもう一つのスマホを必死に触っています。

もうアシアナ便は 使えないと分かった時点で
彼女は電話で 帰路便の日程変更をお願いし始めました。

今年でも来年でもあいている日を探して 
ロンドン→仁川→東京 ダミーで入れるようです。
帰路分のチケット捨てる事はしたくありません。

でも 電話の話ぶりがよくない。
ない・・ない・・いくら探してもない
特典チケット空いている日が一日もないという。

そんなはずはないよ。
私が 1月 2月 寒い時期は?と横で意見します。
一日位 どこか空いてるでしょう …
でも かかりの方が空席が見つからないと言う。

その間も彼女の手は動いています。

仕方ないですね。
空いていないのなら 今回の帰路分流します。
もうー 帰りの分キャンセルしてもらって結構ですと。

おいおい 本当にいいの 47500マイル分よー 

ダミーで入れられたら 
後日 都合のいい日で 
空席を探して変更することは可能なのに。
もったいないなぁー (独り言)

すべての処理を終えて 彼女は電話を切りました。
そして 電話を切った後 彼女が言ったのは

私 BAで予約進められたから 発券しちゃったわよーと
(片道30000マイル 税金➕3万ちょい)

えぇーそうなん。良かった。
(私の一人旅が確定した瞬間ですwww)

ANAとの電話での内容が良くなかったので
電話しながら もう一台のスマホで 
予約発券しちゃったんだと。

一生懸命何かしら入力しているとは思っていたけど
イヤイヤ凄技。

ここまで整理すると

8/11 往路 無事にロンドン着
8/12 復路 BA特典を利用して JAL便片道発券にて東京着
8/16 当初の復路 ロンドン→仁川→東京 キャンセル済

という事になります。

あと 彼女は 
私に 何回も何回も 詫びを入れてきますが
大丈夫だよ。私は何とかするし出来るはず。

でー 瞬時に頭に浮かんだ事が
ロンドン→エディンバラへの鉄道チケットの発券です。
(彼女のクレジットカードで予約を入れてあったのです)

悪いけど鉄道チケットの発券だけはしてくれるかな。
もちろん 一緒に下見兼ねて行く事になり 私も助かりました。

ロンドンのホテルは 私が予約しました。
エディンバラのホテルは 彼女の予約でした。

それも彼女のステイタスを利用しての予約です。
彼女が 同行しないとまずい?

宿泊出来ないのならシングルにと思い調べましたが
98000円・・・ いやいや今のままの方が安い。

彼女は エディンバラのホテルに電話して
そのまま予約を通してくれるよう頼んでくれました。

エディンバラからの飛行機は別切りだし
後はもう大丈夫だね。

時計は 深夜2時半 

ねぇー 突然彼女が言い出します。

アシアナ便 ロンドン→仁川 確かに 一日一便だけど
一年先まで 空席ないのはおかしくない。
そう言いながら スマホで検索をかける彼女

美南さん あるわよ!! あるわよ!!
2月も6月も7月も 空いているわ。

嘘っ!!

もう一度 ANAに電話してみたら。
先方が 先程は ありませんでした‥って言い訳しても
そう~ なん席も空席が 突然出てくるわけはないもん。

彼女 再び ANAへ電話しましたわよ。
事情を説明して キャンセルした
ロンドン→仁川→東京 
来年夏の日程で 戻してもらいました。ホッ。

最初に電話に出た海外受付のお方 
検索するのが面倒で 手抜きしたか… 
47500マイル分のチケット無駄にする所でした。(怒) 

来年夏 アシアナ便の
ロンドン→仁川→東京が 生き返ったことで 
彼女は 来年夏  
再び ロンドンへ行く必要が出てきましたが それはそれでOK (笑)

8/11 往路 無事にロンドン着
8/12 復路 BA特典を利用して JAL便片道発券にて東京着
8/16 当初の復路 ロンドン→仁川→東京 来年夏使用

しかし 今回の突然の帰国に対してのチケットの手配
彼女の機転の効かせ方には私もびっくり。

そうか そんな手法もあるのかと 色々勉強させてもらいました。

私だったらパニクって 
当日チケット エコで約40万でも 買うことになるのだろうなーと思います。

旅慣れた彼女だからこその手配の仕方
航空チケット予約に 精通し慣れている彼女だからこそ
スマホでチョチョイと出来た様に思います。

私は いろいろな予約サイトを 
スマホで利用する事は殆どありません。
会員番号をメモっている程度 
使いこなすまでは到達していません。

いざという時に スマホで対処出来るよう
日々訓練しておくことも必要かもしれません。

↓  BAの予約サイト 
特典での発券は 24時間前までとあります。
しかし どういうわけか 
24時間をきっての予約が出来たことは事実です。

もってて良かったブリティッシュエアウェイズ( BA)
Aviosポイント(マイル)

SnapCrab_NoName_2017-8-17_11-2-12_No-00.png

今回 特典予約だったことで 無駄なく事が済みました。
格安チケットなら 片道分は間違いなく捨てる事になっていたでしょう。

来夏 ロンドンへ飛ぶ (新たにチケット発券)
特典で片道にする ?  
来夏 今回のチケットで日本へ帰ってくる。

やはり マイルは貯めておくと良いことがありそうです。

++++++++++++++++++++++

ロンドン・スコットランドの旅② 同行者突然帰国

2017年08月22日22:52

ホテル到着後 サーさんは 
家族と頻繁に連絡を取り合っていました。

実は …

サーさん家の飼い犬 出発前日の夕方脱走事件を起こしたの。
郵便屋さんが 門扉の鍵を開けて玄関に向かっている間に
素早く脱走してしまったのです。

普段 お散歩させる事もなく 
お庭で放し飼いにしているらしいのね。

郵便屋さん含め大勢で探し回り 
約1時間後 無事に自宅へ連れて戻ったそうですが
それで話は終わりではなかったのです。

早朝出発したサーさんに
飼い犬の様子がおかしい…と
家族から連絡が入り続けていました。

立ち上がれない。お水も飲まずグタッーっとしてる。

そしてロンドンのホテルに入った時には
ますます状況は悪化していました。

もちろん 病院で診察を受けてはいました。
骨折とかはしていないようですが
精密検査を受ける為の麻酔薬が打てない状況に…
へたすると麻酔薬でそのまま亡くなるという
危険性もあるとかで 様子を見る事になったそうです。

外の世界に飛び出して 何かにぶつかってしまったのか…
相当怖い思いをしたようです。

病院の先生も ここで預かると(入院)
環境が違い精神的に良くないので
自宅で見守って下さいと言われたそうです。

サーさんにとってはかわいい家族です。
心配で心配でたまらない様子…
見ていてとっても気の毒でした。
 
入浴後 再び 家族と電話していたサーさんですが
突然 ママ明日の便(実際は当日)で帰るわ。
今からチケット探してみるわ…って

その言葉を 横で聞いていた私
(?Д?)えっ!! 

帰国するんだ。
ドキドキ 急に 心拍数上がりましたわw 
  
ということは 私はどうする? 頭の中グルグル 

一人旅になっちゃう。 
一緒に帰る…

いややー 着いたとこやん 帰りたくない。
ロンドン・エディンバラ二回目やし何とかなるやん。

問題は
一人旅を許可していない家族にどう説明する。

電話を続けているサーさんの横で私は
ここまで来たんだから 旅は続けよう。
家族には黙っておこう。
すんなり決心つきました。

電話を切ったサーさんに 帰るんだね。と言うと
ごめんね。 美南さんなら大丈夫だと思うから 
帰路便手配して一刻も早く帰るわ。。。って。

うん わかった。

私なら大丈夫!!  何とかするから。

現地時間 11日から12日に日付が変わった頃の話です。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================