2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.02 (Wed)

メキシコ旅行6日目イスラ・ムヘーレス島①

毎晩 深夜1・2時の就寝でも 毎晩熟睡 ・・・
 
何処でも どんな場所でも すぐ寝られる私
睡眠時間は短くても 短時間で熟睡しています。
今回の旅 疲れはあまり感じてはいませんでした。

毎夜 翌日の打ち合わせをしてから寝ます。

カンクンから一番近い島 「イスラ・ムヘーレス」
高速フェリーで30分程で行くことが可能です。

カンクン側からは 4ヶ所のフェリー乗り場があります
私たちは 一番便数が多く 早朝から営業している
ダウンタウンのプエルト・ファレス(Puerto Juarez)から乗ります。

寝ている時間があれば 少しでも観光にまわしたい私達です。
早く島に渡り 観光後は 高級ホテルゾーン側のフェリー乗り場に戻り
ホテルゾーンの散策をして ダウンタウンに戻ってきたい意向です。

問題は島での足  ゴルフカートの貸出開始時間です。
私の調べた地球の歩き方には 貸出開始時間は書いてない。
ぺーさんメモ帳は 8時~とありました。

8時に貸出開始してくれるのなら 
7時にホテル出発して 7時30分発に乗ればいいという事になりました。

当日ホテル近くでタクシーをひろいプエルト・ファレスフェリー乗り場へ
タクシー料金 50ペソぐらい? 

旅の間共同財布の会計担当は 毎回ぺーさんが担当してくれます。
ぺーさんは 旅ログの為に 毎回きちっとメモをとっていますが 
私は預けっぱなしで何もしていません。 よって料金うろ覚えですわ^^;

7時30分発に乗ります。 渡されたチケットは往復になっていました。
デッキは 暑そうだったので 一階のクーラーのついている客室に座りました。

pag170719-001.jpg

↓ 約25分で イスラ・ムヘーレス島のフェリー乗り場に到着です。

イスラ・ムヘーレス島は 全長8キロの細長い島です。
イスラ・ムヘーレスとは 女神の島 という意味だそうです。

今回 カンクン滞在の間 
私はこの島の観光を とっても楽しみにしていました。
  
pag170719-002.jpg
pag170719-003.jpg

↓ イスラ・ムヘーレス フェリーターミナル正面玄関 

8時前 まだまだ観光客はほとんどいません。

pag170719-004.jpg

到着後すぐに ターミナル前の ゴルフカートショップへ行ってみました。
すると 若いお店のお兄さん 【ソールドアウト】って一言だけ。

ソールドアウトってどういう意味 売り切れ 完売 ?
・・・ 予約が必要なの? そんな事何処にも書いてなかったよ。
カートはたくさん並んでいるのに ソールドアウト?
どういうこと? 
まだ店はあいていないよ・・とか
何時に来てね・・とか 違う言葉はないの? 

路地も  シーン  通行人も少なっ。 

pag170719-005.jpg

裏通りもまわって見ますが シーン。 
ゴルフカートショップなんてありません。
島に行けば  何軒もあると思っていた私達 ガーン !!

メインの通り まだ お店が開店していない状況ではどうする事も出来ません。
観光案内所だって9時からって書いてある。30分程色々探し回りました。

少し歩き回ったので 私を気遣い ぺーさんが
私が もう少し探してみるわ。 
ターミナルの前に座って待っといてと言ってくれました。

私は 木陰に座って手持ちの資料をもう一度見直していました。
9時になれば観光案内所も開くし なんとかなるだろう~
ぺーさん何処まで行っちゃったのだろう・・・

すると どこからと無く 美南さーんと聞こえてきて 顔をあげると
さっそうとゴルフカートを運転して現れたぺーさん

借りられたのねー 良かった よかった。 (*⌒▽⌒*)

メインの通りの端まで行って 貸してくれるお店を探してくれたようです。
免許書かパスポートを預けて
1時間250ペソ  一日借りて750ペソということでした。
私たちは 1日レンタルしました。

少し走ったところで停止 ・・・  
最初の停止場所の写真 ↓  8時50分過ぎW

pag170719-006.jpg

島は慣れない右側通行の左ハンドルです。
ぺーさんは 一生懸命に運転してくれます。
最初の内は スピードダウンの凸凹に気が付かず ボーンボーン
私はカートから振り落とされそうになりましたわ。

距離が進むと だんだん慣れてきて もううまいもんです。

pag170719-007.jpg

ぺーさんは運転  右側に座った私は撮影係です。
走りながら 適当に写真を撮っていきます。

pag170719-008.jpg

↓ ボコボコマーク   ぺーさん ボコボコあるよー
うん わかった。 
スピードを落として どっこいしょとコブを越えます。

pag170719-009.jpg

↑ 塀には 落書きみたいなアート絵  結構見ごたえがあります。

pag170719-010.jpg

この頃になると ぺーさんが突然
私 海外での運転ばっちりだわ。 
もう何処でも運転出来るかも・・って言い出しました。

いやいや ここは信号もない 車よりゴルフカートが多い島だよ。
まだまだ海外では無理でしょう~ 勘違いしないでね・・・(笑)

pag170719-011.jpg
cats20170719-99.jpg

ぺーさん 運転はgood  私は一度も運転しておりません。 ↑  写真だけW

日差しがきついとぺーさんほっかぶりW

ブンブン走ってたどり着いたのは島の南端です。
ブンタ・スールという場所だそうです。

pag170719-012.jpg

別名が 「イグアナの岬」 と呼ばれるだけあってイグアナいっぱい見ました。

pag170719-013.jpg

↑ イグアナの像まであります。

↓ 太陽の当たり具合によって 海の色も違います。

かなりの断崖絶壁ですが 柵などもありません。 
もしかして ここは 飛び込み自由な場所・・?

pag170719-014.jpg

↑ 走ってきた道

↓ とにかく 海の色がきれい ☆☆☆

pag170719-015.jpg

↑ 遠くにカンクンの高級ホテルゾーンが見えます。

pag170719-016.jpg
pag170719-017.jpg

↑ 次回来る時には ここでぼーっとお茶したい。

↓ もう少し先まで行くと 遺跡があるようですが 
この時間 まだ 開門していませんでした。

pag170719-018.jpg

何かしらの展示物 アートらしきものが建っています。

pag170719-019.jpg

違うルートで進みます。

島の高台は とってもきれいで 大きな家が目立ちました。

pag170719-020.jpg

ただいま建築中 ここも大きな家ですね。

pag170719-021.jpg

↓ ゴミの山が出来ています。
島のゴミはどうやって処理しているでしょう?

海が見えたら カートを路肩に止めて散策です。 ↓

pag170719-022.jpg
pag170719-023.jpg

路肩に止める時 もうちょい右 もうちょい左 ・・・ えっ 逆だよ。 
もう少し左に寄せて 前に行ったり 後ろに戻ったり
慣れないカート 路肩の段差もあり なかなか難しいものです。
 
pag170719-024.jpg

↑ 道路脇には 貝殻でつくられたアート 風鈴みたい。

↓ あっ お墓みたい  止めてーーー キッュ。

ここは 島の墓地? 凄い数の墓標が見えます。

pag170719-025.jpg
pag170719-026.jpg
pag170719-027.jpg

段々と市街地に入ってきました。 
↓ 落書きなのか アートなのか ? カラフルな家 可愛い~♪

pag170719-028.jpg

↑ 時々 大きなダンプが通ります。

教会があるよ。 寄っていく? もちろん。  カートを停めて坂道を上がります。

海の見える教会  とっても素敵 ☆

pag170719-029.jpg


イスラ・ムヘーレス島散策  後半へ続く ・・・・

+++++++++++++++++++++++++++++
23:22  |  ・メキシコ2017年7月  |  編集  |  Top↑

2017.08.02 (Wed)

メキシコ旅行5日目ツアー参加②

食事の後は 私達の本日のメイン コバ遺跡へ向かいます。

page170718-020.jpg

コバ遺跡は カンクンの南に位置する 
トゥルムから北西45kmの場所にあり 規模の大きいマヤ遺跡です。
近くにある湖の水を利用することで 紀元200年ころから農耕が発達し
500年ころから多くの建造物が建築されるようになり
最盛期は 800年ころで中心地域の人口は5万人以上だったらしい。

各種神殿や大ピラミッドなどの建築物の多様さが魅力となり
最近は 欧米の観光客が 急速に増加しているそうです。
私が用意した地球の歩き方には このコバ遺跡は掲載されていませんでした。

入場料 ? ツアー代込
トゥルム遺跡の時と同じ 元気なおじさんに付いて歩きます。

私達の当初の予定では ここは自転車をリースして
自分たちのペースで遺跡めぐりする予定でした。
歩く・・・って選択は なかったのだ。 

でも ここは 皆さんと一緒に歩くしかない。 トホホ

page170718-021.jpg

早足 早足 ・・・  
↓ ぺーさん おじさんに付いて歩いています。

page170718-022.jpg

まわりが木々に覆われているので 暑さはさほど感じません。

page170718-023.jpg

遊技場等の 遺跡の説明を受けます。
球技で勝った方が生贄になるとか・・・ 
私達には理不尽に思える神秘のシステムです。

page170718-024.jpg

球戯場の地面には 柵に囲まれた
ドクロベーと  ジャガーの首をはねられているところだそうです。

page170718-025.jpg

この先は 自転車乗り入れ禁止 ?

page170718-026.jpg

やっと 見えて来ました。 一番奥にある今回のお目当て
高さ42mの ユカタン半島で最も高いピラミッド グラン・ピラミッドです。

page170718-027.jpg

約30分のフリータイム ぺーさんは一気に駆け上がって行きました。
私は下で見守ります。  だって 帰りの石段怖そうだもん。

page170718-028.jpg

ぺーさん 無事に上まで到達したようです。

ここからの景色 緑のジャングル ???  
写真が届いたら掲載予定 (8/10掲載)

170810_0005-1.jpg

下から見上げていると 降りる方 ロープ伝いに降りて来る方が多いでした。

page170718-029.jpg

階段はかなりの急勾配です。  
ロープがあるため 皆さん比較的登りやすいのかも・・・
ツアーの方々 太っちょさんも けっこう登っている方多かったです。

驚いたのは 杖をもったご婦人もゆっくりと上を目指していました。

page170718-030.jpg

横から見るとこの角度です。 40度はありそう。。。

page170718-031.jpg

とりあえず グラン・ピラミッド 来たぞーの証拠写真だけ写して撤退です。

page170718-032.jpg

サァー 時間までに 入り口まで戻ります。
同じツアー客も 皆さん テクテク歩いています。

私 自転車タクシーの存在を知っているので もう歩きたくない。
暇そうな 自転車タクシーいっぱい並んでいるし・・・ (笑)
ここはゴリ押しして 自転車タクシーを利用させてもらいました。

↓ 一生懸命にこいでくれるお兄さんに私が
前のタクシー抜かそうよ・・・みたいなジェスチャーをしたら
お兄さん 必死にこいで 抜かしてくれた。 

私たちは Goー Goー こげー 抜けー 声援を送りました。

page170718-033.jpg

お疲れ様 あっという間に入り口まで戻りました。 片道75ペソ

夕刻 最初ほとんど出払っていた自転車 今はもうたくさん戻っています。
↓ コバ遺跡自転車レンタル料金表

page170718-034.jpg

16時20分 この近くにあるらしいセノーテに向かいます。
連れてコられたセノーテです。

私たちは 朝から 水着をきて用意してきました。
バスの中で 脱いでそのまま セノーテに入り込みました。

page170718-035.jpg

石段に続いて 螺旋階段を降りて行きます。
外の光は 全く入らない空間です。

螺旋階段の端にある 飛び込み台からは
勇気ある方々がどんどん飛び込んでいます。

page170718-036.jpg

中は光が入らず豆電球のみ 薄暗いです。 出入り口の螺旋階段 ↓

page170718-037.jpg

↑ お魚も泳いでいます。 透明度はありそうだけど 薄暗いので?

↓ 私は 足だけ チャプチャプ  
   ぺーさんは 階段にしがみついて もがいておりました。 ( ̄w ̄) ぷっ

page170718-038.jpg

聖なる泉 セノーテ 
しかし こんな隠れた地下場所にあるのに よくぞ発見したものです。

ツアーのお仲間たちも 何人も飛び込み チャレンジされていました。

濡れた後は 海水と違い 拭くだけで良いので助かります。
ビキニのまま バスに戻って来る若い女性 ・・・ 
私より 一回りも二回りも大きな おばさまも水着のままお戻りになりました。

↓ セノーテに入らなかった私はバス一番戻りでした。

帰路のバス車内で テキーラの試飲がまわってきました。
ぺーさん チャレンジ試飲 うぅぅぅ 舌がしびれる・・・

page170718-039.jpg

その後 まわって来た瓶  写真が貼り付けてあります。
アハハ 買わそうとする魂胆だな。

私達 写真撮影 お断りしていたので私達の瓶はなかったわ。
日本もメキシコも 商売根性は おんなじですね。

page170718-040.jpg

↑ 途中で 隣を走っていた かわいいピンクバス

ウトウトして目を覚ましたら プラヤ・デル・カルメンに到着していました。
プラヤ・デル・カルメン ここはぺーさんが当初 宿泊地に考えていた地です。

20170718001.jpg

到着時間 19時40分  
各自ここで夕飯を食べて下さいとのことでした。

プラヤ・デル・カルメンは メキシコのユタカン半島にあり
キンタナ・ロー州に属するカリブ海に面していて 
年を追うごとに賑わいを増している注目のエリアらしく
ショッピングモールやスターバックスやレストランが続々とオープン
近年カンクンよりも栄えている街らしい。

page170718-041.jpg

プラヤ・デル・カルメン行きフェリー乗り場 コスメル島まで40分らしい。

page170718-042.jpg

この時間でも 海で遊んでいる方がいました。

page170718-043.jpg

立ち並んでいるホテルは高そう・・・ 高級感が漂っています。

page170718-044.jpg

私達が降りた 5thアヴェニューはプラヤ・デル・カルメンで
最も有名な 歩行者天国の通りだったようです。

食事できそうな場所探しまわっている間に 集合時間となりました。

page170718-045.jpg

↑ の噴水のあるホテルへ ふら~りと入りました。

ハイ 私達 ホテル係員に 即 追い出されました。 
場違いの格好していたから・・・ 直ぐにバレたのかな・・・

20時15分 プラヤ・デル・カルメンを出発し帰路につきました。

途中の分かれ道で
ダウンタウン・セントロ方面と 高級ホテルリゾート地行きにわけられ
私たちは 安宿行き セントロ行きバンに乗せられました。

そのまま ホテルまで送ってもらい 本日のツアーすべて終了です。
ホテル到着 21時半位だったと思います。

45$ ・・・ 約5000円で 一日観光出来ました。 

この日の夕飯 何食べたのだろう・・・ 全く記憶がないけど
日本から持参したご飯かカップ麺だったのだろう。

メキシコで食べる 白ご飯 最高に美味しいです。 
塩昆布と母の梅干し それに アマノフーズ ☆

この日も 遅くまで 洗濯と明日の準備です。

明日は イスラ・ムヘーレス島へ渡り観光後
ホテルを15時にはチエックアウト予定です。

+++++++++++++++++++++++++++
08:55  |  ・メキシコ2017年7月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |