2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.06 (Sun)

メキシコ旅行8日目メキシコシティ観光

夜中 お腹の調子も悪くなってしまったけど
朝方は 熟睡できて 気分はスッキリ。

↓ タスコ出発前 ホテルの部屋から写しました。

pag170720-81.jpg

↑ 7時過ぎホテルの部屋をチェックアウト リストバンドもカットしてもらいます。

昨日下見した坂道を 足元に気を付けながら バスターミナルまで歩いて行きます。 

pag170720-82.jpg

↑ ぺーさん見っけ(笑)    わかるかな ・・・ この坂道のきつさ

↓ タスコ 7時35分始発のメキシコシティ行きバス

pag170720-83.jpg

↑ 荷物チェックを受けて 飲み物とお菓子をもらって乗り込みます。

出発前 ビデオカメラを持った係員が撮影に来たので
カメラ目線にして 思いっきり手をふったやった。
係員 苦笑いしつつ 長めに写してくれた。

pag170720-84.jpg

一番前の席に座ります。 車内はめちゃくちゃ寒い・・・
ぺーさん いろんなもの身体に巻き付けていたわ。

二人ともよーく寝ていたようです。
約3時間で 昨日 クエルナバカに行く時に使用した 
南バスターミナルに到着です。

pag170720-85.jpg

これからぺーさんの希望で 
2007年に世界遺産に登録された
メキシコ国立自治大学内にある図書館に描かれた壁画を見に行きます。

歩いては行けないと言うことで タクシーチケット売り場へ
102ペソ ・・ ぺーさん 思っていたより タクシー代高いしやめとくわだって。

ホテルへチェックインするには少し早いので
地下鉄2号線に乗って 世界遺産メキシコシティ歴史地区へ向かうことにしました。

乗換せずに そのままソカロ(Zocalo)の駅でおります。
カテドラルの案内板にそって出口へ向かいました。

pag170721-001.jpg

出口の階段を上がるとそこは 四方200mもある中央広場
ソカロ広場(Zócalo)」とその周辺は
かってアステカ帝国の都テノチティトランがあった場所に
テノチティトランを破壊して その上に建設された
スペイン植民地政府の首府があった場所だそうです。
そのために ソカロ広場の周辺には
スペイン統治時代の宮殿やカテドラルなど歴史的な建物が建ち並んでいます。

目の前にドーン  カテドラル・メトロポリターナ
メキシコのカソリック教会を統括する教会です。
アステカの最高神ケツァルコトルの神殿があった所です。

pag170721-002.jpg

祭壇はメキシコではおなじみのウルトラバロックの装飾がなされています。

ここで 先に申込しておきたいのは カテドラルの屋上に上るツアー参加です。
右側入り口付近にいる 係員に申告すると 直ぐに受け付けてくれました。
有料で25ペソ ?

11時30分に参加出来るよ・・・ 
ラッキー タイミング良かったね~と言うと
ぺーさん あと 2時間もあるよという。  
えっ 11時30分って言ったよ。
係員も あと5分後と話しているのに ・・・ 
なんか ぼーっとしていたぺーさん。 お疲れ気味?

直ぐに カテドラル外にでで ツアーに参加します。
スペイン語オンリーの案内となります。

鍵のかかった扉から侵入していきます。

pag170721-003.jpg

螺旋階段をグルグルと上にあがって行きます。
息切れしても 後からどんどんあがってくるので休めなかった。

pag170721-004.jpg

要所要所で係員が説明してくれますが
私たちには チンプンカンプン 

pag170721-005.jpg

再び 外階段を 上に登ります。

pag170721-006.jpg

カテドラルの天井部分 アームの形の上に到着しました。

pag170721-007.jpg

バレエをやっているのか 素敵なポーズで記念撮影する女性。
手足が長くて絵になるね。

pag170721-008.jpg

チンプンカンプンの説明に耳も貸さず 写真撮ったり 座ったりしている私達に
係員がどこから来たのか? スペイン語わからないのか聞いてきた。
素直に 何もわかりませんと言ったら 
言葉もわからず 何故このツアーに参加したんだみたいなお顔されました。
(お金支払ったんだからいいじゃんねー)

pag170721-009.jpg

上からの眺望を楽しんでいたら 12時なりました。

pag170721-010.jpg

教会の鐘楼で鐘を鳴らします。 やっているのは女性でした。

キーンコーンカーンコーン ♪ キーンコーンカーンコーン  ♪

pag170721-011.jpg

上がるときとは違う階段を降りて ツアーは終了となりました。

pag170721-012.jpg

↓ 次のツアーの為に 並んでいる観光客
待ち時間なしで 登れた私たちは 本当にラッキーでした。

pag170721-013.jpg

靴磨きやさん。 ↑  都会だとバイクタクシーもハイカラだねw

↓ カテドラル・メトロポリターナ 全景
 
pag170721-014.jpg

広場には 一緒に写真撮ろうよの声掛けありーの 
錆びついたオブジェありーの  

pag170721-015.jpg

↑ 何かの儀式場? 煙を全身に浴びてお祓い中???

↓ 国立宮殿
1523年アステカ皇帝の宮殿跡地にコルテスが建てた宮殿
現在内部には大統領の執務室が置かれていて
毎年9月15日の独立記念日には大統領が自由の鐘を鳴らすんだって。

pag170721-016.jpg

入り口で結構厳重なセキュリティーチェックがあり
代表者のパスポートの提示が必要でした。

↓ 国立宮殿のパティオ

pag170721-017.jpg

国立宮殿の中庭にはサボテンがたくさんありました。
メキシコ = サボテンのイメージがあるのは私だけかしら。

私は疲れて一階の椅子に座り待機 ぺーさんは館内散策。

だから 国立宮殿の一番の目玉 国立宮殿の回廊
メキシコを代表する画家ディエゴ・リベラの描いた
メキシコの歴史という壁画は見ておりません。

今までメキシコ各地で見てきた 壁に書いた壁画は
メキシコ壁画運動の影響を受けての事だったのかもしれません。

この後 マデロ通りを通って 青いタイルの家に向かいます。

pag170721-018.jpg

遠くに見える建物はラテン・アメリカ・タワー ソカロのランドマークらしい。

pag170721-019.jpg

人に聞きつつ やっと見つけた 青いタイルの家 ↓
ノスタルジックな外観 18世紀の初め頃 
オリサバ公爵夫人という人が住んでいたそうで
彼女が何千枚にも及ぶタイルを壁面に貼り付けたのだとのこと。

pag170721-020.jpg

中央は吹き抜けになっていてました。
私たちは サンボーンズ という カフェ&レストランに入りティータイム。

この後 2人は別行動を取りました。
私はホテルへ戻りチェックインします。ぺーさんの散策はまだまだ続きます。 

ひとりぶらぶらマデロ通りをソカロへ戻ります。
↓ コロニアルな建物を利用したミュージアム

pag170721-021.jpg

↑ 自転車で走り回る集団 観光客かしら??

同じ道は通りたくないので 中央広場右回りです。
違う角度で カテドラル・メトロポリターナや国立宮殿が見れました。

↓ 何かの撮影中? 

pag170721-022.jpg

連結出来る自転車 面白そう~   レンタル自転車もあるようです。
治安が悪いと言っても 普通の観光都市となんら変わりはない気がします。

しかし あちらこちらで 銃を構えた警官がウロウロしていました。
写真はとれなかったけど 警官の皆さん 肩から大きな銃持ち。
事が起これば 即射殺されてしまいそう。

pag170721-023.jpg

地下鉄1区間分 テクテク歩いてホテルまで戻って来ました。 

昨日アウトしたホテルに 再びチェックインしました。
預けたトランクを お部屋まで運んでもらいました。

前回と同じ間取りの 1階のお部屋でした。 
エレベーターに乗らずに済むので楽ちんでした。

トランクを開けて整理しながら
汗をかいた服を持ち歩きたくないので 先ずお洗濯です。

1時間ぐらいして 雨が降ってきたと ぺーさんが戻って来ました。
そして 再び 今度は 鍵をもってお出かけして行きました。
(私が寝入ってしまっても良いように・・・)
本当に元気だわ。 ぺーさん。

私は シャワー浴びて お昼寝タイム

夕飯は ぺーさんが 散策の帰り道に購入してきてくれた
大きなチキンカツとレタスやヨーグルトセット。
温かいうちに食べよう~って 必死に帰ってきてくれたようです。

そして 翌日の打ち合わせ
明日は ラテンアメリカ最大の都市遺跡 テォティワカン遺跡へ行きます。

+++++++++++++++++++++
23:00  |  ・メキシコ2017年7月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |