アイルランド一日目①ベルファスト

2018年07月27日21:00

ダブリン空港 →
ベルファスト着後ベルファスト市内の散策

002.gif

ダブリン空港から 
北アイルランド(イギリス領)のベルファストへバスで移動します。
約2時間の移動です。

空港外のバス乗り場11番ライン
7時35分発 自販機でチケットを購入し乗車しました。

180714-01.jpg

一番前の席に座りました。 
バス車内はWiFiも使えます。
市街地を抜けるとすぐに牧草地帯へ
渋滞もなく 運ちゃんは快適に飛ばしています。

180714-01-1.jpg

↑ ぺーさんは グーグル地図で現在地をチェック中です。

バスの前方には 到着地と残り時間が提示されています。

180714-02.jpg

ベルファストの街までいくつかの街を経由して
ヨーロッパバスセンターへ到着です。 
2時間10分ほぼ定刻です。

ここのチケット販売所で
明日のコーズウェイ方面の周遊チケットを買いました。
会計担当のぺーさんに確認 チケット代17£だったそうです。

その後 明後日のダブリン行きのチケットを購入したいのですが
受付のおばさん ・・・ 
ネットで買うほうが断然安いからネットで買いなさい!! って。

安い・・と聞くと すぐその気になってしまうぺーさん(笑)
仕方ない。今夜ネットで購入しよう。。。。
ぺーさん何回も購入画面練習してきていて完璧でした。

180714-03.jpg

とりあえずは 今夜のホテルへ荷物預けに行こう。
バスセンターからトランク引きずって10分強 

ベルファストの宿は
↓ ベルファスト・インターナショナル・ユースホステル

180714-04.jpg

ソファでしばし休憩したのち
今日必要なものだけをリュックに詰めて市内観光です。

とりあえずバスターミナルへ戻りますが もちろん来る時と同じ道は通りません。
裏側からバスターミナルへ向かいます。

180714-05.jpg

うーん この通り 
この時間 私達以外ほとんど歩いていないんだけど・・・
↑ 写真写ってるのはぺーさんですから。

再びバスターミナルのチケット売り場へ
一箇所しかないからまた同じおばさんが対応してくれます。
あんた達またきたんかい・・そんな感じで笑っています。

そして最後は ネットが安いんだからネットで買えーって言うのよね。
私達にチケット売ってくれないのよ。

ネットが出来ないとバス乗れないシステム? 
そんな事はないだろう。

翌日は 日曜日 
コーズウェイ方面のバスは 日曜日は減便れ
9時30分発 1便しかありません。
最後に 明日のバス出発番号を確認して 観光開始です。

180714-06.jpg

大通りのモニュメント写して 
運転手と目があったタクシーは 写真だけ写して適当に歩きます。

180714-07.jpg

↓ グランド・オペラ・ハウス

180714-08.jpg

ベルファストの街に派手さはまったくない。
路なりに歩いていたら 街の中心地 シティホールにでました。  

180714-09.jpg

一部入り口付近は見学できましたが 
このホール ツアー形式で説明を受けながらまわる事ができるようです。
私達はパス。 私は聞いてもわかんないし・・・

180714-10.jpg
180714-11.jpg

シティホール前の広場 皆さんの憩いの場みたい。

180714-12.jpg

後ろからしか写してこなかったけど ↑ ヴィクトリア女王の像

180714-13.jpg
180714-14.jpg

このあと ウェスト・ベルファストにある壁画を見に行く為にバスに乗りました。

180714-15.jpg

多分 このあたり~という場所で適当に降りました。
(地球の歩き方) 本で政治的に問題のある地ということは理解していました。

180714-16.jpg

(地球の歩き方) 本にも掲載されていた 
1981年ハンガーストライキで獄中死したボビー・サンズの壁画

180714-17.jpg

カトリック系移民とプロテスタント系移民の対立する地域らしいのだが
通りを歩きまわってもいまいちよくわからない地域でした。

政治的な壁画??? 
どれがそうなのかさえ 私にはわかりませんでした。

↓ 黒塗りタクシーのブラックキャブでまわるツアーがあるそうです。
観光客はこのタクシーで説明を受けながら周遊していました。

私達 ・・・ 乗るかいなーw

180714-18.jpg

ウェスト・ベルファストの中にあった教会

180714-19.jpg
180714-20.jpg

紛争中にカトリック側で亡くなった方の霊園のようです。

180714-21.jpg

↑ ぺーさんと野球場の塀かな? って話していたフェンスこそ
ピースウォール(ピースライン)の壁の一部だったようです。

この辺りはプロテスタントが住む地域とカトリックが住む地域に分かれ
間にはピースウォール(ピースライン)と呼ばれる壁があるらしく
壁を通る道の門は 夜10時に閉まるというのだが
門の位置が 私達には最後までわかりませんでした。

各家庭の庭先には柵が必ず取り付けてあります。
私達が歩いたのはカトリック系の人達の住宅地だったようです。

180714-22.jpg

壁の角から北側に進んでいくとプロテスタントが住む居住区だったようですが
壁画があるらしい・・・というでけで
何も下調べしていない私達はただ歩きまわっただけ。

180714-23.jpg

遠くに教会が見えます。  

180714-24.jpg

聖ピーター大聖堂

180714-25.jpg
180714-26.jpg

大聖堂の周りは 閑静な高級住宅地?
突然大型犬に吠えられた私達 びっくりした~

180714-27.jpg
180714-28.jpg

可愛い子ども達 自転車に乗って楽しく遊んでいました。

再び近くのバス停から市内に戻ってきました。

あれっ・・・警察車両が並んでいるわよ。 
事件かしら~?

180714-29.jpg

何かのデモかしら・・・
それっぽい感じだね。

180714-30.jpg

えっ 男性 連行されているし・・・ 

ぺーさんの立ち位置では
眼の前で手錠をはめられるのが見えたそうです。

警察と衝突しているようですが だんだん人だかりも大きくなってきました。

180714-31.jpg

その後 海側へ行くためにバス停でバスを待っていたのですが
デモの影響で バスがなかなか来ません。 

キョロキョロしていたその時 
真っ赤な振り袖の着物を着た方が目の前を通りました。

ねぇー 振り袖だけど 日本人かな? って言ったら
えっ・・・と 二人の女性が 私達の方を向きました。

日本の方ですか~?  
ハイ 今日日本から来たばかりです。
髪の毛もアップされて 本格的に振り袖を着付けてもらっています。

自分で着付けたのですか ? 
いやこちらの担当の方に着せてもらったのです。
もうひとりは黒のロングドレスで正装されています。

何かのイベントですか・・・なんて話を続けようとしたら
ぺーさんが バスが来たよ !! って突然いったので
会話を中断して 慌ててバスに飛び乗りました。

北アイルランド・ベルファストで観光客以外の日本人に会うとは。
それも 振り袖姿の正装で。
何だったんたろう???  今でも気になるなー。

バスに乗ってから写したデモ風景 

180714-32.jpg

バスは2階建て もちろん二階一番前に座りました。

180714-33.jpg
180714-34.jpg

北アイルランドはイギリス領 街なかには イギリス王室の看板もありました。↑

↓ タイタニック号が建造されたタイタニック・クォーター

180714-35.jpg

1912年4月15日氷山に衝突して沈んでしまったタイタニック号
100周年後の2012年に建てられた記念館

180714-36.jpg

SSノマディック号のドック  ↑
1912年 タイタニック号処女航海の時172名の乗客が
この船からタイタニック号へ乗り込んでいったそうだ。
今は もうーボロボロ状態。 
100数年も経てばそうなるよね。

180714-37.jpg

ラガン川周辺には 大きなお魚のモニュメント

180714-38.jpg

ラガン川近くの公園にあったモニュメント像

180714-40.jpg

市内バスで戻ります。
来たバスに適当に乗ったら 
私達のフリーチケットでは乗れない ゾーンが違うバスだったようだ。
女性の運転手が 違うけど乗っていいわ。 
オッケーと私達を受け入れてくれた。

良かったねー と言いあっていたら 
バスはどんどん郊外へ走って行く。

ねぇー  こりゃまずいパターンだよ。
もともと乗れないチケットで移動したら帰りが大変だよ。
このチケットで乗れなきゃお金かかるし 早めに降りようよ。
今ならまだ歩ける範囲だからと 慌ててバスを降りましたわ。

向いのバス停あたりを ウロウロしていたらバスが来たので
ダメ元で乗ってみた。 
運転手は何も言わず私達を乗せてくれました。

無事にヨーロッパバスセンター辺りまで戻って来ました。

ベルファスト市内の観光を終えて 少し早くホテルへ戻りました。
おひさまピーカンの18時には 私達ホテル部屋にいました。

ベルファストの宿は
ベルファスト・インターナショナル・ユースホステル
お部屋はリフォームも終わり綺麗でした。

私はユースホステル初体験
でもツインだから普通のホテルとなんら変わらないのね。
共有のキッチン付・洗濯機付でみなさん利用されていました。
ポタニック駅から歩いても5分程度 とても便利な場所にありました。

180714-41.jpg

ベルファスト・インターナショナル・ユースホステルの前から
ジャイアンツ・コーズウェイへ行くツアーバスが出ていてとても便利。
観光客の多くの方が ここからツアーバスで向かうようです。

ホテルフロントで見かけたアジア系カップル
(日本人と思ったら違ったので印象残る) 
キャリック・リード吊橋で見かけました。

日本から香港を経由して ダブリンに到着後 ベルファストまで来て
市内観光 この日歩いたぺーさん歩数 30000歩

初日 ・・・ 
もちろん 私は ぺーさんより早く寝付きました。

99999.jpg



カレンダー


06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================