アイルランド七日目DARTで行く近郊の街散策②

2018年08月09日23:00

観光最終日は雨 降ったりやんだり・・
あいにくのお天気となりました。
乗り放題チケットを利用して近郊の街を散策しています。

002.gif

ダン・レアリーの街から北へ ダート終点駅マラハイドの街へ

↓ マラハイドの駅舎 

p180720-027.jpg

↑ ダブリンへ戻っていくダートの電車

地球の歩き方の本にも
マラハイドビーチと記載があるのでマラハイドも港町のようだ。
でも私達は この街では海を見ることはなかったわ。

目指すは マラハイド城

p180720-028.jpg

駅からずーっと公園の中を歩き続けて やっとそれらしい建物に到着。
20分近く歩いたと思う。
駅から距離があるから 電車っぽいバスが走っていたのだ。

p180720-029.jpg

マラハイド城 後ろ側。

p180720-030.jpg
p180720-031.jpg

マラハイド城 正面
タルボット家が代々所有する約800年の歴史があるお城。
幽霊がでるお城として有名らしく 何故か5体の幽霊がでるらしい。

p180720-032.jpg

↑同じ城を写して 
ぺーさんのカメラは綺麗なのに 私のスマホの画像の暗いこと↑
今回の旅行 カメラの予備を持参しなかった事を本当に悔やむわ。

p180720-033.jpg

再び20分程歩いて市街地へ 

p180720-034.jpg

街なかにあった教会へ

p180720-035.jpg

マラハイドの駅に戻った私達 次はホウスという街へ向かいます。
ホウスへはホウスジャンクション駅で乗り換えます。

ダートは ここが終点なのに 
線路はまだ先へ続いているよねー
近郊路線はまだ先があるんだネーなんて話しつつ
来た電車に乗った私達 
3つ目で乗り換えだねと話していたら やたら駅を飛ばす電車
ありゃーこの電車快速? 
気がついたらホウスジャンクション駅も通過し
次の停車駅が 朝出発したコノリー駅だった。

駅の案内が コノリー表示だったけど
行き先がコノリーで 次の停車駅がコノリーとは思っていなかった。

20180720-93.jpg

コノリー駅に到着し 振り出しに戻った。
(15時半ぐらい)

どうする? ホウスに行く・やめる?
ホウス行っても どんな街なのか全くわからない。
期待はずれのしょうもない街かもしれない。
でも予定した街だ 制覇しておきたい。

今度は直接
ホウスに行く電車に乗ることにしてホームで休憩↓

p180720-036.jpg

16時16分ホウスの駅に到着
お天気さえ良ければ沿線の風景も楽しめる場所だと思う。
この駅 珍しく自動改札のある駅だった。

p180720-037.jpg

まずは 海側へ歩いてみる。

シーフードレストランもたくさん並んでいる。
お天気が悪いのでお客さんも少なめ・・・

p180720-038.jpg

カニとかエビとか獲っているのか 底引きの装備が付いた船が多かった。

p180720-039.jpg

↓ 無人島 アイルランズ・アイ
夏場だけホウ湾から島へのボートが出ているらしい。

p180720-040.jpg
p180720-041.jpg

お魚屋さんのお店を覗いてみた。

p180720-042.jpg

日本で見たことがあるお魚・貝が並んでいたわ。
写真撮ってもいいか・・って店主に聞いたら 
10ユーロって言いながら 快く撮影させてくれました。

↓ ホウス駅舎 入り口

p180720-043.jpg

駅の西側にあるらしいホウス城目指します。
15分ぐらい歩いたかな。 
城の入り口へ到着。

p180720-044.jpg

門から3分程歩いて ホウス城到着です。

p180720-045.jpg
p180720-046.jpg

小雨は降り続いているし 足も疲れていて
駅でぺーさんを待つことも可能だったけど歩いて来てよかった。

p180720-047.jpg
p180720-048.jpg
p180720-049.jpg

ぺーさんは教会まで行ったけど 私は近くのバス停で待ってた。

その後 駅まで戻り コノリー駅まで戻ります。

p180720-050.jpg

ホウス駅始発駅なのに 到着した電車 なぜか空で帰っていった。↑

p180720-051.jpg

コノリー駅戻り ルアスに乗って移動。
最終目的地 テンプル・バーへ

p180720-052.jpg

テンプルバー The Temple Bar
ダブリンで人気No.1の観光名所?
アイリッシュパブの聖地らしいテンプルバー

↓ 「The Temple Bar」 
1840年から続くNo.1のアイリッシュパブ人気店
多くの観光客が この店の前で記念撮影しています。
ちろん私達もねー。

p180720-053.jpg

 「The Temple Bar」 横のお店で最後の晩餐

p180720-054.jpg
p180720-055.jpg

通りには変わった椅子も多数設置されています。
私達 空いていればもちろん記念撮影(笑)

p180720-056.jpg

流石に ↑ 日の丸はなかったわ。

↓お買い物の予定もないけれど スーパーあれば散策。

p180720-057.jpg

↓オコンネル像見納め いや 翌朝も見たんだわ。

p180720-058.jpg

夜20時過ぎ ホテルへ戻って来ました。
金曜日ということで ホテルまわりのパブも賑わっていました。

フロントを通り中へ・・・ 
全ての階の絵というかアート見てまわったわけではないけど
一人だとちょっと気味悪い場所もあったわ。

p180720-059.jpg

↑ 24号室 
私達のお部屋のドアに書かれたアート
誰なんだろう?

お天気の悪い中 今日も一日よく歩いた日だった。
写真の整理していて 毎回思う事は
私はぺーさんの後姿を撮影する機会が多いということだ。

いつもぺーさんの後を追いかけているのだろうね~。
この日の写真 ほとんどがぺーさんの後姿だった。

p180720-060.jpg

旅ログを読んだ方によーく言われる事。
美南さん 旅に出るとよく歩いてるわね~
鉄人ぺーさんによく付いて行けるからすごいわよ~って。
何故か 褒められる事が多いのよねwww

そして 最後には 
あんなに歩く旅 私には出来ないわって。

私自身 旅に出てしまうと
私の人生 二度とこんな地に 来ることはないだろう。
今しか この景色は 見られないかもれない。
そうー思い続ける事で 辛くても踏ん張って歩いてきました。
普段の私は 日本にいてこんなに頑張ることは少ない。

でも 海外に出ると不思議な力が湧き出てくるみたい。
食べる物も食べないで寝る間を削ってでも頑張れる。
全てが二度と来ない(来れない)地だから。

ぺーさんとの旅 確かに歩き回る事が多いです。
同じ地に何日も滞在するって事はまずない。

そんな中 私は私なりに考えて 
私は行かない。。。ここで待っているわ。
と 体力温存に務める事も多々あります。

私に 無駄な歩数を踏ませないように
ぺーさん 先回りで下見してくれたり 席を譲ってくれたりして
私をいたわってくれるので本当に助かっています。

でも 私だって足は元気 歩く事は苦にならない。
停まっているのは嫌いだけど・・・ 笑

いざとなったらぺーさんより早く歩くことも出来ます。
花火大会の後みたいに いくらでも頑張れるんですよー
(二人しか知らない話だけどね・・・)

 

アイルランド七日目DARTで行く近郊の街散策①

2018年08月09日21:02

観光できるのは今日一日
朝起きたら雨 ・・・ けっこう降ってる。

この日は朝一番に 
タラの丘に行く予定だしたが 雨の為行き先を変更です。
ダブリン近郊の街へ走っているダートを利用して
ショートトリップすることにしました。

002.gif

朝 靴を履くときになって 凹む私。

雨だよ ・・・ 
この運動靴 汚れたらイヤだなぁー

実は 昨日まで履いていた運動靴を ホテルに棄ててきたのだ。
破れていた訳でもない。壊れた訳でもない。

長年 履き続けてる靴だったので 荷物を減らす為にも
よーし ここで処分して 帰国後 新しい靴を買おう~なんて思い
ゴールウェイのホテルのゴミ箱へポイッと棄てて来たのです。

もう地方の田舎道歩く事はないし ダブリンは市街地だし
まさか 雨になるとは思いもせず 安易にポイッ。 
早まった事してしまった。
昨日もとってもいいお天気だったし
今日は予想もしていなかった雨 
アイルランドのお天気は変わりやすい・・ ほんまやわ。

みなさん 
予備の物を処分するのは 旅の最終日にしましょう~!!って
旅の間に簡単に物を捨ててしまうのは私だけかな。

9時前に 中央郵便局先にある ダブリンバス営業所へ行き 
9時の営業開始を待って リーフ・ビジター・カード周遊券を購入します。
ダブリンバス・ダート(近郊電車含)・ルアス・乗り放題です。

私は1日用10ユーロ ぺーさんは3日間用 19.5ユーロ
24時間使用できるので 翌日の空港行きのバスまで利用可能です。
空港バスだけで 6-7ユーロだからめちゃくちゃお得です。

購入後 雨の中を歩くより すぐ近くを走っていたルアスに乗りました。
乗ったはいいけど 次の停留所で打ち切りのルアスだった。(大笑)

p180720-001.jpg

誰も乗っていないはずだわ。 ↑
ルアス乗り換えて コノリー駅へ移動してきました。

ここからダートに乗り換えて出発します。

p180720-002.jpg

目指すは ブレイという駅
案内図を確認していたら 
親切なおじさん 何処に行くの? って
ブレイに行きたいと言ったら この電車で行けるよーと教えてくれました。
お礼を言って乗りこむとけっこうお客さんが多い。

↓ 24時間お世話になる乗り放題チケット

p180720-003.jpg

ダートは各停のはず。。
乗ってからわかったけど 
この電車はダートではなく近郊路線を走っている快速電車だ。
まぁー乗り放題だし なんの問題もないけどね。
この電車内は 車内販売もありました。

40分ほどで ブレイの駅到着です。
駅構内は モザイク画廊になっています。 

p180720-004.jpg

ダブリンから南20キロほどの場所にあるブレイは
アイルランドの庭と呼ばれるほど自然が美しい街らしい。
週末になると多くの人が押し寄せるリゾートタウンだそうです。

でも ・・・ こんな雨の日では美しい自然もイマイチです。

p180720-005.jpg

海辺には お決まりの遊園地もあります。

↓ ブレイヘッドは 街の南にある丘で 
頂上からはきれいな景色を楽しむことができるし
お天気の良い日には 毎日たくさんの人が
家族や友達やペットの犬とハイキングを楽しんでる場所だそうです。

最初は登ってもいいかなーと考えていましたが
こんな天気では登る気にもならず ・・・

p180720-006.jpg

頂上にある十字架だけ望遠で写して終了。

p180720-007.jpg

郊外学習なのか 同じリュックを背負った子供たちの姿もありました。

p180720-008.jpg

浜は 砂地は一部しかなく ほとんど大きめの小石です。
荒波に削られて ほとんどが丸石でした。

遊園地もお客さんいない。 寂しそう・・・

p180720-009.jpg

街なかには こじゃれたレストランも多くあります。
リゾート地だからなのか カジノも数店舗ありました。

小雨の降る中 適当に散策して駅に戻って来ました。
今度は 各停のダートに乗って 次の目的地へ移動します。

p180720-010.jpg

お天気が良ければ 海外線を楽しめる場所なのに残念。

次は ドーキーのいう駅で降りて ドーキー城を見に行きます。
乗ってきた電車を見送ります。

p180720-011.jpg

↑ チケットの販売機
駅には改札らしいものはない。
勝手に入り電車に乗って勝手に出で行く方式。
だだし不正乗車は多額の罰金が課せられます。

駅を降りて迷うこと無く こっちと歩き始めた私達
お城は駅近なのに いくら歩いてもお城らしいものが見当たらない。

p180720-012.jpg

周りは高級住宅地? 大きなお屋敷みたいな家ばかり
おかしくない ?  道間違えた ?
ここではじめて地図を確認してみると 
ありゃ~ 私達逆の方向へ歩いてきていたようです。
再び駅目指して歩きます。

p180720-013.jpg

駅まで戻りました。 
すると前方にお城らしきものが見えています。
全く逆へ歩いていたようです。 

p180720-014.jpg

街なかを歩いてお城へ向かいます。
おしゃれな感じのパプやレストランが立ち並んでいます。

p180720-015.jpg
p180720-016.jpg

14世紀に建てられたドーキー城 
見学ツアーもあるようだが 私達は写真を写して撤退
英語ツアー聞いてもねーw

ドーキー城の前に 建っていた教会へ

p180720-017.jpg
p180720-018.jpg
p180720-019.jpg

お土産物屋さんウィンドーに大仏さん発見
雨にぬれて飼い主を待つワンちゃん ↑

夏のヨーロッパ風物詩?
街なか あちこちに 花が植えられている。
花鉢があるかないかで街の風情も変わるよね。

p180720-020.jpg

ドーキーの駅から 今度はダン・レアリーへ

ダートの電車内 こんなシールが張ってあります。
座席に足あげたら 50ユーロの罰金?

p180720-021.jpg

ダン・レアリー駅到着です。
地球の歩き方の本に掲載されれていた街
この街も なーんの予備知識もなくやってきた私達。
とりあえず 歩いて見るか・・・ そんな感じです。

p180720-022.jpg

ここも海辺の街です。
イギリス・ウェールズのホーリーヘッドと行き来する船が発着する港町だそうな。
ターミナルっぽい場所へ行ってみたけど 施錠されていて入れなかった。

p180720-023.jpg

ぺーさんは マリーナの端まで歩いていたけど
私は港入り口にある椅子に座って体力温存(笑)
港でも観光用?WiFiすいすい繋がった。

南東に1kmほど行くと 
海岸沿いにクィーンズロードと呼ばれる遊歩道があるらしく
その先にジェイムス・ジョイス・タワーなる物があるらしい。
この雨だし歩きたくないし私達は行かなかった。

1837年に建てられたマリナーズ教会を改修して
1978年にオープンした国立海洋博物館 

p180720-024.jpg

大きなホテルの前庭を通り抜けて歩きます。

p180720-025.jpg
p180720-026.jpg

13時前 ダン・レアリー駅に戻って来ました。

20180720-91.jpg

カレンダー


07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================