登別温泉⑥1日目宿

2008年10月17日13:11

私は 姉妹館石水亭の
銀杏館7F空中露天風呂や 
辛夷館8F空中大浴場も 朝夕1回ずつ入浴しました。

望楼のお客様は入浴可  石水亭のお客様は 望楼には入浴できません。
望楼の作務衣服か浴衣を着ていくとフリーパスでした。 

大旅館の宿命でしょうか 夜は大勢の入浴客でした。

そんな中 韓○や中○のお客様が多かったです。
浴室でのマナーなんてあってないようなもの 勝手気ままに入浴されます。
私も一度だけ お湯が ばしゃーってかかりましたがお構いなし・・・

日本のお客様が遠慮がちに入浴しなきゃいけないお宿って この先・・・

CIMG1859_登別_ks CIMG1862_登別_ks

私がお風呂から帰ってくると 主人は ・・・ 大嫌いな飛行機に乗ってお疲れのご様子(笑)

F1000109_20081016144851.jpg

しかし お互い好きな事してバラバラ 会話のない夫婦だ。 
まぁ~ ここまで来て話しなきゃいけないことなど何もないのだが・・・
好きな時間にお風呂いったり ラウンジいったり 本を借りてきたり・・・

朝には 無料サービスで新聞朝刊を届けてくれます。
ドアにかかったビニル袋の中に朝刊が入っていました。
チェックイン時に どの新聞が良いか聞かれました。

CIMG1858_登別_ks

ここの従業員の方は お部屋に案内する時以外は
お客様と一緒のエレベーターには乗ってこられません。

お客様・・・お先にどうぞ~と言って次のエレベーターを待っている。

スタッフの年齢は 若い方が多いように感じたのだが 
朝食時の不満以外に これといった不満は感じないお宿だった。

アンケートに このお宿にいくらの宿泊料金を出すか・・との問いがあったが
朝食の出し方を改善してくれたとしても  う・・・ん 40000円までならOKかな~。
なんといっても 源泉掛け流し付で 2食付ですから~~~

玄関の雰囲気 ドア1枚の戸 ・・・ なーんか 数年前に宿泊した
小樽朝里川温泉の小樽旅亭藏群みたい・・と思ったのだが
やはりおなじ建築家中山眞琴氏のデザインだった。 
ライブラリー坤滴湖には ここと同じように本とかレコードもあった。
19部屋しかなくて 今では 超~予約のとれないお宿となってしまった。

さてここ 望楼NOGUCHIは オープン2年 どうなるかしら。

チェックアウトは 12時です。 この遅い時間が また嬉しい。

11時45分に部屋をでて フロントへ向かいます。
来たときと同じようにお部屋も綺麗に片付けて・・・退散します。

CIMG1907_登別

フロントで清算をお願いします。

明細書・領収書は きちっと白い封筒に入れて返してくれました。

車寄せにはレンタカーが付けられて 荷物の積み込みは終っていました。

またのお越しをお待ち申し上げております・・・

お世話になりました。

・・・・・・

そして 私達は 次のお宿のチェックイン14時までの2時間 登別観光です。



カレンダー


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================