2009年秋の韓国⑥

2009年10月29日13:02

周りの景色を楽しみながら バイクを漕いでいきます。 ほとんど相方が・・

R0013108.jpg

鉄橋を越えます。 カタン・・・カタン・・・音が懐かしい感じがします。

R0013109.jpg


18a3e4f6ab2ef62e2956862cbcaae8b7.jpgeacce74ad7d4686f3e8ffffdcbb1e0b1.jpg18a3e4f6ab2ef62e2956862cbcaae8b7.jpgeacce74ad7d4686f3e8ffffdcbb1e0b1.jpg

おぉ~また トンネルです。   長いのかな~  短いのかな~ 

R0013112.jpg

トンネル内で シャッター押したら青くなりました。

R0013117.jpg

トンネルの先は・・・
 
R0013119.jpg

まっすぐな線路が続いています。 渓谷・山々の景色も最高~です。
私はこの辺りの景色が一番好きでした。

R0013123.jpg

後の仲間も  楽しそうに漕いでいます。  何お話しているのだろう~?

R001312511.jpg

今 写真を見て思ったのですが この先の きちっと板が敷き詰めてある場所は
降りてもいい場所だったのではないかと・・・
写真スポットとか・・・またはちょっとした休憩所?

手前の看板  ねぇ~寄ってかない? の意味? 

R0013128.jpg

このあたり 身体に受ける風は 少し冷たい気がしました。
手足を 動かさず じーっとしていると冷たくなりました。

そういえば 手袋用意していた仲間もいたよなぁ~ 

整備された綺麗なレールの上を
川の渓谷 山の紅葉を見ながら 本当に最高のレールバイクです。

R0013131.jpg
R0013132.jpg

道路と交わるところには踏み切りがありました。警備員のおじさんが一人たっています。
丁度 私達のレールバイクが止まれの指示で バイクが繋がってしまいました。

待たされていた車が どんどん 踏み切りを通行していきました。
そして 私達もまた一台ずつ進んで行きます。

R0013134.jpg

この先 売店やトイレがある場所でした。
とうもろこしとか・・・いろいろな物が売られていました。
要領わからなかったので 何か売ってるねぇ~ で通り過ぎてしまいました。

でも・・・
一台でもレールバイクが止まると 後ろは並んで待つ事になるのでしょうか?

帰宅後 ネットで調べてみると 
一旦降りて 短時間は休憩してもいいようです。
その時は レールバイクを間違えない様に番号で確認するのだそうです。
今回のように 満員状態で走っていると なかなかむずかしいかもしれません。

R0013135.jpg

水車のある庭園?

R0013136.jpg

稲刈りが終わった田んぼ のどかでいいねぇ~  と言いつつも足止まったまま・・・

R0013137.jpg
R0013139.jpg

踏み切りで だんご状態になったので 前も後も 繋がってしまいました。

先頭の人   もーーーっと  しっかり  漕いでよ~~   
って大阪のおばちゃんはボヤいていました(爆)

R0013142.jpg

残り 1、4km の標識

R0013143.jpg

最後のトンネルは  アリラン峠  長さは 1km
長いトンネルなので 中はいろいろな色の電球が取り付けられていました。
そろそろ終盤 楽しみながら二人で漕ぎ続けて行きます。

1kmって結構長かったわ。。。  結構 冷んやりするしねぅ~

R0013146.jpg

あぁ~あの月  
見たことのある景色 ランチした場所に戻ってきたようです。 

R0013150.jpg
R0013152.jpg
R0013153.jpg

終点 アウラジ駅に到着~♪ 楽しかった~♪

15時~16時 漕いで走っていたのは40分程度だっかも・・・でも満喫しました。

R0013155.jpg
R0013156.jpg

私達が乗ってきた二人用のバイク

R0013157.jpg
R0013159.jpg

この後 また整備されて スタート地点まで列車に押されて戻っていくのでしょう。
列車は 2時間間隔での運行でした。
冬場は 15時が最終~ってことになっていましたので今日はこれで終りかな~!

R0013162.jpg

色づいた葉っぱがいい感じですねぇ~

R0013163.jpg

このお魚 なーんか 気持ち悪いわ。 
どうせならもっと綺麗なお魚にすればいいのにね・・・

R0013165.jpg
R0013168.jpg
R0013169.jpg


当初は 7キロ ちょっときついかなと思ったけれど 
景色を見ながら おしゃべししながら あっというまでした。

一緒に漕いだ仲間の相方も
川沿いを走っているときが 一番楽しめたねぇ~って感じでした。

乗り物に乗車して ただ景色見るより 自分達で漕ぐというアトラクションが
肌で楽しみを感じ 最後までテンションアップでした。

登り~って所は ほとんどなく 全体的には 下りが多かった。 
平坦な場所のみ 漕ぐ必要があるって感じだったと思う。
ほとんど漕がなかった私が言うな!! って言われそうだけど・・・笑

この後 迎えのバスに乗り 次の目的地へ向かいました。

d861b80dac84e126970fd63b4e0c8f92.gif d861b80dac84e126970fd63b4e0c8f92.gif d861b80dac84e126970fd63b4e0c8f92.gif

カレンダー


11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================