湯原温泉泊

2010年05月04日00:21

湯原温泉は 何回も訪問している地
温泉の泉質は アルカリ性のきつい温泉地です。

ここの一番のいいところは 温泉の湯量が多いこと・・・

源泉かけ流し・・・そんなレベルではなく 
浴槽ごとに 毎回 お湯を取り替えてもOKなのです。

温泉地のいたるところは 足湯などがあります。
これは 豊富な湯量を捨てるための施設なのだそうです。

お湯は 貯めおかない。 
湧き出てきたものを瞬時にあじわってほしいとの事です。

↓↓は 露天風呂西の横綱 砂湯
    ダムの下の河川に 下からどんどん湧き出てくる野生風呂です。
混浴風呂です。 女性はバスタオルだけは 認められています。

私が見学に行ったときは 男性だけでした。

夜 遅い時間に 入浴挑戦してみようと 
ゴム付きのバスタオルを 用意して行ったのですが
夜は 飲みまくったのと疲れで 9時には寝ちゃいました。

20100501-011.jpg

お宿の露天風呂 もちろんお湯は使い放題

家族で 1時間の貸切 もちろん一番風呂ゲット!!

20100501-009.jpg

今回は 当初 ツイン部屋だったのを
娘の同行で 部屋をチェンジしてもらいました。

通常は 日帰りの入浴などに使用する 
家族風呂専用の離れのお部屋でした。

お部屋のお風呂も 大人4・5人は入れるほどの大きなお風呂を
毎回 お湯を ジャージャー流して 贅沢三昧の入浴をしました。

夕食は 毎回 同じメニューです。

ここの チーズフォンデュがとっても美味しくて
このチーズフォンデュを食べたくて 湯原温泉ではこのお宿に決めています。

私が今まで食べたチーズフォンデュの中では一番の美味しさです。

娘も このお宿に 泊まることが決まっていたので
ここのチーズフォンデュに引かれて同行決定したようなもの。
オプションですが 絶対にお勧めです。

私たちは お鍋に残ったチーズを 綺麗にこそいで食べます。

お土産用に 分けてほしいと 何回も要望したのですが
ここに来て食べてください・・との事で 毎回お断りです(泣)
その日その日の手作りのため 当日の注文もダメのようです。

私たちが 美味しい・・美味しい・・と言うものだから
横のお客様 とっても 残念がられていました。

次回は 食べてね~ ばりうま チーズフォンデュ!!

20100501-010.jpg

食堂には アンティークオルゴールがおいてあります。
3台 それぞれ 音色が違います。

このアンティークオルゴール 日本に一台しかないというもの。
ご主人が ローマで 見つけオークションにかかる寸前に買い取った品物だそうです。
そりゃ~いい音色を聞かせてくれます。

20100501-012.jpg

↑ 天丼号=天ぷら油で走るロンドンタクシーです。
廃油を川に流さないように 美しい環境を守ろうと始めた事業だそうです。
朝30分かけて ゆっくり温泉地の中を案内してくださいました。

ご主人は 30万人にひとりという大病をお持ち  
お客様のために 不自由な身体の部分もありながら
一生懸命にお仕事をされています。
それを支えているご家族 見ていても本当にホットないいお宿
身障者にもとっても優しいお宿です。

昨夜 飲みすぎたわたし
お部屋に戻って バタンキュー そのまま朝まで 寝てしまいました。
砂湯の露天風呂へ行く予定も 部屋でワイン飲む予定も おじゃん!!

そのかわり 朝5時から 贅沢な温泉三昧していた私でした。

朝食は 手作り焼きたてパン すべて食べてしまった私達です。
蒜山高原の牛乳 とっても美味しいです。
よくをいえば もっと大きなコップでいっぱい飲みたい(笑)

20100501-013.jpg


10時に 次の目的地を目指して出発~


f0085185_0373488.gif

カレンダー


07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================