2012年11月韓国③

2012年11月15日17:47

庭園をみてから移動して行くと 
韓国風の独特な音色♪ ~ ♪

音楽に引き寄せられて中に入り込むと 
何か イベントでも やりそうな気配?

入り口のボートを見ると 結婚式をやるみたいです。

ハングルは 全く読めないけれど … 漢字名もあります。
そこに書かれていたのは 日本名の女性の名前です。

ねぇ~ 新婦は 日本人みたいよ~~~と私が仲間に言うと
近くに立っていた韓国のお兄さん (後に新郎・新婦の担ぎ手の方)

新婦は 日本から嫁いできます。大変ですね~!! って 
聞きもしないのに 日本語で 答えてくれました。

それも 大変ですね~ だって (爆)

確かに大変なことですね~ 日本語お上手ですね…と話しかけると
僕 日本留学していました~ と教えてくれました。

ねぇ~ この籠に乗っかって 新郎・新婦は登場するのかしら ?

韓国ドラマに全く興味のない私は 謎だらけ… 

その間にも マナ演奏は続いています。

121110-21.jpg

12時前に 紅葉散策をおえて戻って来たら 
どうぞ~ 皆様 中へお入りください  … ってアナウンス
じゃ~失礼して お写真だけでも…と思い 中へ入り込みました。

お式が始まる前の式場の様子を 写しまくっていました。
仲間は 新郎・新婦の控室まで 上り込んで写していました。
もちろん 撮影オッケーです。

私たち日本人の他 他の外国人の方たちも 今から始まる結婚式に興味津々

お天気はいいし バックは見事なまでの紅葉~

121110-22.jpg

↑ 新郎・新婦が 外に出てきました~。
おぉ~ いい男じゃん。 わぁ~ 綺麗な花嫁さんじゃん。

そろそろ 外に出ていかなきゃと思っていたら
皆さん お席について 一緒に お祝いしてください。
どうぞ~ どうぞ~ とハングルと日本語でアナウンス
えっ。。。 私たちも参列しちゃっていいの?

公開結婚式のようです。
新郎・新婦側のお客様も少なめ お席もたくさん空いていましたので
観光に来ている外国の方々も 空いているイスに着席し始めました。 
じゃ~ 私たちも座っちゃう・・・
席には ひとりひとり寒さ対策のひざ掛けも用意されていました。

さぁ~ここから お式の始まりです。

韓国の結婚式用の音楽というか曲が演奏される中

まず 新郎・新婦のお母様達が 入場されてきました。
新郎の方はお姉さま。 新婦のお母様はチョゴリ姿です。

神父というか お式を取り仕切る男性の前で なにやらとり行っていました。

放送は 韓国語の後 日本語に通訳されて
私たちにも十分理解できるシステムになっていました。

121110-23.jpg

そのあと 韓国の男性たちの掛け声がかかり(ハングル)
掛け声の中 新郎登場です。
日本でいう ながもち歌(長持歌)みたいなものでしょう。
 
先ほど 日本語を話してくれた男性たちが担いでいます。
(たぶん… 新郎の仲間というより アルバイト?)

登場した新郎は 新婦のお母様の前に行き何かの儀式をしています。 

あれれ… 新婦のお父様は そのまま椅子に座ったまま ↓
無視? されたまま儀式はすすめられていきました。

121110-24.jpg

新婦のお母様の許可が得られたのでとの通訳あり

そのあと 新婦花嫁さんが 籠に乗って入場してきました。 
とっても かわいい 花嫁さんです。 アキコさんとおっしゃいますw 

韓国ドラマに詳しい仲間は 
ほっぺたに 赤丸つけるのよ~って話していたけれど
ホントだ・・ 付いてる・・

121110-25.jpg

いろいろな儀式の間 新郎・新婦は全く別の場所に座っています。

そして 儀式の後 新郎・新婦が二人で 
新婦のご両親に挨拶に行き 親族になった旨の報告をしました。

新婦のお父様・お母様 … 新郎・新婦と抱き合っています。

きっと… 新郎に 娘をよろしく頼むよ~と
新婦には 幸せになりなさいね…と 

このころになると 私は一人もう~ 涙・・・なみだ・・・

異国の地に嫁ぐ娘 ご両親の気持ちを思うとねぇ~

121110-26.jpg

今度は 新郎側に報告にいく新郎・新婦

言葉も文化も違う 日本からの花嫁さんに優しく接してあげてね~って
心の中で必死にお願いしました。

ここで初めて 二人そろって 横に並びました。
新婦は ずーっと 腕を横に組んでいます。 疲れるだろうね~。

私と仲間との会話
あれれ 新郎のご両親は いらっしゃらないのね。
きっと 日本からの花嫁さんに反対されたのかしら・・・
怒って参列していないとか・・・そういえば 親族も少ないわね~
勝手に 憶測で しゃべっていました。


この後 義理のお兄様からお祝いのお言葉
文章の区切り区切りで 日本語に 通訳されました。

その中で 天にいる両親に晴れ姿を見せたかった・・とあり
勝手に 結婚反対話をしていた 私たちは納得(笑)

言葉の最後に
私達親族は アキコさんを大切に致します…って入っていました。
(本当だよ~ お義兄さん その言葉忘れちゃダメですよ!!
こんなかわいいお嫁さん 泣かさないでね~) 

その後は 新婦側の親族による お祝いの歌♪ 

歌の合間に 新婦のお姉さまは 
慣れない韓国語で 少しだけご挨拶されました。

たぶん 新婦のお母様は 
コーラスでもやっていらっしゃるのだと思います。

透き通った声で熱唱~ 

♪ ♪ 縦の糸はあなた~ 横の糸は私~♪♪ ♪ 
耳についてしまって・・・
この曲が 私たち3人 心に響きました。 
ここで ズルズルウルウル・・・ 3人そろって号泣です。

いい曲・・・今日にぴったりの曲だったね~ ウルウル

帰国後仲間が 縦の糸 横の糸で探し出してくれた今回の曲は
『中島みゆきの糸』

横の新婦のお友達含め 言葉のわかる日本人は
ほとんどの方がウルウルしていたように思います。

121110-27.jpg

そのあとは 韓国のお祝いの曲を生演奏して

新郎の万歳三唱??? 笑
万歳~万歳~万歳  チッュ 笑顔がとっても素敵な新郎でした。 

新婦も何かしなくてはいけなかったのかな?
二人ではにかみ合った後 結局 新郎が再び 万歳三唱~

121110-28.jpg

これで約30分 滞りなくお式は終了~

親族の記念撮影  
新婦のお父様は 普通のスーツなんですね。
母親は儀式に参加したけれど 父親は何もなかったですね。

121110.jpg

ご両親も亡くなっているとのことなので 
少しは気分が楽なのかな~ なんて勝手に思ってしまいました。

美男美女 二人が 何処で知り合ったのか興味がありました。

我が家にも お年頃の娘がいますが
何時かは 嫁いでほしいと願っていますが
国際結婚となると 素直に喜ぶことができるかいささか不安です。

今回 偶然にお式に列席させてもらい 
少しだけ韓国の文化に触れた気分になりました。 


アキコさん 幸せになってくださいね~~~☆


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

カレンダー


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================