2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2013.03.28 (Thu)

セブ島(シャングリラ編①)

私達の出発から一日遅れで
お隣のシャングリラホテルに おなじサークルのお仲間が 
違うサークルのお仲間と滞在中とのことで訪問する事にしました。

行くかもしれないからね~とは事前にお話してありました。

あわよくば ホテルのビーチで遊べたらラッキーという事で
シュノーケル道具一式もって行きます。

タクシーで行くほどの距離でもなく 
テクテク歩いてシャングリラホテルまで移動しました。

幹線道路を 牛も お散歩中 放牧中なのかな???

思っていたほどの距離はなく あっという間に到着です。

130319-01.jpg

入り口の警備員に 荷物チェックを受けて敷地内へ…  ↑↑↑

敷地内 あちこちに警備員の方がいて 
私たちが通行した後 必ず 無線で話しています。

『A地点 熟女4人 通過しました~』こんな感じなのでしょう。

進入路を間違えると 前方から警備員が走って来て
ここの階段を上がり 正面玄関へ行け!! みたいな指示です。

誘導されるように シャングリラホテルの玄関ロビーへ到着。

勝手知っているホテル 勝手に入り込むと
警備のお姉さまに すかさず 質問攻めにあいました。

お友達が宿泊しているので 会いに来たというと
お部屋番号を聞かれましたが ???
次は名前を聞かれ 私は友人の名前を答えました。

すると お友達と連絡をとれ!! と言われ 
何回も 携帯から電話しましたが 電話がつながりません。
スマホなので電源を落としていると思われます。

その間 ロビーの椅子に座らされて 私達4人監視されています。

次は ホテル電話で 交換に繋いでもらい
お友達の名前をいい 宿泊しているお部屋に繋いでもらう事にしました。

でも お部屋の電話にも誰もでません。 
深夜の到着 今時分 朝食中なのかな~ トホホ・・・

そうなると 警備のお姉さま 冷たいものです。
お友達と連絡が取れないのなら ホテルから出ていけ状態です。

私たちは ビーチで遊べるか聞いてみました。
3500ペソで ランチ付いて 夜まで遊べるとのこと

私は 3500ペソで遊んでもいいかな~と思ったけれど
ビーチで 一人はさびしいし 迷いました。

せっかくここまで来たので 一人でも仕方がないかなと諦めた時
一人の仲間が 私も遊んでいくわ~~~って言ってくれて
ひとり遊びせずにすみました。 

二人はシャングリラホテルの敷地内へ 
二人は自分たちのホテルへ戻る事になりました。

その間も ズーッと 監視付でした。

これだけ警備がうるさいのなら このホテルとっても安心ですね~
不法侵入もどきの私達が自ら証明しました。(爆)

私たちは ホテル売店みたいな場所で 一日滞在券を購入して
腕に 緑色のテープを巻かれました。 

これで堂々とホテル敷地内を歩き回る事ができます。 ↓↓ 

130319-02.jpg

敷地内 あちこちに警備員の姿がありました。
私達を見つけると すーっと寄ってきて 確認します。
怪しい者ではないとわかると 
そのあと 写真写してあげるわ~って感じでした。

130319-03.jpg
130319-04.jpg

↑↑ 私たちが宿泊しているホテルも見えます。

昨年 9月に宿泊して 敷地内の事はわかっているので
適当にバスタオルをとって パラソルの中に 陣取りました。

シャングリラ ビーチは広いし綺麗です。

すぐに 海に入りました。
カード類や 携帯電話(一応防水)は 
3枚のジップロックに入れて 一緒に海の中へ持込ました。 

いるいる懐かしいお魚がいっぱい・・・・(写真は後でね)
夢中でお魚を追っかけて遊びました。

休憩の為に ビーチにあがり 携帯電話を確認しました。
すると シャングリラに宿泊している仲間からの着信があり
無事に連絡を取ることができました。

そのあと ビーチで 2時間ほど おしゃべり

さんざんおしゃべりした後 私たちはランチタイムです。

腕に巻かれた部分の『ランチ』のシールがもぎ取られました。

食事はいろいろな種類が用意され あれこれ迷うほどでした。

マンゴーも山ほど・・・お腹いっぱい食べまくりました~☆

ケーキも食べたかったけれどギブアップ。
最後はアイスクリームで締めました。

130319-05.jpg

ゲップが出そう… 海で ゲロったら 
お魚が寄ってくるね~なんて言いながらビーチに戻りました。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
23:37  |  ・セブ島2013年春  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |