17-ヨーホー国立公園&モレーン湖+渓谷散策ツアー③

2014年10月01日12:00

次は ナチュラル・ブリッジ Natural Bridge

20140915-21.jpg

ナチュラル・ブリッジは 長い時間と
キッキングホース川の膨大な水量により
川底のライムストーンを 削って造った 自然の橋です。

見かけ以上に ど迫力があります。 ドドーッと水は大量に流れ落ちています。
昔は この裂け目の上 
橋のようになっている部分を渡れたらしいのですが
近年は 渡ってはダメって事になったようです。

でもこの日 一人の男性 滝の近くまで降りて写真撮っていましたけど・・・

20140915-22.jpg

快晴~~~  青い空   本当に  お天気でよかった。

何回も何回も 言葉にする私  だって嬉しいんだもん。 

s-IMG_2369.jpg
s-IMG_2371.jpg
s-IMG_2373.jpg

この後 ジョンストンキャニオン渓谷散策へ向かいます。
午前中 来た道を戻っていきます。

私達の走る右手に 貨物列車が見えるようになりました。 ↓

すると ガイド君が 
もしかしたら スパイラルトンネル突入に 間に合うかもと言いだしました。

僕も ガイド始めてから 1度しか遭遇したことがないのですという。

長い長い貨物列車です。  通常100車両前後繋いでいるようです。 
ガイド君は 一度踏切でつかまり 数えた事があり 
その時には107車両だったそうです。
もちろん 踏切があくまで20分近くかかるんだそうです。

川の中洲に (名前忘れた) 動物がいます。(丸印) 

20140915-31.jpg

途中 道路工事の現場で 足止めをくらいましたが
なんとか車両に追いつきそうです。  貨物列車も山坂を登って行きます。↑

間に合うかな~~~ ドキドキします。 

午前中立ち寄った 
スパイラルトンネルが見られる展望駐車場に 再び車を停めます。

走れ~~~  近くで  ゴトゴト 貨物列車の走る音がしています。
間に合いました 私達。   な・なんと 強運持ちなのでしょう。

カメラ 望遠にしてみます。

20140915-33.jpg

目の前を左に進んでいる車両があるというのに
まだトンネルに入り続けている車両もある。 
これ ひとつの車両の列車ですから トンネル内でも繋がっているんですよね。

最後尾の機関車も 写真に写すことができて これまた ラッキーです。

①で入った最後尾  次は②のトンネルからでてきて 
その後 目の前の③を 走り抜けていく事になる。

時間の関係上 最後までは見ていられなかった。

20140915-32.jpg

ガイド君 人生2度目の  スパイラルトンネル通過の列車と遭遇。
(前日も 同じコースを案内していたと話していました。)

私達は 1度の訪問で 
スパイラルトンネル通過列車と 遭遇する事が出来ました。

本当に ほんとうに 幸運でした。  

20140915-31-1.jpg

しかし この展望場所 
周りの木々を カットしてくれると もっと しっかり 列車が見えるのだが
国立公園内 手を入れる事は 出来ないのだろう。 
自然を大切にしていることが理解できます。

木々の成長とともに スパイラルトンネル展望ポイントは 
いつか 展望ポイントでなくなる日が来るのでしょう。

車内でもスパイラルトンネル話で盛り上がりました。

ジョンストンキャニオン渓谷到着です。

20140915-40.jpg

昨日 最初の下車ポイントで写し忘れた キヤッスル・マウンテン
こんな山でした~~~(笑)


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

カレンダー


11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================