2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.12.05 (Fri)

ベトナムツアー三日目②

ベトナムホーチミン市クチ県にある地下道を見学です。

ホーチミン行くなら 是非 行っておいでーと 勧められていました。

20141130-011.jpg

約2時間 ず~っと 地道を走ります。
外の景色を 楽しんでいましたが いつしか寝てしまっていました。
お腹いっぱいだし 道が悪く心地よい揺れですからね~

目が覚めると 田舎道走っていました。

20141130-012.jpg

クチトンネルは 南ベトナム民族解放戦線の有力な拠点
ここでの堅固な抵抗が ベトナムに勝利をもたらした要因の一つで
今では ベトナム解放勢力の 英雄的象徴とされているらしい。

入り口には 少女が銃を 手にしている写真があったり 
使用された鉄砲の見本が並べられていました。

20141130-013.jpg

お土産品も その関係のものばかり・・・
写真のような物買う方の気持ちが私には理解できません。

ベトナム戦争を語る上で欠かせない場所になっているクチトンネル
約20年の間に掘られた地下道は 全長約250キロにも及ぶらしい。

その一部が解放されていたり 
落とし穴や実際に使われていた武器を公開していました。

隠れ穴 ↓  枯葉で隠すと 全くわからなくなりました。

ツアー仲間が チャレンジしました。
肩を入れる為に 入るとき 出る時は 万歳するのだそうです。
チャレンジした仲間 
最後は 一人で出られず 引き揚げてもらっていました。 笑

20141130-014.jpg

保存されている落とし穴
落ちると とがった鉄棒で 釘ざしになるようにしてある。

あちこちにある地下道への出入り口 ・・・ 
全長250キロ ・・・ クワのみ 手作業で よくぞこんだけ掘ったものです。

20141130-015.jpg

空気穴 ・・・ 
米兵にみつかると この穴から サリンが入れられたそうです。

地雷に触れ動けなくなった米軍戦車もそのまま残されていました。
私も登ってみました。 

20141130-016.jpg

あちこちに設置されたお手製の武器 
針の先には もちろん 毒を塗っておきます。

       米兵にあわせて やや大き目に作った武器 ↓

20141130-017.jpg

村民たちは このトンネルの中に潜みながら 生活を続けていたそうで
そこには 学校や病院 市場もあり
弾丸 地雷などの武器や 軍服なども 全て製造していたそうです。
もちろん食料も自足自給で 村一丸となって 生活しながら戦っていたそうです。

20141130-018.jpg

地下で生活するうえで最も重要なもの 『空気』
米軍にわからないような空気孔があっちこっち設置されています。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★
12:02  |  ・ベトナム2014年秋  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |