2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.04.26 (Sun)

ロシア旅行⑦サンクトペテルブルク観光

エカテリーナ宮殿(Catherine Palace) 贅を尽くしたロココ建築

エカテリーナ宮殿は サンクトペテルブルク郊外の避暑地にあり
夏の間を過ごしたことから エカテリーナ女帝の夏宮殿と呼ばれていました。
贅を尽くした55もの部屋があり 
内外装には純度の高い金が多く使われているそうな・・・

バスを降りたら 小雨が降ってきました。
私達は カナダナイアガラで使用したカッパを着ました。

偉大なロシアの詩人 ↓ プーシキンの銅像

page150416-029.jpg

宮殿に入るころは だんだん雨もきつくなりました。

宮殿外壁は一部工事中の様で 垂れ幕で隠されていました。

page150416-030.jpg

大きい荷物やコート類は クロークに預けます。
床を汚さないように 靴の上にカバーをかけて宮殿へ入ります。
写真撮影はオッケーでした。

ガイドさんが いろいろ説明してくれましたが 覚えちゃいない。
一気に詳細に説明してくれても 私の頭の理解力ではついていけない。

印象にのこっているのは 20年以上もの歳月をかけて見事に修復された琥珀の間
写真撮影がゆいいつ出来なかった部屋です。

実は この琥珀の間  琥珀の間では写真撮影が出来ないけれど
隣の部屋からの撮影は OKだという書込みを読んでいったのに
見学の時には そんな書込みの事なんて 私の頭から すっかり抜け落ちていた・・・
いつもこんなもんです。

page150416-031.jpg 
page150416-032.jpg
page150416-033.jpg
page150416-034.jpg
page150416-035.jpg
page150416-036.jpg

宮殿の内部から 外を撮影しました。

page150416-037.jpg
page150416-038.jpg
page150416-039.jpg
6145477798.jpg
6145476536.jpg

内部の案内が終了したので 宮殿の外に出てみました。
自分のペースで まわれない見学は 私には疲れます。
立つのは苦手だけど 歩き回ったり 走りまわったりはいくらでもOK~

page150416-040.jpg
page150416-041.jpg

私は 宮殿の近場だけ撮影 
ぺーさん あーさんは 園内の端まで 走りまわって撮影していました。

木々が緑になると もう少し 宮殿もはえるでしょうね~。

page150416-042.jpg

パスに乗ると 現在の時間を確認します。

帰りのJAL便が 72時間前にチェックイン可能だからです。
このパスの中で 私達は チェックインします。
Wifiの機器を立ち上げて スマホをログインして待機します。

17時15分・・・ JALのページへ
45番空いてるよ~ ぺーさんも行ける HK空いてるよ~
とりあえず45番席 3人揃って 予約する事が出来ました。

予約者の中に45番に座りたい ステイタス持ちの方がいなかったのでしょう。
帰路は 若干空席が多いのもラッキーでした。

一仕事終えた後は 私達 寝てました。
夕食場所は ネヴァ川沿いのレストランでした。

page150416-043.jpg

今回の旅行 レストランでは 毎回お水がサービスされました。
一人一本の時もあれば テーブルに ボトル提供の時とありました。
無料とは本当にありがたいです。
ヨーロッパ 場所によっては ワインより高いお水代ってこともありますから・・・

お水の提供があったので 飲み物をオーダーする必要がなく
レストランでは アルコール類は 一度も飲みませんでした。 

page150416-044.jpg

カツの中は ミンチ肉でした。 付け合わせはポテト
デザートは 焼きリンゴ ・・・ お味はイマイチ

サンクトペテルブルク 初日の観光は終わりました。

ホテル到着後 私は一人お部屋へ戻りました。
ぺーさんと あーさんは そのまま 夜の散策へ出かけて行きました。

私も 同行したかったけれど 
宮殿の散策で 足の筋肉が ピクピク痙攣し続けていたので止めました。

部屋に戻り バスタブに温泉のもと入れて ゆったり入浴したのち
そのままベットイン  ・・・ 

ぺーさんが 帰った時 ふと目が覚めて 
おかえり~と言ったと思うのですが そのまま 朝まで寝てしまいました。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*

ぺーさん あーさんは トラムや地下鉄に乗り 夜の街を散策したようです。

お昼に行った 血の上の教会の写真もありました。
ロシアの地下鉄 50~60m mも地下へもぐるらしいのです。

page150416-045.jpg
page150416-046.jpg

私の 大好きな果物を 買おうとしたらしいけれど
あまり高さに びっくりして もとの場所へ戻してきたんだって・・・


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★
12:00  |  ・ロシア2015年4月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |