2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.05.28 (Thu)

ラグジュアリーなバリ旅行②お部屋(追記しました)

広大な土地の中に 3つのホテルを所有するリゾート施設
「ムリアリゾート」「ザ・ムリア」「ムリアヴィラス」

私達が宿泊させてもらったお部屋は 【 MULIA VILLAS (ムリア・ヴィラズ)】

企画会社からいただいた リゾートの案内図 (ポチッ拡大)

150522-000.jpg

↑ 青丸あたりが 私たちのお部屋だったと思います。 
一度リゾートから お部屋へ歩いて帰りましたが 
 細い路地が ?であいまい。
 
バギーで移動する時のコース 黄色はリゾートへ 緑はムリア&ビーチ
高台にあるヴィラズロビーへは バギー狭い道をクネクネとあがり
最後までルートは理解できませんでした。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*
今回の旅仲間(みーさん)との旅ログ

ロビーで滞在中の説明を受けた後 個々にお部屋に案内していただきました。
バギーは 高台から下の方へ 細い道をクネクネと移動して行きました。

こりゃ~ ロビーへ歩いては無理だね。 私達の第一声

いつも いつも 【バギープリーズ】 

108部屋あるヴィラズ 
ファミリータイプのお部屋以外は 
全て同じ505平米の広さのお部屋とのことでした。

ヴィラズは ファミリータイプ以外は お二人専用タイプ
紹介写真はクイーンベッドだったけど
私たちのお部屋はツインベットで 二人してホッw

みーさん お部屋に入ってすぐにカーテン開けようとしたら
カーテン重た過ぎ  高さありすぎ 
自動でもなく 手動なのに・・・ びくともせん。
結局 滞在中 自分たちでカーテン 全開にできなかったわ。

ハウスキーピングの方が入った時や 
夜のターンダウンの時に きれいに開け閉めしてくれました。

ヴィラズには 私達専用のバトラーが 24時間つきますが 
バトラーにお願いするより 全て自分たちでトライ 

トランクの荷物だしも バトラーに頼めばやってくれます。
が・・・ そんな服 たくさん持ってきてないし~ちょちょいとかけて終ったわ。
クローゼットにかけられた服
私の服は暗い色  みーさんの服はカラフル色 ・・・(大笑) 

ジャグジーバス どうやってお湯ためるの?
あっちこっち触って やっとお湯がでた・・・
バス どうやって動かすの? 
二人して リモコン触りまくって 触りまくって 
諦めかけた時  やっと おぉ~動いた~
バス どうやって停めるの?
二人して リモコン触りまくって 触りまくって 
えぇ~  停まらんやん 
水位下げたらどうやろ 水栓開けます。
終いには 中のお湯が飛び散りだします。
バトラー呼ぼうか・・・  裸やし無理
どないしょう~って諦めかけたら 突然停まった。
二人して大笑い ・・・ 触りまくるのがよくなかったんやね。

大阪のおばちゃん 何やっても受ける。
お部屋のプールで泳いでも 大笑いの連続でした。

冷蔵庫の中は 全て飲み放題~ フルーツも食べ放題~ 
気づいた時点で 補充され続けていました。
(このサービス企画会社の支払いとのことでした。)

お庭も広いし プールサイドも広くとってあるので
お部屋の占有面積が広いのでしょう。 
外の椅子に座っていると 心地よい風に吹かれてスヤスヤ・・・byみーさん

私はハウスキーピングの方と遭遇する事はありませんでしたが
いつも お庭やプールの枯葉 きちっとお掃除されていました。

しいて 欠点をあげるとすれば
部屋のバスタオル 大きいのはいいんだけど 1枚が重たいんだわ。
二人とも 身体拭くのに一苦労 
バスタオル使うのに どっこいしょ・・・って感じで使用していました。
肩にかけたら 肩こりそう・・・  (ぺーさん できません。w)

みーさんは ガウン着て 
重たっ~ こりゃあかん 肩こるわ~ってすぐ脱いでた。
小柄な日本人向きではありませんでした。

でも プライベート感は たっぷりあじわえる ヴィラスです。
新婚旅行や お忍び旅行には お勧めです。

こんな素敵なヴィラスのお部屋ですが 
到着初日 大変な事をしでかしてしまった私のお話は 
また今度・・・ 

150522-01.jpg
150522-02.jpg
150522-03.jpg
150522-04.jpg
150522-05.jpg
12:30  |  ・バリ島2015年5月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |