2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.07.26 (Sun)

天神祭2015年

昨夜は 数年ぶりに 天神祭の船渡御に参加してきました。

天神祭は 京都の祇園祭・東京の神田祭と並ぶ日本三大祭の一つです。
陸渡御の後 日没とともに 船渡御が行われます。

天神橋を出発して 毛馬橋の近くで ユータウンする事になります。

tenjinmap.jpg

日本一長い天神橋商店街 この日は人で大渋滞です。

page150725-01.jpg

天神橋のたもとでは 陸渡御を終えた氏子たちが船渡御の準備中
乗船したら先に 仕出し弁当をいただきます。 (今年は阪急さん)

page150725-02.jpg

日中はピーカンのお天気で気温も上がりましたが
日が落ちると 心地よい風が吹き抜け
18時半過ぎから 船団が順次出発し始めていきます。

page150725-03.jpg

川沿いや 橋の上には 多くの見物客が船渡御の様子を見ています。

page150725-04.jpg

これから大川では 約100隻の大船団のかがり火
頭上では花火の大輪が上がり続けます。

天神祭のフィナーレを飾る花火 今年は約5000発の花火が
大川両岸の2カ所から打ち上げられました。

オープニングを飾るのは 梅の形に広がる紅梅花火
大阪天満宮の象徴・紅梅をモチーフにしたオリジナル花火です。

page150725-08.jpg

今回は 私達の到着を待っていたかの様に
私達の船の真横であがり始めました。

打ち上げ花火のクズや火のこが
船上のテーブルの上に ポタポタと落ちてきてみなさんびっくり!!

page150725-05.jpg

実は 大川が曲線に流れている為に
この後 船渡御参列していると船は移動するので 
花火は見えたり見えなかったりします。

その間は はなし家さんの話を聞きつつ 
行き交う船と交流を深めます。

page150725-06.jpg

天神祭の花火は あまり上空まで 打ち上げられません。
だから 打ち上げ場所から離れてしまうと
ビルが邪魔で花火があまり見えないのです。

伊丹空港へ着陸する飛行機が上空を飛んで行きます。

page150725-09.jpg

フィナーレは 圧巻のスターマイン
今年は 船が渋滞して進み具合が悪く 少し遠目での観賞となりました。

page150725-07.jpg

↑ 今回の船渡御乗船券 一番高額だったのは 
帝国ホテルの船 70000円だったそうです。 もちろん宿泊は付いていません。
花火会場に近い川沿いの帝国ホテル 天神祭の夜の宿泊は大変です。
予約がないとホテルにも近づけませんから・・・。

↓ 飛行機・電車・船 そろいました。 大川にかかる橋の上は人・人・人・・・

page150725-10.jpg

天神祭の「船渡御」
船と船がすれ違うときに行うのが「大阪締め」と言われる手打ちです。

「打ーちまひょ」 パンパン
「もひとつせ」 パンパン
「祝(いお)うて三度」 パパン パン
「おめでとうございますー」 パチパチパチ…(拍手)

何回も 何回も 繰り返しながら前進していきます。
神様の乗った船4隻だけは 静かに頭を下げます。

通常 大きな船から小さい船に 大阪締めを指示します。

[広告 ] VPS


[広告 ] VPS

いつもなら 仕掛け花火で  クライマックスを迎えるのですが
今回はノロノロ走行で 仕掛け花火の時間に 間に合いませんでした。

page150725-11.jpg

今は 船渡御を終えた神様を 大型クレーンでつり上げます。
この後 天満宮へ宮入するので 沿道は人で埋まります。

page150725-12.jpg

出発地点の天神橋まで戻ってきました。  下船します。

↓ は簡易トイレです。 橋げたの狭い場所では 屋根が縮みます。
船上では 全て飲み放題~  安心して飲む事ができます。
私達はお世話にならずに済みました。

page150725-13.jpg

乗船代も年々値上がりしているけれど たまには船渡御参加も悪くないね。

★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:
23:06  |  ☆日々雑記2015年  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |