2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.07.29 (Wed)

16-クロアチア他4ヶ国周遊★三日目モスタル②

18時をまわった駐車場には私たちのバスのみでした。

運転手さんも一人で運転 お疲れでしょうね。
労働条件が厳しいヨーロッパでは 
運転手の1日の拘束時間を守ることが 
重要視されて旅行プランを作るのだそうです。

バスの運転手には きちっと決められた労働条件があり
一日☆キロ以上運転してはいけないとか 
☆キロ以上ぶっ通しで運転してはいけないとか
休憩は☆分以上必ずとるとか・・・

運転手は タコメーターで走行距離と労働時間を管理されています。
ちょっと今日だけサービスしてよ~なんての残業は認められていないのだそうです。

添乗員が一番怖いのは きちきちで一日移動する時など
道を知らない運転手が一番ドキドキするのだそうです。

道を知らない。迷う。走行距離が延びる。運転中止・・・なんて事も
労働条件の厳しいイタリアではあったというのです。

私も過去のツアー参加で 
夕食会場までは運転できるけれど その後は運転できなくなると
食後は違う会社のバスに乗せられた事があります。
わずか・・・15分程度の移動距離だっと思います。
決められた走行距離をオーバーすると明日運転出来ないから・・・という話でした。

今回の運転手さん 道はよーくご存知の様子です。 ホッ。
でも 旅の間一回だけ 運転手のタコメーター確認させられた税関がありました。
添乗員が 運転手のタコメーター確認で 手間取ったという話をしていました。
(何処だっか・・・場所は忘れた)

今夜のホテルへ移動します。

西側カトリック教徒の多い地から ポートブリッジという新しい橋を渡り
東側イスラム教徒の多い地を通ります。

page150714-51.jpg

ホテルへの移動中 やたらと目についたのは 
道路からすぐ見える位置にある 墓地墓標の数でした。
(カメラ取り出す余裕がなかった)

↓ 駐車場から10分程度の移動で
ネレトバ川沿いの 今夜のホテルに到着です。(ホテル・ブリストル)
再び川を渡ったので 西側にカトリック教徒の多い地なのかな・・(謎)

page150714-52.jpg

ツインのお部屋  昨日より狭っ。
水回りも狭いけれど 水圧は良かったので なーんの支障もなし。 
WiFi無料だったけど お部屋は×

page150714-53.jpg

夕食は19時30分からホテルのレストランで食べました。
(ビール2ユーロ)

page150714-54.jpg

係りのこの男性 添乗員に 
日本大好き~ 日本で働きたい・・・どうすればいいかと相談をしていました。↑
まずは 日本語勉強しなきゃ!! と言われていましたよ~
翌日の朝食時 覚えたて? 皆様 おはようございま~す・・・には笑っちゃったわ。

page150714-55.jpg

↑ サービスのお菓子 私の口にあわなかったわ。

↓ 夕食後は そのまま夜の散策に出ました。
ホテルを背に ネレトバ川を渡ります。 
東側イスラム教徒の多い地に入ります。

page150714-56.jpg

↑ モスクもどきは銀行でした。  公園の噴水 皆さん 夕涼み中でした。 ↑
通りすがりにあう女性は ほとんどが観光客で 地元女性の姿はない。 

↓ 綺麗なお花ですが これ造花ですから(笑)
 
page150714-57.jpg

↑ 変わった建物あるよ。行ってみよう~と行ってみたら なんと廃墟でした。
モスクっぽい建物 入口がわからずはいれませんでした。 ↑

ここでも 数店の スーパーめぐり 
お野菜・果物 あまり新鮮に感じませんでした。

page150714-58.jpg

↓ カラジョズ・ベゴヴァ・ジャミーヤというモスク  あってるかな?
このモスクの壁に紛争の後が残っていた。 
裏手は墓地だった。

page150714-59.jpg

この後 ぺーさんは 夕方歩いたスタリ・モストの方へ歩くという。
私は 疲れたので そのままユータウンしてホテルへ戻りました。

旅は まだまだ 二日目の夜 先は長い。

私の旅ログもまだまだ終わりそうにありません。
連日深夜に お目目しょぼしょぼになりながら 頑張っているのですよ~w

002.gif
12:00  |  ・クロアチア他2015年7月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |