2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.01.30 (Sat)

セントマーチン島②

写真は 同行者saーさんが撮影した分も含まれています。
スマホで・・カメラで・・連写機能を使ってみたり
動画で写したり 色々協力してやってみましたが
その瞬間をとらえることはなかなか難しいものです。

大型機はスピードが200キロ前後で着陸してきます。

日々20数便飛行してくる大型旅客機の合間に飛んでくる
プライベートジェット機やセスナ機がスピードが遅く
撮影練習用にちょうど良かったです。

++++++++++++++

二日間通ったマホビーチは 
プリンセス・ジュリアナ国際空港の近くにあります。
砂はサラサラ とってもきれいなビーチでした。

page20160130-02.jpg

ビーチの近くの店舗横には 
店主が 毎日書き換えてくれる ARRIVAL TIMEのボードがありました。
私たちも参考にさせていただきました~☆

page20160130-01.jpg

二日間ともビーチに陣取りました。 パラソルは一日一人20ドル
木陰の全くないビーチです。 
長時間滞在する私たちにはパラソルは大助かりでした。

押し寄せる波の音を聞きつつ 
飛んでくる飛行機を眺めて過ごす 本当に贅沢な時間でした。

暑いといってもパラソルの中にいれば とっても心地よい。
ビールも旨い !!  青い空に飛行機~   もう最高☆

page20160130-04.jpg

寝そべって見上げるのは プライベートジェット機にセスナ機
ブ~~~ンと ひっきりなしに飛んできます。

中には ビーチぎりぎりまで
高度を下げて 侵入してくるパイロットもいます。

page20160130-03.jpg

椅子で横になって 十分見続けていられる。

page20160130-08.jpg

↓の彼女 飛行機ファンなのか 一日飛行機を撮り続けていました。
タツゥーも飛行機に納得・・・(笑)

page20160130-05.jpg

通常のビーチなら カメラ持っているだけで怪しまれる。
でも ここでは みーんなカメラ持参 
バズーカレンズカメラで 撮り続けている方も大勢います。

あちこちにある立て看板 飛ばされ注意かな?

page20160130-06.jpg

空港とビーチの間には 2車線の車道があります。
しかし ここを通る運転手は 飛行機が飛んでくると停止します。
人が優先・・・状態になってしまうからです。

page20160130-07.jpg

海の中にいても ビーチにいる方も全員が
空を見上げるビーチって 世界中でここだけかもしれません。

そして 飛行機目標にカメラを構える。 sa-さんも必死(笑) 

page20160130-09.jpg

この男性グループ マニアなのか 
無線を聞きつつ もうすぐ来るよ・・・と言いながら行動していました。 ↑↑
私たちは それをまた聞きして よいしょっと起き上がり 撮影場所へ移動

page20160130-10.jpg

大丈夫です。 ↑ ちゃんと はいています(笑)

page20160130-11.jpg

私たちの横に陣取っていたのは 若いカップルグループ
押し寄せる波に サンダルなどがさらわれないよう 砂で壁を作っています。
作っても作っても 突然くる大波に 崩されてしまうのですが・・・
意地になり必死の男たち ・・・  なんとなくおかしくって
ねぇ~ 私たちの前にも壁作ってよ・・・と
sa-さんが話しかけましたが そこまでは作れないよ~と断られました。

page20160130-11-2.jpg

マホビーチで出会った日本人とみられる方々は3人
↑ の写真を写しているお二人は 
NY在住の方で 休暇で島を訪れていました。  このリュックの方もたぶん日本人  
C国 K国の方々は 島では全く見ませんでした。(気づかなかった) 

page20160130-11-1.jpg

↑ 彼女が砂浜にハートを書きますが 何回も波に打ち消されていました。
それを見ていた私たち 大笑い・・・

タツゥ-の彼女 おお~ そこに上っちゃダメでしょ ↑
後ろにいる私たち写真撮れないよ~   あんた 邪魔~~~

↓ このおじさん 写真撮れって催促していました。

page20160130-11-3.jpg
19:13  |  ・セント・マーチン島2016年1月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |