2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.02.01 (Mon)

セントマーチン島④

世界で危険な空港ベスト3に入っているプリンセス・ジュリアナ国際空港
滑走路長はわずか2433mしかない。
よって 出発機はビーチ側ぎりぎりまで移動してから出発する。

朝9時台 朝日を浴びて 一番機が出発する。
ビーチに人は少ない。

page20160131-01-0.jpg

↑ だんだん少なくなってきているアメリカン航空旧塗装機

↓大型機が離陸する時間になると 皆さん滑走路に目を注ぐ。

page20160131-01.jpg

↑ 少しでも近くでと移動するsa-さん でもまだ機体真後ろではないW

page20160131-03.jpg

↑ この男性 この後も ここーってところに立っていて邪魔・・・(怒)

ぞろぞろ滑走路わきに人が集まります。
勇気ある者は 滑走路真後ろに並びます。
DANGERの看板 
離着陸時の後方気流で 重傷を負ったり命を落とす場合もある
との注意喚起看板が掲示されているが無視。
今は楽しめるアトラクション化しています。
楽しむために島に人が集まってくる・・・

page20160131-04.jpg
page20160131-05.jpg

↑ Copa Airlines (パナマ航空会社)が離陸していきます。
機長が 私たちに手を振って出発していきます。

機体はジェットエンジンを大噴射してから飛び立ちます。
真後ろに待機している皆さん 金網にしがみつき耐え続けます。
爆風の為 ビーチは砂嵐が舞います。 もちろん 目が開けられません。 
真後ろで離陸風景を写真におさめるなら ゴーグルがあるといいと思います。

page20160131-06.jpg

勇気ある sa-さん 金網近くに待機しています。(笑)

page20160131-07.jpg

アメリカン航空機が 離陸準備に入りました。

page20160131-08.jpg

その間に プライベートジェット機や大型機が着陸してきます。
デルタの機体 着陸後の逆噴射風もすごかった。

さぁ~ アメリカン航空機が離陸します。
パイロットは こぶしを突き上げて 私たちに挨拶してくれました。

page20160131-09.jpg

あれれ… いつもの停止位置に機体が止まりません。 ???
そのまま滑走路を進んでいきます。
何かトラブル発生か 滑走中止なのでしょうか???
どんどん空港施設からも離れていきます。
その後 機体はユータウンしました。  

↓ ???のままいると 突然 機体が目の前の視界に入ってきました。
今回は 私たちに 向かって滑走してきたのです。

page20160131-10.jpg

あっという間に 私たちの頭上を飛び去りました。

ファンサービスなのでしょうか・・・
初日は この一回だけ 
二日目は デルタとアメリカンの二機が逆滑走でした。

page20160131-16.jpg

↓ 次の離陸は インセル・エア
もちろん機長は手を振って さぁ~行くぞーと合図してくれました。
sa-さんも 手を振って応えててます(笑)  ノリノリ~~~ (^^♪

page20160131-11.jpg

インセル・エアの機体は ユータウン後止まりました。
すぐに滑走を始めずに ジェットエンジンをふかし始めました。
皆さん 必死に金網にしがみついています。
通常はここで出発していくのですが なかなか動きません。

すると 再びブォーと爆音がします。 
これでもかと・・・ブォー 
パイロットは ビーチにいる勇気ある者たちに向けて爆風を浴びせ続けます。

結構離れていた私も 立っていられなくて 
砂が舞い怖くなって 最後は座り込みました。 

page20160131-12.jpg

インセル・エアのパイロットは 観光客のツボを押さえていたようです。
通常の4・5倍ぐらいの時間をかけて 滑走していきました。

この後です。
sa-さんは 死ぬかと思った~と
顔は真っ青 ふらふら状態になって戻ってきました。
半分涙目状態です。

金網につかまって爆風を体験したのですが
考えていた以上の強風に 手を放したら死ぬと 
必死にしがみついて耐えたというのです。

物好きなおばさん ジェットエンジンに吹き飛ばされる !!
そんな記事にでもなったら大変な事になるところでした。


結構吹き飛ばされる方もいらっしゃるんですよね。
YouTube に出ている衝撃映像です。
本当に無事で良かったわ~

page20160131-14.jpg

この島に来る人々は 飛行機大好き人間が多いと思うのですが
着陸を楽しむ人達と 離陸を楽しむ人達に 分かれているのかもしれません。
私は 着陸を楽しむタイプかな~ 

エールフランス航空機 毎日就航しています。

page20160131-19.jpg
page20160131-15.jpg

山側へ離陸した機体は 右旋回して飛んでいきます。

page20160131-17.jpg
page20160131-18.jpg

隔日で飛んできている KLMオランダ航空 ボーイング747が離陸します。
B-747の推奨走路距離3500mと言われていますが 
この空港は滑走路距離が2433mしかありません。
パイロット泣かせの空港なのかもしれません。

この男性邪魔 !! ほかの観光客からもブーイングでした。 

page20160131-20.jpg

4発のエンジンフル回転で 一気に離陸していきました。
このKLMオランダ航空ボーイング747 
マホビーチには一番似合う機体 いつまでも飛行し続けてほしいのですが
機体も古くなってきているだろうし 予測がつきませんね。

さすがに B-747 の爆風を楽しむものは一人もおりませんでした。(笑)
吹き飛ばされて 大けがするのがオチです。 

page20160131-51.jpg

道路幅ぎりぎりの工事車両 なにをする車なのかな?

00:54  |  ・セント・マーチン島2016年1月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |