2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.03.28 (Mon)

モルディブ旅行②

島の真ん中にある建物にあるフロントで 
チェックイン手続きを受け ウェルカムジュースをいただきました。  
何のジュースか 飲み終えてもわからなかったわ。?

その後日本語で書かれた 
島内での過ごし方&注意事項の用紙をもらいました。

この時 外はすごいスコールです。
雨がやむまで 10分ほど待機しました。 

私のトランクとバック 担いで運んでくれます。
砂地では 転がす事は不可能です。
約20キロ ご苦労様です。

page16031601.jpg

↑ のボードで 島内でのイベントスケジュールや
帰路の出発時間などが 全て告知されます。

雨がやんだので 水上コテージに移動します。(412号室)

page16031602.jpg

5日間使用するお部屋です。 
3人で過ごしましたが 狭い~と感じることもなく 
シャワータイムもお互いに使用時間がずれ 不便は感じませんでした。

水上コテージ~と言っても 
宿泊代 お値段がお値段ですから ・・・ こんなものでしょう~♪

page16031603.jpg

なんとなく ガラスの上を歩くの 三人とも避けていました(笑)
時々 ギーィって音がするんだもん。 
特に まゆさんの時には・・・  内緒だよ シーッwww 

洗面所も広く 使いかってよかったです。
バスタブはジャクジー付  天井はガラスで お日様サンサンでしたが
写真1枚も写していなかった。
シャワー水圧も良好。 お湯のでも大変良かったです。

デッキも大変広く 洗濯したものを干すのに大変便利でした。
2時間ほどで 綺麗に乾いてしまいます。
(椅子の写真を写し忘れたので写真借りてきました。)
sa~さんは ここで ぼーっと過ごすことが多かったと思います。

私自身 この椅子で ゴローンと過ごした事は一度もありませんでした。
ゴローンするより 海の中へ・・・ お魚と対面~

page16031604.jpg

デッキの下あたりも お魚ウヨウヨ  網ですくってみたい気分 ↑

↓ 時には 水上コテージの部屋の下へ潜り込んで 
sa~さんと ガラス越しに対面 (笑)

page160316013.jpg

コテージ前の砂地には 毎日 こんな鳥がいました。
この鳥 くちばしで 
上手にお魚を 捕まえるのですよ~    コテージへ渡る桟橋 ↓

page16031605.jpg

この島の水上コテージは4棟のみ 1棟4室の16部屋だけです。

page16031606.jpg

コテージ下の桟橋には 毎日いろいろなお魚が泳いでいました。
               サメも数匹 列をなして泳いでいました。 ↓

page16031607.jpg

日々 時間により 海の色が変化します。 
コテージ付近は 午後からの方が 海の色が鮮やかです。 

page16031608.jpg

↑ コテージベランダから見える リゾート島 なんという島なんだろう~?

夜になれば 星も☆★もいっぱい見えます。
遠く離れた 空港島?マレ本島?の 電気の明かりもきれいに見えました。 

マレ空港に離発着する飛行機もバッチリ見える位置にありました。
エンブドゥ ビレッジ (Embudu Village) 悪くないです。

下の写真は メインジェッティ―  
みなさん ここに到着して ここから島を離れます。

page16031609.jpg
page160316010.jpg
page160316011.jpg

最終日 チェックアウト後 ハンモックで ブ~ラブラ ↑ 
この島に来て 最初で最後の ハンモック体験でした。(笑)

↓ 毎日 数回 運搬船が到着します。

食材などを 降ろしている事もありましたし 
ゴミを詰め込んだ袋を 積み込んでいる日もありました。
数十個のドラム缶を出し入れしている日もありました。
もしかしたら 島で出たごみは
どこかへ持ち出しして 処理しているのかもしれません。

page160316012.jpg

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
20:21  |  ・モルディブ2016年3月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |