2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.10.05 (Wed)

ルーマニア&ブルガリア周遊の旅⑪

早めに朝食会場のレストランに行きましたが
ご年配の方々は もっと早かった。
みなさん 旅の疲れはないのだろうか… マジ スゴッ。

朝食に 大好きなスイカとメロンを 山盛り食べて (#^.^#)

今日は ソフィアとプロヴディフ観光の日です。

この日のバス座席 私は一番うしろ ぺーさんはひとつ前の席に座りました。

このころになると 一番後席は (皆も敬遠する席なので)
一人参加のおじさんの指定席になっておりました。
このおじさんメモ魔で ちらっと目にしたノートには時間びっしり。

直ぐにメモる姿に 同年代のおじさんが
ブログでも書いているんですか~って 質問したとき
あんなもん書きませんわ… 旅行記を残しています… って。

(私  あんなもんのブログに書いています。 こころの声)

page20160920-011.jpg

道路の脇に メトロの地下入り口があります。 
ソフィアには地下鉄も走っているようです。
ガイドさん 私は地下鉄で来ました・・・と話していました。

page20160920-012.jpg

車窓からの景色   近代的な建物も多く建てられています。

page20160920-013.jpg

↑ ガソリンスタンド セルフのようです。 市電の待合所かな ? ↑

page20160920-014.jpg

世界遺産 ボヤナ教会
10世紀後半から11世紀初頭と3世紀半ば 19世紀半ばの3段階で建造

えっ・・ こんな小さい物件が世界遺産? そんな感じの建物です。
中が狭いので 2つのグループに分けられて中に入ります。

本当は 8人限定だそうですが日本人は小さいから 
多少融通をきかせてくれました。

11世紀 13世紀のフレスコ画が全面に残っています。
ガイドさんが 詳細に説明してくれましたが 立っているのが苦痛で
覚えているのは 
レオナルド・ダ・ヴィンチ作で有名な最後の晩餐が描かれていた事だけ。
写真撮影なし。

page20160920-015.jpg

↑ 教会の全景 継ぎ足しで 造られたことがよくわかります。 

page20160920-016.jpg

国会議事堂 ↓

page20160920-017.jpg

次は アレクサンダル・ネフスキー寺院
ソフィアのシンボルにもなっていて 
大小12のドームを持つブルガリア最大 ネオ・ビザンチン様式の壮麗な大聖堂

page20160920-018.jpg

中には 400人もの画家が描いた神秘的な壁画やモザイクがあり
地下聖堂は イコン博物館になっています。

page20160920-019.jpg
page20160920-020.jpg

↓ アレクサンダル・ネフスキー寺院から移動中 こんな碑を見つけました。
春には 満開の桜を見ることができるのかしら・・・

page20160920-021.jpg

↓ 聖ソフィア教会

page20160920-022.jpg

アガイドさんの説明を聞きつつ歩きますが 
↑ 誰だろう 覚えちゃ~いない。 

旧ソ連の雰囲気を残しながらも
イスラムの文化が残る感じがするソフィアの街です。
ブルガリアの首都なんですけどね~ こじんまりしています。

この国はまだまだ裕福ではないので 多くの人は出稼ぎに他の国で出る。
EUに加盟したこともあり ドイツやイギリスなどの西欧諸国に移り住むのだそうです。

                   聖ニコライ・ロシア正教会↓
 
page20160920-023.jpg
page20160920-024.jpg
page20160920-025.jpg

                     旧共産党本部の建物 ↓

page20160920-026.jpg

         イヴァン・ヴァゾフ国立劇場 ↑

page20160920-027.jpg

↓ かわいい ゴミ箱 

page20160920-028.jpg

↑ 歩いている間に今日のランチ場所到着です。
しかし 毎日 無駄のないランチ場所の設定です。 感心します。

↓ パンには チーズとキムチっぽいペーストが付いていました。
今回の旅行 トマトが良く出てきます。

page20160920-029.jpg

↑ メインは ムサカというものらしい。
ブルガリアの名物料理と言うか定番のオーブン焼き料理らしい。
タマネギとジャガイモとひき肉を炒めて 耐熱容器に入れて焼いたものかな。

ケーキは バタークリームです。  マズッ。

2016101010.jpg
22:00  |  ・東欧二か国2016年9月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |