2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.03.29 (Wed)

④マルタ・ゴゾ島観光

滞在二日目 
今日は一日ゴゾ島へ渡り観光します。
マルタ共和国は 3つの島で成り立っています。
マルタ島(首都ヴァレッタ) ゴゾ島とコミノ島

9時30分ホテルを出発
バスで フェリー乗り場(チェルケウア港)まで移動します。

バスの座席2列目をゲットする事ができました。
車窓を楽しみつつ 約30分走りました。

170316-021_20170324160520bce.jpg
170316-022_20170324160522f0f.jpg
170316-023.jpg

↑ この方 バスが出発して直ぐに爆睡
ご夫婦で参加されていましたが (70前後?)
日本からの長旅 相当お疲れ気味だったようです。
バスの中ではほとんど寝てらしたわ。

チェルケウア港 この日は 強風の為 
フェリーは ターミナルではない 
裏側の岸壁に入港予定との事でした。
欠航にならないだけ有り難いです。

170316-024.jpg

↑ 私達が乗る予定のフェリーがもうすぐ接岸します。
↓ 接岸した船から 車がどんどん降りてきます。

170316-025.jpg

10時30分 車が降りた後 
私達も 船底の部分から乗船しました。
ずっと向うにターミナルが見えます。

170316-026.jpg

コミノ島を右手に見ながら船は進みますが
船の甲板は 強風の為 めちゃくちゃ寒かったです。
でも頑張って 船からの景色を楽しみました。

170316-027.jpg

遠くに ゴゾ島が見えてきました。
乗船時間は約20分 短い船旅です。

170316-028.jpg

ゴゾ島の港に着くと 船の先端が上に上がり
再び車が乗り降りします。私たちは本来のタラップから降りました。

170316-029.jpg

↑ ホップオンバスの隣には 私達を乗せるバスも停まっています。
↓ 港にあったオブジェ  ホップオンバスには日本語の説明もあるようです。↓

170316-030.jpg

島に渡ってからも 二列目に座る事ができました。
(一列目は添乗員とガイド)

170316-031.jpg

狭い路地みたいな道路をくねくねとバスは進みます。
家や塀に当たりそうで当たらない(笑)

170316-032.jpg

↓ 島の中央部にあった水道橋

170316-033.jpg

ゴゾ島の道 整備されています。

170316-034.jpg

最初にアズール・ウィンドウに来ました。
正式にはアズール・ウィンドウ跡地かな。

3月8日 アズール・ウィンドウは 強風と高波によって崩壊。
石灰石でできたアズール・ウィンドウは
19世紀半ばに 自然の力で作られ
ゴゾ島の美しい自然を象徴する景勝地でした。

近年そろそろ崩れるぞーって言われ続けてはいましたが 
今年でしたか !! … (泣)

170316-035.jpg

海から遠い場所にも 海水が届いたのか塩だまりが残っています。

170316-036.jpg

自然と遊ばず慎重行動してね・・のカンバン 岩の上には教会もありました。

170316-037.jpg

ボンベを背負った方々が岩場を降りて行きました。
ダイビングスポットもあるらしい。

高台へ上がってみました。 
下に アズール・ウィンドウ跡地を
海から眺められるボート乗り場が見えます。

もう少し時間があれば乗ってみたかったです。
でも このボート商売も いずれは消滅していくのかな。

170316-038.jpg

私達のバスと車内 ツアー客34名➕2名 

170316-039.jpg

+++++++++++++++++++++++
旅仲間たちが写した 
在りし日のアズール・ウィンドー

石灰石でできたアズール・ウィンドウ
近くでみるといくつもの層が重なりあって出来ていますが
亀裂も入り相当ヤバそう。

数年前はこの岩場の上を歩いて 
岩の端まで行くことが許されていたのですよね。
崩壊によるけが人が出なかった事が救いですね。

本当に自然の力って凄い。

自然は常に動いている。
同じ場所にいても 同じ景色は 二度と見られるものではない。

20170314マルタ島

22:00  |  ・マルタ島2017年3月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |