2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.06.27 (Tue)

カード処分するどころかまた1枚増えてしまった

昨秋から 話題になっている
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
ながったらしい名前 簡単に言うと SPGアメックス

スターウッドプリファードゲストの会員カードと
クレジットのアメックスが合体したカードです。

2016年9月にマリオット・インターナショナルは
スターウッドホテル&リゾートを買収しました。

そのおかげで  
スターウッドプリファードゲスト ・ マリオットリワード
ザ・リッツ・カールトンリワードの3つの会員プログラムは
相互にリンクされてしまうことになりました。

3つのうち 最も高い会員資格が 他の2つにも適用されます。
ゴールドプリファードゲストは マリオットでもリッリ・カールトンでも
ゴールドメンバーになってしまうことになったのです。
そのために マイラー仲間の世界も 大変騒がしくなってきていました。

いくら 世間が騒いでいても 
上級のホテルに 宿泊する事がない私は
ふーん … とあまり興味もなく過ごしておりました。

しかし 今年に入った頃から 息子の口から
やたらと SPGアメックス という単語が出始めました。

は・はーん 
赤カードをつくったんだ~と 
私は 適当に聞き流していましたが
3月には プラチナ会員に昇格したというのです。

えっ ! ということは リッツ・カールトンでもプラチナ?

プラチナになるには 
何十回も宿泊せなあかんのやろー と聞くと
ある手続きを申請して 9泊したらプラチナになったそうです。

出張の多い息子は それをうまく利用したようです。
しかし 出張経費で落ちない分は自腹だそうです・・・笑

今年の夏期休暇の海外旅行は 貯めたポイントを利用して 
宿泊ホテルを 3泊分無料で 予約したと言うのです。

えぇ~  ほんまに~  ☆
  
飛行機は ANAマイルで予約済
ホテルは ホテルポイントで予約済 …って 
ほとんど ただの旅行じゃん。

私も 連れてってやー って言ったら 
お部屋が ツインやからあかんわって 速攻却下された。
 
マイルマイルとうるさい私にも
SPGアメックス 使い勝手がいいカードだと勧めてくれました。

お母さんもつくれば・・・
1枚持っていたら 飛行機・宿泊 使えると思うよ。という。
 
ANA JAL BA など 30数社の航空のマイレージプログラムに対応していて
手数料無料で移行できるらしい。
息子 JALマイルには 効率がいいと思うで・・と言う。

確かに 20000ポイントが 25000マイルになることは
私も知っていますが 年会費が高いのよね~

現在使用し続けている 私の航空会社のクレジットカードでは 
ANA系クレジット利用分はANAへ
JAL系クレジット利用分はJALへ
デルタ系はデルタへと強制的に振り分けられている。

今後 JALにはたくさんマイル残っているのに ANAにはマイルがない
でも今回は ANAに乗りたい-!!  って時には 
SPGアメックスで貯めた スターポイントを移行できる。
1枚で 30数社へ振り分け出来るのは有り難いシステムです。

息子は 来年 ちび太郎といっしよに海外へ行きたいのなら
私にも SPGアメックスつくれと勧めてきます。

僕の紹介でお母さんつくれば お互いにポイントもらえるよという。

あらそうなん・・・ 
お互いプラスになるなら つくってもええな・・・
(単純な母親ですから)

結局 一晩考えて 直ぐに作ることにしました。

SPGアメックスについての詳細は
おにいたっちさんや ANAパパさんのサイトで 
よーく 勉強させてもらいました。 
本当によくまとめてあり 大変助かりました。

旅行が好きで 宿泊を伴う旅行をするなら 
損はしないカードだなと 私は判断しました。
その代わり来期 デルタアメックスを 解約するつもりです。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
申込申請後 あっという間にカードは届きました。

カードが届いたら マリオットホテル会員番号にリンクさせました。
リンクさせたとたん ホームページ画面でも
ゴールドメンバーに昇格してしまいました。

SPGアメックスを持つことで 
通常 50nights しないといけないマリオットでも
ゴールド待遇 もらっちゃった…
そして リッツ・カールトンまで ゴールド待遇です。

SPGアメックス  1枚カードつくっただけで  
ホテル わらしべ長者になっちゃった。

status2017.jpg

23:01  |  ★クレジット関係  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |