2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.07.30 (Sun)

メキシコ旅行4日目イキル・セノーテへ

7/17 メリダ6時30分のバスに乗り約2時間 
世界遺産のチチェン・イツァ遺跡へ移動します。

メリダ1等バスターミナルより 6時30分発に乗車しました。
(チケットは7/15購入済)
乗車前には 簡単な 荷物チエックもありました。
車内は 指定席 ほぼ満席です。

c170717-001.jpg

ウトウトしていると2時間ほどで チチェン・イツァ遺跡へ到着しました。

c170717-002.jpg

到着は8時20分頃
イキルセノーテ 往復をお願い出来るか・・・
遺跡の入り口あたりに停まっているタクシーに交渉します。
OK OK
荷物を預けて戻ってくると連絡して待機してもらいました。

入場券売場が混雑する前に 先に遺跡入場チケットを購入しておきます。
ぺーさんがチケットを購入している間に 私はトランク預かり場所を確認。

トランクを2つ預けてから タクシー乗り場へ移動し
3キロぐらい離れた場所にあるイキル・セノーテに向かいます。

ここは チチェン・イツァ遺跡近くにあるので 
遺跡観光を終えた方で 昼からは大混雑するという書き込みでした。

セノーテに 8時45分に到着 
タクシーの運転手に 私は念のために
10:45 と記入したメモ用紙を渡しました。
OK OK  ここでまっているよ ニコッ。

9時からの営業開始のようでしたが 中には入れました。

入場チケット 80ペソ

c170717-003.jpg

園内は 係の方々が 水撒きしていました。

今日は ライフジャケットを借りる予定です。 
でも 9時からということで まだ貸出していなかった。
ややゴリ押しして 早めに借りちゃったけどね・・・w

使用しなかったけど 更衣室もシャワー室も完備されていました。
私達は 貴重品は見につけて リュックサックはゴミ袋で濡れないようにして
セノーテ脇の空き場所 目につきやすい所に お置きっぱなしにして泳ぎました。
            ずら~りと並んだライフジャケット ↓

c170717-004.jpg

旅行者の方のセノーテ写真で 度々目にした場所です。 
上からのぞき込みます。

セノーテ・イキル(Ik-Kil)は 
丸い井戸型のセノーテで 聖なるブルーセノーテと言われているらしく 
木の根っこが垂れ下がっていて とても幻想的な感じの場所でした。
昨日行った 3つとは 全然違う感じのセノーテです。

c170717-005.jpg

先に泳いでいる方は ホテル滞在者のようでした。

c170717-006.jpg

太陽の位置加減にもよるのでしょうが 少し暗い感じがしました。
水温も冷たい・・・ 透明感 うーん あまり感じませんでした。

c170717-007.jpg

プカプカ浮かんで空を眺めていると 雲の流れがめちゃくちゃ早い。

c170717-008.jpg

昨日は 浮き輪でプカプカ ビビっていたぺーさんも
今日は ライフジャケットでスーイスイ 
昨日とは えらい違い ピースする余裕ありだもん (爆)

c170717-009.jpg

私 飛び込んでくるわ・・・ (?Д?)えっ?

カメラ構えて待っていたけど なかなか 飛び込んでくれない。

早く 飛べー  ちょっとまってよ・・・

c170717-010.jpg

ぺーさん 考えている間に 
外人さん 何回も 飛び込みしていました~(笑)

ぺーさん 飛んだかって?   飛んでませんwww

c170717-011.jpg

階段途中の場所から撮影

c170717-012.jpg
c170717-013.jpg

セノーテ入り口付近から撮影 

c170717-014.jpg

10時半過ぎて 出口へ移動します。

この頃のセノーテは だんだん混み合ってきていて
飛び込み台も 順番待ちとなっていました。

c170717-015.jpg

お天気が良いので 服も直ぐに乾きそう・・・

出口に行くと タクシーのおじさんが笑顔で待っていてくれました。
きちっと 時間守って貰えて 良かったです。

再び チチェン・イッツァ遺跡へ戻ります。

タクシー 窓全開の 天然クーラー  (笑)
エンジン音も つぶれそうな程 全開音で ブォォォォーーーー 

c170717-016.jpg

タクシー料金 往復160ペソ だったそうです。

仲間の4トラで確認しましたw


☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡
23:00  |  ・メキシコ2017年7月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |