2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.01 (Tue)

メキシコ旅行5日目ツアー参加①

page170718-001.jpg

昨夜遅々に申込したツアー
7時10分 ホテルにお迎えワゴンがやってきました。

先客の外人様で 車内はいっぱい
私とぺーさんは わかれて座る羽目に…
えぇー このままツアー出発するんやろうか 嫌やね。

ぺーさんが スマホのナビで確認してみると 
目的地とは違う方向へ走っているという。
また別の場所へ連れて行かれるのかもしれません。

そして ここで降りてと 指示されたのは 大きな真新しい施設
ショッピングセンターみたいな感じでした。
ホテルゾーンーへの入り口あたり セントロとの中間点です。

can0718-01.jpg
a17-07-18-002_20170801114110574.jpg

↑ お土産物やさんの一角にあるツアーデスク
私達 何処のツアー会社に 参加するのかさえ全く理解しておりません。 

ホテルで貰ったバウチャーを提示して しばらく待て状態になりました。
他の外国の方々と一緒に 広場の椅子に座り待ちます。

ここは各ツアー会社の集合場所となっているようで
各ツアー会社のバスが来れば 個々に乗り込むシステムのようです。

私達は たぶん同じツアーだと思われる 仲間数組に目を付けます。
仲間たちが 動けば私達も動く ・・・笑

此処に着いてから 1時間位経った頃 
仲間が動き 階段下の大型バスに乗ります。
私達もゾロソロ付いていき 恐る恐る名前を申告してみる。

ぺーさんの 名前ありました。  ホッ 乗っていいよ。
満席でしたが 二人一緒に座れただけ良しとします。

ガイドは スペイン語で おはようございます。
続いて 英語でおはようございます。

スペイン語・英語で 交互に説明していきます。
が 私にとっては どっちにしても同じ ??? 
時々 聞き取れる 単語でなんとなく理解する程度。

集合時間・場所の確認だけは 怠る事無く耳をダンボにする。
ぺーさんは 要所要所 しっかり理解していたわ。

私達の参加したツアーは 
トゥルム遺跡  ランチ コバ遺跡 セノーテ プラヤ・デル・カルメン(自由食)
という盛りだくさんのツアーのようです。

出発して約2時間 11時に トゥルム遺跡に到着です。
乗り降りするバスがわかるように
↓ 降りて直ぐに バスの写真(ナンバー)を写しておきました。

page170718-002.jpg

ツアー客は人種色々50人位いたかな・・  アジア系は私達だけでした。
私達が 目印仲間に指定した一組 3人家族 ↑ 
背が高くてシマシマ・・・目につきやすいので(笑)

ゲートあたりから 遺跡入口まで 約1キロ 
路面電車みたいなバスみたいなのが通っています。
暑いし 歩きたくない 乗りたいな~ 

page170718-003.jpg

↑ でも ツアーの案内のおじさん 元気な私たちは歩きましょうって
めちゃくちゃ早足で歩きます。 私なんて駆け足状態よ。

トゥルム遺跡とは 紀元後1,000~1,400年頃に栄えたマヤの城塞都市
トゥルムとは城壁という意味だそうです。
スペイン人が 最初に遭遇したマヤ人文明が トゥルム遺跡だったそうだ。
トゥルム遺跡は 歴史上価値があるマヤ文明遺跡であるため
世界遺産に指定されています。

入場料? ツアー料金に込 

page170718-004.jpg

おじさんがチケット代を支払い 狭い入り口から 遺跡へ入場します。  ↑

木陰こかげを見つけて 皆さんを集めては 色々説明してくれますが
私はチンプンカンプンです。 
 
page170718-005.jpg

でも 列を離れるわけにもいかず ついて回ります。

あっちにも こっちにも 説明を聞く団体様。 
集団グループを まちがわないようにしなきゃ・・・

page170718-006.jpg
page170718-007.jpg
page170718-008.jpg

この頃になると 私は そのへんの石の上に座りながら ・・・
ぺーさん 突然消えたとおもったら 勝手に海の写真を写しに走っていった。

その時 ツアーガイドが 
こで解散するので 最初の入り口の所にバスが待っている。
40分後にバスに戻るように・・・ って言った。
自由に写真を写しつつ 出口へ向かう事にします。

世界遺産トゥルム遺跡の階段を降りると そこはビーチ
トゥルム遺跡は 海水浴ができる世界遺産です。

でも 茶色の葉っぱの茎みたいな ゴミが多数浮いています。

page170718-009.jpg

カリブ海 ・・・  
トゥルム遺跡には 遺跡とビーチが一望できる絶景撮影スポットあります。

page170718-010.jpg

海岸線は 高さ6mほどの切り立った崖の下に広がっていて
この崖のおかげで トゥルム遺跡は「要塞」として機能していたそうだ。

page170718-011.jpg

ここにも イグアナちゃん 

page170718-012.jpg

1キロ歩く必要があるため 早々に引き上げます。

page170718-013.jpg

ねぇー 帰りは乗っていこう・・・・ ぺーさんもいいわよって。 ホッ。
列に並んだけど 私たちは乗れなかった。

入り口ゲートで 乗り降り自由のチケットを購入して 
手にリストバンドを付けてもらう必要があったのだ。
なーんだ 片道だけは乗せてくれないのね。 

私達みたいに 帰りだけ乗りたいった方もいるだろうに・・・

仕方ない 再び テクテク早足で歩きます。

page170718-014.jpg

↑ 前から写すとチップがいるから 後ろからだけね。

元の入り口まで戻りました。  お土産物屋さんの中をグルグル
あれれ バス乗り場は ?  来た道を戻ってバス乗り場へ

すると 当初乗ってきた白のバスから 青いバスに乗り換え指示がありました。
間違わないように写真まで写したのに 今度は青なのw

ここで 冷たいお水を一本ずついただきました。
一気のみ 美味しかった~ 

全員そろったということで バスが出発しました。

すると 前方に座っていた女性が 
私の隣 二人席が あいているわ・・ と言い出した。 (たぶん)

バスは急停車 ガイドさん 慌てて確認しバスを降りた。
5分ほどして 小さい子を抱いた夫婦がバスに乗り込んできた。

みなさん 拍手と笑顔で迎えます。
日本だと 時間におくれようものなら ツアー客に睨まれるのに。

でも この夫婦から 一言も発せられる事はなかった。
ということは 謝罪もなし。 

次に向かったのは ツアーに付きものの お土産物屋さん
私たちは おトイレだけ ありがたく使用させていただきました。

page170718-015.jpg

その後 のどかな 沿線を走ります。 

page170718-016.jpg

↑ 市街地が近くなると コブ山の看板が目立ちます。
コブ越えの度に車体が大きく揺れます。

コバ遺跡近くのレストランへ到着です。
ランチは バイキングでした。

ぺーさんが飲んだスープ 薄味チキンの味 美味しかったです。
私が食べたもの 半分は果物。  ワンドリンクは自腹でした。
  
page170718-017.jpg

私達が目印にした シマシマ家族もいっぱい食べていました(笑) ↑

横のテーブルの方が どこから来たのか? と
日本です。と言うと  東京に行った事があるよ。って 
銀座 渋谷 新宿 ・・・ 何故か 最後は 巣鴨でした。

レストラン横の湖  
後にわかったのですが 左手には この後いくコバ遺跡です。

page170718-018.jpg
page170718-019.jpg

外で待っていると暑いので 一番にバスに乗り込みました。

ツアー 後半へ続きます。

+++++++++++++++++++++++++++
22:25  |  ・メキシコ2017年7月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |