2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018.03.03 (Sat)

メキシコ・カンクン滞在三日目

滞在三日目は イスラ・ムヘーレス島へショートトリップ 
ここには是非もう一度行きたいなーって思っていました。

この島名イスラ・ムへーレスとは「女の島」という意味。

島へは フェリーで渡ります。
前回は セントロ・ダウンタウンのお宿だったので
プエルト・ファレスのフェリーターミナルから乗りましたが
今回はホテルゾーンにあるターミナルを利用予定です。

どこから乗っても 高速船(UltraMar)で 往復19ドル
ホテルゾーン4㌔地点 エル・エンバルカデロ(リンダ) 
ホテルゾーン6.5㌔地点 プラヤ・トルトゥーガス 
ホテルゾーン9.5㌔地点 プラヤ・カラコル 

cancunmap1.jpg
  
ホテルゾーンを走っているバス(R1 R2)にも乗ってみたかったけど
4人揃えばタクシーが便利 ということで
ホテルから乗り場までタクシーで移動。(70ペソ)

ホテルから一番近いプラヤ・カラコルから乗る予定でしたが
タクシーで連れて行かれたのは  
もう少し先にあるプラヤ・トルトゥーガスの乗り場でした。

書き込みを読むと プラヤ・カラコルは
風の強い日は 運休することが多いそうです。

プラヤ・トルトゥーガスを 9時発に乗船

180213-01.jpg

途中 エル・エンバルカデロの乗り場でお客様を乗せて
イスラ・ムヘーレス島へGO~

180213-02.jpg

海の色は 昨夏のほうがきれいに感じました。
お日様がきついからかしら・・・

180213-03.jpg

約20分で イスラ・ムヘーレス島に到着です。

到着後は 誰よりも早く ゴルフカートをゲットするために
私とサーさんはカート屋さんへ走ります。

ゴルフカートの貸出 一旦手続きに並ぶと
貸出手続きに時間がかかることが分かっていたのでここは要領よく。

ターミナル前のカート屋さんへ一番乗り
前回の一日750ペソを念頭に行ったら 今回は700ペソでした。
2台借りずに 4人で乗ります。

私達の貸出手続きが終わった時 
お店前はもうお客様の列が出来上がっていました。

やったね !!
無事にカートをゲットした後 置いてきぼりにした仲間と合流です。
置いておかれた二人・・・
私達がどこに行ったかもわからずキョロキョロ探し回っていました。(笑)

180213-04.jpg

私の予定では この日は時間たっぷり
島内を二周する予定だったので
とりあえず さぁーっと 島内一周してみようって感じでスタートしました。

島内3人の運転手が交代で運転します。
運転しない私は 後部席に座ります。 

この後部席というのが 
スピードダウンのボコボコが読めず
突然のドスンに急停止。 
慣れるまでは大変。ゲロゲロになりそうでしたw
 
身体の向きを無理やり 進行方向に向けると
大分楽に乗っていられる様になり 後半は楽になりました。

ビューポイントで停止して写真を撮ります。
人気のマリンパーク「ガラフォン公園」を眼下に見ます。

180213-05.jpg

走行中 景色のいいところで停まってねーと言っても
いやぁー 心地よい風 最高~~~
みんな無視 どんどん 走行して行っちゃうんだもん。

まっいいか ・・・ 二周目で ・・・ 
なんて思いつつ 乗っていました。

ゴルフカート前進しかできないと思っていたサーさん
方向間違えても一気にユータウンしようとします。
空き地に寄せてバックすれば・・・って言ったら
えっ・・ このカートバック出来るの? って。
前回ぺーさん こうしてやっていたよ・・ってやり方教えます。
サーさん何も悪くない。
私達操作説明もうけず乗り込んで走っちゃったものね。

180213-09.jpg

⇓ とりあえず此処は 止めて!! と指示を出しました。
写真写した時 ルーさん寝ていたよね (笑) ⇓

180213-06.jpg

そんなこんなであっという間に 島の端っこまで来てしまいました。

ここは 前回 私のお気に入りの場所。
青い海を眺めながらお茶をしたい☆  目的地

島の最南端の岬 「プンタ・スール」
イグアナの岬と呼ばれるだけあって 岸壁にイグアナたちが生息しています。
でも 前回ほど イグアナに遭遇しなかったな。

180213-10.jpg

一人30ペソ支払い 「プンタ・スール」 へ入ります。
私は一人で敷地内ウロウロします。 
こちらの道を進むと ガラフォン公園へと繋がっています。

180213-07.jpg

青い海の最南端  カリブ海 岩へ打ち寄せる波もきつい
高さもあり迫力あり・・・ 何回か動画を写したあと 
道なりに下に降りて行きました。

cancun3.jpg
cancun4.jpg
cancun5.jpg

波の衝撃なのだろう 遊歩道の手すりも一部壊れている。 

一番下の歩道に降りた瞬間 高波が押し寄せて
私は 一瞬にして 全身ずぶ濡れになりました。

怖っ !! 戻ろ !!
慌てて階段を駆け上がりましたわ。

後で考えると 誰もいない所で 波にさらわれなくて良かったよー。
カメラもスマホも防水で良かった~。

リュックからタオルを取り出して身体を拭きますが
下着までビショビショ 
服のままプールに飛び込んだみたいな状況でした。

180213-08.jpg
page180213.jpg

岬の空き地には 現代アートモニュメントがありますが
わたしには わけの分からない展示物w

180213-11.jpg
180213-12.jpg
180213-13.jpg

私が 全身ビショビショのまま戻ると 
仲間の3人は 早々に ティータイム中~
おにぎりを ぱくついていた方もいたな・・・ 笑

180213-14.jpg

出店のレストラン ロブスターが美味しいお店があるって
情報があったけど ランチには 早すぎたのかお店が開いていない?

まっ 2周目にまた来てもいいかな・・・と 
再び ゴルフカートに乗って シュッパーツ。

⇓ 崩れかけた遺跡 誰にも気づかれず素通りwww

180213-15.jpg

青い空 青い海  イヤッホ~~~♪ 

海岸が綺麗だし 停まりたい場所 停まって良いんだからね。
前回この辺で降りて遊んだよー
後部席から私が言っても みんな興味ないのかな?
ただただ前に進むのみ。

運転も慣れたメンバーのゴフルカートは 
対向車の少ない道を快適に進んで行きます。

前回 帰国してから気づいた カサ・カラコルというユニークな家
貝の家 写真に撮りたかったので狙っていました。
B&Bらしいけど 外からの撮影はOKとの書き込み。

身体を前に向けて 前方を確認します。
あっ あったー と気づいた時には 
何がーーーー ? 
変わった 貝殻の家なんだけどーーー 
あっという間に 素通りーーー(笑)

⇓ 観たかったのは こんな建物ね。

cancunmap2.jpg

こりゃーいかん 停めてと言わないと・・・w

この先に お墓があるんだけど そこで停めてね。
身体を 前方に傾けて・・・
あっ ここ ここ 停めて 停めて
カートを墓地脇に停めてもらい 
私は墓地に入り込んで撮影してきました。

墓地敷地内 中までカートで入れる様で
観光客の乗ったカート数台が並んでいました。

180213-16.jpg

各家庭で色々な形のお墓をもっているようです。
同じものはありません。

180213-17.jpg

⇑ このホテルの前も公園になっていて
とっても眺望はいいのですが 
停まりませーんw

この上 海の見える教会があるよーと言っても 
停まりませーんw

島の壁画・家の壁画など 
気がついたのかついていないのか
誰も興味はなかったのか 話題にも上がらず。

そんなこんなで あっ言う間に一周目終了。

白砂のビーチで有名な プラヤノルテ ココビーチ辺りに
カートを停められたら良かったのですが
この日は なかなかカートを停められる空き地がなくて
結局 あるレストランの待機所に停めさせられて
仕方なくここでランチタイムです。 

180213-18.jpg

7月と違い ビーチも 人・人・人 混雑中。

ランチタイム みーんな のんびりし過ぎで 
島一周 2周目は もう気力なし ???

カート停められたら きれいなビーチで遊んだりしたかったけど
この日は人が多かった。
私も前回どこをどう走ったかなんて覚えちゃいないしね。

せっかくの島 まだ 走行していない道 いっぱいあるよ。
一周で満足しちゃったのか カートを返す事になりました。
私は一度来ているから良いんだけど
初めての皆はこれで良かったのか???

プラヤ・トルトゥーガス 行き 一時間に一本の運行です。
時間まで フェリーターミナルで待機しました。

180213-19.jpg

⇑ フェリーは展望のいい2階に座りました。
到着したフェリーから 
島に滞在するお客様のトランクを積み込んでいます。
積み上げてはトランク落としたり・・こりゃートランクも壊れるわ。

2階に座っても 真夏程の強烈な日差しは感じません。

180213-21.jpg

帰路の途中 雲行きがおかしくなって
パラパラと雨が降り出しました。 
慌てて1階に席替え ・・・ 
その後 熟睡してしまったみたい。

気がついたら プラヤ・トルトゥーガスに到着していました。

180213-20.jpg

プラヤ・トルトゥーガス  
フェリー乗り場の横は フリーのビーチになっていて 
多くの観光客が泳いでいました。

フェリーを降りてホテルまでタクシーに乗ります。

手持ちのペソ ゴルフカート支払って残りが 70ペソ+小銭
ホテル迄ちょうど戻れる金額だと思っていたら
ホテルまで 90ペソだという。
えっ !! 。。。
来る時は70ペソだったので ぼられている気がする。

これだけしかないとペソを提示すると
ある運転手が いいよー乗れと言ってくれた。

これで去年の残りのメキシコペソ全てを使い切った。

++++++++++++++++++
前回のイスラ・ムヘーレス島の旅

2017年7月のイスラ・ムヘーレス島①
2017年7月のイスラ・ムヘーレス島②

++++++++++++++++++

ホテルに戻り 夕飯食べに出るまでフリータイム

この時間 私は お昼寝タイム 

18時 ホテルから12・3分ほど歩いた所にある
ククルカン・プラザの中にあるソリアナというスーパーに行きました。

長期滞在なら ここでお買い物して 
ホテルのキッチンで調理することも可能ですね。

180213-22.jpg
180213-23.jpg

色々と物色し みーさんと私 服のお買い物。
日本では絶対に着ることがないであろう
フリーサイズのリゾート着(笑)

ククルカン・プラザの中は 高級な専門的なお店が多く
食事できそうなレストランはありませんでした。

18-02-K-01.jpg
180213-24.jpg

ホテル近くのショッピングモールに移動し
シーフードのレストランに入りました。

20180213-008.jpg

レストランが 水族館の近くだったので 
下にはイルカが泳いでいました。

180213-25.jpg

これは美味しい・・ これはイマイチ・・
皆でわいわい楽しく食事をしました。
ビールも美味しいけど マルガリータ結構飲んだわ。

180213-26.jpg

⇑ みーさんと私 お気に入りの ペアルックです。

ホテルに戻っても女子会 
旅の話はもちろん 家族の話など 話題が尽きる事はありません。

いろんな意味で ルーさんの的確な意見 本当に有り難い。

カンクン滞在 三日目 無事に終わりました。

22:35  |  ・メキシコ2018年2月  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |