北欧⑥★7/15オスロ→ベルゲン移動しながらフィヨルド観光①

2019年08月04日21:00

今日はオスロを出発して
ソグネフィヨルドの一部を観光しつつベルゲンへ移動します。

5時30分過ぎにホテルをアウトして
スーツケースを転がしつつオスロ中央駅へ向かいました。
ガタガタ道を15分程度

190715-01.jpg

ベルゲン急行のホームを確認してホームへ移動します。

その移動中・・・
トランクに違和感があり見てみると
4輪の一つが見事に破損しています。
近くに車輪が一つころがっています。

あぁー 壊れてるやん!!
ぺーさんが何でも出てくるバックから
すぐにボンドを出してくれましたが
車輪ですから そうー簡単には補修できません。
仕方ないこのまま 3輪で移動するしかない。
3輪あればなんとか転がすことができる。

もうひとつ壊れたらトランク購入するしかないけど
物価高い北欧では買いたくないわー
なんでここで壊れるん!! もうー。

6:25発のノルウェー国鉄に乗車 します。

190715-02.jpg

海外の場合 ホームのどのあたりに電車が停まるのかわからない
日本のように☆号車はここですよーなんて指示は何処にもない。
出発するホームさえ ギリギリの告知だもんね。

このあたりかな・・適当な判断で待ちました。
でも判断をミスった私達は 
慌てて乗車することになり 乗車後車両を大移動でした。

指定の座席に座った後は ホテルで作ってもらった朝食をいただきます。

190715-03.jpg

指定された座席は進行方向右側でした。
本当は左が良かったんだけど購入時勝手に決められたらしい。
それでも車窓は十分楽しめたのでいいんだけどね。

190715-04.jpg

女性の車掌さん 
ミュールダールまでご一緒しました。

190715-05.jpg
190715-06.jpg

少し落ち着いた後 車両探検
キッズルームもあります。
女の子テレビ見放題ですw

190715-07.jpg

売店・・食堂車も連列していて 軽食が提供されていました。
美味しそうな匂いにつられてピザを注文
4人掛けのテーブルも数台設置されていました。

190715-09.jpg

こちらの椅子に座り自由に車窓を楽しむ事ができます。

190715-08.jpg

車窓からの景色 見飽きることはありません。

190715-10.jpg
190715-11.jpg
190715-12.jpg
190715-13.jpg
190715-14.jpg
190715-15.jpg

岩場の多い地にも駅があり
大勢のお客様が降りて行きました。

190715-18.jpg

駅前には貸し自転車が大量に並べられています。
歩いている方は大勢見えましたが
こんな岩の多い場所で 自転車に乗れるのでしょうか。
夏季だけの商売ですよね。
自転車の償却できるかしら?

190715-16.jpg

雪かき車? 冬には大活躍するのでしょう。

190715-17.jpg
190715-20.jpg

この後 ながーいトンネルを抜けたらそこは
下車予定のミュールダールでした。
ここまで約5時間かかりましたが
一度も寝ることなく飽きることなく楽しめました。

190715-21.jpg

11時37分 ミュールダール 到着
ここでフロム鉄道に乗り換えます。 

お天気最高~☆☆☆
山間部の観光 雨が降ったら悲惨です。

190715-22.jpg

駅の係員が
荷物と一緒にフロム鉄道に乗る人はこっち来い!! って手招きします。

ここで荷物を預かり荷物車に乗せるから
フロムに着いたら右側に歩き
貨車まで引き取りにおいで・・・みたいな指示でした。

私達もトランクを預けます。

190715-23.jpg

指定された場所で待っていると
フロムからお客様を乗せた電車がやって来ました。

190715-24.jpg

座席を右側にするか左側にするか調べていなかった私達
6人席より4人席を選択して 進行方向右側に座りましたが
ミュールダール→フロム  
座席は左側に座るほうが景観はいいようです。
放送で案内される名所はほとんど左側でした。

190715-25.jpg

アナウンスの度に 席を立ち写真を撮るおじさん
このおじさんのタブレット画像を見て納得した私達でした。(笑)

190715-26.jpg

でも ・・・ 
フロム鉄道一番メインは右側にあります。
全員が下車して撮影をするのですが・・・ 笑

190715-27.jpg

海抜630mのショース滝 全長93m
隣りにショース滝発電所があり 
ここでフロム鉄道の電源をまかなっているそうな。
水量の多い滝だが 冬季は水源の湖が凍結してしまうのだそうです。

190715-28.jpg

突然 大音響で音楽が流れ始めました。
音楽にあわせてドレスを身につけた若き女性が
滝のそばで突然踊りだします。
美しい歌声を響かせてくれます。
美しい山の妖精フルドレを表現しているらしいです。

電車が来るまでじーっと待っているのだろうね。

190715-29.jpg

観光客は みなさん 記念撮影・・・
この時間 滝側は逆光でした。

190715-30.jpg

私の座っていた車両は トンネルの中に停車しています。

190715-31.jpg

再び電車は走り出します。
時々 駅に停車して ハイカー姿の方が数人程度降ります。
こんな場所で降りて ハイキングされるのでしょうか。

190715-32.jpg

途中の駅で 電車がすれ違いました。

190715-33.jpg

こんな地で生活している方がいるのか
民家らしき建物がポツンポツンとあります。

190715-34.jpg

サイクリング中 
私達の電車を背に記念撮影していたのかな?

190715-35.jpg
190715-36.jpg

民家が増えてきたかな・・と思ったらフロムの駅に到着です。
ミュールダール→フロム  
約1時間の乗車でした。

190715-37.jpg

ミュールダールへ向かう方々の長蛇列です。

190715-38.jpg

駅前広場には 
観光客を待っている観光バスが並んでいます。

190715-39.jpg

荷物専用で運ばれた荷物が並べられています。
私達も自分の荷物を引き取ります。

座席にトランクを持ち込みしなくていいので楽ちん。
まわりに迷惑かけなくて済むし
ありがたいシステムだったね。

190715-40.jpg

ここからフェリーに乗り換えます。


カレンダー


08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================