2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.08.05 (Sat)

メキシコ旅行7日目タスコへ

こちらのバスターミナルからタスコへ向かいます。

ここでも荷物の点検後 飲み物をいただきます。
乗客のお顔撮影後 13時5分に発車しました。 
乗車時間は 約1時間30分の予定です。

pag170720-51.jpg

熟睡したあと目を覚ますと バスは山道をクネクネと走っています。 
タスコの街並みが見えてきました。

pag170720-52.jpg

タスコのバスターミナルに14時45分到着
メキシコ南部ゲレロ州にあるタスコ

ここはかって 銀の産出で栄えた街だそうで 
今でも 銀細工のお店や工房が集まっていました。
シルバーの工芸品 安いのか高いのか 
いっぱい並べられていましたが見向きもしない私達。

街並みは白を基調とした建物が多くて
世界で最も美しい街 8位に選ばれたそうです。
可愛い感じの街でした。

pag170720-53.jpg

ここから ホテルのある ソカロのボルダ広場へ移動します。

タクシーは街並みと同じように白。
狭い道で 小回りが利くように ほとんどが古いフォルクスワーゲン・ビートル
山の斜面に位置するタスコでは 今でもタクシーとして利用されているようです。

かぶとむし ・・・ です。

pag170720-54.jpg

突然 ソカロ ソカロ って聞こえて来ました。
ぺーさん これに乗っていこう。。 
私たちは直ぐに ボロボロのミニバスに乗り込みました。

坂道をブォーンと凄い音をだしつつあがって行きます。
それにしても 凄い坂道ばかりで今でも エンストしそう・・・

pag170720-55.jpg

途中乗り降りする方もいて10分程で ソカロのボルダ広場につきました。

pag170720-56.jpg

ソカロ 街の中心部のようです。

pag170720-57.jpg

今回は ソカロ沿いの こちらのホテルに宿泊 ↑
宿泊者には 個別 リストバンドを付けられました。 ↓

pag170720-58.jpg

お部屋から ソカロにある サンタプリスカ教区教会が見えます。

pag170720-59.jpg

ホテルにあるテラスから サンタプリスカ教区教会と一緒に。

pag170720-60.jpg

↓ ホテル屋上のバー    路地裏には洗濯物 ↓ 
 
pag170720-60-1.jpg

疲れたね・・・ 
イヤイヤ このまま休憩したら動けなくなりそう。

さぁー行くよ。  散策開始 

pag170720-61.jpg

ホテル階段を降りると そこはソカロ広場 立地最高~☆

まずは サンタプリスカ教区教会

pag170720-62.jpg
pag170720-63.jpg

↓ 次は 山のてっぺんにある キリスト像を見に行きます。

pag170720-64.jpg

タクシーと往復交渉で乗りました。
もちろん ボロボロの フォルクスワーゲン・ビートル

二人乗ってぎゅうぎゅう  トランクあったら何処に置くのだろう。

pag170720-65.jpg

↑ 私の乗った左側は タクシーの運転証明書が汚く貼り付けてあります。
10分ぐらい 傾斜のきつい 細い道をクネクネとあがっていきます。

街を見渡すキリスト像のある展望台に到着です。
タクシーの運ちゃん 10分後車に戻れって。

pag170720-66.jpg

タスコの街並み

pag170720-67.jpg

中心部には サンタプリスカ教区教会も見えます。
写真では 高低差が わかりづらいですね。

pag170720-68s_20170803122716863.jpg

近くにいた男性に写真をお願いしたら ↑
彼は手慣れた感じで 壁の上に乗り ここに立ちなさいって・・・ 
私たちには出来ない いい写真を写してくれました。 

10分後 同じタクシーに乗りソカロまで降りて行きます。

坂道沿いには 運動場もあります。 学校かしら・・・

pag170720-69.jpg

↓ 坂道を降りる時 目先が見えません。
アトラクションの車に乗っている感じです。

pag170720-70.jpg
pag170720-71.jpg

ソカロに戻りました。 まだまだ 散策は続きます。

pag170720-72.jpg

散策をかねて 明日メキシコシティへ戻るバスターミナルの確認をします。

地図を見て こっちかな・・・と坂道をあがって行きますが 
行っても行っても バスターミナルが見つかりません。

pag170720-68s111.jpg

こんな上まで 大型バスが上がれるはずはない。

テクテクと元に戻って 店番をしていたおばちゃんに 
メキシコシティ行きのバスターミナルの場所を確認しました。
私が英語で聞いたので ちょっと待ってと
奥から英語のわかる女性が出てきました。

分かれ道の道路を指さし 
私達が上った道ではなく 下る道を指示されました。

そして 今日のバスは終わったよって・・・
ありがとう明日乗るの。 と答えて 道を下って行きます。

pag170720-75.jpg

めちゃ細い下り坂 溝のない靴なら大変な事になりそう・・・
私は 壁横の手すりをもって降りていきます。

↓ 柵にはかわいい洗濯物  半年位の赤ちゃんがいるのね。

pag170720-73.jpg

↑ ありましたありました バスターミナル
ぺーさんは ついでに明日のチケットを購入します。

pag170720-74.jpg

↑ ターミナルの展望テラス バスターミナル内誰もいません。

チケットも買えたし 再び散策開始です。
此処まで下って来たので 今度は上りしかありません。

細い道を上へうえへ ・・・ 道があっているかもわかりませんが
上がれば なんとかなるはず フーフーいいながら歩きます。

途中で出会ったおじさん カテドラル? って聞いてきた。
イエスと答えると 笑顔で上を指差して頑張れって (多分・・・) 

少し広場に出た。
地図を見ると サンティシマ教会とサンニコラス教会だ。

pag170720-76.jpg

皆さんの旅ログに 
教会の塀に人が大勢すわっていると書かれていたが
この日はたった5人でした(笑)

pag170720-77.jpg

白いフォルクスワーゲン・ビートルはタクシー 黒は一般車かしら?

この後は 市場の中を ウロウロ
地図で見ると 結構 広い市場のようです。

市場では 会計担当ぺーさんにお願いして バナナを買ってもらいました。

pag170720-78.jpg

↑ カラフルなきのこです。 
オレンジと青 なんとなく毒キノコっぽい。

この後も 市場の中をウロウロしつつ ソカロまで戻りました。
そのあと ぺーさんと別行動します。

私は ホテルへ先に戻る事にしました。
胃の痛みの回数が増えている気がする・・・

↓ ホテルへ戻る時 ソカロでは何かしらのイベントを開催中

pag170720-79.jpg

↑ ホテルテラスから 先程のイベント会場を写しました。

部屋に戻り 胃薬を持っていなかったので 他の鎮痛剤を飲みました。
そして 17時30分から 21時まで熟睡。
ぺーさん あまり気持ちよく寝ているので起こしづらかったわ。って。

胃の痛みも治まったので 夕食を食べに出ました。

pag170720-80.jpg

部屋に戻った後は シャワーを浴びて 再び即寝。

ぺーさんも早寝したらしく 今回の旅行では初めて 
二人とも 日付の変わる前にベットに入ったみたいよ。

私は 夜中再び胃がキューってなり 2回トイレに駆け込み
これから先大丈夫かしら ・・・ ちょっと不安な夜を過ごしました。


++++++++++++++++++
 
23:00  |  ・メキシコ2017年7月  |  編集  |  Top↑

2017.08.04 (Fri)

メキシコ旅行7日目クエルナバカへ

今夜は メキシコシティには戻ってきません。
一旦ホテルをチェックアウトします。
明日には再び ここへ戻ってくる予定なので
トランクを預かってもらいました。

ホテルから5分程歩いて 地下鉄2号線に乗り 10番目最終地 
メキシコシティ南バスターミナルを目指します。

page20170720-01.jpg

地下鉄車内 ・・・ 男性9割 
観光客の私達 視線のまと 皆さんジロジロ見てきます。 
アジア人のおばさん二人 そんなに珍しいか w

地下鉄を降りてから バスターミナルへの移動 少し迷いました。
数人の方に バスターミナルの位置を確認しましたが
陸橋を降りて露店商の出店の間を抜けて行くような道順でした。
露店が多すぎて 看板も何も見えやしない。

クエルナバカへのバスチケットを買いたいと聞くと 
あっちだよって丁寧に教えてくれる方がいました。
皆さん本当に親切です。

クエルナバカ 私ずーっと クエルバナカ って話していました。
旅ログ書くにあたり 間違っていた事に気づいた。 お馬鹿だね。

page20170720-02.jpg

9時15分発に乗ります。
私達が チケットをもって 乗り場2で待っていると  
乗り場1だよと 靴磨きのおじさんが教えてくれました。

バスに乗る時には 個別に荷物チェックがあります。
その後 飲み物 ジュースとかコーラとかお水 1つもらえます。
お客がバスに乗り込んだら 
係員がカメラを持って乗り込み全員の顔を写していきます。

治安の悪いメキシコ バスジャックはよくある話しらしい。
その予防対策なのだろうか ???

今回のメキシコ 時間を有効に使う為に 
夜行バスの移動も考えた事もありましたが 
結局はバスジャックを警戒して夜の移動はやめたのだ。

1時間半ほどで クエルナバカのバスターミナルに到着しました。
クエルナバカは モレーロス州の州都 標高1500mの地。
坂道アップダウンの多い街です。

page20170720-03.jpg

適当に近場から散策開始です。 ロバートブラディ博物館 ↓

page20170720-04.jpg

メキシコの男性は靴を磨いてもらうのが好きなのだろうか・・・
観光したメキシコいたる所で 靴磨きのおじさん達にあいました。

page20170720-05.jpg

同じ場所に 雰囲気の違う教会カテドラルが3つもあります。

page20170720-06.jpg

ピンクで可愛い教会は テルセラ・オルデン教会 

page20170720-07.jpg
page20170720-08.jpg
page20170720-09.jpg

世界遺産ポポカテペトル山腹の14の修道院のうちの一つ
クエルナバカのカテドラルはこっちらしい ↓

カテドラルは修復されて真っ白 向かって右側の塔はただいま修復中

page20170720-10.jpg

1529年に建造されたアメリカ大陸で最古の教会だそうです。

ここは 日本人にとっては 縁の深い壁画がります。
宣教師として日本を訪れたフェリペ・ヘルスヌ他26人の修道士と
彼らに付き従った日本人の従者が豊臣秀吉の命令で(1597年)
処刑されてしまった話が壁画として描かれています。 ↓この壁画

page20170720-11.jpg
page20170720-12.jpg
page20170720-13.jpg

グアダルーペ教区教会

page20170720-14.jpg

坂道を下ります。  露天商のおじさん 上り坂を必死に荷物運んでいます。

page20170720-15.jpg

                  茶店の二階 出窓席 ↑
↓ 時々ある信号は縦型です。

page20170720-16.jpg

↓  ソカロに隣接している コルテス宮殿  ↑ 
モニュメントに落書きか・・と思ったけど違った。 ↓

page20170720-17.jpg

コルテス宮殿 全景

page20170720-18.jpg

アルマス広場 市民憩いの場所になっているようです。

page20170720-19.jpg

コロニアル建築の州庁舎   
コロニアル建築って言われても?だけどw 

17072091.jpg
17072092.jpg

コルテス宮殿にある クアウナワック博物館に入ります。

17072093.jpg
17072094.jpg
page20170720-21.jpg
page20170720-22.jpg

二階には ディエゴ・リベラが描いた大きな壁画がありました。

page20170720-23.jpg

アルマス広場で売られていた果物 
ぺーさん 突然立ち止まった。  興味あり?
おばさんが 一口ずつ 試食させてくれた。 

果肉は真っ赤っか  雰囲気的にはマンゴーみたいな物かしら。
1個買ってタスコのホテルで食べた。

この後 タスコの市場をまわっても この果物は見ることはなかった。
クエルナバカの特産物なのかしら?   

17072095.jpg

またまた靴磨きのおじさん 皆さん 磨いてもらうの好きだね~(笑)

page20170720-25.jpg

↑街には 大きな銃を構えた 警察官が目立ちます。
市内を走っているバスは ボロボロ ガタガタ 

適当に散策を終わり タスコ行きのあるバスターミナルに向かいます。
この街は 行き先によって 数カ所のバスターミナルに分かれています。

地図をみながら移動していたりですが ターミナルがなかなか見つかりません。
あれっ ? もうーそろそろあってもいいばずのに ・・・

無駄に歩きたくないので なにげに 近くを歩いていたおじさんに
バスターミナルの位置を訪ねました。
私が 英語で尋ねましたが 
おじさん 地図のバスのマークをみて 
ジェスチャーで まっすぐ行って左だよって
親切に教えてくれました。  が ・・・
後で考えると なんとなく人相の悪そうなおじさんだった (^^;)

無事にターミナルにたどり着き タスコに行きたいと言うと
親切な係員が ここでチケットを買いなさい。
列に並んでいると 値段と出発時間まで教えてくれました。

チケットを購入後  
構内のお店で 大きなホットドックを食べながら小休止です。

すると 先程の親切な係員  
もうすぐ時間だよ・・って合図を送ってきました。
治安が悪い悪いと言われるメキシコですが 皆さん本当に親切です。


++++++++++++++++

23:00  |  ・メキシコ2017年7月  |  編集  |  Top↑

2017.08.04 (Fri)

メキシコ旅行6日目メキシコシティへ移動

トランクの荷物も片付けて 15時にホテルをチエックアウトします。
レイトチェックアウト 無料にしてくださいました。

カンクンの空港までタクシー移動です。
30分かからずして到着  はやっ。  

出発は 19時20分予定 ちょっと早すぎた ^^;
16時アウトでも良かったかも・・・

カンクンから便数の多いインテルジェット 
受付カウンターは 常時あいているようです。

ここは機械でのチェックインではなく対面 めちゃくちゃ混雑していました。

p170719001.jpg

トランクを預けて身軽になった後
レストランに入り ゆっくり食事をしました。

p170719002.jpg

量多すぎ 半分残してしまったわ。  ↑

お買い物するわけでもなく 時間はたっぷり
早めに セキュリティ内に入り 
プライオリティカードで使用出来るラウンジでまったりしました。
LCCでも利用出来るプライオリティカード大変有り難いです。

場所は 国際線が飛んでる場所Aにありました。
私たちは国内線B ・・・ 中は自由に行き来出来ました。

ラウンジからの景色 ↓

p170719003.jpg

↑ 若干の遅延がありましたが 想定内の範囲です。
機体まで歩いて搭乗します。 

メキシコシティ トランクが出てくるまで 結構な時間待たされました。

この後 タクシーチケットを購入して ホテルまで向かいます。
14日メキシコシティ乗り換え時 乗り場はチェックス済みでしたが
料金のチェックを怠っていた私達  受付の女性にボラレました。

空港からのタクシーは 車種と区間ごとに料金一律です。
乗りたいタクシー会社のチケットブースに行き
ホテルの場所と乗り込み人数を申告してチケットを購入します。

私達二人なのに 渡されたチケット 確か 315ペソ
そんなものなのかと 指定された乗り場へ行くと
7・8人は乗れる大きなバンでした。  デカッ 
まわりには 普通のタクシーがいっぱい並んでいるのに・・・

クゥゥゥ  あの受付女性のおはちゃんにやられた。
二人なのに どうして あんな大きな車を配車するかね !! 

30分程乗って 23時前 無事にホテルに到着です。
ここのホテルには 
一泊した後 他所)に泊まり その後二泊の予定となります。

p170719004.jpg

メキシコシティは 標高2250m  涼しく感じます。
お部屋にはクーラーはありません。 
さすがに高地 全く必要を感じませんでした。

シャワーを浴びて 明日の準備をしていたら 
この日も 2時過ぎの就寝となりました。 

ぺーさんは 私よりもっと遅いけどね。。。


この頃から時々 胃のあたりがチクッーってなるようになりました。


+++++++++++++++++
01:30  |  ・メキシコ2017年7月  |  編集  |  Top↑

2017.08.03 (Thu)

メキシコ旅行6日目イスラ・ムヘーレス島②

運転もなれたぺーさん 快適に飛ばして行きます。
って ゴルフカート出せるスピードは限られています。

pag170719-030.jpg
pag170719-031.jpg

↑ 島にある空港です。 
プライベート機用かと思ったら軍の施設があるようです。

↓ 知らないおじさんの銅像を見ながら ビーチのある方へ向かっています。  

pag170719-032.jpg

セントロの路地を 右に左に 結構一方通行が多いのよ。

↓ Mía Reef Isla Mujeres ホテルへの専用ゾーンのようです。

pag170719-033.jpg

ココビーチを歩いてみます。  
こんな場所に一日居たら、身体が大変な事になりそう。

しかし 外人さん 焼くのが好きなのね~♪

pag170719-035.jpg
pag170719-036.jpg
pag170719-037.jpg

ビーチ入り口に 皆さん カートを停めていました。
似たようなカート 間違うことはないのかしら ?

pag170719-038.jpg

メインの通りに戻ってきました。
この時間は お店もオープンして 観光客も大勢歩いていますした。

pag170719-039.jpg

カートでの島一周は さらーっと周遊するなら 2時間もあれば十分だと思います。
あちこち立ち寄ったりお茶したりすると もう少し時間は必要ですね。

私達 フェリー乗り場前を通過して 2周目に入ります。 

pag170719-040.jpg

↑ 軍の施設周辺を通過 海には 軍船も停泊しています。↑

出来るならば 同じ道は走りたくない二人
今度は 横道に入り ウミガメセンターのある方向へ走ってみます。

pag170719-041.jpg

塀には アート?  

海がめ保護センター通過 (笑)

pag170719-042.jpg

ドルフィンディスカバリー通過 (笑)

pag170719-043.jpg

ここの半島部分は 別荘地みたいなプライベート私有地?みたいで
ちらっ チラッ と青い海が見え隠れするのですが 
降りて海の見える場所へ行くことは出来ませんでした。

私 カートから乗り降りする時に 路肩でドッスン 見事に転がりました。
打ったのは右足のスネ 痛いのなんのって・・・ 全く何やってんだか (:><:)

やっと見ることが出来た青い海~  見えるは カンクンホテルゾーンですね。

pag170719-044.jpg

↑ ホテル建築中かしら ?
大きな機材もなく 手作業でのーんびり建築中?

路肩では 貝殻製品を売っています。
おじさん 暇そう 一日何個ぐらい売れるのだろうね?
仕入れは タダだけどねっ。w

pag170719-045.jpg
pag170719-046.jpg

ずーっと 私達の後ろに付いていたパトカー
追い越し可能な道幅になると 直ぐに追い越しして行きました。

↓ 壁はお決まりのアート? 

pag170719-047.jpg

港には 大きなフェリーが到着したようです。 
車も積み込める 大型フェリーです。

pag170719-048.jpg

メインストリートに戻って来ました。

朝 私達に ソールドアウトと言い放ったゴルフカートのお店前には ↑ 
この時間(12時過ぎ) カートを借りる方が 大勢並んでいました。

島には 10時迄に入る方が 色々とスムーズに行動することが出来ますね。
早すぎてもダメです。(笑)

ストリートの外れのカート屋さんでカートを返却します。 
レンタル時間は 約3時間半でした。

往復購入していたチケットを利用して カンクンへ戻ります。
ホテルゾーン降船は 今回は諦めます。
フェリー乗り場は 長蛇の列 12時30分発に乗るつもりです。

少し遅れて 改札が始まりました。
帰りは 暑いけど 景色を楽しみたいので デッキに座りました。

pag170719-049.jpg

どこからか到着したフェリー 

pag170719-050.jpg

イスラ・ムヘーレス島 気に入りました。
次回は もう少しゆっくりと滞在してみたい島でした。

pag170719-051.jpg

グラデーションがきれいな青い海に 青い空 

pag170719-052.jpg

沖縄の離島みたい・・・・
モルディブ島の海みたい・・・   見ていて飽きることはない。

ずーっと 動画を撮ったり 写真を写したりしていました。

pag170719-053.jpg

↑ このお方 ずっと歌を歌っています。
申し訳ないけど 誰も聞いちゃいないのよ(^_^;)😭💦💦
多分 チップで生活している方でしょうね。

pag170719-057.jpg

カンクン プエルト・ファレスフェリー乗船場へ戻って来ました。
         イスラ・ムヘーレス島への時刻表です。 ↓

pag170719-058.jpg

時間はあるので ホテルへ戻るのに 路線バスに乗って帰ります。
バスセンターまでバスで行き 後はテクテク歩きつつ 市内散策 ?

バス乗り場あたりで ずーっと待ちますが 何故かバスが来ません。
反対方向にはバスが走っています。 それもボロボロ車体のバス
ウロウロしつつ20分程 待ちましたが来ません。

日差しはピーカン 暑いし ねぇ~タクシーにしようw
目の前にはタクシーいっぱい停まっている。

このタクシーもなんとなく うさんくさいタクシーに見えたけど
昼間だし 二人だし ホテルまで交渉してみました。

OKのサインをもらいホテルまでお願いしました。
ホテルまで10分強  タクシー料金 40ペソ?  

窓は全開です。  タクシーの中から写した壁画 ↓ 

pag170719-059.jpg

13時40分 当初の予定より早めに ホテルへ戻って来ることが出来ました。

部屋に戻ると クーラーをガンガンかけて トランクに荷物をまとめます。
水着など 洗濯物いっぱい ・・・(笑)

無料のお水もペットボトルに入れトランクにつめて移動します。


+++++++++++++++++++++
22:46  |  ・メキシコ2017年7月  |  編集  |  Top↑

2017.08.02 (Wed)

メキシコ旅行6日目イスラ・ムヘーレス島①

毎晩 深夜1・2時の就寝でも 毎晩熟睡 ・・・
 
何処でも どんな場所でも すぐ寝られる私
睡眠時間は短くても 短時間で熟睡しています。
今回の旅 疲れはあまり感じてはいませんでした。

毎夜 翌日の打ち合わせをしてから寝ます。

カンクンから一番近い島 「イスラ・ムヘーレス」
高速フェリーで30分程で行くことが可能です。

カンクン側からは 4ヶ所のフェリー乗り場があります
私たちは 一番便数が多く 早朝から営業している
ダウンタウンのプエルト・ファレス(Puerto Juarez)から乗ります。

寝ている時間があれば 少しでも観光にまわしたい私達です。
早く島に渡り 観光後は 高級ホテルゾーン側のフェリー乗り場に戻り
ホテルゾーンの散策をして ダウンタウンに戻ってきたい意向です。

問題は島での足  ゴルフカートの貸出開始時間です。
私の調べた地球の歩き方には 貸出開始時間は書いてない。
ぺーさんメモ帳は 8時~とありました。

8時に貸出開始してくれるのなら 
7時にホテル出発して 7時30分発に乗ればいいという事になりました。

当日ホテル近くでタクシーをひろいプエルト・ファレスフェリー乗り場へ
タクシー料金 50ペソぐらい? 

旅の間共同財布の会計担当は 毎回ぺーさんが担当してくれます。
ぺーさんは 旅ログの為に 毎回きちっとメモをとっていますが 
私は預けっぱなしで何もしていません。 よって料金うろ覚えですわ^^;

7時30分発に乗ります。 渡されたチケットは往復になっていました。
デッキは 暑そうだったので 一階のクーラーのついている客室に座りました。

pag170719-001.jpg

↓ 約25分で イスラ・ムヘーレス島のフェリー乗り場に到着です。

イスラ・ムヘーレス島は 全長8キロの細長い島です。
イスラ・ムヘーレスとは 女神の島 という意味だそうです。

今回 カンクン滞在の間 
私はこの島の観光を とっても楽しみにしていました。
  
pag170719-002.jpg
pag170719-003.jpg

↓ イスラ・ムヘーレス フェリーターミナル正面玄関 

8時前 まだまだ観光客はほとんどいません。

pag170719-004.jpg

到着後すぐに ターミナル前の ゴルフカートショップへ行ってみました。
すると 若いお店のお兄さん 【ソールドアウト】って一言だけ。

ソールドアウトってどういう意味 売り切れ 完売 ?
・・・ 予約が必要なの? そんな事何処にも書いてなかったよ。
カートはたくさん並んでいるのに ソールドアウト?
どういうこと? 
まだ店はあいていないよ・・とか
何時に来てね・・とか 違う言葉はないの? 

路地も  シーン  通行人も少なっ。 

pag170719-005.jpg

裏通りもまわって見ますが シーン。 
ゴルフカートショップなんてありません。
島に行けば  何軒もあると思っていた私達 ガーン !!

メインの通り まだ お店が開店していない状況ではどうする事も出来ません。
観光案内所だって9時からって書いてある。30分程色々探し回りました。

少し歩き回ったので 私を気遣い ぺーさんが
私が もう少し探してみるわ。 
ターミナルの前に座って待っといてと言ってくれました。

私は 木陰に座って手持ちの資料をもう一度見直していました。
9時になれば観光案内所も開くし なんとかなるだろう~
ぺーさん何処まで行っちゃったのだろう・・・

すると どこからと無く 美南さーんと聞こえてきて 顔をあげると
さっそうとゴルフカートを運転して現れたぺーさん

借りられたのねー 良かった よかった。 (*⌒▽⌒*)

メインの通りの端まで行って 貸してくれるお店を探してくれたようです。
免許書かパスポートを預けて
1時間250ペソ  一日借りて750ペソということでした。
私たちは 1日レンタルしました。

少し走ったところで停止 ・・・  
最初の停止場所の写真 ↓  8時50分過ぎW

pag170719-006.jpg

島は慣れない右側通行の左ハンドルです。
ぺーさんは 一生懸命に運転してくれます。
最初の内は スピードダウンの凸凹に気が付かず ボーンボーン
私はカートから振り落とされそうになりましたわ。

距離が進むと だんだん慣れてきて もううまいもんです。

pag170719-007.jpg

ぺーさんは運転  右側に座った私は撮影係です。
走りながら 適当に写真を撮っていきます。

pag170719-008.jpg

↓ ボコボコマーク   ぺーさん ボコボコあるよー
うん わかった。 
スピードを落として どっこいしょとコブを越えます。

pag170719-009.jpg

↑ 塀には 落書きみたいなアート絵  結構見ごたえがあります。

pag170719-010.jpg

この頃になると ぺーさんが突然
私 海外での運転ばっちりだわ。 
もう何処でも運転出来るかも・・って言い出しました。

いやいや ここは信号もない 車よりゴルフカートが多い島だよ。
まだまだ海外では無理でしょう~ 勘違いしないでね・・・(笑)

pag170719-011.jpg
cats20170719-99.jpg

ぺーさん 運転はgood  私は一度も運転しておりません。 ↑  写真だけW

日差しがきついとぺーさんほっかぶりW

ブンブン走ってたどり着いたのは島の南端です。
ブンタ・スールという場所だそうです。

pag170719-012.jpg

別名が 「イグアナの岬」 と呼ばれるだけあってイグアナいっぱい見ました。

pag170719-013.jpg

↑ イグアナの像まであります。

↓ 太陽の当たり具合によって 海の色も違います。

かなりの断崖絶壁ですが 柵などもありません。 
もしかして ここは 飛び込み自由な場所・・?

pag170719-014.jpg

↑ 走ってきた道

↓ とにかく 海の色がきれい ☆☆☆

pag170719-015.jpg

↑ 遠くにカンクンの高級ホテルゾーンが見えます。

pag170719-016.jpg
pag170719-017.jpg

↑ 次回来る時には ここでぼーっとお茶したい。

↓ もう少し先まで行くと 遺跡があるようですが 
この時間 まだ 開門していませんでした。

pag170719-018.jpg

何かしらの展示物 アートらしきものが建っています。

pag170719-019.jpg

違うルートで進みます。

島の高台は とってもきれいで 大きな家が目立ちました。

pag170719-020.jpg

ただいま建築中 ここも大きな家ですね。

pag170719-021.jpg

↓ ゴミの山が出来ています。
島のゴミはどうやって処理しているでしょう?

海が見えたら カートを路肩に止めて散策です。 ↓

pag170719-022.jpg
pag170719-023.jpg

路肩に止める時 もうちょい右 もうちょい左 ・・・ えっ 逆だよ。 
もう少し左に寄せて 前に行ったり 後ろに戻ったり
慣れないカート 路肩の段差もあり なかなか難しいものです。
 
pag170719-024.jpg

↑ 道路脇には 貝殻でつくられたアート 風鈴みたい。

↓ あっ お墓みたい  止めてーーー キッュ。

ここは 島の墓地? 凄い数の墓標が見えます。

pag170719-025.jpg
pag170719-026.jpg
pag170719-027.jpg

段々と市街地に入ってきました。 
↓ 落書きなのか アートなのか ? カラフルな家 可愛い~♪

pag170719-028.jpg

↑ 時々 大きなダンプが通ります。

教会があるよ。 寄っていく? もちろん。  カートを停めて坂道を上がります。

海の見える教会  とっても素敵 ☆

pag170719-029.jpg


イスラ・ムヘーレス島散策  後半へ続く ・・・・

+++++++++++++++++++++++++++++
23:22  |  ・メキシコ2017年7月  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT